Skip to content


築地市場移転でどうなる? 「被曝マグロ塚」via 日経ビジネスonline

第五福竜丸事件の「遺構」に迫る危機

鵜飼 秀徳

築地市場が先月6日、83年間の歴史に幕を閉じた。市場は閉鎖され、フェンスで覆われた。建物は1年4カ月をかけて解体される。その後は2020年の東京五輪の車両基地として整備される予定だが、その後の跡地をどう活用していくかは、未定だ。

この築地市場閉鎖で、気に掛かったことがある。

「第五福竜丸事件」

多くの人は中学校の歴史の授業で、この事件のことを習ったのを思い出すのではないか。

実は、第五福竜丸事件にまつわる「遺構」が、市場の消滅によって、なくなってしまいそうなのだ。

(略)

米ソ冷戦下にあった1954(昭和29)年3月1日、米国は太平洋のビキニ環礁で大規模な水爆実験を実施した。この核実験の威力は、米軍が想定していた規模をはるかに超え、広範囲の海が核で汚染された。

水爆実験が実施されたその時、第五福竜丸は爆心地から160km東方沖で操業中であった。西の水平線が閃光できらめき、海が鳴動したという。しばらくして、死の灰が船に落ちてきた。デッキに足跡がつくほど積もり、乗組員は灰を頭からかぶったという。

ピカドンがあったのかもしれない──。

だが乗組員は被曝よりも、米国の国家機密を知ってしまったことへの恐怖心のほうが強かったという。

「米軍に船を沈められ、抹殺されてしまうのではないか」

第五福竜丸は焼津港に向けて全速前進で帰港する。帰路の途中、乗組員に発熱や嘔吐、髪が抜けるなどの急性放射線障害の症状が次々と起きる。焼津港に接岸したのは水爆実験から2週間後であった。

乗組員は病院に運ばれ、乗組員23人全員が被曝していることが分かった。半年後に無線長の久保山愛吉さんが死亡する。日本は広島、長崎の原爆投下に続いて、再び、核の犠牲者を出したのである。

(略)

被曝マグロ3匹とサメ28匹を隔離

だが、帰港時点では、日本政府は第五福竜丸の被曝の事実を把握しておらず、漁獲物は水揚げされてしまった。そして首都圏や関西など全国10数都府県へと搬送された。魚種は主にマグロであったが、一部、サメも含まれていた。その数は156尾に上った。

帰港の翌日、読売新聞が第五福竜丸の被曝をスクープ。築地市場へと入荷されてきたマグロやサメの放射線量が基準値を大きく超過していることが判明すると、市場はパニックに陥った。セリが中断し、被曝したマグロ3匹とサメ28匹が隔離された。

被曝マグロは直ちに、場外駐車場の地下3メートルに埋められることになった。

(略)

ちなみにビキニ環礁での水爆実験で被災したのは、第五福竜丸1隻だけではない。当時の厚生省が認めた被災船は実に856隻。全国で捨てられたマグロは457トン、寿司に換算して250万人分にも及ぶという。当時は築地界隈だけでなく、全国で被曝マグロの風評被害が起きる大騒動となったのである。

だが、そんな記憶も時の経過とともに薄れていく。数年も経てば築地市場に埋められたマグロの存在はおろか、第五福竜丸事件に関心を寄せる人は少なくなってしまった。

(略)

被曝マグロが埋葬されてから42年が経過した1996年。東京都は都営大江戸線築地駅の出入り口設置工事に伴い、マグロの骨の発掘調査を実施することを発表する。当時の資料を元に埋められたと思しき場所を掘り起こしたが、一片の骨も出てこなかった。

(略)

危機感を募らせたのが元乗組員の大石又七さんであった。1997(平成9)年、大石さんは自らが発起人となり、マグロ塚をつくるための十円募金を開始する。募金は2万2000人約300万円が集まり、2000(平成12)年4月にマグロ塚が建立された。

マグロ塚は東京都江東区夢の島の都立第五福竜丸展示館の敷地にある。重さ2トンの伊予青石でできたマグロ塚は、まるで太平洋の荒波のように力強く波打っている。揮毫は大石さんによるものだ。

