Skip to content


エネルギー基本計画 “原発停止は国富流出”論拠崩壊 via 新聞あかはた

中長期のエネルギー政策の指針となる「エネルギー基本計画」の改定作業が9日に始まりました。原発を「重要なベースロード電源」と位置付ける現在の基本計画(2014年策定)。安倍政権がその根拠としたのが、原発停止で日本から巨額の富が流出しているという“国富流出”論でした。それから3年、同論は完全に破綻しています。(佐久間亮)


現基本計画は、11年の東京電力福島第1原発事故で全国の原発が停止したことで火力発電のたき増しが必要になり、化石燃料の輸入が急増したと主張。その額は、福島事故前の08~10年度の平均と比べ3・6兆円に上ると試算しました。

しかし、貿易統計によると、16年の化石燃料の輸入額は事故前3年間の平均と比べ、逆に大きく減少しています。石油及び同製品は6兆2千億円、石炭は7400億円、液化天然ガスも3700億円ほど事故前を下回っています。

最大の要因は、世界的な資源価格の低迷です。原発に固執する安倍政権は、福島事故後の一時的な資源価格高騰を“国富流出”論に悪用していたのです。

(写真)福島県農民連産直農協の太陽光発電パネル=福島市

同時に、福島事故後に進んだ省エネルギーと再生可能エネルギーの普及・拡大も大きな役割を果たしています。16年度の電力需要実績は、事故前3年間の平均と比べ87%へと1割以上減少しました。一方、太陽光発電の導入量は10年度の390万キロワットから、17年2月には3790万キロワットへと10倍近くに増えています。

[…]

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , .


東京電力 半年ぶりCM 「原発の安全対策に理解を」 /新潟 via 毎日新聞

 東京電力は14日、東電柏崎刈羽原発の免震棟問題の発覚を受け2月から自粛していたテレビとラジオのコマーシャル(CM)放送を半年ぶりに再開した。

 放送圏域は、県内の民放テレビ4局とラジオ局。

[…]

電力消費地の首都圏で放送していないにもかかわらず、新潟で流す理由については「多くの県民に原発の安全対策を理解してもらうため」としている。

 CMは「電源対策編」「冷却対策編」「対応力編」の3種類。いずれも昨年12月から今年2月まで流していたものと同じ内容で、柏崎刈羽原発の原子炉は電源をすべて失っても冷やし続けられるとの見解を説明。「私たちは災害に強い発電所づくりに挑戦し続けます」と結んでいる。【内藤陽】

全文

Posted in *English.

Tagged with , , .


Are Court Victories for Nuclear Credits a Win for Renewables? Maybe Not via Greentech Media

On July 31, 2017, Greentech Media published an article entitled “Court Victories for New York, Illinois Nuclear Subsidies Are a Big Win for Renewables,” and declared that the court proceedings represented “a significant win for the nation’s largest nuclear fleet owner Exelon.” While recent developments are certainly good for Exelon shareholders, they are bad for consumers and the environment.

First, no matter how you slice it, these nuclear bailouts are bad public policy. Rather than supporting renewables, they starve green policy initiatives of cash and instead funnel billions of hard-earned consumer dollars to Exelon Corporation’s bottom line. This is no win for renewables.

Second, both the New York and Illinois judges ruled that private parties, including other power generators and ratepayer advocates, lacked “standing” to challenge these handouts in federal court. Depriving private parties of the right to sue in federal court is a breathtaking limit on the right of ratepayers — on whose backs these nuclear bailouts will be paid — to challenge these decisions. In other words, these judicial decisions have every electric consumer in Illinois and New York paying for nuclear power rather than renewable energy, while denying those citizens any say in the process.

[…]

Finally, while the New York federal judge dismissed the complaint, this case is far from over. The two District Court decisions represent only the first skirmish in a war that could easily end up at the Supreme Court. In fact, the Illinois appeals court has already set an aggressive schedule for filings and hearings, with the first brief due from the plaintiffs — including consumer advocates — at the end of August.

[…]

 

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , .


「核のゴミ、この辺に捨てます」国が突如発表した恐ろしい意図 via MAG2NEWS

地殻のダイナミックな活動と今、この形で日本列島があることの奇跡に感動と愛しい思いに包まれていた同じ時期に、それに水を差す出来事がありました。7月28日、国が、原発から出る「核のゴミの最終処分場建設に適した地域を示したという科学的特性マップを発表しました。

活断層や火山、鉱物資源などの情報をもとに、判断したといい、建設に最も適しているとされた地域は、沿岸部などを中心に日本の面積の約3割にのぼっています。900以上の自治体が対象となるというのです。

日本国内の原発では、現在2万5,000本分(1本当り500kg)に相当する「高レベル放射性廃棄物」と言われる使用済み核燃料が行き場がなく放置されています。

[…]

改めて、10万年核のゴミを安全に保管できる場所なんて日本列島にはないのです。これって、誰が聞いても明らかじゃないですか。

生み出してしまった悪魔は消えてはくれません。無理やりでもどこかに核のゴミの最終処分場を造らなければ、この列島の地表面が危機的状況になってしまいます。なんとしても核のゴミの最終処分場をつくるために無理やりあのマップを公表したとしか私には思えません。

[…]

 

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , .


福島第1原発事故 汚染廃棄物、焼却中止求める 県に住民団体 /宮城 via 毎日新聞

東京電力福島第1原発事故で生じた国の基準(1キロ当たり8000ベクレル)以下の汚染廃棄物について、焼却施設を共有する市町村の圏域ごとに焼却を基本に処理する県や市町村の方針を巡り、住民団体が県に焼却中止を求める申し入れ書を提出した。

 住民団体は「放射能汚染廃棄物『一斉焼却』に反対する宮城県民連絡会」(事務局、仙台市)。県内の自治体が7月、圏域ごとに焼却を基本に処分する方針で合意したことについて、同連絡会は「焼却は放射能を大気中に拡散したり、長期にわたり土壌や地下水を汚染したりする恐れがある」などと主張し、焼却方針の撤回などを求めている。同連絡会の多々良哲事務局長は「焼却だけでなく堆肥(たいひ)化もすき込みも放射性物質を拡散するので間違っている。

続きは福島第1原発事故 汚染廃棄物、焼却中止求める 県に住民団体 /宮城

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


News of the Atom: August 13 2017 via Harry Shearer

News of the Atom–missing contaminated cars from Fukushima; Idaho; radiation clean-up cost; nuclear waste shipment; 

Listen to the program at News of the Atom: August 13 2017

Related articles: 

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


Survival Expo features gas masks and Geiger counters via WGNO

[…]

At a “Survival Fair” at the Pontchartrain Center in Kenner, vendors filled tables with many of the items you’d find at a gun show:  bullet-proof vests, ammunition, even silencers made out of cans of gun-cleaning solvent.

But times being what they are, Craig Douglas, a vendor from Michigan, was selling gas masks and radiation detectors.

With the sabre-rattling between the U.S. and North Korea, Douglas says sales are picking up.  In fact, he says he hasn’t seen such an interest in radioactive “roentgens” since the Fukushima nuclear power plant disaster in Japan in  2011.

But of course American’s apocalyptic fear goes back to at least the 1950s and ’60s– the Cold War days when Russia was the enemy and the missiles were in Cuba.

Back then, school kids were taught to survive  an atomic bomb with “duck and cover” drills under their desks while their parents were stocking supplies in backyard bunkers.

These days, Douglas does a lot of explaining to customers about the difference between his two most popular Army surplus items from the Cold War era: a “dosimeter” and what’s commonly called a “Geiger counter.”

A Geiger counter will measure the amount of radiation in your surroundings at any given point in time.  If you were to step outside a nuclear fallout shelter and get a Geiger counter reading of “more than 500 roentgens.. you’d be dead in two days,” says Douglas.

A dosimeter will tell you how much radiation you’ve been exposed to– over time.  Douglas says it’s “like an odometer” for radiation, keeping track of the total amount you’ve gotten, so you’ll know when you’ve had too much. Limited time spent in a radioactive zone is survivable, Douglas says, as long as you’re not exposed to too much radiation in too short a time.

[…]

No, he said, his interest was pure “nostalgia.”

Griffin said he used to work at the Hanford nuclear power plant in Richland, WA, and he says that if we’re in a nuclear war “we’re going to need something better than (knowing) whether we can read radiation.”

Read more at Survival Expo features gas masks and Geiger counters 

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .


汚染水処理装置でルール逸脱=昨年3月、影響なし-福島第1via Jiji.com

東京電力は14日、福島第1原発で発生した放射能汚染水を処理するセシウム吸着装置が昨年3月の4日間、運転上のルールを逸脱する状態だったと発表した。汚染水の処理などに影響はなかったとしている。

東電によると、第1原発には放射性セシウムを吸着する装置が2基あり、ルールでは、うち1基が動作可能なことが求められる。

2基のうち、片方の装置は4系列ある処理設備をまとめて1基と見なしているが、ストロンチウムも除去できるように改造したことで実質2系列に減り、ルール上は1基と見なせなくなった。

