Skip to content


Elders Reject Proposed Nuclear Power Plant In Akwa Ibom via Nairaland Forum

[…]
Speaking at a press conference in Uyo, the state capital, they wondered that, if the International Atomic Energy Agency [IAEA] had warned that, Nigeria was nor ripe to handle nuclear issues for now, the country would insist in venturing into it knowing the dangers associated with it.

The stakeholders include, Atuekong Idongesit Nkanga, Senators Anietie Okon, Emmanuel Ibokessien, Effiong Bob, Chief Nduese Essien, Dr. Asuquo Usoro and Mr. Larry Essien amongst others.

Speaking on their behalf, Senator Anietie Okon noted that for the past 40 years, the Federal Government had not sited any industry in the state, stressing that if the government had intended to do so now, it should not be a nuclear power plant with extreme disaster potentials.

Accompanied by the people of Itu Council Area where the said nuclear plant is said would be located, the people stressed that, Akwa Ibom people, nay Nigerians are opposed to the project because of the disastrous consequences always associated with the failure of a nuclear plant.

“After proper examination of the pros and cons of the project, tapping the knowledge of experts on nuclear technology and related disciplines, we had no option than to brace up to oppose to the fullest and say empathically and without any question that it is not welcome in our state.

“Our opposition to the location of the plant in our state is not borne out of ignorance of the benefits of the project, but more because of the peculiar experiences in our country and the disastrous consequences those failures of nuclear plants have brought to even more discerning climes.

“We ask ourselves what the fascination is with the project and what the intensions of the promoters are. These questions are asked bearing in mid that the International Atomic Energy Agency had warned that Nigerian does not possess the right competences to handle nuclear issues. Technical impact assessment at the international level also indicated that nuclear plant is not suitable for Nigeria for now; for obvious reasons,” they asked.
[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


Las 115.000 toneladas de basura radiactiva olvidadas en el Atlántico Nordeste via Materia

Los 223.000 bidones con residuos nucleares lanzados en alta mar hasta 1982 no se controlan desde hace dos décadas, pese a las evidencias de fugas. Los países europeos estudiarán en 2014 si es necesario establecer un nuevo programa de vigilancia

A pocos kilómetros de la costa francesa y a sólo 124 metros de profundidad, un submarino dirigido por control remoto enviado por periodistas alemanes acaba de encontrar dos bidones con residuos radiactivos lanzados al Canal de la Mancha en la década de 1950. Los contenedores, de origen belga o británico, confirman que bajo el Atlántico hay una bomba de relojería.

Hubo un tiempo en el que a las autoridades de los países con instalaciones nucleares les pareció una excelente idea deshacerse de sus residuos radiactivos arrojándolos en alta mar. Entre 1949 y 1982, ocho países europeos tiraron por la borda unos 223.000 bidones con 115.000 toneladas de basura nuclear en el Atlántico Nordeste, en ocasiones a sólo 200 kilómetros de las costas españolas. Eran desechos radiactivos de baja actividad procedentes de reactores atómicos, de instalaciones médicas y de la industria. Tres décadas después, los países responsables se desentienden de aquella barbaridad medioambiental. Los bidones siguen bajo el océano, sin prácticamente ningún control.

[…]

Peces y crustáceos contaminados

En otras palabras, los gobiernos de algunos países nucleares —Reino Unido, Bélgica, Suiza, Alemania, Francia, Italia, Países Bajos y Suecia— pensaban que unas pocas decenas de miles de toneladas de basura radiactiva no se notarían en los 1.386.000.000 billones de litros de agua que hay en los océanos. La expedición de los periodistas alemanes, sin embargo, muestra que la basura sigue debajo de la alfombra.

[…]

En 1992, los expertos del Organismo Internacional de Energía Atómica (OIEA) navegaron por última vez sobre los cementerios nucleares submarinos para medir la radiactividad. “Los análisis mostraron elevadas concentraciones de plutonio-238 en muestras de agua recogidas en los puntos de vertido, indicando fugas de los contenedores”, según los expertos de la Convención Ospar. “Hay que destacar que el diseño de los contenedores para el vertido de residuos no estaba destinado a confinar los elementos radiactivos durante décadas, sino más bien para asegurarse de que los residuos llegaran intactos al fondo marino”, subrayaban en un documento oficial en 2010.

