Skip to content


原発推進の現職4選 亡き母遺志受け”反対” 女性が獲得した”34票” 北海道函館市 via ホッカイドウニュース

北海道函館市から、津軽海峡を挟んで建設中の青森県、大間原発。地元、大間町で1月15日、投開票が行われた町長選挙に、原発反対の女性が挑みました。函館市民が見つめた戦いの結果は。

函館市民のデモ:「大間原発”おおま”ちがい!」

1月15日、函館市で行われた、大間原発に反対するデモ。函館市民ら約30人が参加し、建設中止を訴えました。

函館市から約23キロの位置で建設中の大間原発。その地元の町長選挙に、原発反対を掲げた女性が出馬しました。

熊谷厚子さん:「熊谷厚子です。よろしくお願いします」

2016年まで、北海道北斗市に住んでいた熊谷厚子さん(62)。生まれ育った大間町から、原発をなくそうと立候補しました。

(略)

熊谷さんが暮らしているのは、原子炉建屋から約250メートルの、原発敷地に囲まれたログハウスです。

このログハウスは、「あさこはうす」と呼ばれ、原発建設に反対していた熊谷さんの亡き母「あさこさん」が、土地買収に応じず建てたもの。熊谷さんは、遺志を受け継ぎ、2016年、町に戻りました。

熊谷厚子さん:「(事故が起きれば)大変なことになる。全国、世界にまで影響を及ぼす」

(略)

一方の熊谷さんは、一人娘と数人の知人の手伝いだけ。原発の仕事が多い町で、支援はありません。ポスターも告示当日に完成しました。

熊谷厚子さん:「Q.出馬は弟に? 言っていないです。とんでもないことになるので」

家族も分断しかねない決断。立候補するかどうか、直前まで悩んだといいます。

選挙管理委員:「ポスターはこれですか? ラミネート加工していますよね。紙の質にも規定があって…」

選挙は、細かな規則にのっとり進められます。職員に教えてもらいながら、出馬手続きを終えました。

熊谷厚子さん:「身が引き締まりますね。がんばらなくっちゃ」

選挙活動では、小さな拡声器を持って歩き回りました。5500人あまりの町。人通りも少ないですが、懸命にアピールします。

熊谷厚子さん:「自立した、まちづくりを目指します」

熊谷さんは、街頭で「原発反対」とは叫びません。代りの案がないと、町が立ち行かなくなるとわかっているからです。

熊谷厚子さん:「どうやれば、(原発中止に)つながっていくか。自立したまちづくりを訴える。漁業、観光を含めて」

(略)

そして一夜明けた、15日の投開票。勝ったのは…。原発推進を訴えた現職でした。

得票数は2000票あまり。熊谷さんは、わずか34票でした。

熊谷厚子さん:「(原発反対を)意思表示する人が、今までいなかったが、30数票も応援してくれたのは、すごく重い」

対岸の函館市民は、今回の選挙をどう見ているのでしょうか。

大間原発訴訟の会 竹田とし子代表:「現職が長くて代わって欲しい、という票が見えた。原発に”NO”と言える人も出てきてうれしい」

今後も、大間原発の真ん中で暮らし続ける熊谷さん。保育など、まちづくりに関わりながら、町を変えていくつもりです。

全文は原発推進の現職4選 亡き母遺志受け”反対” 女性が獲得した”34票” 北海道函館市 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


How one woman’s fight is helping workers decades after Santa Susana radiation exposure via Workers’ Rights

As a secretary who worked for rocket engine maker Rocketdyne in the 1960s and 1970s, Bonnie Klea knew part of her job was to keep the federal government’s space exploration developments a secret.

But years later, when the pain in her bladder became too much, when a doctor told her the cancer she suffered from was likely due to an occupational hazard, Klea learned the government also kept secrets from her and hundreds of employees who clocked into work each day at the facility high atop the hills near the San Fernando Valley.

