Daily Archives: 2017/07/26

Pohakuloa Radiation Contamination and more… via Malu ‘Aina

POHAKULOA Maybe More Military Depleted Uranium than Thought Retired Nuclear Geologist, Dr. Mike Reimer, PhD of Kona says “the amount of DU (Depleted Uranium) present at PTA (the military 133,000-acre Pohakuloa Training Area located in the center of Hawaii Island) … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 2 Comments

CAB tables debate on German spent nuclear fuel via The Star

Citizens Advisory Board, or CAB, could not agree on how to proceed with their recommendations for the receipt of German spent nuclear fuel for treatment and storage at SRS, resulting in the topic being tabled for another meeting. […] CAB … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 5 Comments

規制委、原発延長受け付け前倒し 計画的対策可能に via 日本経済新聞

原子力規制委員会は運転開始から40年を超す老朽原発の運転延長の申請を3年以上前倒しで受け付ける規則に改める。運転期間35年から申請できるようにする。電力会社が延長できるかどうかを早い段階で分かるようにして、定期検査時などの停止中に計画的に対策を取れるようにする。これまでに延長が認められた原発は、期限間際で結論が出たため対策に時間がかかり、すぐには動かせなかった。 原発の運転期間は原則40年だが、最大20年延長が認められる。そのためには、電力会社は規制委に申請し、原子炉の経年劣化の確認などの審査を受ける必要がある。現状では運転40年の1年3カ月前から申請できる。審査が運転40年までに終わらなければ、その時点で審査は打ち切りとなり、電力会社は廃炉を余儀なくされる。審査の行く末が分かるまで老朽化対策を進めるのをためらう要因になっている。 […]   全文

Posted in *日本語 | Tagged , , | 2 Comments

内部被曝測定に初歩的ミスか? 改善進まぬ旧動燃体質 via テクノロジーonline

前々回、前回と2回に渡り、2017年6月に発生した日本原子力研究開発機構の大洗研究開発センター燃料研究棟の内部被曝事故の経緯と原因を考察してきた。最終回では、なぜこうした事故を繰り返すのか、根本の原因を考察する。 両者とも測定評価ミスの可能性も 今回の被曝評価ではどちらも、緊急の医学的処置の要否を判断するため、測定の難しいα線測定からの放射能量の評価や、時間のかかるバイオアッセイ検査ではなく、肺モニターを採用している。超小型α線検出器の肺内部への挿入はできず、肺の汚染を直接検査するには外科手術による切開しか方法がない。医療リスクを考慮すれば、現実的には今のところ肺モニター法がベストといえる。 1回目の内部被曝検査に際しては、5人の作業者は大洗のPFRFから東海村にある核燃料サイクル工学研究所に移送されている。前述したように事故直後に作業服などの汚染が確認されていたことから、移送前には体外をシャワーで洗い流し除染している。バイオアッセイ検査で予測されるより大きな値が検出されたのは、このときの洗浄が不十分で身体表面に付着していた両核種を測定してしまったのではないか。 […]     全文

Posted in *日本語 | Tagged , , , | 2 Comments

乳歯の被ばく状況調査 福島歯科医師会が事故後生まれ、提供求める via 東京新聞

 東京電力福島第一原発事故を受け、福島県歯科医師会などが県内外から提供された子どもの乳歯に含まれている放射性物質を測定する研究を進めている。胎児期の歯の形成段階で体内に取り込まれた放射性物質がそのまま残りやすい性質に着目、世代間や地域間で比較し、事故後の被ばく状況や健康影響の解明につなげるのが狙いだ。  環境省の研究調査事業として二〇一三年度に開始した。これまで北海道、新潟、静岡、熊本、沖縄の歯科医師会と連携し、本人や両親の同意を得て、約五千五百六十本の乳歯を集めた。  対象となる主な放射性物質はストロンチウムで、化学的性質がカルシウムと似ているため骨や歯にたまりやすく、検出量から被ばく線量を推定できる。東北大(仙台市)と奥羽大(福島県郡山市)が今月までに分析を終えた五千本では、ほとんどの歯で微量の放射性物質が検出されたが、地域間での差は確認できなかった。過去に行われた核実験や自然界に存在する放射性物質が原因とみられ、第一原発事故による影響は考えにくいとしている。  ただ、これらのほとんどが事故前に生まれた世代の乳歯とみられる。 全文は乳歯の被ばく状況調査 福島歯科医師会が事故後生まれ、提供求める 関連記事: Fukushima kids’ teeth to be checked for strontium-90 via The Japan Times (Jan. 19, 2014) Dentist urges people to keep kids’ baby teeth to study Fukushima radiation exposure via The Mainichi (May 7, 2016)

Posted in *日本語 | Tagged , | 2 Comments

WHY THE SCARIEST NUCLEAR THREAT MAY BE COMING FROM INSIDE THE WHITE HOUSE via Vanity Fair

Donald Trump’s secretary of energy, Rick Perry, once campaigned to abolish the $30 billion agency that he now runs, which oversees everything from our nuclear arsenal to the electrical grid. The department’s budget is now on the chopping block. But … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , , | 2 Comments

生業訴訟って? /福島 via 毎日新聞

原発賠償拡大求め 国、東電の事故責任争う  なるほドリ 10月10日に福島地裁で「生業(なりわい)訴訟」の判決があるって聞いたけど、どんな裁判なの?  記者 東京電力福島第1原発事故の被災者が国と東電を相手取った全国最大の集団訴訟です。公害訴訟では原告らがスローガンを掲げることもあり「『生業を返せ、地域を返せ!』福島原発訴訟」の略称です。原発事故関連の訴訟は1万2000人以上の避難者らが18都道府県で計約30件起こし、裁判史上屈指の規模になりました。中でも生業訴訟の原告数は3割を占める3864人(提訴時)です。  請求内容は(1)原告の居住地の空間放射線量を事故前の状態(毎時0・04マイクロシーベルト以下)に原状回復させる(2)原状回復の実現まで1人当たり月5万円の慰謝料を支払う--です。判決は3月17日の前橋地裁、9月22日に予定される千葉地裁に続き3例目になります。 (略)  Q 何が争点なの?  A 現行の賠償ルールから、どれだけ金額の水準や賠償対象地域を広げられるかです。賠償基準になっている国の「中間指針」について、国も東電も合理的だと主張しています。しかし、原告側は「加害者側が一方的に決めた」と問題視し、賠償ルールを変更させ、裁判に参加していない人も含めた「全体救済」を目指しているのです。  前橋・千葉地裁の訴訟とは異なり、原告一人一人の個別事情ではなく、地域ごとに賠償額が判断される見通しです。例えば「県北の原告に100万円支払え」という判決が出たと仮定すると、その地域の住民は誰でも裁判をすれば賠償を認められることになり、国や東電は賠償ルールの見直しを迫られることになります。 (略) 生業訴訟の原告らは「被害者は私たちで最後にしてほしい」と被害根絶を目指しています。原発のない社会につなげるためにも、原発を推進してきた国や東電の責任を明らかにしようとしているのです。=回答・土江洋範(福島支局) 全文は生業訴訟って? /福島 via 毎日新聞

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | 2 Comments

Canada needs to embrace peace and sign nuclear ban treaty via The Star

A survivor of the Hiroshima bombing feels betrayed by Canada and Japan for not joining 122 other countries that voted to adopt the text of the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons. By SETSUKO THURLOW I am still rejoicing. … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , | 2 Comments