Skip to content


廃棄物の埋設予定地を公開 原電の東海原発 via Sankei Biz

日本原子力発電は29日、国内の商業用原発で最も早く廃炉作業が進められている東海原発(茨城県東海村)で、作業で発生した放射性物質濃度が低い廃棄物(L3)の埋設予定地を報道陣に公開した。

 L3は現在、鉄製の箱やドラム缶に入れられ、地上2階、地下1階建ての貯蔵施設に仮保管中。埋設予定地には、伐採された木が積み重ねられるなど整備が進んでいることがうかがわれた。

原電担当者は「L3の処分を安全に進めていく」と強調。東海原発の近江正副所長は「廃炉作業を通じ、蓄積したノウハウを電力会社に提供したい」と語った。

続きは廃棄物の埋設予定地を公開 原電の東海原発

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


東電、4─6月期経常利益は前年比4倍の2114億円 燃料安が追い風 via ロイター

[東京 29日 ロイター] – 東京電力(9501.T)が29日発表した2015年4─6月期連結決算は経常利益が前年同期比4倍の2141億円だった。LNG(液化天然ガス)などの燃料費が前年同期比2231億円減少したことが追い風となり、第1・四半期決算の開示を始めた03年度以降で最高の経常利益となった。

電力業界では、原油や為替相場を反映した燃料輸入価格の増減を電気料金に反映させる調整制度があり、燃料輸入価格が低下すれば一定期間後に料金を引き下げる必要がある。

4─6月期は、燃料価格低下の効果が先行し、料金の引き下げが遅れることによるプラス効果が約1800億円生じた。このプラス効果は燃料の輸入価格が横ばいで推移した場合は、順次解消する。

続きは東電、4─6月期経常利益は前年比4倍の2114億円 燃料安が追い風

関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Revealed: real price of nuclear energy via BDLive

THE price of electricity generated by nuclear power is expected to be higher than that from any other technology except for gas and diesel, two separate and independent analyses have found.

The government is pressing ahead with a politically driven plan to procure 9,600MW of nuclear power, but has not revealed what it will cost or provided detailed information of the effect it can be expected to have on the electricity price path.

In the absence of official information, the expert analyses provide the first real evidence of the effect nuclear energy will have on the price consumers are likely to pay for electricity.

The analyses illustrate that nuclear electricity could be more expensive than that generated by new coal plants, solar photovoltaic panels or wind. The studies differ slightly but both project a long-run or levellised cost of electricity for each technology, inclusive of capital, finance, maintenance and fuel costs.

In the first, Council for Scientific and Industrial Research (CSIR) energy centre manager Tobias Bischof-Niemz projects the levellised cost of electricity from nuclear power to be R1/kWh, from new coal R0.80/ kWh, solar photovoltaic R0.80/ kWh and wind R0.60/kWh in today’s prices.

The electricity prices for wind and solar power are drawn from the latest round of bids by independent power producers. For new coal and nuclear power, the levellised costs are based on assumptions in the Integrated Resource Plan (IRP) 2010, the government’s key energy planning document, as well as the capital cost estimate of $40bn for eight reactors by Russian nuclear vendor Rosatom.

The assumptions are generous on nuclear energy. Rosatom’s overnight cost estimate is considered to be low. The IRP 2010 assumptions are optimistic about nuclear, assuming a high load factor and a low cost of finance, as the units are built at a rate of six years per unit.

The CSIR says this implies that the levellised cost of nuclear energy will be no less than R1/ kWh but is likely to be more.

[…]

The analysis done by the Energy Research Centre at the University of Cape Town also projects high risk that the levellised cost of nuclear energy will come out higher than most other technologies.

Leaving a margin of uncertainty, the levellised costs of coal-fired electricity in 2030 in today’s prices is projected to be from R0.54/kWh to R0.84/kWh; solar photovoltaic from R0.54/kWh to R0.78/kWh and nuclear from R0.72/kWh to R1.44/kWh.

The Energy Research Centre model was designed as part of an “uncertainty study” funded by the United Nations Environment Programme.

Among the assumptions it makes is that 9,600MW of nuclear energy would range from $50bn to $70bn in overnight costs, which is arrived at using the per kilowatt price in the IRP 2013, an updated version of the Department of Energy’s planning document, which is yet to be adopted by the Cabinet.

Asked to comment on the findings, Department of Energy deputy director-general Zizamele Mbambo said the government had also commissioned an independent modelling exercise on comparative technologies.

Read more at Revealed: real price of nuclear energy

Posted in *English.

Tagged with , , , , , , .


弁護士チャールズ・ボナー氏:福島第一原発事故後、放射能病で米海兵3人死亡、250人が闘病中 via Sputnik 日本

[…]
福島第一原発事故の被害についてはようやく一般に明らかになりはじめたばかりだ。東電は原発の状況はコントロール下にあり、危険はない、との主張を繰り返しているが、東電に対する完全な信頼はない。事故直後、同社の代表らは、人の健康への脅威はない、と発表した。しかしのち、事態がはるかに深刻であることが明らかになった。
最初の感染者は、空母USS Reaganで事故処理支援に駆けつけた米海軍の兵士たちだった。公式情報では、彼らは危険ゾーンの外にいた。しかし結果、彼らのうち、あまりに多くの人が、放射線被曝に酷似した、共通の症候をあらわした。被害者は東電および原発建設に参加したElectric、EBASCO、東芝、日立に対し集団訴訟を起こし、自らのみならず、遺伝的変異が拡散しかねない自分たちの子孫の分まで、補償を求めている。
ボナー弁護士はFukushima Response Campaign運動が主催した公開講座で、次のように語った。
「現在若い海兵250人が様々な疾患に悩まされている。既に3人が死亡した。ある海兵は事故後父親になったが、その子は脳に腫瘍を抱えており、今年3月、生後2年で死亡した」。
弁護士によれば、海兵らは被災地へ派遣される前、政府を相手に訴訟を起こす可能性を放棄する旨、署名を強要されていた。「なぜそれを強制されたのか。なぜなら、原発というものは政府と大企業にしかないものであり、彼らは海兵らが本当に放射線被害を受けたという情報が拡散することを望んでいないからだ。そうすれば有権者らは原子力エネルギーを怖がるに違いないから」
ボナー氏は、この訴訟に関する情報はメディアには故意に取り上げられていない、と指摘する。「あるリポーターが先日この件で私を取材し、背中に気をつけたほうがよいか(つまり危険はあるか)と問うた。私は答えた。「ああ、もちろんさ!」。なぜなら、兆単位の金を黙ってくれる人などいないから。大企業の動きが怖いからといって人々がこの件について書きたてることを怖がっているのは、驚くべきことだ」。

もっと読み、ビデオを観る。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


原発停止の自治体、異なる懐事情 敦賀市は税収減、高浜町は増加の訳 via 福井新聞

総務省がまとめた2015年度の普通交付税大綱によると、自治体の財源不足を補う実質交付税額(臨時財政対策債を含む)の福井県内17市町分は前年度比0・6%増の753億6007万円、福井県分は同4・6%減の1535億1703万円となった。市町分は全国の市町村分が3・0%減った中で2年ぶりに増加に転じた。福井県分の減少率は道府県分全体の7・6%減を下回っている。県は「景気回復が全国平均より緩やか」とみている。

[…]

 市町分が増加に転じたことについて、県市町振興課は「3年に1度の固定資産税の評価替えの年で、地価などの下落率が全国平均より大きかった。固定資産税が減ったことが一番の要因」としている。

 実質交付税額の増加率が大きかったのは敦賀市で69・4%(6億5602万円)増、減少率が最も大きかったのは高浜町の16・6%(5988万円)減だった。敦賀市が増えたのは、原発停止の影響で電力会社からの税収が落ちたのが要因。一方、高浜町は原発の安全対策工事で電力会社の固定資産が増えて税収が伸びたため、交付税の減り幅が大きかった。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


原発40年廃炉、見直しは求めず 自民プロジェクトチーム via日本経済新聞

自民党の原子力規制に関するプロジェクトチーム(吉野正芳座長)は28日、9月で発足3年を迎える原子力規制委員会の見直しなどに関する政府への提言の骨子をまとめた。党内で要望がある40年たった原子力発電所は廃炉にする制度の見直しは、世論の慎重論などを踏まえ触れなかった。
[…]
東京電力福島第1原発事故後の原子炉等規制法の改正で、原発の運転期間は原則40年に制限した。規制委が安全性を確認すれば最長60年まで延長できる特例があるが、規制委の審査中に40年を迎えると厳格に適用した場合、廃炉に追い込まれかねず、解釈をはっきり明示するよう求めた。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


迫る再稼働:「安定ヨウ素剤の事前配布は不十分」 市民団体、県に抗議 元国会事故調委員も指摘 /鹿児島 via 毎日新聞

九州電力川内原発(薩摩川内市)1号機の再稼働が迫る中、「川内原発30キロ圏住民ネットワーク」など県内外の17市民団体は27日、原発再稼働について、容認する県に対し「命を傷つけ、ふるさとを奪う」などと改めて抗議し、再稼働に反対するよう申し入れた。

 申し入れ書で、国の原子力災害対策指針に基づき、原発5キロ圏内住民(3歳以上)の甲状腺被ばくを低減させる安定ヨウ素剤の配布について「3歳未満には事前配布されておらず、どこでどのように飲ませるのか具体化されていない」と指摘。現状での再稼働について「避難計画は欠陥だらけで、訓練も先送りにされている」と批判している。

 各団体の代表者らは申し入れ後、県庁で記者会見。メンバーで鹿児島市の医師、青山浩一さんは、避難計画で5〜30キロ圏の住民が放射線量の実測値に応じて避難・屋内退避とされていることに触れ、「今の計画は被ばくしながら避難しないといけない。(安定ヨウ素剤は)1錠5・6円。距離に関係なく事前に個別配布してほしい」と訴えた。

 一方、17市民団体は26日、鹿児島市内で「原子力防災を問う全国の集いinかごしま」を開催。福島第1原発事故の元国会事故調査委員会委員で医学博士の崎山比早子さんが「放射線被ばくと甲状腺疾患」と題し報告した。

[…]「服用に注意を要する人はいるが、安定ヨウ素剤は副作用が少ない薬剤として知られている」とした。

 その上で「服用までに時間が経過するほど(放射性ヨウ素を)阻害する効果が下がる。事故時は平時に取り決めたとおりにならないので、安定ヨウ素剤は自分で持っておいた方がいい」と個別配布の必要性を強調した。【杣谷健太】

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Feds allege Xcel contractors falsified weld tests at Monticello nuclear plant via The Star Tribune

Federal investigators have accused two former contract employees for Xcel Energy Inc. of willfully violating procedures and falsifying reports about safety-related tests of casks filled with high-level nuclear waste stored at the Monticello, Minn., nuclear power plant.

The findings released Monday by investigators for the U.S. Nuclear Regulatory Commission (NRC) also allege that Xcel officials did not monitor the work of the contract employees as they placed dye on welds to look for cracks in late 2013. The improper testing was discovered by an NRC inspector who checked videos of the work.

[…]
David Lochbaum, who directs the nuclear safety project for the Union of Concerned Scientists, said oversight of outside contractors “is a continuing problem in the nuclear industry.” He agreed with Xcel that the Monticello casks appear to be safe.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


Duxbury: New Safety Guidelines for Pilgrim Nuclear Power Plant? via WATD

[…]Duxbury Town Manager Rene Read said the Nuclear Advisory Committee has the support from the Board of Selectmen.

“Members of the Nuclear Advisory Committee will be going to the State House to report to the full committee that the Board of Selectmen, here in Duxbury, support what it is they’re trying to do. We will also submit a letter on the board’s behalf, to them, so they can present it to the committee. We want the representatives and the legislatures to know that we are in support of their actions,” said Read.

The four new bills would increase funding for radiological air monitoring, better surveillance and expansion of the radiological emergency planning zone from 10 miles to either 20 or 50 miles.

Co-chair of the Duxbury Nuclear Advisory Committee Mary Lampert said the United States Government has made these recommendations after the nuclear accident in Japan in 2011.

“The reason 50 miles was suggested was after Fukushima, our government recommended up to 50 miles to evacuate. So it strikes us as odd that with Pilgrim, the exact same design as the reactors as Fukushima, we are not told to evacuate or shelter or take potassium iodide unless we are within 10 miles. It makes no sense,” said Lampert.
[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


制服向上委員会の脱原発ソング、ニコニコ生放送は音声流さず(動画)via Huffington Post

女性アイドルグループの「制服向上委員会」が7月28日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。制服向上委員会は政治性の強いメッセージソングを歌う異色のグループとして有名。6月には神奈川県大和市のイベントで自民党を批判する歌を披露したことで、同市が後援を取り消す事態にも発展した。

この会見冒頭では、脱原発ソングである「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」を国内外の記者団に披露した。しかし、インターネット放送局「ニコニコ生放送」の公式中継では、この部分だけ音声がカットされた。「諸事情により、パフォーマンス中は音声を切っております」とのテロップが表示されていた。

(略)

メッセージ性の強い歌詞のため「自主規制か?」との観測も流れたが、ニコニコ生放送の中継担当者は「今回の会見で、歌を披露するという情報が入ったのが直前だった。そのため、生放送で音声を流すことが著作権的にOKかどうかの確認ができなかった」と説明している。

全文は制服向上委員会の脱原発ソング、ニコニコ生放送は音声流さず(動画)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .