Skip to content


The Palomares Nuclear Disaster and a Class-Action Victory via Veteran.online

BY RICHARD CURREY

As Cold War tensions escalated in the 1960s, the U.S. Air Force initiated long-range patrols by B-52 bombers carrying nuclear payloads. They flew from sites within the U.S. to the border of the Soviet Union, maintaining rapid first strike and retaliatory capabilities. The bomber patrols operated on a 24-7 basis, which necessitated midair refueling. On the morning of January 17, 1966, a B-52 approached a KC-135 tanker at the designated refueling position off the southeastern coast of Spain.

The B-52 maneuvered under the tanker. Then something went wrong. The planes collided. The tanker was instantly swallowed in a fireball that killed all four crewmembers. The B-52’s wings tore away as the fuselage began to break apart. Four of the seven crewmembers were able to eject amid burning aircraft debris. The nuclear payload—four hydrogen bombs—fell from the disintegrating aircraft as their parachutes deployed.

[…]

A BROKEN ARROW

In January 1966 retired Air Force Chief MSG Victor Skaar was a 29-year-old Air Force medic stationed at Moron Air Base, some 200 miles west of Palomares. He was among the first Air Force personnel to be dispatched to the coastal village. “At first we didn’t know where we were going or why,” said Skaar, a VVA Life Member who is now 83. “In due course we learned we had a broken arrow. But for a while that’s all we knew.” (In military jargon, any accident involving the accidental compromise or loss of a nuclear device is a “broken arrow.”)

Skaar was in Palomares for 62 days and worked almost every aspect of the emergency response: the initial search for the bombs, the radiation survey of the village and surrounding areas, the health screenings of Air Force personnel and Spanish citizens, and the decontamination efforts. Skaar kept detailed notes of his time in Palomares, which he still has, along with all his official daily activity reports.

“Command wanted to keep it all quiet,” said Skaar. “They wanted to avoid alarming our troops as well as the locals. Not to mention keeping it out of the press. Which at the time and given the situation was not unreasonable.” Declassified Air Force documents confirm this policy. A memo from February 1966 noted that “it would seem preferable to go back to normality as soon as possible, and thus hasten the departure of this subject from the public mind.”

[…]

CLAIMS DENIED

After a two-year wait he received the decision: denied. It seemed his military medical records were “unavailable.” Any radiation exposure during his time in service “could not be corroborated.” Skaar appealed the decision. After another long wait he received the same decision for the same reason. He then had a full medical evaluation conducted by a civilian physician, who concluded the most likely cause for Skaar’s condition was radiation exposure. Skaar applied for VA benefits using the doctor’s evaluation as support. The VA denied the claim, once again falling back on the “no available records” mantra.

“I knew different, of course,” said Skaar. “I helped create those records. Sealing them was understandable at the time. But I was applying for benefits long past the point where those records needed to remain under seal.” It would turn out that Skaar’s medical file was indeed available, but it took a Freedom of Information Act request submitted to the Secretary of the Air Force to win release of those records.

[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


小泉純一郎元首相が安倍首相に最後通告「憲法改正なんてできない」via Aera.dot

[…]

──原発ゼロ運動はこれからも続けていかれるご予定ですか?

 もちろん。今はチャンスなんだよ。安倍さんが言えばできるんだから。3.11の原発事故の被害を目の当たりにしながら、いまだに原発にこだわっているのが私には理解できない。事故後の数年は、日本の原発五十数基のうち2基しか稼働していなかった。その間、北海道から九州まで1日も停電がないんだよ。原発に頼らなくてもやっていけると証明されている。

[…]

──安倍首相の側近中の側近の今井尚哉総理補佐官は経産省出身で、原発畑が長かった方。安倍首相への影響力は相当強いとも言われています。

 今の官邸は経産省支配だよ。私は原発事故を見て、自分なりに勉強した。経産省らが言っていた「日本の原発は安全・低コスト・クリーンエネルギー」は全部嘘だとわかった。廃炉の40年ルールなんて本当にできるのかどうか。よくぬけぬけと嘘をついて進めているもんだ。経産省は計算違いしているし、安倍さんは洗脳されているな。一昨年、安倍さんに直接、「経産省にだまされるなよ。総理が言えばみんな従うぞ」って言ったら、苦笑して何も答えなかったけど。

[…]

──安倍首相の悲願である憲法改正は来年9月までに動きは?

 原発問題というできることもやらずに、憲法改正なんてできないよ。憲法改正をするなら、野党を敵にしてはダメだ。野党第1党の立憲民主党と協力したほうがいい。海外で武力行使はしない、戦争は二度としない、という形で自衛力を持つことは必要だ。選挙で争点にはせず、時期を待てば実現可能だろう。そのためにはまず原発問題で野党と協力しなきゃ。総理としてこんないい時機をなぜ生かさないのかね。

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


Go green, but not nuclear via Daily Herald

I am an engineer with over 40 years of experience. In the late 1980s, I studied to take the operator’s test for running nuclear power plants. As I studied, I realized how unsafe and dangerous these plants and waste storage facilities are. They have only gotten worse over the years, with license extensions and too small or cracked containment buildings being common.
Also budget cutbacks and utilities merging have fueled more and more dangerous conditions because of the need to give hefty returns for stockholders.

[…]

The coronavirus makes these safety concerns more obvious as the days go by. Nuclear power plants by design want to run full tilt. It is only by operator and computer input that the reactions are kept under control. The spent fuel rods if not left under water and cooled will start to burn and spew fatal radiation over long distances. These spent fuel pools are usually kept at reactor sites and contain thousands of spent fuel rods per pool.

Nuclear power is not carbon neutral and is fatal if mishandled. We need to go to greener energy and safer energy. Three Mile Island, Chernobyl, Fukushima and this pandemic are proof of this.

Bill Collins
Mount Prospect

Read more at Go green, but not nuclear

Posted in *English.

Tagged with , , .


世事抄録 原発とコロナの因果律 via 山陰中央新報

 重々しく響く「因果は巡る糸車」とはNHK人形劇・新八犬伝の名せりふ。東日本大震災からの復興アピールを狙う2020東京五輪が延期になるとテレビで語った安倍晋三首相を見ていて、故坂本九さんの語りが不意によみがえってきた。未曽有の原発事故を引き起こして9年を経た今春、確かに放射能と同じ目には見えない新型コロナウイルスが人々を襲っている。

理由のない因果律ではない。第1次安倍政権の2006年の国会で、原子核工学科出身の共産党議員が巨大地震と津波が原発の電源・冷却機能の喪失を招くと再三警告したのに対し、「そんな事態は考えられない」と対策を拒否したのが安倍氏自身だ。世間は震災時の菅政権の記憶しかないだろうが、その5年前に備えのチャンスを見逃していたことになる。五輪誘致に際し、今も継続中の原発非常事態宣言の状況を「アンダーコントロール」と塗り替えながら、ついにコロナに足元をすくわれた。

無策の既視感はコロナ対策に続く。なんと武漢封鎖の1月23日、首相名で「中国からの観光客歓迎!」と現地広告。封鎖直前の脱出者を含め成田・関空・名古屋3空港だけで2万人近く入国させ、水際作戦は早々に崩れた。

続きは世事抄録 原発とコロナの因果律

Posted in *日本語.

Tagged with , .


Olympic flame to stay a month in Fukushima; Next stop Tokyo? via ABC News

TOKYO — The Olympic flame will be on display until the end of April in Japan‘s northeastern prefecture of Fukushima.

Tokyo Olympic and prefecture officials held an official “handover ceremony”on Wednesday at the J-Village National Training Center in Fukushima.

The public will have limited access to view the flame, and organizers hope to limit the crowd size because of restrictions in place for the coronavirus.

The flame arrived in Japan from Greece on March 20 and the torch relay was to have started last week from Fukushima. The flame has remained in the prefecture with Wednesday’s event merely ceremonial.

“After this, nothing has been decided yet,” said Yukihiko Nunomura, the chief operating officer of the Tokyo organizing committee. “We have to consider the coronavirus situation and such, but I think for now the basic assumption is that it will return to the host city of Tokyo.”

[…]

The flame was to help put a focus on the region’s struggle to recover from the events nine years ago. However, the emphasis of the Olympics next year is likely to shift to the recovery from the coronavirus pandemic.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , .


福島の小児検診 見直しをvia 日本経済新聞

中側恵一

命や生活に関わらないようながんを早期に発見する「過剰診断」が国レベルで進んでしまったのが韓国の甲状腺がんです。

1999年から始まった国主導のがん検診で、乳がん検診のオプションとして、甲状腺がん検診も受けられることになりました。すると、甲状腺がんの発見が急増し、約20年で患者数が15倍にまで増え、2012年には女性のがんの約3分の1が甲状腺がんとなりました。一方、甲状腺がんによる死亡率は全く下がりませんでした。

韓国でも、14年ごろから、科学者が甲状腺がんの過剰診断に対して警鐘を鳴らし、マスコミも大きく取りあげました。「アンチ過剰診断」と言えるキャンペーンが進んだ結果、甲状腺がん検診の受診者数はピーク時から半減し、発見数も激減しています。ジェットコースターのようなアップダウンです。

ほとんどの小児甲状腺がんは「死に至る病」ではありません。韓国や神経芽細胞腫の例を踏まえ、福島の小児甲状腺がん検診を見直す時期に来ていると思います。

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


『被曝影響をフェイクサイエンスで対応する国家的犯罪(前編)』via市民のためのがん治療の会

(独)国立病院機構 北海道がんセンター 名誉院長
「市民のためのがん治療の会」顧問   西尾正道

[…]

福島原発事故から9年を迎えたが、事故直後に出された「原子力緊急事態宣言」下のままである。 そこで本稿では、現在までの福島事故後の規制値の変更(緩和)や、棄民政策とも言える出鱈目な対応についてまとめ、さらに汚染水の海洋放出を強行しようとしていることからトリチウムの危険性についても報告する。 コロナウイルス感染では数日で発症することから真剣になるが、低線量の健康被害はすぐには症状を呈さず数年単位の問題となるため問題意識が希薄となるが、放痴国家の嘘と隠蔽に科学的な知識で対応して頂きたいと思う。

1.棄民政策を続ける原子力ムラの事故後の対応

政府・行政・東電は御用学者・インチキ有識者とスクラムを組んでICRPのフェイクサイエンを基に無責任な対応をしているが、醜いことにその手法も偽装と隠蔽と誤魔化しを織り交ぜて国民を欺いています。 事故後9年を経過し、現在まで行われてきた被曝線量に関する規制値の緩和をまとめ資料1に示すが、原発事故後の政府・行政の手法は常に後出しジャンケン手法であり、基本的な姿勢は【調べない】・【知らせない】・【助けない】です。

[…]

この異常に高い規制値を現在の放射線管理区域の規制値と比較したものが資料2である。

現在騒がれているコロナウイルスの感染ならば数日で発症する人もいるので関心を持ち対応に迫られるが、 年間20mSv程度以下の環境下での健康被害は晩発性に生じることから、放射線が原因と断定することは容易ではなく、因果関係を証明することは困難なことも多いため、うやむやにされてしまうのである。

[…]

現在でも福島県の居住地域は年間20mSv以下としているが、資料3にチェルノブイリ事故後の対応との比較を示します。

[…]

またさらにデタラメなことに、被曝線量を測定する空間線量を測定し表示するモニタリングポストは機器の内部操作により実際よりは40~50%低減させて表示しています。 この数値が新聞に掲載される線量となっているため、健康被害が将来出現しても線量との相関も分析できない状態が続いています。

資料4にモニタリングポストの問題のまとめを示す。

[…]

9年間の政府・行政の事故後の一連の棄民政策とも言える対応の主な問題を資料5にまとめ示します。

事故直後の対応としては情報の非公開や隠蔽だけでなく、被曝線量の測定放棄と規制値の大幅緩和が特徴である。

[…]

原発事故後は規制値を緩和し、Cs-137の体内汚染を少なくする薬剤の配布も政府は禁止した。 事故発生の数年前に放医研の治験により、薬事法を通して薬剤として認可されていたラディオガルダーゼという経口薬があった。 この薬剤については資料6に示すが、腸管でCs-137をイオン交換して便として体外へ排泄させ約4割ほど除染できる薬剤である。

[…]

一般的なガラスバッジはα線やβ線の内部被曝は測れず、全方位からの放射線を正確に積算する機器ではなく、 主に正面からの放射線を測定する構造であり、また検出下限も大きいことから実際の被曝線量の5~10%の数値となる。 資料7にガラスバッジと空間線量率から算出した実効線量との関係を示すが、大幅な過小評価となるのです。

[…]

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


原発銀座の50年 あっても、なくても via 東京新聞

<福井県の、ぼく、おおい町出身でね、知ってます? 原発の町、おおい町です>

 時事ネタで人気のお笑いコンビ、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんは、こう切り出した。昨年暮れにフジテレビ系で放映された「THE MANZAI」のひとこまだ。

[…]

 ふるさとの本音を代弁するかのようなマシンガントークが続く。客席は何度も笑いに包まれる-。 「原発銀座」と呼ばれる福井県の若狭湾沿岸部は、世界に類のない原発の密集地。村本さんが言うように、関西電力の大飯、高浜、美浜、日本原子力発電の敦賀、そして日本原子力研究開発機構の実験炉「もんじゅ」と「ふげん」-。廃炉が決まったものも含めて、計十五基の原子炉が湾内にひしめく、まさに「銀座」の様相だ。

[…]

◆「平和利用」に誘われて

 原発銀座の一丁目、第一号となる敦賀原発=写真、本社ヘリ「まなづる」から=の運転開始から、今月で五十年が経過した。

 一九五三年、アイゼンハワー米大統領の「アトムズ・フォー・ピース(原子力の平和利用)」演説をきっかけに、唯一の被爆国日本にも原子力ブームが巻き起こる。

 福井県は五七年、産学官の代表による「福井県原子力懇談会」を組織して原発誘致に乗り出した。

 繊維に代わる新しい“地場産業”がほしかった。太平洋側の発展に「追いつけ追い越せ」の機運もあった。

 核分裂同様、原発立地も連鎖する。原発が立地されると、見返りに電源三法交付金など「原発マネー」が流れ込み、庁舎や保養施設のような、立派なハコモノが建設される。それを見て、近隣の自治体が名乗りを上げる。時あたかも高度経済成長期。電力需要も右肩上がり。若狭の浜辺はこうして「原発銀座」になった。

 だが、やがて期待はしぼんでいった。元福井県原子力安全対策課長の来馬克美さんは書いている。

 「原子炉建設によって道路などのインフラは整備された。また、建設労働者の流入により、一時的に地域経済が潤いもした。しかし、それは土木建設業界が活躍する建設工事の初期までであり、機器設備類の組立や実際の稼働に入る頃には、原子力発電所建設による利益を受けるのは立地市町周辺に限られることが明らかになっていた」(「君は原子力を考えたことがあるか」)

 立地自治体の住民があまねく恩恵を受けたわけでもない。

 村本さんと同じおおい町に生まれた作家水上勉は、こう書いた。

 「人を信じるしかあるまい。関電の技師さんを信じるしかあるまい。原発の安全は人間を信じることだ。ひとつそれがくずれれば、イカ釣り舟も地獄の宴(うたげ)だ」(「若狭がたり」)。多くの人が不安を押し殺し、原発との共存を自らに強いてきたのではなかったか。

 福島第一原発の事故を境に若狭湾の潮目も変わり、うち続く電力会社の不祥事は、地元との信頼関係に、とどめを刺した感がある。

◆「百年」はあり得ない

 老朽化した敦賀1号機は廃炉が決まり、2号機直下には大地震を起こす恐れのある活断層の存在が指摘されている。3、4号機の建設予定地は更地のままだ。新増設の見込みはない。原発銀座に「百年」はあり得まい。世界は再生可能エネルギーの時代になった。

 半世紀-。原発の真の受益者は、地方が送る電気を使い繁栄を謳歌(おうか)してきた都会の電力消費者だった。若狭のような供給地の未来をどうするか。消費者もともに考える時。例えば村本さんの原発ネタが、きっかけになればいい。

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


New problem at Fukushima site; sandbags found to be radioactive via The Asahi Shimbun

Sandbags placed as an emergency measure to lower radiation levels of contaminated water in the aftermath of the 2011 nuclear disaster now turn out to be so highly radioactive they pose an obstacle to the decommissioning of the stricken Fukushima No. 1 nuclear power plant.

A recent survey showed that the materials are in such a hazardous state that plant operator Tokyo Electric Power Co. is having to postpone its program to discharge the contaminated water.

“The sandbags should be removed, but that will not be so simple,” said an official of the Nuclear Regulation Authority.

TEPCO is struggling to find ways to safely remove 26 tons of sandbags in the basements of two buildings near the No. 1 to No. 3 reactors, where a triple meltdown occurred. They were packed with a mineral called zeolite to absorb radioactive cesium.

They are emitting radiation levels of up to 3 to 4 sieverts per hour, which would kill half of the people exposed to the high reading for an entire hour.

Soon after the nuclear crisis began to unfold, TEPCO used the two buildings as substitutes for tanks to temporarily store a huge volume of heavily contaminated water produced on the plant site.

In doing so, the zeolite-packed sandbags were installed on the floors of the buildings’ basements to absorb radioactive substances in the water.

Interest in the sunken sandbags waned as the years passed, but the issue surfaced again in December 2018 when TEPCO measured radiation levels in the two buildings’ basements in preparation for removing radioactive water there.

Significantly high radiation levels were detected just above the floors.

A zeolite sample collected from the sandbags recorded a cesium concentration of about 130 million becquerels per gram.

TEPCO has been forced to delay the water removal procedure at the two buildings to fiscal 2023 or later. It initially planned to finish the process by 2020. If it doesn’t have countermeasures in place when the water is released, the highly radioactive sandbags will be exposed to air.

[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , .


女川原発2号機で作業員が内部被ばく via 河北新報

東北電力は27日、女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の原子炉建屋1階で作業していた協力会社の50代の男性作業員が、体内に微量の放射性物質を取り込み、内部被ばくしたと発表した。東北電が保有する女川原発と東通原発(青森県東通村)で内部被ばくが発生したのは初めて。

内部被ばく量は0.05ミリシーベルト。東北電の担当者は「自然界から受ける年間の線量に比べて極めて低く、身体に影響を与えるものではない」と説明している。

東北電によると、作業員は26日午前9時45分ごろ~11時20分ごろ、布で金属製の弁の汚れを落とす作業に従事。終了後の体表面の検査で口元の汚染が確認され、27日の測定で体内への取り込みが判明した。

作業員は専用の服やゴム手袋、長靴、ヘルメットを着けていた。弁は通常、原子炉の水を採取する配管に設置されているが、作業時は飛散防止のためビニール袋に入れていたという。

続きは女川原発2号機で作業員が内部被ばく

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .