Skip to content


診療情報を3年放置〜福島県・甲状腺検査サポート事業 via Our Planet-TV

福島県が実施している「甲状腺検査サポート事業」をめぐり、県は2015年の事業開始から3年間、収集した患者の診療情報について、集計も分析も一切行っていなかったことが、OurPlanetTVの取材で分かった。同事業は、「診療情報の収集を行い、得られた情報を集計・分析し、その結果を県民に還元する」と目的に掲げているが、患者から集めた診療情報は、職員が個人的に中身を見るだけで、集計したり検討したことはなかったという。

甲状腺サポート事業は、一般診療となった甲状腺がん患者等の病気の状態を把握する、有効な手段の一つとされる中、県が、甲状腺がんの患者から高度な個人情報を収集する一方、書類をたなざらししていたことは、県民から批判を浴びそうだ。

甲状腺検査サポート事業は、甲状腺検査の2次検査以降が一般の保険診療となっていることから、「診療情報の収集に支障が生じる」との理由で2015年にスタートした。事業の対象となるのは、2次検査で甲状腺がんの疑いなどがある患者で、医療費の助成を受けるためには、申請書とともに、医療機関が記入した診療情報を提出することになっている。

しかし、OurPlanetTVが県の公文書開示請求したところ、臨床情報を集計したデータが存在しないことが判明。当初は、福島県立医大が集約していると説明していたが一転し、2015年7月の事業開始から2017年度までの2年半、患者の診療情報について一切、集計は行なっておらず、昨年6月に開催された第27回「県民健康調査」検討委員会で報告した文書以上のデータは存在しないと説明した。

この事実について理由や今後の方針について県に質問したところ、県民健康調査課の鈴木陽一課長はOurPlaentTVに対し、「特にコメントすることはない」として回答を拒否している。

(略)

民間企業に丸投げ
甲状腺検査サポート事業は、当初、福島県立医大に委託する予定だったが方針を転換。現在、医療・介護関連の大手ニチイ学館が受託し、案内書の発送から申請書の受理、問い合わせ電話の対応、決定通知書の発送などを担っている。

初年度の予算は約9200万円だったが、申請数が延びず、初年度の支出は1400万円に止まり、そのうち個人への医療費助成額は780万円程度。ニチイ学館への業務委託費は450万円だった。また事業2年目の2016年度は、1830万円ほどの予算に対し、交付した医療費助成額は450万円に止まり、業務委託費が570万円と支援金を上回った。

長く治療を継続している患者にとって、毎回、申請をするたびに、5000円もの費用をかけて診療情報を取得する必要がある同事業は、「手続きが煩雑」だと評判が悪い。

全文は診療情報を3年放置〜福島県・甲状腺検査サポート事業

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Investigation continues as Richland nuclear power plant restarts via Tri-City Herald

The nuclear power plant near Richland reconnected to the regional power grid Thursday morning after shutting down unexpectedly six days ago.

It is the Northwest’s only commercial nuclear power plant. It provides electricity to 92 Northwest utilities, equivalent to the power that would be used by a city the size of Seattle.

The investigation into the issue that caused the Columbia Generating Station to scram, or unexpectedly shut down, continues.

[…]

No information has been released on how many days it will take the plant to return to full production. It has 1,207 megawatts of gross capacity.

[…]

The plant’s most recent previous scram was in August, when plant operators shut the plant down after an air removal valve in the plant’s turbine building closed. It caused a loss of vacuum pressure in the system that turns steam back into water for reuse of the plant.

That led to a brief decrease in the water level in the reactor.

Before that, the plant shut down unexpectedly in December 2016. The scram was in response to a problem caused by cold weather at the Bonneville Power Administration’s nearby Ashe Substation.

Posted in *English.

Tagged with , , .


TROOPS PROTECTING NUCLEAR BASE FOUND ON ACID: ‘I FELT PARANOIA, PANIC’ via Newsweek

Troops tasked with protecting some of America’s deadliest weapons, nuclear missiles, were caught taking the hallucinogenic drug LSD, among other substances.

The Associated Press obtained a number of Air Force records showing 14 service members were disciplined for involvement with an LSD drug ring at F.E. Warren Air Force Base in Wyoming. Six of those airmen were convicted of distributing or taking the drug, though none were accused of taking the drugs while on duty.

One soldier, however, said that he could not respond to an emergency situation while under the influence of LSD. “I felt paranoia, panic,” said Airman First Class Tommy Ashworth in court proceedings obtained by the wire service.

[…]

F.E. Warren Air Force Base is home to several nuclear-capable intercontinental ballistic missiles (ICBM), which when shot into space, can deliver a nuclear payload to targets across the globe. The base stands at the ready 24 hours a day, every day of the year.

The nuclear base convictions come at a time of heightened global insecurity surrounding nuclear weapons. Last year, North Korea tested its own version of an ICBM with the theoretical ability to strike anywhere in the U.S. The country also tested its largest-ever nuclear bomb last year. U.S. intelligence believes that North Korea has developed a successful nuclear warhead.

Read more at TROOPS PROTECTING NUCLEAR BASE FOUND ON ACID: ‘I FELT PARANOIA, PANIC’

Posted in *English.

Tagged with , , .


「広島原爆焼」永井博士の元に 如己堂などに3個現存 長崎県出身の新聞記者寄贈 [長崎県] via 西日本新聞

広島原爆の爆心地付近の土を混ぜて作ったとされる陶器「広島原爆焼」が、長崎原爆で救護活動に奔走した医師、永井隆博士(1908~51)に贈られていたことが分かった。原爆焼の寄贈に対する永井博士の礼状が昨秋、広島市で見つかり、博士の孫で長崎市永井隆記念館長の永井徳三郎さん(52)が自宅や博士の住まいだった「如己(にょこ)堂」を探したところ、計3個が現存することを確認した。

広島県福山市の郷土史家白井比佐雄さん(55)=同県教育委員会文化財課長=によると、原爆焼は被爆から5年後の50年ごろ、同県東部の神辺町(現福山市)を拠点とした「広島原爆記念会」が製作。原爆の悲劇を長く後世に伝えるのが目的で、売り上げの一部を広島市の復興や原爆孤児の支援に充てていたという。

(略)

永井博士に原爆焼を贈ったのは、歌人で中国新聞社(広島市)の記者だった故山本康夫さん。陶器には平和を祈る山本さんの短歌が彫られている。山本さんの遺族宅で見つかった永井博士の礼状は1950年2月9日付だったという。

徳三郎さんは「もともと如己堂に原爆焼があるのは知っていたが、どんないわれがあるのか不明だった。長崎と広島が気持ちでつながっていたことを示す物だと思う」と語る。

(略)

「原爆焼が使われた形跡はなく、大切に取っていたのでは。(祖父は)同じ被爆都市として広島に関心を持っていたはずで、もらってうれしかったと思う」と徳三郎さん。公開予定はなく、大切に保管するという。

全文は「広島原爆焼」永井博士の元に 如己堂などに3個現存 長崎県出身の新聞記者寄贈 [長崎県] 

Posted in *日本語.

Tagged with , .


北朝鮮の核実験場爆破…放射能漏れの可能性は? via Niftyニュース

北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンブクト)豊渓里(プンゲリ)にある核実験場が爆破され、放射能汚染を憂慮する声が少なくないが、多くの専門家はその可能性は非常に低いと口をそろえている。この日の爆破は地震計も感知しないほど規模が小さかった。

24日、韓国の原子力専門家は北朝鮮の核実験場廃止による放射能汚染の可能性について「危険ではない」と分析した。坑道を爆破する方法で、規模がそれほど大きくないからだという。

韓国原子力研究員のファン・ヨンス博士は「今回の北朝鮮の核実験場坑道の爆破方法は、“制御発破(Controlled blasting)”の技法を使ったとみられる」とし、「この方法を使えば、坑道などが大きく損傷しないとみられ、放射能漏れに対する危険はほぼないと見ている」と説明した。

[…]

 

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


Energy Department Announces up to $3.5M for Nuclear-Compatible Hydrogen Production via Office of Energy Efficiency and Renewable Energy

Today, the Energy Department (DOE) announced up to $3.5 million for hydrogen production research and development (R&D) that is compatible with nuclear energy sources. Many utilities are now economically incentivized to consider integrating nuclear energy production with other industrial processes to optimize thermal and electrical energy production. 

Through the selection of these projects, the Office of Energy Efficiency and Renewable Energy’s Fuel Cell Technologies Office will advance HTE hydrogen production research and development (R&D) with the potential to offer baseload nuclear plants an additional revenue stream. This is one example of how DOE’s innovative early stage hydrogen R&D can enable affordable and reliable energy that enhances economic growth and energy security.

“Today we are producing affordable energy from a wider range of sources than we ever thought possible,” said Principal Deputy Assistant Secretary for Energy Efficiency and Renewable Energy Daniel Simmons. “Renewables, nuclear, and fossil energy are part of America’s energy mix, as we remain committed to a comprehensive energy strategy to ensure we are utilizing all of our abundant, American energy resources.”

Using electricity and heat generated at nuclear energy facilities to produce hydrogen via extremely efficient high temperature electrolysis (HTE) is one promising integration approach for generating low cost hydrogen. Through utilization of the high temperature heat generated by nuclear energy plants, less electricity is required for the HTE process; thermal energy is generally less expensive than electrical energy.

[…]

 

 

 

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , .


Fukushima-Daiichi radioactive particle release was significant says new research via Manchester 1824

Scientists say there was a significant release of radioactive particles during the Fukushima-Daiichi nuclear accident.

The researchers identified the contamination using a new method and say if the particles are inhaled they could pose long-term health risks to humans.

[…]

The research, which was carried out by scientists from Kyushu University, Japan, and The University of Manchester, UK, was published in Environmental Science and Technology.

In the immediate aftermath of the Fukushima Daiichi nuclear accident, it was thought that only volatile, gaseous radionuclides, such as caesium and iodine, were released from the damaged reactors. However, in recent years it has become apparent that small radioactive particles, termed caesium-rich micro-particles, were also released. Scientists have shown that these particles are mainly made of glass, and that they contain significant amounts of radioactive caesium, as well as smaller amounts of other radioisotopes, such as uranium and technetium.

The abundance of these micro-particles in Japanese soils and sediments, and their environmental impact is poorly understood. But the particles are very small and do not dissolve easily, meaning they could pose long-term health risks to humans if inhaled.

Therefore, scientists need to understand how many of the micro-particles are present in Fukushima soils and how much of the soil radioactivity can be attributed to the particles. Until recently, these measurements have proven challenging.

[…]

Dr Satoshi Utsunomiya, Associate Professor at Kyushu University, Japan, and the lead author of the study says “when we first started to find caesium-rich micro-particles in Fukushima soil samples, we thought they would turn out to be relatively rare. Now, using this method, we find there are lots of caesium-rich microparticles in exclusion zone soils and also in the soils collected from outside of the exclusion zone”.

Dr Gareth Law, Senior Lecturer in Analytical Radiochemistry at the University of Manchester and an author on the paper, adds: “Our research indicates that significant amounts of caesium were released from the Fukushima Daiichi reactors in particle form.

[…]

The new method can be easily used by other research teams investigating the environmental impact of the Fukushima Daiichi accident.

Dr Utsunomiya adds: “we hope that our method will allow scientists to quickly measure the abundance of caesium-rich micro-particles at other locations and estimate the amount of caesium radioactivity associated with the particles. This information can then inform cost effective, safe management and clean-up of soils contaminated by the nuclear accident”.

[…]

The paper, ‘Novel Method of Quantifying Radioactive Cesium-Rich Microparticles (CsMPs) in the Environment from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant’ has been published in the journal of Environmental Science – DOI:10.1021/acs.est.7b06693

Read more at Fukushima-Daiichi radioactive particle release was significant says new research

Posted in *English.

Tagged with , , , .


長崎市長に「ブラジルの被爆者支援を」…指定医療機関設置など via Yomiuri Online

 ブラジル被爆者平和協会の渡辺淳子理事(75)が、ブラジル在住の被爆者が被爆者援護法に基づいて受診できる指定医療機関の設置や、日本領事館の被爆者支援拡充を求める要望書を田上富久・長崎市長に提出し、国などに働きかけるよう訴えた。渡辺理事は県や厚生労働省、広島県・市などにも同じ要望書を出している。

 同協会は1984年、長崎、広島で被爆後に移住した人たちが「在ブラジル原爆被爆者協会」として創設。現地の学校で被爆体験を伝えるなどの活動に取り組んでおり、現在の会員は86人となっている。

 要望書によると、被爆者は同法に基づき、指定医療機関で自己負担なしで受診できるが、ブラジルには指定医療機関がない。受診後に医療費の払い戻しを受けるための申請が必要で、指定医療機関をブラジルに設置するよう求めている。

 (略)

 長崎市役所を訪れた渡辺理事は「現地の被爆者が安心して生活するためにお願いしたい」と協力を求め、田上市長は国に要望する考えを示した。

全文は長崎市長に「ブラジルの被爆者支援を」…指定医療機関設置など

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


それでも米山前知事が進めた「原発事故3つの検証」は意味がある via ironna

立石雅昭(新潟大学名誉教授)
 新潟県知事の米山隆一氏は4月18日、金銭授受を伴う女性問題、いわゆる買春行為で辞意を表明。県議会にて全会一致で承認され、4月27日に辞職した。
 
 一昨年の10月16日投票の知事選挙で、米山氏は「東京電力による福島原発事故の検証がなされない限り、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働については議論しない」とする泉田裕彦元知事の路線の継承を掲げ、第20代県知事に当選したが、その就任期間はわずか1年半という短命に終わってしまった。
 
(略)
 
それらの施策の中でも原発に対する県の施策、とりわけ「福島原発事故の3つの検証」は、泉田元知事の路線を引き継ぎ、深化させたものであり、唯一具体化に向かって動き出した課題であった。
 
(略)
 
米山氏は、福島原発事故の検証を続けてきた「技術委員会」に加えて、新たに「原発事故による健康と生活への影響に関する検証委員会(健康・生活委員会)」と「原子力災害時の避難方法に関する検証委員会(避難委員会)」を設置するとともに、これら3つの委員会を総括する委員会として「原発事故に関する検証総括委員会(検証総括委員会)」を立ち上げた(表1)。
 
(略)
 
福島原発事故の調査、検証は東京電力、政府、国会、独立検証委で行われ、それぞれ2012年に報告書がまとめられた。これらの報告はそれぞれに有意な報告であり、生かされるべき提言も数多くある。
 
 しかし、これらの報告やその後の規制委員会における議論で決定的に欠けていることがある。それは、福島原発の事故に際して、政府や電力事業者の危機管理体制が機能せず、事故の情報や避難指示が十分に届かない中で、被災自治体が大きな混乱に陥り、住民を被ばくにさらすに至った経緯の分析がほとんど行われていないことだ。
 
 原発事故による放射能の拡散・汚染から住民の命と健康を守る課題は、原発が立地する県や自治体の最も大きな責務である。福島原発事故について、原発立地ならびにその周辺自治体が事前に、また震災発生後に具体的にどのように対応するべきであったのか、何ら検証も行われず、教訓も整理されていないのが現実である。
 
 米山氏が進めてきた「福島原発事故の3つの検証」は、こうした検証の不十分さを補うものだ。とりわけ、健康・生活委員会ならびに避難委員会の検証は、県民の命や暮らしと深い関わりを持つ極めて重要なテーマであるが、日本では初めて本格的に行われる検証である。
 
(略)
 
2018年2月16日に、第1回検証総括委員会が開催された。委員長の名古屋大学名誉教授・池内了氏は、この委員会の役割として、技術、健康・生活、避難の3つの委員会での議論内容をまとめるとともに、各委員会での議論を越えた境界領域についても検証することをあげた。
 
 同時に原発、あるいは原発事故は、必ずしも科学的に全てが解明されるものではないとの立場から、そうした側面でも議論を深めていきたい意向を述べられた。
 
(略)
 
避難委員会では、時間的制約もあり、議論の対象は事故発災時に避難するまでに絞られているが、放射性安全の原則である「合理的に達成可能な限り低く」を踏まえた避難方法を検討している。複合災害の視点や住民が行政の指示通り動かないという現実を踏まえた対応等も課題となっている旨、報告された。
 
 また、柏崎刈羽原発の安全性を担保するには、原子力規制委員会の規制基準適合判断だけでは不十分だ。東京電力の隠蔽(いんぺい)体質の払拭、使用済み燃料の保管体制、燃料プールの構造、事故進展状況を把握する水位・圧力計などの計装装置の改良など、幾多の課題が残されている。
 
 検証委員会での福島原発事故の検証を踏まえた柏崎刈羽原発の備え、とりわけ、事故が発生した際に、県民から放射能被ばくを防ぐ実効性ある方法を確立することが重要だ。
 
 以上の「検証」が持つ県民の命と暮らしに関わる重要性を鑑みれば、原子力規制委員会が東京電力柏崎刈羽原子力発電所の6・7号機再稼働を実質的に容認する、規制基準に適合判断を下した今、米山氏の辞任がこの検証作業を停滞、もしくは後退させることは許されない。
 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


Cattle return to graze in Fukushima village for 1st time since nuke plant meltdowns via The Mainichi

IITATE, Fukushima — Farmers began tests on having their cattle graze here on May 23 for the first time since the March 2011 triple meltdown at the Fukushima No. 1 nuclear plant.

The national government lifted the nuclear evacuation order in most parts of the village at the end of March 2017.

While about 220 farmers bred beef cattle before the nuclear disaster, just five farmers restarted their breeding after the ban was lifted. The test will last over three months, and the farmers will check the level of radiation in the cattle’s blood and conduct other checks with the aim to return to regular grazing in 2019 or later.

[…]

Yamada will strive to revive the local “Iitate Beef Cattle” brand.

Read more at Cattle return to graze in Fukushima village for 1st time since nuke plant meltdowns

Posted in *English.

Tagged with , , .