(略)

埋葬地とマグロ塚が離れた場所にあるのは、塚の設置当初、築地市場の再整備の話が持ち上がっていたからだ。再整備計画が実行され、工事が完了するまでの仮設置場所として、第五福竜丸展示館敷地に置いたのだ。

第五福竜丸展示館によれば、塚が完成してから10年間ほどは、死亡した久保山無線長の命日に塚の前で、大石さんら関係者が集まって「マグロを食べる会」を実施していた。だが、現在はこうした弔いの行事は実施されていないという。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


米国で原爆写真集出版へ テキサス大学傘下の博物館 via 長崎新聞

米国の歴史博物館が被爆75年の2020年に、長崎と広島の原爆投下直後の惨状を収めた写真集を出版する計画を進めていることが3日、関係者の話で分かった。原爆写真を収集、保存している民間団体「反核・写真運動」(東京)が、保有する写真800点以上のデータを提供する。10月までに双方で覚書を交わした。

原爆投下正当化論が根強い米国で、博物館が原爆被害の写真集を出版するのは珍しい。米政府が核兵器廃絶に逆行する姿勢を鮮明化させる中、核被害への理解を広げる動きとなるか注目される。

博物館は、テキサス大の傘下にあるブリスコー・センター。米国の歴史を主要テーマに関係資料を収集、保存、活用している。20世紀米国史の専門家、ドン・カールトン館長らが11月中に来日し、被爆地広島、長崎の視察や被爆者との面談などを行う。長崎市では長崎原爆資料館などを訪ねる予定。

「反核・写真運動」は1945年8月6、9日の原爆投下後、当時の報道機関や政府機関、軍などの所属カメラマンが撮影した写真の原板、オリジナル・プリントを保有する。撮影者ら550人超が呼び掛けて82年に発足し、核廃絶を求める立場で活動。現在は写真家ら8人で運営している。

(略)

27人が撮影した計826点を収載した。このうち長崎原爆に関する写真は11人の411点。同団体によると、この826点と各キャプションなどをブリスコー・センターに提供。20年までに英訳され、独自に編集、書籍化する。掲載写真の数など詳細は未定。原爆を巡ってどのように記述するかなど、意見を交わしながら検討する。米国での写真展も予定している。

カールトン館長は、出版計画に関する文書で「米国の原爆攻撃の結果として、広島と長崎に及ぼした壊滅的影響について発表、展示したい。目的は歴史的、客観的視点から核戦争の悲惨な影響について米国市民に知ってもらう機会にすること」と説明している。

全文は米国で原爆写真集出版へ テキサス大学傘下の博物館

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Nuclear Power Will Not Save Us From Climate Change via Yes! Magazine

By M.V. Ramana and Robert Jensen

How the IPCC’s solutions for reversing the Earth’s warming encourage business as usual.

[…]

Underlying the IPCC report’s claims is the belief that technological solutions can fix the climate problem. Yet these fixes don’t address the root cause of climate change.

Let’s start by facing the frightening facts. The report shows that warming must be held to no more than 1.5°C above preindustrial levels to avoid truly catastrophic consequences. This requires emissions of CO2 to be limited to an amount that, at the current rate, will be breached in 10 to 15 years.

The report outlines four broad pathways to stay within that limit, all of which include large-scale deployment of various technological fixes to climate change. These include not just the sensible pursuit of solar energy and wind power but also of unproven technologies, such as bioenergy with carbon capture and storage, which has not been demonstrated to work at scale.

[…]

Nuclear energy has been declining, not growing, as a share of the electricity market during the period that climate change has become recognized as an important problem. In 1997, when the Kyoto Protocol was signed, nuclear power’s share of global electricity generation was about 17 percent. Twenty years later, nuclear energy contributed barely 10 percent of global electricity production in 2017. This included a period when the nuclear industry was heralding a renaissance. The downward trend is expected to continue.

Despite governments subsidizing the technology in various ways over the decades, the economics of nuclear energy is a major problem: Nuclear reactors are expensive to construct, and prone to costing more than budgeted and taking longer to build than projected. The flagship projects in Europe—Olkiluoto (Finland) and Flamanville (France)—use the latest reactor design, the EPR (which stands for either European Pressurized Reactor or Evolutionary Power Reactor). In the United States, Vogtle (Georgia) and V. C. Summer (South Carolina) use the Advanced Passive (AP1000) reactor design. What they have in common is unexpected cost increases: Costs at V. C. Summer went up so high that the utility constructing the plant abandoned it after spending billions.

One would think that these trends would lead policymakers to abandon nuclear power, but faith that these failures can be resolved is fueling government and private investments in a new generation of reactor designs—advanced reactors, small modular reactors, and Generation IV reactors. On paper, these look great, just like the EPR and the AP1000. But there is no reason to believe these new designs will prove cheaper than current reactors—unless the designers, constructors, and regulators emphasize lowered costs over safety, which increases the risk of future Chernobyls and Fukushimas.

Back to the panel’s report. The models it uses do not deal with these problems of nuclear energy. They simply assume that nuclear reactors will be built. And because of the focus on CO2 emissions, they don’t highlight the accompanying problems such as increased quantities of radioactive waste that would have to be stored and isolated from human contact for hundreds of thousands of years.

The underlying cause here is “technological fundamentalism,” the belief that the increasing use of evermore sophisticated, high-energy, advanced technology can solve any problem, including those caused by the unintended consequences of earlier technologies. This Panglossian approach allows modelers to state the climate problem can be contained without giving up a social and political system that is founded on continued and endless economic growth.

[…]

The alternative is obvious. The starting point of any serious discussion of climate change must be to recognize that it is not possible to limit global warming to either 1.5 or 2°C in any “resource- and energy-intensive scenario” where economic growth continues in the usual fashion. To put it more bluntly, one cannot resolve the climate problem under capitalism, which cannot survive without endless growth.

Arguments against capitalism are at least as old as capitalism itself. If one is honest about the implications of the latest report, climate change is providing another compelling argument for fundamental economic change.

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


原発事故時 1週間で被ばく100ミリシーベルト目安 via 毎日新聞

 原子力規制委員会は17日、原発事故時の住民の避難計画の策定や有効性などを検証する目安として、事故発生から1週間で住民が被ばくする線量を100ミリシーベルトとすることを決めた。現行の原子力災害対策指針を守ればこの目安を超えることはないといい、更田(ふけた)豊志委員長は「防災上の防護措置が妥当かどうか検討するための数値。100ミリシーベルトが達成されたら80ミリシーベルトにするなど、改善に終わりはない」と述べた。

 原発から30キロ圏内の自治体が義務付けられている避難計画など原発事故への事前対策は、規制委が定めた原子力災害対策指針に沿って策定されている。規制委はこれまで、対策に用いる被ばくの目安を具体的に示していなかった。

 原発事故などの緊急時に一般人に許容される被ばく線量については、国際放射線防護委員会(ICRP)が「年20~100ミリシーベルト」の目安を示している。100ミリシーベルトを超える被ばくは、がんで死亡する確率を高めることが分かっている。

 規制委の目安について、原子力規制庁の担当者は「100ミリシーベルトの被ばくを許容するという意味ではない」と説明した。【岩間理紀】

原文

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Japan’s nuclear industry growing but likely to miss government’s 2030 target via Japan Times

By Aaron Sheldrick and Osamu Tsukimori
 
 

The domestic nuclear industry will miss a government target of providing at least a fifth of the country’s electricity by 2030, analysis shows, but the sector is showing signs of life more than seven years since the Fukushima crisis.

With eight reactors running and one more set to come online in November, nuclear has this year overtaken nonhydro renewables in power output for the first time since the 2011 catastrophe, when all of the country’s nuclear plants were idled.

Yet operators can expect as few as six units to restart in the next five years, and fewer than 20 by 2030, the analysis shows. That is far short of the 30 needed to meet the government target reiterated this year.

Based on the analysis, the world’s third-largest economy may get about 15 percent of its power from nuclear in 2030, compared with a government target of 20 to 22 percent.

“It’s impossible to meet the target, that’s pretty much confirmed,” said Takeo Kikkawa, an energy studies professor at Tokyo University of Science, who sat on an official panel that reviewed the country’s energy policy this year.