The battle to save her own life turned into a fight for justice for those who worked in Area IV, a portion of the Santa Susana Field Laboratory where top scientists tested rocket engines and nuclear power for decades.

[…]

She delivered the petition to the federal government in 2007, which led to a victory: In 2009 the National Institute for Occupational Safety and Health, or NIOSH granted a special designation for those assigned to the field lab’s 280-acre Area IV. The designation applied to workers who were exposed to radiation for at least 250 days, between Jan. 1, 1955, and Dec, 31, 1958. Later, the time expanded to 1965.

Last month, on its own, NIOSH agreed to widen the designation for those who worked in Area IV up until 1988.

[…]

The work left contamination in some parts of the area in soil and groundwater, specifically perchlorate and dioxin, the report said. A draft of a plan of options to clean up Area IV was recently released by the DOE and awaits public comment.

Almost 1,500 claims were filed by cancer-stricken employees of Area IV or their families to the federal Department of Labor. So far, more than $58 million has been paid out. Klea estimates the claims are higher — more than 3,800 — since NIOSH also included workers who clocked in at the Rocketdyne headquarters in Canoga Park, a second facility in the West Valley and in Downey.

Those who qualify under the new designation may be receiving letters advising them of what to do to make those claims.

Read more at How one woman’s fight is helping workers decades after Santa Susana radiation exposure 

Posted in *English.

Tagged with , , .


福島思い「何かしないと」 「自主避難」基金へ支援の医師・山田さん via 東京新聞

二〇一一年三月十一日に起きた東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から、間もなく六年。「毎日福島のことを考え、何かできないかと思っていた」。東京都八王子市で診療所を営む山田真(まこと)さん(75)=西東京市=は、原発事故の避難区域外から避難を強いられた「自主避難者」の支援に、三百万円の私費を投じた。山田さんを動かしたのは、半世紀にわたり社会的に弱い人たちを支え続けた信念だ。 (中山高志)

 「福島で多くの親が子どもの健康を心配しているのに、医師に相手にされず困っている」。原発事故から二カ月後の一一年五月、ボランティアで都内から福島に通う女性から山田さんに電話があった。

 山田さんは当時、原発の危険性を見抜けなかった自分を責め「何かしなくては」と思っていたという。その後、約四年にわたり、福島県内や全国の避難先で無料健康相談会を開いてきた。現在も都内で仲間と続けている。

 支援に奔走する中、「国や東京電力が何もせずにのほほんとしている」と強い憤りを覚える一方、「何もできなかった」とむなしさも感じた。そんな中、自主避難者の住宅無償提供が三月末で打ち切られ、多くの人が困窮する実態を知り、寄付を思い立った。

(略)

十五日、寄付金を基に設立された自主避難者支援基金の抽選会場に足を運んだ。涙を浮かべ感謝する母親たちの姿に「孤立無援で本当に大変なんだ」と実感した。「原発避難者のいじめ問題に象徴されるように、大人が自主避難の人たちのことを正しく理解していない。各地でしっかりと向き合い、何ができるのか考えてほしい」

Posted in *日本語.

Tagged with , .


原発事故の指定廃棄物、山形県分をすべて解除 全国初 via 朝日新聞

東京電力福島第一原発事故による放射性物質で汚染された指定廃棄物について、環境省山形県内の指定をすべて解除した。県内の指定がすべて解除されたのは全国で初めて。

指定解除は13日付。山形県東根市内の民間業者が保管する約0・2トンについて、放射能濃度が基準の1キロあたり8千ベクレル以下になったことを確認し、環境省が指定を解除した。原発事故で汚染された廃プラスチックで、今後は一般の産業廃棄物として処分できる。

指定廃棄物は昨年9月末時点で、山形県も含めて12都県に約18万トンあった。原発事故で汚染され、放射性セシウムの濃度が1キロあたり8千ベクレルを超えるごみを、自治体の申請に基づき環境省が指定する。除染廃棄物とは別で、家庭ごみの焼却灰や下水汚泥などがあり、自治体や民間業者が保管している。

続きは原発事故の指定廃棄物、山形県分をすべて解除 全国初

Posted in *日本語.

Tagged with , .


Mayor in rural Japan who supports construction of nuclear plant wins fourth term via The Japan Times

The mayor of Oma, Aomori Prefecture, who supports the construction of a local nuclear plant, was elected Sunday to a fourth term, defeating three first-time candidates.

The victory by Mitsuharu Kanazawa, a 66-year-old independent, came in the first mayoral voting in Oma in 16 years. In each of the past three races, he was handed a new four-year term since he ran unopposed.

Voter turnout came to 78.89 percent.

[…]

Of the three challengers, Naofumi Nozaki, 61, a former town official, said Oma should not rely fully on the nuclear plant, while Hideki Sasaki, 67, called for a referendum on whether to go ahead with the project. The third, Atsuko Kumagai, 62, called outright for the project to be canceled.

Kanazawa garnered 2,081 votes while Nozaki gained 1,523. Sasaki received 79 votes and Kumagai got 34.

Read more at Mayor in rural Japan who supports construction of nuclear plant wins fourth term

Posted in *English.

Tagged with , .


大間町長、原発推進の金沢氏4選 via Reuters

電源開発(Jパワー)が大間原発を建設中の青森県大間町で、任期満了に伴う町長選が15日投開票され、建設を推進する無所属現職金沢満春氏(66)が、元町課長野崎尚文氏(61)ら原発依存からの脱却や建設反対を主張した無所属新人3人を破り、4選を果たした。

(略)

投票率は78・89%で、町に記録が残っている1986年以降で最低。得票は金沢氏が2081票、野崎氏が1523票。

全文は大間町長、原発推進の金沢氏4選

関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , .


Pipe checks at Japan’s nuclear control rooms conducted without removing insulation via the Japan Times

The vast majority of Japan’s 42 viable commercial nuclear reactors have not had detailed checkups performed on the air conditioning and ventilation systems of their central control rooms, it has been learned.

According to Japan Atomic Power Co. and nine utilities that manage nuclear power plants, the checkups — conducted at only two of the plants so far — are carried out without removing the insulation on the pipes.

Last month, Chugoku Electric Power Co. found extensive corrosion and holes, including one measuring 30 cm by 100 cm, in the ventilation pipes of the No. 2 reactor at the Shimane nuclear plant in Matsue, Shimane Prefecture. It was the first time the utility had removed the covering on the pipes since the reactor booted up in 1989.

Concluding the pipes were not functioning properly, Chugoku Electric reported the degradation to the Nuclear Regulation Authority.

[…]

Following the discovery of the pipe degradation at the Shimane No. 2 reactor, the NRA plans to check conditions at all of the nation’s nuclear plants, sources said.

Hokuriku Electric Power Co. detected rust in the ventilation pipes of the No. 1 reactor at its Shika nuclear plant in Ishikawa Prefecture in 2003. After removing the covers and conducting further inspections, the company replaced the equipment in 2008.

The NRA suspects that the pipe corrosion at the Shimane No. 2 reactor may violate nuclear regulatory standards, an official said.

Read more at Pipe checks at Japan’s nuclear control rooms conducted without removing insulation

Posted in *日本語.

Tagged with , .


原発40基、詳細点検せず=配管腐食、再稼働の川内・伊方も-電力各社 via Jiji.com

運転中や運転可能な全国の商用原発42基のうち40基で、重要設備である中央制御室の空調換気配管の詳細な点検が行われていなかったことが14日、原発を保有する電力9社と日本原子力発電への取材で分かった。中国電力島根原発2号機(松江市)の換気配管では腐食による穴が多数見つかっており、事故が起きた場合に機能を維持できない恐れがある。

中国電は昨年12月、運転開始後初めて島根2号機で配管に巻かれた保温材を外し、腐食や穴を発見。必要な機能を満たしていないと判断し、原子力規制委員会に報告した。再稼働した九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)や関西電力高浜原発3、4号機(福井県)、四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の点検でも保温材を外していない。点検方法は各社の判断に委ねられており、規制委は全国の原発の実態を確認する。

(略)

規制委は島根2号機で見つかった腐食について「規制基準に抵触する可能性がある」とみている。中国電は「海に近いため塩分を含んだ空気が配管に流れ込み、腐食が進んだ可能性がある」と説明している。
日本の原発は発電用タービンを回した蒸気を海水で冷却し循環させるため、海辺に立地している。

全文は原発40基、詳細点検せず=配管腐食、再稼働の川内・伊方も-電力各社 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


【岩手日報 社説】 原発立地の首長選 熱い論戦と住民の声発信を期待via 47トピックス

東日本大震災での東京電力福島第1原発事故後、原発立地自治体の首長選が注目を集めている。選挙結果が再稼働などに影響を与えるからだ。

あす投開票が行われる青森県大間町長選には現職と3新人が立候補し、舌戦を展開している。同町では電源開発(Jパワー)が大間原発の建設を進める。プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を用いるプルサーマル方式で、しかも全炉心で使う世界初の「フルMOX」と、注目度の高い原発だ。

選挙戦は、原発推進を強調する現職、「脱依存」を訴えつつ容認姿勢の元町職員の争いが軸。残りの2人は反原発の立場で、このうち1人は元函館市議。海峡を挟んで対岸にある同市は、大間原発の建設差し止めを求め訴訟を起こしている。

マグロで知られる町だが、漁業以外の産業に乏しいことから原発を誘致。町は電源立地地域対策交付金など多額の原発関連歳入により、公共施設整備を充実させてきた。

ただ、福島事故の影響で一時工事が中断。現在も原子力規制委員会の新規制基準適合性審査が長引き、本体工事が進んでいない。交付金も減少。このため、このまま原発に依存すべきかどうか住民の間に揺らぎも見られる。

このような中、過去3回無投票だった町長選が16年ぶりの選挙戦となり、選択肢が与えられたことに「原発に対する考えをぶつけることができる」という声が聞かれる。

原発のない本県と異なり、青森県は下北半島に原子力関連施設が多く立地。過去には関係自治体で激しい選挙戦も展開された。

[…]

 

全文はこちら。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


U.S. lists 17 nuclear reactors with parts from forge under probe via Reuters

The U.S. Nuclear Regulatory Commission (NRC) on Tuesday unveiled a letter showing that 17 of the country’s nuclear reactors have parts from Areva SA’s Le Creusot forge in France, which is under investigation for allegedly falsifying documents on the quality of its parts.

The number of reactors was more than the nine the NRC had previously disclosed.

Last month authorities in France opened an investigation into decades of alleged forgery of documents relating to the quality of parts produced at Le Creusot and used in power plants around the world.

Areva, a nuclear and renewable energy firm, furnished the information to the U.S. regulator last month but had urged the agency to keep it private, saying it was material to the business of nuclear power generators. The NRC told Areva it did not consider the information to be so and released it 10 days after receiving it.

The parts at reactors include a reactor head at Xcel Energy Inc’s Prairie Island reactor in Minnesota, reactor vessel heads at two of Dominion Resources Inc’s reactors at the North Anna plant in Virginia, and another vessel head at Dominion’s reactor in Surry, Virginia. Some of the components were made by other companies but include parts from the Le Creusot.

“We have four components with forgings from Le Creusot and have verified that all are fine. They all check out and meet our design criteria and there are no problems,” said Richard Zuercher, nuclear spokesman at Dominion Resources Inc.

[…]

David Lochbaum, an expert on nuclear energy at the Union of Concerned scientists, said the Le Creusot issue was “troubling from both trust and public safety perspectives” because to a large degree both the NRC and U.S. nuclear power plants depended on vendors to certify their work.

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .