Skip to content


Oct. 28, 2017: Atomic Age IV Symposium

Posted in *English.


2.2B gallons of groundwater treated at Hanford plants this year via Tri-City Herald

Hanford workers cleaned 145,000 pounds of contaminants from the groundwater beneath the nuclear reservation during the past 12 months, the Department of Energy said Thursday.

The contaminants came from 2.2 billion gallons of groundwater — an amount that would fill enough water trucks lined bumper-to-bumper to stretch from Los Angeles to New York.

The contaminated groundwater was pumped out of the ground and treated at six Hanford plants, with cleaned water reinjected into the ground.

The plants include five along the Columbia River that remove hexavalent chromium. The chemical can cause cancer in humans and is particularly poisonous to young salmon, even in small amounts that meet drinking water standards.

[…]

The sixth treatment plant, which is in central Hanford, is larger and more sophisticated. It can remove multiple contaminants from groundwater, including radioactive carbon tetrachloride and uranium.

An expansion of the plant allowed it to remove uranium from contaminated water throughout fiscal 2017.

Because there is a smaller mass of uranium in the groundwater than other contaminants, such as nitrates, contractor CH2M Hill Plateau Remediation Co., treated more water than in fiscal 2016, but removed less contamination by weight.

[…]

With half of Hanford’s plants at least five years old, including the central Hanford 200 West Pump and Treat facility, major maintenance has been required to keep them running efficiently.

Some of the groundwater treatment plants along the river had new pumps installed during the past year, increasing treatment capacity at those plants by up to 300 gallons per minute.

Since treatment plants began operating in the mid-’90s, almost 18 billion gallons of contaminated groundwater has been cleaned and returned to the ground, according to DOE.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , .


泉田裕彦・前新潟知事が当選確実 新潟5区 via 産経ニュース

[…]

泉田氏は平成16年に経済産業省を退職後、新潟県知事を3期務めた。東京電力福島第1原発事故後は、柏崎刈羽原発(柏崎市、刈羽村)の再稼働について慎重な立場を取ってきた。泉田路線を引き継ぐ米山隆一現知事も、第1原発事故をめぐる県独自の検証が終わるまで再稼働の議論には入らないとしている。

今回、泉田氏は自民の公認を受けているものの、「政権与党から原発政策を変える」とし、従来の立場と矛盾はないとしている。

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , , , .


東電労組、託児所復活に協力 所有ビルを提供 via 東京新聞

東京電力が来年、労働組合が所有する東京都内のビルに託児所を設けることが二十一日、分かった。福島第一原発事故に伴うリストラで会社保有の託児所はなくなっていたが、労組が場所の提供で主体的に会社と協力し、復活することになった。厚生労働省によると、労組が託児所の設置に関わるのは全国的に珍しいという。

[…]

 以前は会社内や江戸川区の社宅に託児所があったが、資産売却など原発事故後の経営合理化に伴い閉鎖された。それ以来、育児中の社員から託児所を求める声が高まっていた。東電は経営立て直しが続いており、労組も子育て支援に主体的に取り組むことにした。

 東電は、介護や育児に当たる社員向けに在宅勤務制度を今月から本格運用するなど、労働環境の改善を進めている。社員の年収も原発事故後には一時20%をカットされたが、現在は5%減の水準まで戻した。

<東電の経営合理化> 東京電力は福島第一原発事故への対応や電気料金値上げに伴い、コスト削減を求められてきた。従業員の給与カットや希望退職による人員減、福利厚生制度の廃止、社宅をはじめとする不動産や東電病院の売却、グループ企業の統合などを実施した。原発事故の賠償や廃炉の費用に充てる年5000億円規模の資金を確保するため、さらなる取り組みが必要となる。

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , .


Atoms in the Alley Festival celebrates Aiken’s nuclear history via Aiken Standard

Nuclear Science week wrapped up Saturday with the Atoms in The Alley festival in Downtown Aiken.

The festival kicked off with a ribbon cutting for the fallout shelter kiosk, introducing the public to the fallout shelter as well as the exhibit that will open in the Savannah River Site Museum and Heritage Foundation.

“The fallout shelter was built in 1960 by the federal government as a demonstration of what a fallout shelter should look like,” said Walt Joseph, Executive Director of the SRS Heritage Foundation. “It was a model for any number of fallout shelters around Aiken.”

[…]

Albenesius also pointed out the historical significance of locations like the fallout shelter.

“It’s really an understanding of the Cold War and the whole idea of mutually assured destruction,” said Albenesius. “They were poised to obliterate not just each other but maybe the planet.”

According to Albenesius, Aiken would certainly be a different place without SRS and understanding the history behind where Aiken came from is important.

“Aiken is the community it is today in part because of its nuclear background,” said Joseph. “The Savannah River Site was the largest single event in Aiken’s history and has continued to exert a large influence. It’s also a future employer that will keep Aiken viable for strong for a long, long time.”

The Savannah River National Laboratory has produced a virtual tour of the fallout shelter which will be on display at the SRS museum. City officials, museum staff and children all took turns using the virtual reality headset to experience what it would be in the fallout shelter; they were even able to pick up objects and otherwise interact with the environment using two handheld sensors that acted as the user’s hands.

[…]

“This is great for the community,” Laurence said about Atoms in The Alley. “It gets people out, informs them and lets them have a little fun at the same time. This is great for everyone.”

Students from local schools also visited the festival. Eleventh-graders Trinity Kirby and Corianna Durham, from Midland Valley High School, stopped by each vendor, writing a summary about what they saw and who they spoke with.

“I feel like it’s really important because we get to learn about all of the resources in the area and how to handle them,” said Kirby as the pair stood before a table featuring animals like a box turtle, a corn snake and an eastern king snake.

Read more at Atoms in the Alley Festival celebrates Aiken’s nuclear history 

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .


South Korea’s president says will continue phasing out nuclear power via Reuters

SEOUL (Reuters) – South Korea’s President Moon Jae-in said on Sunday the government will continue to phase out nuclear-generated electricity, following a public opinion survey that dealt a blow to his plans to do so.

“We will completely stop all plans for the construction of new nuclear reactors like the government previously stated,” Moon said in a statement distributed to reporters by his office.

“The government will also step up usage of natural gas and renewables in order to maintain its stance of phasing out nuclear-generated power.”

Moon’s statement came after a public opinion survey on Friday found a majority of almost 60 percent in favor of resuming the stalled construction of two reactors.

[…]

Completing the two reactors could mean a reversal of a strategy to slowly reduce nuclear energy’s share of the power mix, and also significantly eat into the liquefied natural gas (LNG) demand of the world’s second-largest consumer of the fuel.

With the two reactors set to be completed in October 2021 and October 2022, according to state-run nuclear operator Korea Hydro & Nuclear Power, Moon said safety standards for nuclear plants would be ramped up.

Moon also reiterated his plan to shut down the Wolsong No. 1 nuclear reactor, the nation’s second-oldest, once the government confirms stability in energy supplies.

Read more at South Korea’s president says will continue phasing out nuclear power

Related article: 

Posted in *English.

Tagged with , , .


韓国大統領、原発2基の建設再開を表明 原発解体研究所の設立も公表 via 日本経済新聞

 【ソウル=山田健一】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、建設途中の新古里原発5、6号機(蔚山市)の工事再開を有識者らでつくる委員会が勧告したことを受け「建設を早期に再開する」と表明した。大統領府が発表した。発電に占める原発の比率を段階的に下げる「脱原発」政策の継続も指示した。

脱原発を円滑に実行するため、原発解体研究所を韓国の東南部に設立することも併せて公表した。欧米など海外で解体作業の受注につなげる狙いもあるという。

(略)

文政権は新規原発の全面的な建設中断を柱とする脱原発政策を掲げるが、工事の進捗率が既に30%に達する2基については有識者らに判断を委ねていた。建設再開に伴い短期的には稼働する原発が増えるが、中長期では「天然ガスと再生可能エネルギーを拡大する」方針だ。

全文は韓国大統領、原発2基の建設再開を表明 原発解体研究所の設立も公表 

Posted in *日本語.


