Skip to content


環境省「原発の汚染土、せっかくだから子供の遊ぶ公園や緑地の造成にも使っちゃおう!」via Buzzap!

福島第一原発事故に対する除染の結果生じた大量の原発汚染土が子供の遊ぶ公園や緑地を作るためにも使われるという方針がまとめられました。詳細は以下から。

BUZZAP!では以前、原発汚染土の再利用基準が1kgあたり8000ベクレルにまで緩和されたことを伝えました。これ自体事故前の80倍というあり得ない基準の緩和だったのですが、その用途も厳格に規定されていたはずがグダグダにされることが決まりました。

2016年3月に環境省は福島県内の除染で出た土などの廃棄物の処理を巡り、埋め立てなどで最終処分する量を減らすため、放射性物質の濃度が1kgあたり8000ベクレルを下回った除染廃棄物を道路や防波堤などの公共事業の建設資材として利用する方針を明らかにしました。

環境省の提示した基準の1kgあたり8000ベクレルという値は福島第一原発事故による放射性物質による汚染に対処するために作られた「放射性物質汚染対処特措法」に基づく指定基準であり、放射性廃棄物を安全に処理するための基準です。

一方、原子力発電所の解体等によって発生する金属やコンクリートを、人々が日常生活を営む一般社会で建設資材などとしてリサイクルすることを想定して作られているのが「原子炉等規制法」であり、こちらの基準は1kgあたり100ベクレル。この違いは環境省自らが作成した以下資料から読み取ることができます。

100Bq/kgと8,000Bq/kgの二つ基準の違いについて 環境省廃棄物・リサイクル対策部

つまり、本来の放射性廃棄物のリサイクル基準は1kgあたり100ベクレルであるにも関わらず、環境省は福島第一原発事故の対策で作られ、焼却や埋め立て処分のための基準を記した「放射性物質汚染対処特措法」の基準である1kgあたり8000ベクレルをリサイクルのための数値として持ち出して来たということ。

理由としては行き場のない大量の汚染土をつつがなくリサイクルという形で処理するためであり、そのために事故前の80倍という放射線量の汚染土をもリサイクル可能として扱うことにしているのです。

(略)

「1kgあたり8000ベクレルという基準の半分だから、環境省も子供たちの健康のことを気遣ってくれてる…!」と思われるでしょうか?上記のとおり福一原発事故前の本来の放射性廃棄物のリサイクル基準は1kgあたり100ベクレルであったことを思い出してみてください。事故前の基準の40倍の放射線量の汚染土が、子供の遊ぶ公園や緑地にリサイクルされるということです。

現時点では津波や大雨などの災害で廃棄物が流出したり、土から放射性物質を吸い上げた木が火災で燃えたりして放射性物質が拡散しないよう、最大で1m以上の厚さの土で表面を覆うよう求めるとしていますが、リサイクル基準も使用目的も後付けで変更され続けている以上、この措置が汚染土を用いる全ての公園や緑地に適用されるかは疑問符を付けざるを得ません。

子供が遊ぶ公園にまで汚染土がリサイクルできてしまうのならば、そもそも除染自体する必要があったのかという話にもなってきます。汚染土の厄介払いのために何もかもをグタグタにすることが仮にも環境省を名乗る役所の仕事なのでしょうか?

全文は環境省「原発の汚染土、せっかくだから子供の遊ぶ公園や緑地の造成にも使っちゃおう!」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


意見交換 原発事故後の生活議論 ベラルーシと福島の学生 /福島 via 毎日新聞

1986年のチェルノブイリ原発事故で被災した東欧・ベラルーシに住む学生2人が26日、福島市で開かれたシンポジウムに参加、チェルノブイリ事故や東京電力福島第1原発事故後の生活について福島大の学生3人と意見交換した。

 ベラルーシ南部の学生ビャチェスラフ・カシュぺルコさん(17)は学校のクラブ活動で地場食材の放射線量を測っていると紹介。「国内ではこうした取り組みが一般的。活動で得た知識を日常的に生かしている」と話した。

 アンジェラ・ブランクさん(17)は、福島第1原発事故に対し、日本では意見が言いづらい雰囲気があると指摘。福島大3年の木村元哉さん(21)=福島市=ら福島大の3人からは「事故後6年がたち国民の原発への立場は多様化した。単純に賛成や反対と主張できなくなっている」との意見が出た。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Fukushima nuke radiation POISONING world’s water – including FISH Brits eat via Daily Star

BRITS could be eating salmon and tuna containing nuclear radiation from the Fukushima disaster according to a study.

Salmon caught in the Pacific Ocean, which are imported for sale as a luxury product in UK shops, were found to contain worrying amounts of radiation.

Highly toxic Cesium-134, the nuclear fallout from Fukushima, was recently found in Tillamook Bay and Gold Beach, in the US state of Oregon.

The terrifying discovery was reported by researchers at the Woods Hole Oceanographic Institution.

Cesium-134 was also detected in 2015 in Canada when a salmon pulled from a river in British Columbia was found to contain radiation.

[…]

Ken Buesseler, a senior scientist at the institution, said that the levels of radiation should not affect anyone eating the salmon, but admitted that he would be closely monitoring radiation levels.

“We don’t expect to see health concerns from swimming or fish consumption, but we would like to continue monitoring until (the radiation level) goes back down again,” he said.

“In Japan, at its peak celsium-134 levels were 10 million times higher than what we are seeing today on the West Coast.”

Read more at Fukushima nuke radiation POISONING world’s water – including FISH Brits eat

Posted in *English.

Tagged with , , .


作業員3人に放射性物質を含む水かかる 女川原発、被曝なし via 産経ニュース

東北電力は27日、宮城県の女川原発2号機で、仮設の排水ポンプの撤去作業中、作業員3人に放射性物質を含む水がかかったと発表した。外部への流出はなく、検査で3人とも被曝がないことを確認したという。

東北電によると、同日午前10時17分ごろ、2号機の原子炉建屋地下3階で、協力企業の作業員が仮設ホースの接続部を外そうとしたところ、中にたまっていた水が漏れ出した。配管のバルブが閉まっていなかったといい、詳しい原因を調べている。

漏れ出た水の量は推定約5リットル。放射能量は国への報告基準の約1千分の1の約3400ベクレルだったという。

続きは作業員3人に放射性物質を含む水かかる 女川原発、被曝なし

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


WH 破産法申請へ…きょうにも 東芝、損失確定急ぐ via 毎日新聞

東芝子会社の米原子炉メーカー、ウェスチングハウス(WH)は、米現地時間28日にも米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請する。主な債権者の合意を得たうえで取締役会を開き、申請を決議する。東芝の経営危機の主因となってきたWHの早期の破綻処理によって、米原発事業から東芝本体への新たな損失リスクを遮断する。
 
(略)
 
東芝が半導体事業の分社化を決める臨時株主総会を30日に控え、東芝幹部や主力取引銀行からは、株主への説明責任を果たすためにも総会前に申請を決めることが望ましいとの声が出ていた。また、月内にWHを破綻させることで、米原発事業に関わる損失を2017年3月期で確定させ、早期に経営再建を軌道に乗せたいとの考えも、東芝経営陣には強い。

 東芝は、17年度中にWH株式の過半数を売却して非連結化する方針で、破産法適用で新たな損失リスクを抑え、売却のハードルを下げる狙いもある。ただ電力会社側が、原発建設遅延などによる損害を負わされることに難色を示し、協議が難航する可能性もある。

 また、関係者によると、東芝はWHのスポンサー候補として韓国電力公社への株式売却を模索しているが、同公社側は慎重姿勢を示している模様で、早期に支援先が見つかるかは見通せていない。【小川祐希】

全文はWH 破産法申請へ…きょうにも 東芝、損失確定急ぐ

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Japan Political Pulse: The truth about Fukushima nuclear disaster compensation via The Mainichi

Of the unknown number of children who have been bullied for being from Fukushima Prefecture, where a nuclear disaster is still ongoing at a power station six years since its outbreak, one boy who evacuated to Yokohama was bullied and extorted by his classmates of 1.5 million yen in total.

Now in his first year of junior high school, the boy wrote when he was in sixth grade, “My classmates said, ‘You get compensation, right?’ That annoyed me, but I was frustrated with myself for not standing up against them.”

Ironically, news reports say that because the family voluntarily evacuated from Fukushima Prefecture, they are not eligible for the high levels of compensation from the operator of the stricken nuclear plant, Tokyo Electric Power Co. (TEPCO), that some victims are entitled to receive.

Those who evacuated from Fukushima Prefecture due to the nuclear crisis can be largely categorized into two groups. The first are those who were forced to leave their homes under evacuation orders from the central government, because they lived in areas where annual cumulative radiation levels exceeded 20 millisieverts, or otherwise faced extenuating circumstances as determined by the state. Such people receive a certain lump sum from TEPCO as compensation.

The second group comprises people who lived in areas with radiation levels that did not prompt government evacuation orders, but who evacuated voluntarily out of concern for the health of themselves and their children. As a general rule, these people are not eligible for compensation from TEPCO.

[…]

What has often attracted attention but remains commonly misunderstood, is the monthly 100,000 yen per person that evacuees are said to be receiving as compensation for emotional suffering. Those who evacuated without orders to do so from the government are not eligible for this, either.
[…]

The truth is, the family of the boy in Yokohama had evacuated Fukushima Prefecture voluntarily. They received a little over 1 million yen from TEPCO, but the parents said in an interview with an NHK new program, Close Up Gendai, that the money was put toward rebuilding their lives. Voluntary evacuees are exempt from paying rent due to the Disaster Relief Act, but many must restart new lives amid unstable finances.

The abovementioned boy moved to Yokohama with his family when he was in second grade. Shortly thereafter, classmates called him by his name, with the word for “germs” added on to the end. He soon found himself the victim of physical abuse such as hitting and kicking, and once he reached fifth grade, classmates demanded he give them money.

“I was so scared I didn’t know what to do,” the boy wrote. He stole from his parents and gave away a total of 1.5 million yen.

His parents, and other parents of children at the school who realized that something was going on, alerted the school. The school conducted an investigation, but took the bullies’ claims that the boy had given them money willingly at face value, and did nothing to remedy the situation for two years.

I, too, only learned the truth about the case just recently, but I believe the school’s misguided judgment was likely based on ignorance and prejudice toward compensation given to Fukushima Prefecture evacuees.

Read more at Japan Political Pulse: The truth about Fukushima nuclear disaster compensation

Posted in *English.

Tagged with , , .


Six rig workers exposed to radiation via Energy Voice

Six oil workers were exposed to radiation on a North Sea installation.

The Wood Group employees were contracted by EnQuest to carry out work on the Thistle platform, 125 miles north-east of the Shetland Islands when the incident happened back in December.

The platform was undergoing planned shutdown activities at the time.

[…]

The offshore workers were removing a piece of pipework when they were exposed to naturally occurring radioactive material, rig operator EnQuest confirmed.

A spokeswoman for the firm said: “EnQuest can confirm that, in December 2016, during planned shutdown activities on its Thistle platform, six personnel employed by Wood Group under a contract with EnQuest were removing a piece of pipework when they were exposed to low levels of NORM (naturally occurring radioactive material).

“The level of exposure was less than 1% of the level at which it is reportable to the Health and Safety Executive however EnQuest advised the HSE of the matter at the time.

Read more at Six rig workers exposed to radiation

Posted in *English.

Tagged with , , .


マーシャル諸島、被曝の体験継承に動く 福島訪問も機に via 朝日新聞

米国が大戦後から1950年代にかけて核実験を繰り返した太平洋・マーシャル諸島で、被曝(ひばく)島民の子孫たちが体験の継承に動き出した。原発事故に見舞われた福島への訪問もきっかけとなり、被害の記憶を後世に伝えようとしている。3月に記者が現地を訪ねた。

太平洋のマーシャル諸島は約30の島や環礁からなり、人口は約5万3千人。政府は、63年前にビキニ環礁で大規模な水爆実験が行われ、静岡の漁船「第五福竜丸」も被曝した3月1日を「核被害者追悼記念日」と定め、毎年式典を開いている。

核兵器はもういらない」「被害者の補償を続けるべきだ」

今月1日。晴天が広がった首都マジュロの大通りに、被曝島民ら数百人の声が響いた。式典に合わせた恒例のパレードには、核被害の継承活動に取り組むNGO「リーチ・ミー」のメンバー約20人も横断幕を持って加わった。

NGOの代表は弁護士のロザニア・ベネットさん(46)。父は70代半ばで2006年に食道がんで死去した。ビキニの東にあるアイルック環礁で被曝していたが、亡くなるまでその事実を娘に詳しく語ることはなかった。

(略)

ベネットさんの長男マーカスさん(17)も、被曝者からの聞き取りに参加した。「避難を強いられたまま、今もふるさとに戻れない人や、被害を認められずに苦しんでいる人がいた。核実験は過去のことだと思っていたので驚いた」

NGOのメンバーで、自治体で働くラニ・クレーマーさん(45)はビキニ出身の母と米国人の父の間に生まれた。核実験が始まった1946年当時、祖母は12歳。故郷を追われ、島を転々とした話を聞いた。「私たちより若い世代は核実験が行われた事実は知っていても、具体的な被害を知らない人が増えている。世代間の橋渡しをしたい」

マジュロから北西に約450キロ離れたクワジェリン環礁・イバイ島でも、新たな取り組みが始まっている。教育庁幹部のジェルトン・アンジャインさん(47)は6日、島内の学校で小中高生らを対象に初の「出前授業」をした。

アンジャインさんの一族は、ビキニ東隣のロンゲラップ島に代々住んできた。同島は米政府が被害と補償を認めた4環礁の一つで、54年に強制的に避難させられた。米側は3年後に島への帰還を認めたが、放射能の影響を心配し、今も島外で暮らす人は多い。

ただ、避難先でも「放射能がうつる」との偏見の目を向けられることもあった。イバイ島育ちのアンジャインさんも「子どもの頃はポイズン(毒)と言われるのが嫌で、一族の出身地のことは隠していた」と話す。

全文はマーシャル諸島、被曝の体験継承に動く 福島訪問も機に

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


自主避難、負担重く 福島県、住居無償は月内限り via 中日新聞

東京電力福島第一原発事故の避難指示区域外からの「自主避難者」に対し、福島県は今月末、住宅の無償提供を原則打ち切る。同県によると、対象は約一万五百世帯の二万六千六百人。生活の再建を目指す中部各県への避難者も直撃を受け、家賃の安い住宅への転居を余儀なくされるなど困惑が広がる。避難先の自治体の救済策は温度差があり、支援団体からは、国の一律支援を求める声が上がる。

 滋賀県栗東市の市営住宅で避難生活を送る福島県相馬市出身の佐藤勝十志(かつとし)さん(56)は父(79)、母(79)、妻(55)、娘(21)の五人暮らし。病気を抱える父や、原発事故によるストレス障害を発症した妻を気遣い、故郷に戻れずにいる。

 月六万二千円の家賃はこれまで支払わずに済んだ。住宅支援の打ち切りで、四月からは家賃の安い別の部屋に移らざるを得ない。別の補助を受けても月二万三千円が実費負担で、部屋は手狭になる。

 佐藤さんは昨年十二月、脳梗塞で倒れ、右肩から右手にかけてまひが残る。貯金を切り崩したり、父の年金を充てたりしてしのぐ中、家賃負担は一家に重くのしかかる。「まさに棄民政策。自分で何とかできない人は、故郷に帰ってこなくていいという福島県の姿勢が見え隠れする」と憤る。

(略)

 一方、北海道や山形県などは住宅の無償提供といった独自の支援策を打ち出すが、取り組みは自治体間で差がある。

 「原発事故避難者の住宅支援継続を求める滋賀の会」事務局の杉原秀典さん(67)は、原発事故の責任は国と東電にあると指摘。「避難する必要のなかった人たちが、なぜ自己責任を求められるのか」と、国による一律の救済を訴えている。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


These recently declassified nuclear test videos are utterly mesmerizing, terrifying via Ars Technica

Sat in vaults for decades, Lawrence Livermore National Lab is putting them on YouTube.

From 1945 until the practice was ended in 1963 with the Limited Nuclear Test Ban Treaty, the US conducted 210 above-ground nuclear weapons tests. The majority of those took place at the Nevada National Security Site, then on remote Pacific atolls. Obviously, since the purpose of the tests was to understand this powerful new class of weapon, all of the tests were captured with multiple high-speed cameras (running at roughly 2,400 frames per second). And until now, many of those films have languished in classified vaults. But Greg Spriggs and his colleagues at Lawrence Livermore National Labs (LLNL) are rescuing and declassifying many of them, posting them on YouTube in the process.

[…]

But the point of this project isn’t just to give us something to stare at with morbid fascination; Spriggs wants the data to be of use:

We need to be able to validate our codes and trust that the answers that are being calculated are correct. The legacy that I’d like to leave behind is a set of benchmark data that can be used by future weapon physicists to make sure that our codes are correct so that the US remains prepared. It’s just unbelievable how much energy’s released. We hope that we would never have to use a nuclear weapon ever again. I think that if we capture the history of this and show what the force of these weapons are and how much devastation they can wreak, then maybe people will be reluctant to use them.

It was also no simple thing to get the film digitized. Some of it was deteriorating as a result of age, and it took over a year to modify a scanner so that it was capable of digitizing the films at sufficient quality for them to be useful for physicists. Spriggs and his collaborators even had to come up with a way of accurately calculating each film’s actual frame rate; that took several hours by hand, but thanks to some of LLNL’s software developers, they were able to automate the process down to a few minutes for a two-second film.

One word of warning, however. Be careful of falling too deep into the nuclear test video YouTube hole; last night I discovered there are people out there who think some of these tests were actually an attempt to crack the celestial dome that covers our flat Earth…

Read more at These recently declassified nuclear test videos are utterly mesmerizing, terrifying 

Posted in *English.

Tagged with , .