東電は、すぐに4系列に戻せればルールに適合すると考えていたが、別の工事を計画中に原子力規制庁から指摘を受けた。

続きは汚染水処理装置でルール逸脱=昨年3月、影響なし-福島第1

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


福島原発汚染水対策 凍土壁、効果見えず 国費345億円投入、近く完成 via 毎日新聞

東京電力福島第1原発1~4号機の周囲の土を凍らせて壁を築き、地下水の流出入を遮断する「凍土遮水壁(凍土壁)」について、原子力規制委員会は週内にも、全面凍結を認可する。当初は汚染水抑制の「切り札」とされ、世界でも類のない対策がようやく完成するが、国費345億円がつぎ込まれながら遮水効果ははっきりしない。浄化後の処理水の行方もめどが立たず、事故から6年半近くが経過してもなお、汚染水問題が廃炉作業に立ちふさがる。【柳楽未来、岡田英】

[…]

凍土壁の建設は2013年5月、外部有識者による政府の「汚染水処理対策委員会」が複数の大手ゼネコンから提案された案の中から選び、東電に指示した。その年の秋には、20年東京五輪招致のヤマ場が控えており、国が前面に出て汚染水対策に当たっていることを国際的にアピールする狙いがあった。

 民間企業の事故の後処理に税金をつぎ込めば国民の反発を招きかねないが、対策委関係者は「過去に例のないチャレンジング(挑戦的)な凍土壁なら国費を出せるという実情があった」と明かす。凍土壁は小規模な実用例はあるが、1・5キロにも及ぶ規模や年単位の長期の維持は例がなかった。

 当時、政府・東電は、粘土で壁を造るなどの方法に比べ、凍土壁は建設にかかる時間が短く、不都合が起こった場合、解かせば元に戻せるなどのメリットがあると説明した。しかし、規制委は凍土壁によって地下水がせき止められて原子炉建屋周辺の地下水位が下がれば、建屋内の汚染水が逆流して漏れ出すことを懸念。効果や影響を見ながら段階的に凍結していく方針を取ったため、当初15年度内としていた完成予定は大幅に遅れた。

 さらに遮水効果についても、計画を認可する規制委の審査で有識者から懐疑的な意見が相次いだ。今回認可されるのも、「遮水効果を上げていないから(地下水位が下がって汚染水が逆流することはなく)安心して凍結を進められる」(更田(ふけた)豊志・規制委員長代理)という皮肉な理由からだ。

 凍土壁は年間に十数億円の維持費がかかる上、維持管理に携わる作業員の被ばく量も多い。原子炉建屋の地下の損傷部をすべて修復するめどはたっていない。浅岡顕・名古屋大名誉教授(地盤力学)は「このままでは効果の薄い凍土壁をずっと維持しないといけなくなる。別の種類の壁を検討すべきだ」と指摘する。

処理水80万トン、行き場なく

 汚染水問題では、浄化後の処理水の扱いも東電を悩ませている。

 汚染水は62種類の放射性物質を除去できる「多核種除去設備」で処理するが、トリチウムだけは原理的に除去できない。トリチウムは宇宙線によって自然界でも生み出されているほか、世界各地の原子力施設からも海に放出されている。規制委は「安全上問題ない」として処理水を海洋放出すべきだとの立場だが、風評被害を懸念する地元漁業関係者を中心に反対が根強い。東電は第1原発敷地内にタンクを次々と建設して処理水をため続けており、その量は80万トンに迫る。

[…]

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , , .


State suspends low-level waste shipment from nuclear plant over manifest errors via The Seattle Times

The suspension requires Energy Northwest, operator of the region’s only nuclear-power plant, to come up with corrective actions within 90 days, and also submit to an inspection and participate in a management inspection.

[…]

The company operates the Columbia Generating Station, a boiling-water nuclear reactor located north of Richland. Northwest Energy says the station is the largest producer of power in Washington state.

An internal Energy Northwest memorandum acknowledges problems in the shipment of low-level radioactive wastes. Written July 26, the same day as the state suspension, it cites “multiple deficiencies with the shipments of radioactive wastes.”

 

In addition to a July 20 shipping problem that resulted in the state suspension of shipping, the memo by Robby Peek, an Energy Northwest quality services supervisor, detailed a series of other incidents that violated state and federal requirements.

They include multiple examples of incomplete and inaccurate radioactive shipment documents that were discovered in November 2015.

The July order follows another Health Department suspension of shipping privileges In November 2016 after discovery of an improperly packaged shipment. That incident led to a higher level of oversight by the Nuclear Regulatory Commission as well.

[…]

Charles Johnson, a plant critic with Oregon and Washington Physicians for Social Responsibility, said that the state shipping suspension is part of a broader problem of poor performance.

For the last two years, the Columbia Generating Station has ranked in the bottom 25 percent of the nation’s power plants, according to the Institute of Nuclear Power Operations, an industry rating group.

Read more at State suspends low-level waste shipment from nuclear plant over manifest errors

Posted in *English.

Tagged with , , , , .