He said he did not expect another round of restarts before 2020.

[…]

Yet Japan’s nuclear industry, which before Fukushima operated the world’s third-largest number of reactors and provided about 30 percent of the country’s electricity, has staged a significant recovery.

The turnaround has exceeded expectations of analysts and the utilities themselves. Kansai Electric Power and Kyushu Electric Power, for instance, have won approval to restart or are on course to win approval for all the reactors they applied to re-license.

Those units are far from Tokyo and are pressurised water reactors (PWR), unlike the boiling water reactor (BWR) designs favored in eastern Japan, including those that melted down at Fukushima.

Many court cases are pending for reactors in the eastern part of the country. Local political support varies, and the regulator is locked in disputes with operators over earthquake risk assessment.

The older BWR technology used in many of the reactors under review is also an issue because the stigma of Fukushima hangs over them.

“When you come to the BWRs, the issue becomes very politicized,” said Nobuo Tanaka, the chairman of the Sasakawa Peace Foundation who was the head of the International Energy Agency between 2007 and 2011 after a stint in the industry ministry.

The reputation of Fukushima plant operator Tokyo Electric Power Company Holdings Inc. also looms large, Tanaka said.

“Tepco does not have any support as a nuclear operator,” he said. The utility has to be removed from the equation before progress on BWR reactors can be made, he said.

[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


「核保有は恥」禁止条約発効訴え 杉並の被爆女性が国連演説 via 東京新聞

 【ニューヨーク=赤川肇】広島の原爆で介抱に当たって被爆した救護被爆者の塚本美知子さん(84)=東京都杉並区=が三十日、ニューヨークの国連本部で演説し、核兵器を法的に禁止する核兵器禁止条約の発効に向けて「力を合わせて核保有国の圧力と闘いたい」と呼び掛けた。

 発効に必要な五十カ国以上の批准を後押ししようと、条約制定を主導したオーストリア国連代表部などが国連総会第一委員会(軍縮)の関連行事として主催。塚本さんは原爆で父親=当時(42)=を亡くし、自身も広島県内の離島で被爆者らの介抱を手伝って被爆した。父親を捜して「遺体の山」を歩いた母親の話や、後遺症で亡くなったり自殺したりした被爆者の存在を語った。

 「七十三年前の歴史ではない。今日も苦しんでいる被爆者やその子ども、孫たちがいる」と強調し、「核兵器保有を誰もが恥と考える世界」の実現を訴えた。

 条約に署名した中米エルサルバドルのルーベン・エスカランテアズブン国連大使は取材に「十歳で親も生活も突然失うと想像するだけで涙が出る。核兵器は地政学や同盟関係などの文脈で語られがちだが、人命を破壊し、誰の身にも降りかかりうるという人道的見地から考えたい」と話した。

 米国が中距離核戦力(INF)廃棄条約離脱を表明、核廃絶の道に逆行する動きが懸念される一方で、核禁止条約にはこれまでに六十九カ国が署名し、十九カ国が批准。NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)は二〇一九年末までの発効を目指している。日本は署名していない。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Energy company applies to drill wells near former Rocky Flats nuclear weapons plant via The Denver Post

U.K. firm files applications ahead of vote on stricter well setbacks

As a decision looms by Colorado voters on more stringent siting requirements for oil and gas drilling, an energy company has applied to drill up to 31 wells near the former Rocky Flats nuclear weapons plant.

Highlands Natural Resources Corp., registered in the United Kingdom, applied this month to the state for a spacing plan for wells on a 2,560-acre site where it has leased minerals in the area of the Rocky Flats National Wildlife Refuge.

Rocky Flats, between Denver and Boulder, was converted to a wildlife refuge after a $7.7 billion Superfund cleanup of a plant that produced plutonium triggers for nuclear bombs from 1952 to 1989. The Department of Energy retains control of a 1,300-acre fenced core where contaminated waste is buried.

[…]

“Although similar propositions have failed in the past, the Company has been advised that by filing the permits prior to the ballot it has minimized the potential risk posed by Proposition 112,” the post on the company’s news site stated.

Proposition 112, if adopted by voters, would require wells on private lands be at least 2,500 feet from homes, schools, waterways and other areas considered vulnerable, such as public parks and open spaces and irrigation canals. The current required setback is 500 feet from homes and 1,000 feet from densely occupied buildings, like hospitals and schools.

Concerns about Rocky Flats through the decades led to protests calling for its closure. Plans to convert the site to a national wildlife refuge were opposed by those who said the cleanup of the site was inadequate. The opening in September of 11 miles of hiking and biking trails on the refuge sparked objections from environmental and other groups that said activity will stir up particles of plutonium that, if inhaled, can cause cancer.

Read more at Energy company applies to drill wells near former Rocky Flats nuclear weapons plant 

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .


福島県知事が東電の福島第1原発を視察 via 日本経済新聞

福島県の内堀雅雄知事は1日、東京電力福島第1原子力発電所(福島県)を視察し、廃炉作業の進捗状況や安全管理などについて説明を受けた。視察は10月28日投開票の県知事選で再選してから初めて。東電ホールディングス(HD)の小早川智明社長らが同行した。

内堀知事は高台から1~4号機を見て廃炉作業を確認。使用済み核燃料プールからの取り出し作業が滞っている3号機内部に入り、原子炉建屋5階のオペレーティングフロアなどを見て回った。

福島第1原発を巡っては、放射性物質トリチウムを含んだ水の処分方法について、8月に経済産業省の有識者会議が福島県と東京都で公聴会を実施。

(略)

福島第2原発については今年6月、小早川社長が廃炉の方向で検討をしていることを内堀知事に伝えた。

全文は福島県知事が東電の福島第1原発を視察

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


EDITORIAL: So who will foot the bill if another nuclear disaster strikes Japan? via The Asahi Shimbun

[…]

Nearly eight years have passed since the catastrophic triple meltdown at the Fukushima No. 1 nuclear power plant, yet serious problems and flaws remain unaddressed with the current system. The government clearly has no intention of tackling them anytime soon.

The Abe administration and the power industry are pushing to restart offline reactors, which is a very irresponsible move.

The current system for compensation requires operators of nuclear plants to sign contracts with both private-sector insurers and the government to finance payouts related to nuclear accidents.

But these contracts are good for only up to 120 billion yen ($1.06 billion) per nuclear plant. This is way too small, given that compensation payments related to the Fukushima disaster have already surpassed 8 trillion yen.

[…]

The government’s rationale is that utilities must work together to fork up funding for the system in light of the massive sums required. This system is supposed to swing into action if another major nuclear accident occurs.

But it is hard to claim that a system based on mutual aid among competitors is sustainable, given the growing competition due to the liberalization of the power retail market.

It is time to find an answer to the weighty, complicated question of how the financial burden of preparing for nuclear accidents and paying compensation for losses should be shared among electric power companies, their stakeholders and the government

[…]

Should nuclear power generation continue despite the potential risks and social costs? If another severe nuclear accident occurs, who should take the responsibility for dealing with the aftermath and in what ways?

These are just some of the fundamental questions about nuclear power policy raised by the need to revamp the compensation system.

Read more at EDITORIAL: So who will foot the bill if another nuclear disaster strikes Japan?

Posted in *English.

Tagged with , , , .


福島大生ら文科省前で食農マルシェ おいしい農産物、魅力発信 via 福島民友

福島大は31日、文部科学省前の広場で「食農マルシェ」を開き、学生が地元の生産者と力を合わせて手掛けたコメやリンゴ、日本酒など本県産品の多彩な魅力を発信した。

学生が県産米を販売したほか、学生の活動を支えた県内の協力者が参加し、ワイン醸造用ブドウの産地を目指す川内村のブドウジュースや、ふくしま逢瀬ワイナリー(郡山市)のシードルなどをアピールした。

(略)

開会式で中井勝己学長は食農学類での人材育成や地域貢献に意欲を示し「福島の安全でおいしい農産物を知ってほしい」と呼び掛けた。

全文は福島大生ら文科省前で食農マルシェ おいしい農産物、魅力発信 

Posted in *日本語.

Tagged with , .