「福島は危ない」にどう応じればいいのか 回答には「1冊の本」が必要だった via President Online

「福島は危ないのか」。そう聞かれたとき、どう答えるのか。毎日新聞記者として被災地を取材し、現在はBuzzFeed JAPANで記者を務める石戸諭さんは、この問いへの答えを探して、初の著書『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)を出版しました。なぜ一冊の本が必要だったのか。書籍の担当編集者が、改めてその意図を聞きました――。

(略)

――冒頭、岩手県宮古市の漁村で、漁師さんから「原発はどうなりそうなんだ。教えてくれ」と尋ねられたエピソードを書かれていますね。執筆をお願いしたときに石戸さんから聞き、これこそがこの本のテーマだと思ったのをよく覚えています。

年は六〇代半ば、白髪交じりの頭を短く刈り上げている。黒のタートルネックニットの上に、紫と黄緑のナイロンの上着を羽織り、足元は漁業用のゴム長靴を履いていた。「原発ですか。放射性物質が飛散してはいるけど……」と説明しようとしたが、「健康はいいんだ。もうほれ、年寄りだから。海だ、海。この海にどんな影響があるんだよ。教えてくれ。情報が入らないんだ」。
(中略)
伝えられるだけの情報を伝えたが、おそらく納得していなかったと思うのだ。住居を無くしても海の優先度が高い。何より海の無事を願う。それが漁師なんだ、と男性は言った。彼は特別な存在だろうか。――石戸諭『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)より

新聞記者として東日本大震災の取材を続けるなかで、原発事故の影響がそれほど大きくなさそうな場所でも、放射能の問題が覆いかぶさっているのを感じることが増えました。「リスク」についてどう伝えればいいのか。これまでやってきたことが試される局面が訪れたんだ、と思いました。

(略)

ひとつのアプローチを試さないといけないと思いました。つまり、割り切れない思いを包摂しながらリスクについて語ることはできないのか、ということです。人間は誰だって、時として不合理なことをする。だからこそ、科学や医学だけではない別のモノサシを組みこみたかった。そのためには、一人ひとりが生活のなかでどうやってリスク判断をしているのか、そこに接近しないといけないと思ったんです。

たとえばこの本には、科学を学び、自ら土壌検査を行い、収穫後の検査もクリアして農協に出荷した米を、それでもわが子には食べさせられないと捨てた農家が出てきます。科学のモノサシで測れば明らかな矛盾ですが、納得できる人も多いと思うんです

自分が担任しているクラスの生徒たちは福島県内の学校に通っているのに、自らは子供を連れて、新潟県で仕事を決めた教師がいる。新潟に避難せざるを得なかった、福島の子供たちを支援する仕事を選んだ。彼は、これは担任している子供ではなく、自分の子供ために「避難」を選んだと捉えて、苦悩することになる。

これも同じで、理解することと納得することの間にはそれぞれに溝がある。取材しながら、自分自身のモノサシも変化していきました。

(略)

――「発がん率~%」「空間線量~mSv(ミリシーベルト)」といったモノサシは同じでも、そのモノサシが置かれた机の上は、人それぞれにまったく違うということですね。

全然違います。納得するまでにかかる時間もまったく違うし、納得の度合いも違う。言うまでもなく、科学的なモノサシは重要です。ただ「モノサシが使えるよ」ということと「だから受け入れろ」ということはまったく違うんだということを、お互いに理解したほうがいいんじゃないかと思うんです。

全文は「福島は危ない」にどう応じればいいのか 回答には「1冊の本」が必要だった 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Japan waters down text of annual anti-nuclear resolution to imply acceptable use of nukes via The Japan Times

[…]

A draft resolution recently proposed by the Abe government to the United Nations General Assembly was dramatically watered down under diplomatic pressure from the United States, government sources have revealed.

[…]

Japan’s annual diplomatic effort to demonstrate its anti-nuclear credentials and create momentum for disarmament has run into a major obstacle in the form of its most important ally, as well as an atmosphere of division between states possessing atomic weapons and those without them.

A draft resolution recently proposed by the Abe government to the United Nations General Assembly was dramatically watered down under diplomatic pressure from the United States, government sources have revealed.

Japan, the only nation to have been attacked with atomic weapons, saw the U.S. destroy Hiroshima and Nagasaki with two atomic bombs 72 years ago. it has proposed a series of draft resolutions on nuclear disarmament to the General Assembly since 1994.

Last year, its proposed resolution was adopted at the assembly’s plenary session with support from 167 nations, including the United States, while China, North Korea, Russia and Syria opposed and 16 other nations abstained.

In the middle of October, Japan submitted a resolution titled “United action with renewed determination toward the total elimination of nuclear weapons.”

Close examination of the text has found a few major changes from past resolutions.

Since 2010, Japan has drafted annual resolutions that include the same common sentence, which emphasizes “deep concern at the catastrophic humanitarian consequences of any use of nuclear weapons.”

The phrase, “the catastrophic humanitarian consequences of any use of nuclear weapons,” has been a keyword used by international movements pursuing a denuclearized world in recent years.

In July, this anti-nuclear campaign culminated in the adoption of the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons at the United Nations — the first international law that prohibits state parties from developing, testing, possessing and using nuclear weapons in any manner, including “threat of use.”

In the most recently proposed resolution, the government deleted the word “any” from the frequently used phrase, rendering it as “deep concern at the catastrophic humanitarian consequences of nuclear weapons use.”

It seems a minor rhetorical change, but the deletion of “any” has raised concerns and sparked severe criticism from nuclear disarmament specialists in Japan.

“The omission of the word ‘any’ implies there could be a case of nuclear weapon use that would not cause inhumane consequences and therefore this type of use might be permitted,” professor Tatsujiro Suzuki, director of the Research Center for Nuclear Weapons Abolition at Nagasaki University, pointed out.

[…]

“The Japanese draft resolution looks like one proposed by the United States or any other nuclear weapon states,” said Akira Kawasaki, an International Steering Group member of ICAN, or the International Campaign to Abolish Nuclear Weapons.

ICAN will receive the Nobel Peace Prize at the end of this year in Oslo for its worldwide grass-roots campaign for the adoption of the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons.

During a recent interview, Kawasaki said “the deletion of ‘any’ is so problematic” that several nations which have supported Japan’s annual resolutions in the past may not become a cosponsor of the resolution this year.

That wold pose a serious setback for Japan, which has taken a leading position in the international disarmament based on its strong credentials.

Governmental sources suggested that the administration of U.S. President Donald Trump opposes including the word “any” in the draft resolution, and that Japan made the concession to get Washington’s support for the document.

[…]

Another conspicuous change in the latest Japanese resolution is that it urges only North Korea to sign and ratify the Comprehensive Nuclear Test Ban Treaty without delay, rather than the eight nations it named for the previous resolutions.

Japan is a key advocate of accelerating the CTBT, which requires ratification by eight nations including North Korea, China and the United States. The U.S. Republican Party is widely known as a strong opponent of CTBT.

[…]

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , .


日本も原子力発電ゼロは「達成できる」via President Online

今や再生可能エネルギー「後進国」

経団連など日本の経済界は「原発ゼロは不可能」としている。だが、三菱総研理事長で元東京大学総長の小宮山宏氏は「できるに決まっている」と断言する。小宮山氏は「脱原発は世界の潮流。米国や中国も再生可能エネルギーに舵を切った。このままでは日本は乗り遅れる」と警鐘を鳴らす――。

再生可能エネルギーのコストが原発を逆転

実際のところ、311(東日本大震災)の東京電力福島第一原発事故の後、何年間も、日本は原発ゼロの状態でやってきました。いまさら「やれるか」「やれないか」という議論をするなんてムダ。全く話になりません。

(略)

実際は、私が当時予測していたよりも圧倒的に速いスピードで逆転しました。再生可能エネルギーのコストが安くなる一方で、原発についてはリスクの大きさがコストに加わるようになった。今や原発を新設するよりも、再生可能エネルギーの発電所を新設する方が安いのです。

実際に、2016年に世界で実行された発電所投資額の70%が、再生可能エネルギーに向けられています。ちなみに投資額の25%が火力発電所で、原発の投資額は5%に過ぎません。

再生可能エネルギーには大きく5種類、水力、風力、太陽光、バイオマス、地熱があります。このうち、その土地で一番安いものを選べばいいのです。日照時間は短くても風が強いというところは風力、水が豊富なところは水力、森林が豊富なところはバイオマス、アイスランドのように火山が多いところは地熱発電を使えばいい。世界では、その国や地域に合った再生可能エネルギーを選択し、どんどん開発を進めています。それがこの、投資額の70%という数字に表れています。

(略)

原発は、「作るとき」と「使い終わった後」に非常にお金がかかります。でも、使っている間はとてもコストが低い。これだけ原発を作ってしまったわけですから、使い終わった後のことを考えず、使い続けていれば費用は安くすみます。つまり、今の日本は、「使い終わった後をどうするか」という問題を先送りにしているのです。

ただ、日本は東日本大震災で深刻な原発事故を起こしました。世界の国々は、「日本ですら事故を起こしたのだから、うちの国も起こすかもしれない」と、原発の稼働や新設を止めた。欧州では、新設や稼働はもちろん、将来にわたって原発は使わないと決めた国も出てきています。中国やベトナム、トルコなども、新設計画はありますが実際は進めていない。それが世界の潮流になっている。それなのに、事故を起こした当の日本が、なぜまだ原発を推進しようとしているのか。

さらに、政府は「今後もベース電源は原発で」と言っているようですが、今、「ベース電源」という考え方をしている国は、日本くらいじゃないでしょうか。

確かに風力や太陽光は、気候などによって発電量が変わりますが、水力やバイオマス、地熱は安定電源です。さらに、風力や太陽光でも、水力と組み合わせることによって、電源としての不安定さを解消できます。

(略)

残念ながら日本は、こうした再生可能エネルギーの分野では後進国となってしまっています。ドイツでは、電力供給の30%以上が再生可能エネルギー、中国でも昨年は28%に達していますし、アメリカももうすぐ20%になります。日本は2015年現在で、わずか4.7%です。

2050年以降エネルギーコストはゼロにできる

こうした現実を見ると、エネルギー問題について悲観的になるかもしれませんが、その必要はありません。

まずは2050年の日本を描きましょう。人口は今より2割以上減少していますし、技術革新で省エネルギー化も進み、エネルギー消費量は今の半分以下になります。今よりずっと楽になります。それくらいの量は、再生可能エネルギーで十分供給できます。

全文は日本も原子力発電ゼロは「達成できる」

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


原発周辺地域でごみ拾い 福島「きれいな町に」via 産経フォト

東京電力福島第1原発がある福島県沿岸部で21日、地元の高校生や復興事業に携わる作業員ら約1600人がごみ拾いをした。参加者は「自分たちの住む町をきれいにしたい」と雨の中、トングを片手に汗を流した。

 楢葉町など9市町の国道6号周辺約100キロが対象。原発が立地する双葉町の帰還困難区域内の道路も除染作業員が担当した。

(略)

 清掃活動は2007年に当時の高校生が古里をきれいにしようと始めたが、震災と原発事故で中断。復興事業に伴いごみが増えたことを受け15年に再開、3回目となる。

全文は原発周辺地域でごみ拾い 福島「きれいな町に」

Posted in *日本語.

Tagged with , , .