Un portavoz del OIEA, Peter Rickwood, explica que “en todos los casos en los que el OIEA estuvo implicado” los estudios radiométricos indicaron que “los niveles de elementos radiactivos observados eran bajos”. La mayor cantidad de radionucleidos en el Atlántico no procedía de los vertidos desde barcos, sino de los ensayos con bombas nucleares en la atmósfera o directamente en el mar, destaca Rickwood. “En general, los estudios no detectaron ninguna radiactividad pero, en algunos casos, se registraron pequeños aumentos de la actividad [radiológica] muy cerca de los bidones”, añade.

El PP, en contra de las inspecciones

Posted in Español.

Tagged with , , , , , .


Austria files complaint against UK nuclear plant via The Local

“Subsidies are there to support modern technologies that lie in the general interest of all EU member states. This is not the case with nuclear power,” Chancellor Werner Faymann said in a statement.

Austria argues that the Hinkley Point C project is in breach of European law and risks distorting the energy market.

Under the disputed deal, Britain would help fund the construction of two new reactors in south-west England.

[…]

“We are confident that the European Commission’s state aid decision on Hinkley Point C is legally robust,” a spokeswoman for Britain’s Department of Energy and Climate Change said last week.

Read more at Austria files complaint against UK nuclear plant

Related articles:

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .


福島・楢葉、避難指示解除9月5日…政府伝える via 読売新聞

政府は6日、福島県楢葉町に対し、東京電力福島第一原発事故で町のほぼ全域に出されている避難指示を9月5日に解除すると伝えた。

 政府は8月のお盆前の解除を町側に打診していたが町民に 慎重な意見が強く、約1か月遅くして配慮したとみられる。福島県では10市町村に避難指示が出ている。

(略)

 町民に対し、政府はこれまで、除染などで宅地の放射線量が大幅に下がったことなどを挙げ、「居住は可能。戻りたい住民の帰還を可能にする」と説明。町民からは、「飲み水が不安」などと解除の延期を求める声が上がっていた。

 楢葉町では4月以降、解除に向けて町民が自宅に泊まる長期宿泊が実施されているが、町民約7400人で参加意思を示したのは7月1日時点で326世帯688人にとどまっている。

全文は福島・楢葉、避難指示解除9月5日…政府伝える

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


「日中韓が“原子力三国志”演じる」韓国メディアの報道に、「韓国って意外と原発多い?」「原子力以外の選択肢がない」―韓国ネット via Record China

(抜粋)

世界的な人口密集地域であり、大規模な自然災害も多く、軍事的緊張の高い北東アジアで原発が拡大することへの懸念も少なくなく、日中韓が国境を越えた原発安全協力の枠組みを作成する必要があるとの声も高まっている。

国際原子力機関(IAEA)の公開資料によると、日本は6月現在、原子炉43基を保有(停止炉含む)し、2基を建設中である。福島第1原発(6 基)を含めて16基の原子炉を永久閉鎖しており、1基を長期閉鎖した状態だ。稼働原子炉だけを見ると、米国(99基)とフランス(58基)に次いで世界第 3位。5位の中国は、原子炉27基を稼働している。中国は福島事故後、原子炉建設計画をしばらく保留していたが、急増する電力需要に対応するために、昨年 から再び新規の原子炉24基を建設中だ。6位の韓国は24基の原子炉を稼動中であり、4基を新たに建設している。

こうした状況に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「韓国は国土面積では世界110位くらいなのに、原発の稼働は世界6位の水準なんだな」
「中国の原発って、大丈夫なのか?」
「核廃棄物をどうするのか考えないと…」

「原発事業で、何かごまかしていることはないだろうな?原発の不正は多くの人命に関わる」
「韓国では原発関連の不正も後を絶たない。多くの人命に関わることだから本当に心配だし、情けない。国防やら、原発やら、国会やら、どこかにきれいなところがないものだろうか?」

「各国が原発に注目している理由の一つに、原発が安価だということがあるが、原発廃棄コストまで入れたら決して安価じゃない」
「北東アジアの原発の安全性を確保するために、原子力分野の研究をさらに推進する必要がある」
「地球温暖化対策で二酸化炭素排出量を大幅に縮小するためには、化石燃料で発電することができないから、率直に言って今、原子力以外の選択肢がないということだ」(翻訳・編集/三田)

全文は「日中韓が“原子力三国志”演じる」韓国メディアの報道に、「韓国って意外と原発多い?」「原子力以外の選択肢がない」―韓国ネット

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


大学院に複合災害医療専攻 福島県立医大と長崎大 via 河北新報

福島県立医大と長崎大は、原発事故と津波などによる複合災害に対応できる人材を育成するため、それぞれの大学院に修士課程「災害・被ばく医療科学共同専攻」(2年間)を共同で設置する。定員は計20人で、2016年4月に開講する。

 長崎大は東京電力福島第1原発事故後、一時全村避難した福島県川内村に保健師を健康相談員として常駐させるなど、被爆者医療の経験を生かした支援を続けている。大学院の共同開設も支援活動の一環。
 新設するのは医科学と保健看護学の2コース。定員は各大学1コース当たり約5人。夏にも募集要項を発表する。
 東京電力福島第1原発事故で、被ばく医療の専門家が不足した反省を踏まえ、災害発生時の緊急医療や住民の長期的な健康管理に幅広く適用できる人材の育成を目指す。
 3年間の履修を認め、救急救命士や看護師などの医療従事者、住民の避難計画を策定する自治体職員が働きながら学べる環境も整える。専門学校卒業者は実務経験を加味し、入学資格を認定する。
[…]
福島県立医大の菊地臣一学長は「原発事故で放射線に関する医療、介護を担える人材が不足していることが露呈した。次世代を担う医療人を育てないといけない」と意義を強調する。長崎大の片峰茂学長は「福島と長崎から放射線リスクの専門家を地域や世界に輩出したい」と話す。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Kyushu Electric to load nuclear fuel into Sendai plant reactor ahead of restart via the Asahi Shimbun

Kyushu Electric Power Co. will begin loading nuclear fuel into a reactor at the Sendai nuclear power plant in Kagoshima Prefecture on July 7 ahead of its planned restart in August.

The Nuclear Regulation Authority gave the plant operator the green light to start loading the fuel into the No. 1 reactor after the nuclear watchdog inspected the plant’s equipment on July 3.

[…]
Before the reactor restart, the NRA will proceed with the remaining stages of pre-operation inspections to determine if the reactor can be actually restarted and conduct “security checks” on operational procedures.

During the fuel installation, Kyushu Electric workers will move bundles of nuclear fuel rods from a storage pool adjoining the reactor building into the reactor one by one. It will take about four days to load all 157 fuel rod bundles into the reactor, Kyushu Electric officials said.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


Mothballed nuclear plant can be activated any time: Ma via the China Times

Taiwan began to mothball its controversial fourth nuclear power plant on July 1, a process that will allow it to be activated at any time in the future, President Ma Ying-jeou said in an interview that was aired Friday.

The Lungmen plant, situated along the country’s northeastern coast in New Taipei’s Gongliao district, could be reopened after a few adjustments are made if a decision were made to operate the facility in the future, Ma said in response to questions on nuclear energy.

In the interview with the Taipei-based Chinese Television System that was taped Thursday, Ma explained that the plant was being mothballed because of strong anti-nuclear voices from the public. “No words related to nuclear energy can win support,” he said.

Ma said he was convinced however that the public would gradually discover that nuclear energy cannot be quickly replaced by renewable energy. Coal and natural gas could be used as substitutes for nuclear power, he said, but warned that the additional carbon emissions generated could have serious consequences.

[…]
Built at a cost to date of NT$283.8 billion yuan (US$9.15 billion), the fourth nuclear power plant was nearly completed when work on the project was suspended in late April 2014 amid protests reflecting concerns over the safety of nuclear power that had been growing since the meltdown of the Fukushima nuclear plant in March 2011. Taiwan, like Japan, is prone to earthquakes and the inability of the Japanese authorities to prevent and contain a meltdown at the Fukushima plant after it was critically damaged by an earthquake and tsunami convinced a large portion of Taiwan’s public that nuclear safety cannot be assured.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


放射能プールに潜らされる作業員、死亡事故の隠蔽、ボヤの放置…原発労働の悲惨な実態 via Litera

(抜粋)

福島原発の事故以降、エネルギーや経済、被害や核廃棄物の処理といった「外」の視点から原発が議論されることはあっても、現場ではたらく労働者の 「中」の視点から語られることは、ほとんどない。原発労働の悲惨な実態に切り込んだ著作といえば、樋口健二のルポ『闇に消される原発被曝者』など、いくつ か挙げられるが、出版は1980年前後に集中している。

収束作業という「非常時」ではなく、「平時」の原発でこの30余年、何が起きていたのだろうか。

『原発労働者』(講談社現代新書)はそんな、“タブー”ともいえる2000年代以降の原発労働者の本音を明らかにした証言集だ。著者は、日ごろから貧困・労働問題とのかかわりが深いシンガーソングライターの寺尾紗穂。「ドヤ街」から原発労働に流れつく人々が多いと知ったことに衝撃を受けて取材をはじめる。

柏崎刈羽原発で働いたことのある弓場清孝さん(64才)。フィリピン人の妻がガンで故郷に戻り、ひとりになった弓場さんは、生活のために07年から2年 間、原子炉建屋下のトンネルにケーブルを引く仕事していた。本来は、原子炉内の作業にくらべて被曝の可能性がほとんどない「放射線管理区域外」の仕事であ る。

しかし、弓場さんが働きはじめたのは、折り悪く07年の中越沖地震の直後。地下トンネルは、地震の揺れで燃料プールから溢れ出たと推測される大量の水で水びたしになっていた。

「これじゃあケーブル引けないから、バケツで、素手で掻き出せって」

弓場さんは班長の指示で水を掻き出した。翌年、大量に髪が抜けた。現在も、左耳の聴力の喪失と右耳の難聴、骨髄炎の疑いを診断されているが、放射線管理区域外の業務に放射線管理手帳は配布されていないため、被曝との因果関係を調べることもできない。

(略)

ボロ雑巾のように使い捨てられるのは、底辺の日本人ばかりでない。リーマンショックで自動車工場をクビになり、2010年から福島原発で働きはじめた水野一豊さん(仮名・36才)は、驚くべき光景を目の当たりにする。

「(燃料)プールに入る外国人はよく見かけました。一回入れば、200万円とか300万円とかもらえて、200ミリから300ミリ被曝するって。白人もいましたよ」

原発作業員の年間被曝量は50ミリシーベルトと制限されているため、日本人労働者にそのような作業をさせると違法行為になる。外国人労働者に違法な大量被曝を負わせることを、「公然の秘密」としながら、原発は維持されている。

事故が「公然の秘密」とされるのも、福島原発事故よりずっと以前からだった。火をつかう作業が多い原発内では、ボヤが起きることもしょっちゅうだ。

(略)

被曝や怪我、そして事故。「隠蔽体質」と揶揄されることもあるが、著書は、東電が隠蔽するから、というのは半分当たっていて半分間違っていると述べる。

「実際は隠蔽したい東電の意を十二分に汲んだ下請け会社のトップが隠蔽に心を砕くのだ。東電が隠蔽する以前に、東電に報告すらされない事例が多いといえる」

孫請け、ひ孫請けといくつもの下請けが連なる巨大なヒエラルキーは、常に上の会社の顔色を窺わせる。いちばんしわ寄せをくらうのは、いつも、末端にいる現場の労働者たち。

全文は放射能プールに潜らされる作業員、死亡事故の隠蔽、ボヤの放置…原発労働の悲惨な実態

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


伊勢志摩サミット:北九州でエネルギー相会合 関係者から歓迎の声 「拠点化のはずみに」 /福岡via 毎日新聞

 政府は3日、来年5月の伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)に合わせたエネルギー相会合を北九州市で開催すると発表した。同市は近年、風力やバイオマス発電、水素の活用策などエネルギー拠点化に取り組んできただけに「参加閣僚に取り組みの現場も見てもらい、はずみをつけたい」と関係者は歓迎の声を上げた。【高芝菜穂子、祝部幹雄】

[…]
市などは、八幡東区東田地区で11〜14年度に、新日鉄住金八幡製鉄所で生み出される水素を住宅や博物館などへ送り燃料電池で電気を生み出す実証研究に取り組んだ。ただ、実証期間終了後は設備利用を停止しており、田原温・市水素社会創造課長は「参加閣僚に設備を見てもらいたいし、開催決定で再開にはずみをつけたい」と期待する。

 若松区の埋め立て地でLNG(液化天然ガス)火力発電所やバイオマス・石炭混焼発電所、洋上風力発電などの整備で、玄海原発3、4号機を超える計280万キロワットの発電所も計画されており、石田哲也・地域エネルギー推進課長も「開催はありがたい」と話した。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .