Skip to content


You can now do tourism near the Fukushima nuclear plant via NB Herald

The travel agency Japan Wonder Travel offers sightseeing tours in the municipalities of Namie and Tomioka, in Fukushima Prefecture. Both cities were evacuated in March 2011 as a result of radioactive leaks from the Fukushima-Daiichi NPP.

Some parts of the exclusion zone around the power plant were reopened to the public in April 2017. But it is only since February 2018 that this tourist agency offers guided tours in these desolate places.

Michaël da Silva Paternoster from the blog Nipponrama.com was able to take part in this unusual trip. He recently wrote an article in which he describes in detail this guided tour in Fukushima Prefecture areas that have been abandoned for more than seven years.

In this article, you will find:

  • A railway line suspended due to lingering radiation.
  • A farmer dissatisfied with the Japanese Prime Minister.
  • A road where getting out of vehicles is prohibited.
  • A 9-meter high anti-tsunami seawall and a city undergoing reconstruction.

[…]

 

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


防護服の子供立像「サン・チャイルド」 福島市で撤去作業始まる via 産経ニュース

福島市は18日、JR福島駅近くの教育施設に設置した防護服姿の子供立像「サン・チャイルド」の撤去作業を始めた。「東京電力福島第1原発事故の風評被害を一層、招く」などと批判が寄せられていた。

作業は高さ約6.2メートルの像を20日まで3日かけ解体、市の施設で保管する。新たな展示場所などは未定。

この日は朝から像の周囲を立ち入り禁止とし、午前8時半から解体撤去に向けた作業を開始。「子供にショックを与えないため」として覆いをかけるなどして、午後5時ごろに作業を終えた。像の解体は19日以降に行われる。

[…]

全文

福島市、防護服姿の像の撤去開始 (ロイター)

[…]

通院で前を通っていたという女性(74)は「市内の放射線量は既にかなり低く、個人的に風評のことは気にならなかった。撤去されてかわいそうにね…」と残念そうだった。

像は、現代美術家ヤノベケンジさんが東日本大震災をきっかけに2011年に制作。放射性物質の心配のない世界を取り戻した未来を表しているという。[…]

Posted in *日本語.

Tagged with , .


What are nuclear power plants doing to address climate threats? via Beyond Nuclear International

The outer defensive wall of what is expected to be the world’s most expensive nuclear power station is taking shape on the shoreline of the choppy gray waters of the Bristol Channel in western England.

By the time the US$25 billion Hinkley Point C nuclear station is finished, possibly in 2028, the concrete seawall will be 12.5 meters (41 feet) high, 900 meters (3,000 feet) long and durable enough, the UK regulator and French engineers say, to withstand the strongest storm surge, the greatest tsunami and the highest sea-level rise.

But will it? Independent nuclear consultant Pete Roche, a former adviser to the UK government and Greenpeace, points out that the tidal range along this stretch of coast is one of the highest in the world, and that erosion is heavy. Indeed, observers reported serious flooding on the sitein 1981 when an earlier nuclear power station had to be shut down for a week following a spring tide and a storm surge. However well built, says Roche, the new seawall does not adequately take into account sea-level rise due to climate change.

“The wall is strong, but the plans were drawn up in 2012, before the increasing volume of melting of the Greenland ice cap was properly understood and when most experts thought there was no net melting in the Antarctic,” he says. “Now estimates of sea level rise in the next 50 years have gone up from less than 30 centimeters to more than a meter, well within the operating lifespan of Hinkley Point C — let alone in 100 years time when the reactors are finally decommissioned or the even longer period when spent nuclear fuel is likely to be stored on site.”

In fact, research by Ensia suggests that at least 100 U.S., European and Asian nuclear power stations built just a few meters above sea level could be threatened by serious flooding caused by accelerating sea-level rise and more frequent storm surges.

Some efforts are underway to prepare for increased flooding risk in the future. But a number of scientific papers published in 2018 suggest that climate change will impact coastal nuclear plants earlier and harder than the industry, governments or regulatory bodies have expected, and that the safety standards set by national nuclear regulators and the United Nations’ nuclear watchdog, the International Atomic Energy Agency (IAEA), are out of date and take insufficient account of the effects of climate change on nuclear power.

The Problem With Flooding

Flooding can be catastrophic to a nuclear power plant because it can knock out its electrical systems, disabling its cooling mechanisms and leading to overheating and possible meltdown and a dangerous release of radioactivity. Flooding at the Fukushima Daiichi plant in Japan as a result of the March 2011 tsunami caused severe damage to several of the plant’s reactors and only narrowly avoided a catastrophic release of radioactivity that could have forced the evacuation of 50 million people.

[…]

Read more.

Also see climate change booklet, Sticking with nuclear power will make climate change worse

Posted in *English.

Tagged with , , .


介護離職深刻16.4% 17年度・福島県内、新規採用を上回る via 福島民友

[…]

調査(16年10月~17年9月)は県内137の介護事業所などを対象に実施。離職率16.4%は全国より0.2ポイント高かった。離職者のうち採用後1年未満が37%、1年以上3年未満が26%、3年以上が37%。

離職の理由は「職場の人間関係に問題があった」が19.6%で最多。「自分の将来の見込みが立たなかった」が18.6%と続いた。訪問介護員が所属する事業所の約9割が「職員不足」と感じている。

厚生労働省の推計では、団塊の世代が75歳以上となる25年度の本県の介護職員の充足率は全国で最も低い74.1%となるなど見通しは厳しい。

本県では原発事故による避難指示の影響が介護の人材不足に拍車を掛けており、国や県は本年度、新たな対策に乗り出している。

県外から相双地域の施設に就職する場合、就職準備金の貸し付け上限額を昨年度の30万円から20万円増額。避難指示解除地域で再開の施設に応援職員を派遣する際の経費も補助している。高齢者の介護予防の取り組みや中学、高校生の職場体験、介護職員のスキルアップ支援など人材確保策を展開している。

県は「健康で元気な高齢者を増やして介護ニーズを抑え、継続的な施策で担い手を増やしていきたい」(社会福祉課)としている。

 

 

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


「原発再稼働許さず」廃炉目指しデモ 柏崎で集会 via 新潟日報

県内外の反原発団体による「なくそテ原発2018柏崎大集会」が16日、柏崎市文化会館アルフォーレで開かれた。約千人が参加し、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働を許さず廃炉実現に向けて運動を進める、とする集会宣言を採択した。

県内外の18団体で構成する実行委員会(植木史将実行委員長)の主催。原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟の吉原毅会長が「原発ゼロで日本経済は再生する」と題して講演した。

(略)

本県での脱原発の進め方については、農地の上で太陽光発電を行う「ソーラーシェアリング」を推進し、柏崎刈羽原発と首都圏をつなぐ送電線を活用して、電気を売る事業に取り組むことを提案した。

集会後、参加者は「柏崎刈羽原発の再稼働反対」を訴え、市内をデモ行進した。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Oldest nuclear plant in America closes via Fox News

The oldest nuclear power plant in America has closed its doors.

New Jersey’s Oyster Creek Nuclear Generating Station went offline Monday after nearly 50 years of operation, leaving only 98 nuclear power plants left running in the U.S., according to figures from the Associated Press.

[…]

Oyster Creek went online Dec. 1, 1969, the same day as the Nine Mile Point Nuclear Generating Station near Oswego, New York.

But Oyster Creek’s original license was granted first, technically making it the oldest of America’s operating commercial nuclear reactors.

Read more at Oldest nuclear plant in America closes

Posted in *English.

Tagged with , .


原発事故が多発、崩れた安全神話 大災害を生きる(3) via 日本経済新聞

[…]

稼働していた原子炉4基は揺れを感知して自動停止。7基すべてが翌朝までに冷温停止となり、「安全機能は問題なく確保された」(同副所長)ためだ。施設のダメージの大きさに驚きながらも、肝心のところは大丈夫だったのだと妙に納得したことを覚えている。

その5年前の02年、東電では同原発や福島第1、第2原発でトラブル記録を改ざん・隠蔽していたことが発覚。歴代社長4人が引責辞任する「トラブル隠し事件」が起きている。明らかに不正な行為があったのだが、このときも国民の原発の安全性への不安が高まることはなかった。「日本の技術は優れている」という考えが強かったためだ。

[…]

11年3月11日、福島第1原発に致命傷を与えたのは、地震発生の約50分後に押し寄せた約15メートルの津波だった。非常用電源が水没し、原子炉を冷やす機能を喪失。1~3号機のメルトダウン、建屋の水素爆発と、坂を転げ落ちるように事態はエスカレートしていった。

同事故の責任や教訓を考えるとき、2つの視点がある。1つは巨大津波への備えがあったかどうか。06年に当時の原子力安全委員会が、津波対策を盛り込んだ耐震設計審査指針をまとめていたものの福島第1など既存原発へのチェック作業が遅れていたことが分かっている。これはその後の裁判の争点にもなっている。

もう1つの視点は、事故の発生後、その進展を食い止める適切な対応が取られたかという問題だ。

[…]

だが、原発の安全問題に詳しい田辺文也・社会技術システム安全研究所所長によると、東電の現場はこの徴候ベース手順を参照した形跡がないという。「手順に従っていれば、少なくとも2号機と3号機ではメルトダウンを回避することは十分可能だった」と分析している。

99年9月、国内で初めて事故被曝(ひばく)による犠牲者を出したジェー・シー・オー(JCO)臨界事故や、廃炉が決まった高速増殖炉原型炉「もんじゅ」の一連のトラブルも、日本の原子力技術を使いこなす能力に疑問を抱かせるものだった。

JCO事故は、ウラン燃料を混合する作業で、作業効率を優先するあまり臨界の危険の大きい形状の容器を勝手な判断で使っていた。「定められた手順の意味を理解せずに作業をした」(田辺氏)。

もんじゅでは、95年のナトリウム漏れ事故以来、事業者の隠蔽体質が問題になった。「3.11」後はプラントの点検漏れや規制当局への虚偽報告が発覚。高速増殖炉という経験の浅い技術に向き合う上での謙虚さを欠いた姿勢があらわになった。

原子力の事業者や規制機関は、リスクを抱えた巨大システムを扱う自覚と能力を欠いたまま走ってきた印象がぬぐえない。日本の原子力事故は「想定外」の事態への対策を講じたつもりが、別の予想外の事態に直面するという繰り返しだった。原子力安全を巡る課題はポスト平成に持ち越された。(吉川和輝)

■証言 黒川清 政策研究大学院大客員教授が語る

福島第1原子力発電所の事故の原因を究明するため、2011年12月に国会に調査委員会(国会事故調)が設置され、委員長として翌7月に報告書を提出した。

報告書の結論は、この事故が地震や津波による自然災害ではなく「規制の虜(とりこ)」に陥ったための人災であったということだ。規制する側の政府が、東京電力など規制される側に取り込まれた構造になっていて規制が手抜きになっていた。日本の原発では過酷事故は起こらないという虚構がまかり通っていた。政産官学やメディアなど関係者みんなが問題を知りながら対応してこなかった。

こうした日本の組織におけるガバナンスの欠如が福島事故によって世界にさらされたが、何も原発事故に限った話ではない。最近でも次々おこる大企業、官僚などの情けない不祥事も同じ背景だ。

[…]

 

 

 

 

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


Nuclear Power Plant Still Threatened by Florence Rainfall via National Geographic

[…]

Already, North Carolina Emergency Management has reported more than 600,000 are without power, and six nuclear power plants owned by Duke Energy are bracing for impact. At a press conference attended by CNN, a representative from FEMA said the power plants were not yet a concern for the agency.

Those watching the storm are anxious to know if the flooding could cause a disaster comparable to the Fukushima nuclear disaster.

[…]

Lee Cox from the radiation protection section of North Carolina’s Department of Health and Human Services says the Brunswick power plant four miles inland from the state’s coast was shut down when winds exceeded 70 mph, a cautionary procedure.

“We are not concerned because we realize they are designed to withstand a storm much greater than Florence,” says Cox.

He says plants like those in North Carolina should be able to withstand wind speeds of up to 200 mph and have safeguards like flood barriers, back-up generators, and emergency pumps ready should flood waters impact operations.

During a telephone news conference with reporters, representatives from Duke Energy said that emergency equipment is in place at its Brunswick plant should it be needed, and workers are on site to ensure it works properly.

“Because Fukushima happened, it’s less likely for this to lead to that outcome,” says Dave Lochbaum, a former nuclear engineer who now directs the nuclear safety project at the Union of Concerned Scientists, an environmental advocacy group.

 

 

 

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , .


Two nuclear power plants are in the track of deadly Super Typhoon Mangkhut, which is projected hit mainland China as early as Sunday via Sputnik International

Emergency response teams have been briefed on the storm as it approaches the Taishan Nuclear Power Plant and the Yangjiang Nuclear Power Station, both in Guangdong province, the South China Morning Post (SCMP) reported Saturday. 

The Taishan plant is about 135 kilometers south of Hong Kong while the Yangjiang plant is some 230 kilometers west of Hong Kong.

Yangjiang plant manager Chen Weizhong said on Chinese messaging app WeChat that “all departments must attach the highest level of importance to this and adhere to high standards to strictly ensure the preventive measures are implemented.”

Officials in China are trying to avoid another Fukushima-like disaster. In March 2011, a tsunami resulting from a 9.0 magnitude undersea earthquake caused Japan’s Fukushima Daiichi nuclear power plant’s power supply and emergency generators to fail. Due to the power failure, meltdowns occurred in three reactors, resulting in the release of large amounts of radioactive material into the groundwater and subsequently into the ocean.[…]

 

 

 

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , .


福島第1原発事故 甲状腺がんの子支援 あす無料電話相談 /群馬 via 毎日新聞

東京電力福島第1原発事故後、甲状腺がんと診断された子どもらを支援するNPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」(事務局・東京、崎山比早子代表理事)は16日、医師らによる無料電話相談を受け付ける。

 同基金は原発事故当時18歳以下で東日本の1都15県に住んでいた人を対象に、甲状腺がんと診断された場合、療養費10万円を支給する「手のひらサポート事業」に取り組んでいる。8月末現在、132人(うち群馬県内1人)に給付したが、「誰に相談すればいいか分からなかった」との声が寄せられていた。

 原発事故で環境省は最大8県104市町村を「汚染状況重点調査地域」に指定。一方、同基金は、甲状腺がんとの関連が議論になっている放射性ヨウ素の拡散地域はより広いとして、1都15県を対象に支援している。甲状腺がんの子どもは情報が少なく孤立しがち

(略)

 電話相談は昨年9月以来。基金の顧問を務める医師4人と精神保健福祉士1人が午前10時~午後4時、フリーダイヤル(0120・966・544)で応じる。【沢田石洋史】

全文は福島第1原発事故 甲状腺がんの子支援 あす無料電話相談 /群馬

Posted in *日本語.

Tagged with , , .