Skip to content


チェルノブイリ土地利用解禁へ…30キロ圏一部 via 読売新聞

ウクライナ・チェルノブイリ原子力発電所の周辺地域を管理する政府「立ち入り禁止区域管理庁」のビタリー・ペトルク長官らが首都キエフで本紙の取材に応じ、原発周辺の通称「30キロ・メートル圏」に適用している規制を、大幅に見直す計画を明らかにした。

 史上最悪の事故から今年4月で30年となるのを機に、放射線量が下がった地域の経済利用を図る方針で、今後、必要な法整備に取り組むという。

 同庁などによると、この計画は昨年12月、政府からポロシェン コ大統領へ提出された。現在は、同原発から約30キロの範囲を中心に、無許可での立ち入りや経済活動が禁止されているが、新たな計画では一部地域で経済活 動を認める。原発の南側の10~30キロ圏などが対象となる見通し。

続きはチェルノブイリ土地利用解禁へ…30キロ圏一部

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


福島の高校生が被ばく調査 「客観事実で判断を」via 東京新聞

 東京電力福島第1原発事故の経験を踏まえ、国内外の高校生の被ばく線量を調査した福島県立福島高校の生徒らが8日、日本外国特派員協会(東京都千 代田区)で記者会見した。調査結果によると、福島とそれ以外の地域で被ばく線量に大きな違いはなく、同高3年の小野寺悠さん(18)は「客観的な事実を基 に(安全かどうかを)判断する姿勢が重要だ」と訴えた。

(略)

福島高校のほか、神奈川、岐阜、奈良など国内12校の生徒に加え、フランス、ポーランド、ベラルーシから計200人以上の高校生と教員が協力した。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


NY近郊の原発で放射性物質漏れ via Sputnik

ニューヨーク北郊にあるインディアン・ポイント原発周辺の地下水に放射性物質が見つかった。ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事の言葉をAPが伝えた。

地下水からトリチウムが検出された。しかし、人体への影響はないという。環境保護課が調査を行う、とのこと。
原発側はコメントを出していない。
当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Gov. Cuomo: ‘Alarming’ levels of radioactivity found after Indian Point contaminated water leak via abc7

An investigation is underway in Westchester after radioactive contaminated water leaked into ground water at the Indian Point Nuclear Facility.

Governor Andrew Cuomo’s office says alarming levels of radioactivity were found in three monitoring wells on Friday. The level in one well increased 65,000 percent.

However, officials say the contaminated water has not moved off site, and that there is no public health treat.
Related article:

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


大震災 福島第1原発事故 被災者糖尿病リスク 事故後、6割増 南相馬・相馬via 毎日新聞

東京電力福島第1原発の事故後、福島県南相馬市と相馬市の住民が糖尿病を発症するリスクは、事故前より最大6割も増えたとする研究結果を、英インペリアル・カレッジ・ロンドン公衆衛生大学院や東京大などのチームが英医学誌に発表した。原発事故に伴う生活習慣や職場など生活環境の変化が影響したとみられる。被災住民の生活習慣病の長期リスクが確認されたのは初めて。

 調査は、南相馬、相馬両市の住民延べ約2万人が対象。採血や問診などの健診データを使い、原発事故が起きた2011年から14年までの年ごとに、生活習慣病の糖尿病や高脂血症、高血圧を発症した住民の割合が、事故前の08〜10年の3年間と比較してどう変化したか解析した。

[…]
調査した東大の坪倉正治医師は「脳卒中や心筋梗塞(こうそく)、がんの発症につながる糖尿病が増えているのは大きな問題。生活環境が変化し、糖尿病など生活習慣病になりやすい住民への対策が急務だ」と指摘する。【河内敏康】

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Kudankulam nuclear power plant down due to steam leak via The Times of India

CHENNAI: The 1,000 MW nuclear power plant at Kudankulam stopped generation on Thursday night following a steam leak, Power System Operation Corporation Ltd (POSOCO) said.
The unit was restarted only on January 30 after nearly seven months of maintenance shutdown.[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , .


汚染木くずは鹿児島など計6県に 大津地検が捜査資料開示 福島第1原発事故で放出の放射性セシウム via 産経ウエスト

 東京電力福島第1原発事故で放出された放射性セシウムに汚染された木くずが滋賀県高島市などに不法投棄された事件で、木くずは滋賀のほかに茨城、 栃木、千葉、山梨、鹿児島の各県にも搬出されていたことが6日、大津地検が部分開示した捜査資料で明らかになった。

(略)

開示資料によると、平成24年12月~25年9月、滋賀など6県に計約5千トンが搬出された。京都市の無職男性(75)が昨年2月に捜査資料の閲覧を請求。最高裁が昨年12月14日に市町村名などを除いて閲覧を認める決定を出していた。

全文は 汚染木くずは鹿児島など計6県に 大津地検が捜査資料開示 福島第1原発事故で放出の放射性セシウム

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


Radiation Alert: L.A. Gas Well Spewing LETHAL LEVELS Of Breathable Nuclear Material: “Fukushima Class Disaster” via SHTF

n a breaking development that has been completely ignored by mainstream news sources, the leaking natural gas well near Los Angeles, California is now reportedly spewing lethal levels of radioactive material, according to a report from Steve Quayle and a group with expertise in nuclear material.

A leaking natural gas well outside Los Angeles is spewing so much naturally-occurring Uranium and Radon, that “breathable” radiation levels have hit “lethal levels” according to a Nuclear Expert group.

Hal Turner of Super Station 95 reports that the well is releasing 1.91 Curies (Ci) of radiation per hour.

This rogue well is spewing huge amounts of natural gas and about 1.91 curies an hour of natural radioactive material in the natural gas… 1.91 curies an hour is about 45.9 curies per day… It’s a really, really big leak.

A curie is a unit of measure in the U.S. to describe very large radioactive releases.

[…]

In short, the leak is massive and researchers at UC Davis have indicated that they have never encountered as much methane in the air as they have over suburban Los Angeles in recent months.

While resident complaints of feeling ill, vomiting and nausea have been chalked off by officials as the result of breathing in the natural gas, it is quite possible and increasingly likely that what they are experiencing is actually radiation poisoning.

According to one report, the radiation levels in the Chernobyl control room following the 1986 disaster reached about 300 Sv per hour. That was enough to provide a lethal dose to anyone in the room within 1-2 minutes.

While the Los Angeles leak is widespread with radiation disbursing across the city, the fact remains that millions of Sieverts of radiation have been released and will continue to be released until such time that the well is permanently sealed.

Read more at Radiation Alert: L.A. Gas Well Spewing LETHAL LEVELS Of Breathable Nuclear Material: “Fukushima Class Disaster”

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .


Ukraine receives first fuel batch from US Westinghouse for NPP this year — minister via Tass

Overall, five such fuel deliveries are scheduled for the Ukrainian NPPs this year
[…]

“Five out of thirteen deliveries will be made by Westinghouse [the other deliveries will be carried out by Russia]. This is far from [energy] independence but gives a possibility to hold talks with confidence on the terms and the price of deliveries,” the minister said.

The Ukrainian energy and coal minister said earlier that in 2016 Ukraine would import “40% of nuclear fuel from Europe,” meaning that the Westinghouse plant producing fuel assemblies for Ukraine was based in Sweden.

Ukraine’s nuclear power plant operator Energoatom and the US-based Westinghouse have been cooperating since 2000 under the project of introducing US nuclear fuel at Ukrainian NPPs.

In 2014, Ukraine extended its contract with Westinghouse to 2020.

Starting from 2016, uranium for Westinghouse’s fuel assemblies is enriched by France’s Areva under a contract signed by the companies earlier.

Read more at Ukraine receives first fuel batch from US Westinghouse for NPP this year — minister 

Posted in *English.

Tagged with , , , .


IAEA、ジカ熱対策指導へ…蚊の不妊化技術 via 読売新聞

国際原子力機関(IAEA)は中南米などで流行する感染症「ジカ熱」の対策として、原因のウイルスを運ぶ蚊の繁殖を放射線で抑える技術を、関係国に指導していく方針を明らかにした。
[…]
 そこでIAEAは、人間の血を吸わないオスの蚊を放射線で不妊化させる技術を各国に提供。この蚊を大量に野に放てば卵が孵化ふかできなくなり、蚊の数を減らす効果が期待できるという。IAEAは「放射線による不妊化は、人間に安全で環境に優しい技術だ」と説明している。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .