Skip to content


Prefab Nuclear Plants Prove Just as Expensive via The Wall Street Journal

Modular method has run into costly delays and concerns about who will bear the brunt of the expense

Building nuclear reactors out of factory-produced modules was supposed to make their construction swifter and cheaper, leading to a new boom in nuclear energy.

But two U.S. sites where nuclear reactors are under construction have been hit with costly delays that have shaken faith in the new construction method and created problems concerning who will bear the added expense.

Continue reading at Prefab Nuclear Plants Prove Just as Expensive (require subscription)

Posted in *English.

Tagged with , , .


Mitsubishi Heavy Says Edison Claims $7.57 Billion in Damages via Bloomberg

Mitsubishi Heavy Industries Ltd. said the operator of the San Onofre nuclear plant is claiming $7.57 billion in damages related to the shutdown of the Californian facility.

The Tokyo-based company said in a filing that U.S. power generator Edison International had made the claim to the International Chamber of Commerce (ICC), which is arbitrating on the matter. Mitsubishi said it maintains that its liability is capped at around $137 million.

The claim against Mitsubishi Heavy in the prolonged dispute had earlier been estimated at “not less than $4 billion,” according to the statement.

Mitsubishi Heavy designed and supplied steam generators to San Onofre. Edison said in June 2013 that it would permanently shut both reactors at the plant after unusual wear was found on steam generator tubes.

Continue reading at Mitsubishi Heavy Says Edison Claims $7.57 Billion in Damages

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


三菱重工に9300億円請求=原発事故めぐり-米電力 via 時事ドットコム

三菱重工業は28日、米カリフォルニア州のサンオノフレ原発で起きた放射性物質漏えい事故をめぐり、電力事業者の米サザン・カリフォルニア・エジソン社 (SCE)など4社が、事故原因となった蒸気発生器を製造した三菱重工に75億7000万ドル(約9300億円)の損害賠償を求める見通しになったと発表 した。

三菱側は、賠償額は機器の契約額である1億3700万ドル(約168億円)が上限だと主張しており、両社が対立している。

SCE側は、国際商業会議所の国際仲裁裁判所に2013年10月、仲裁を申し立てた際、請求額を40億ドル(約4900億円)以上としていた。しかし今 回、SCEなどが7月27日付(米国時間)で同会議所に提出した証拠書類で、請求額を2倍近くまで引き上げたことが判明した。

続きは三菱重工に9300億円請求=原発事故めぐり-米電力

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


福島第1:「凍土遮水壁」の冷凍機全て停止 via 毎日新聞

東京電力は28日、福島第1原発の汚染水対策として1〜4号機の建屋周囲の地盤を冷凍する「凍土遮水壁」の冷凍機30台のうち稼働していた3台全て が停止したと発表した。同日午前8時半ごろ、構内の電源盤から地面への漏電を伝える警報が発生しており、東電が関連を調べている。

東電によると、警報から約10分後、作業員が構内の電源ケーブルから白煙が出ているのを見つけた。白煙は消え、原子炉の冷却に問題はないという。

続きは福島第1:「凍土遮水壁」の冷凍機全て停止

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


プールだけじゃない! 福島の学校は校外ランニングでも内部被曝の恐れvia アメーバニュース

福島市よりも福島第一原発に近い伊達市在住の保護者が言う。

「私たちの市でも、原発事故の起きた2011年からプール授業を開始した小学校がありました。1年間の積算線量が20ミリシーベルトを超える特定避難勧奨地点のそばなのに、大臣が視察に来るからとプール開きをしたのです。除染はしてあったようですが、それでも空間線量が毎時1マイクロシーベルトを超えていたような時期。さすがに保護者からのクレームが来て、その後、閉鎖しました」

[…]
「いくら下がったと国が言っても、線量の高いホットスポットは至る所にあります。毎時10マイクロシーベルトの場所も珍しくない。除染すれば一時的には下がります。ですが、問題は除染されていない山などから飛んできた放射性物質により、またすぐに数値が上がってしまうことなのです」(南相馬市在住の小澤洋一氏)

そんな状況の中で、今年も学校のプール授業の季節がやって来た。福島県教育庁健康教育課によると県立高校93校中、今年、プール授業を予定しているのは47校に上る。

今回は前回測定しなかった高校に焦点を当て、6月中旬に福島市、郡山市、伊達市、川俣町、二本松市の県立高校のうち20校を測定しようと考えた。そこで学校プール内の測定取材を同健康教育課に申し込んだが、

「学校プールサイドの空間線量率の測定結果から安全であると判断しているため取材による測定は必要ないと考えています」

許可が得られなかったため、なるべくプールから近い学校敷地外を測ることにした。すると、今回1000cpm(カウント・パー・ミニッツ)を超えた20校でも、うち14校がプール授業を行なうという。これは放射線管理区域と同レベルの汚染だ。つまり、本来なら18歳未満が立ち入れない場所ということである。

しかし、プール授業をやるかは空間線量で判断するという。

「学校除染と同時に市町村の除染計画に基づいて、地上1mの空間線量率が毎時0.23マイクロシーベルト以上である場合にプールの除染を実施する」(健康教育課)

そのため表面汚染の基準はなく、プールサイドでの被曝リスクを尋ねても「空間線量率が毎時0.23マイクロシーベルト以下であり、人体に影響はないと判断している」との回答が返ってきた。

だが、取材すると実は表面汚染を測定している学校があることがわかった。本誌では昨年4月から8月にかけてプールの放射線測定をした複数の県立高校のデータを入手した。それによると、少なくとも4校が昨年かその前年に空間線量率と同時に表面汚染の測定を行ない、放射線管理区域を超える数値が出ていたことがわかった。

[…]
さらに汚染されているのはプールだけではない。郡山北工業高校で測定していた時のことだ。生徒が部活動で学校外周をランニングしている場所を測ると、口元あたりで毎時0.31マイクロシーベルトを記録し、近くの草むらは毎時1マイクロシーベルトを超えたのだ。

これでは外部被曝と同時に大気中に舞ったチリ状の放射性物質を吸い込んで内部被曝も引き起こしてしまう。こうした生活を3年間続けたら健康リスクが高まるのは必至だ。だが、学校側に危機意識はないようだ。

「放射線モニタリングは県の指導に従って毎年やっています。今年も6月からプール授業を始めましたが、その前に測定しました。空間線量が基準を下回っていたので大丈夫だと思っています」(福島南高校)

生徒がランニングをしていた郡山北工業高校は、すべての学校が表面汚染を測定しないのは県の指示がないからだという。

「教育委員会が決めた方法で測定し、基準以内なら大丈夫と理解している。そもそも大丈夫かどうかは私たちに判断はできません。表面汚染のことは初めて聞きましたが、指示がなければ学校は測定しないでしょう。(生徒が線量の高い場所を走っていることについては)ホットスポット的に高い場所がどこかは認識していません。学校の敷地内は除染でかなり低くなっていますが…」

[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


5μSv超の放射線検出中古車、11か月連続でゼロvia Logistics Today

日本港湾協会がこのほど公表した、全国14の港湾で実施している中古自動車・建機の放射線量検査の最新結果(6月検査分)よると、1時間に0.3μSv(マイクロシーベルト)以上の数値が検出された台数は22台となった。5μSv以上の中古車は昨年8月以来11か月連続でゼロとなった。

[…]
また、0.3μSv以上の台数も11年4077台、12年6544台、13年1388台、14年555台、15年144台と同様に減少傾向をたどっている。

全文を読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Why This 14-Year-Old Kid Built A Nuclear Reactor via National Geographic

In his quest to better the world,Taylor Wilson captured the interest of Homeland Security and ended up with radioactive pants.

Author Tom Clynes doesn’t do optimistic. The contributing editor for Popular Science is usually attracted to stories about Ebola epidemics or eco-mercenaries. But when his life and family began to fall apart and he found himself in the middle of a messy divorce, he met Taylor Wilson, a boy who had just created a nuclear fusion reactor in his garage.

Fired by this young genius’s optimism and desire to make the world a better place, he decided to devote himself to telling Taylor’s story in his new book, The Boy Who Played With Fusion.

We went into an abandoned uranium mine in the Virginia Mountains in Nevada, just north of where Taylor now lives in Reno, to find uranium rock. On the way, he’s talking my ear off. He’s the total opposite of the science fair introvert sitting in the corner staring at his naval. He loves to evangelize about everything nuclear.

Eventually we will make yellow cake out of the ore we collect in Taylor’s garage. We have to pop this chain link fence to get into the mine. We have a pickaxe, shovel and flashlight and go down a few passageways where we find some veins of radioactive water running down the side of the mine. It literally glows. [Laughs]

When we go back over the fence Taylor’s Geiger counter brushes against his thigh and he realizes that his pant legs are radioactive. So, he rips off his pants and sits there in his boxer shorts, trying to figure out what kind of radiation it is. “It’s not loose contamination, “ he says,  “so it makes me think it’s been on the pants for a while. But, how? My jeans are generally not radioactive at the start the day!” [Laughs]

Continue reading at Why This 14-Year-Old Kid Built A Nuclear Reactor

Posted in *English.

Tagged with , , , .


原発事故:福島の韓国人女性「風評被害解消プロジェクト」via 毎日新聞

【ソウル米村耕一】日韓国交正常化50周年に合わせ、東京電力福島第1原発事故に伴う韓国での風評被害の解消を狙うプロジェクトが、福島在住の韓国 人女性らによって進められている。韓国から中高大学生ら170人や人気Kポップ歌手を福島に招く予定だ。歌手の「健康被害」を心配する一部ファンの反発な どを乗り越え、今月29日から一連のイベントがスタートする。

プロジェクトは日韓文化交流基金の委託を受けて、福島市在住の鄭玄実(チョン・ヒョンシル)さん(54)が理事長を務める日韓交流NPO「ふくか んねっと」が主催する。東日本大震災以降、韓国からのボランティアと被災者をつなぐ活動を行ってきた鄭さんは、福島の実情についての韓国内の誤解の大きさ を実感してきた。

プロジェクトへの風当たりも強かった。イベント直前の7月中旬、出演予定の歌手のファンが「危険な場所に行かせないで」と所属事務所に圧力をかけ る運動が始まった。一時は公演の中止を検討せざるを得ない状況だったが、所属事務所は23日、「健康に何の問題もない」との韓国原子力研究院の見解ととも に、「歌手の安全を十分に考慮している」とのメッセージを公表し、鎮静化を図った。

韓国の若者の福島招待は、福島県内で交流ボランティアを経験した韓国中部全州の主婦たちが「私は毎年福島へ行っている。みな普通に暮らしている」 と口コミで勧誘する作戦を展開。最終的には募集枠の約2倍もの応募があり、事務局には直前まで「なんとか連れて行って」と懇願する電話が殺到した。韓国の 若者は福島で同世代との交流行事などに参加する。

続きは原発事故:福島の韓国人女性「風評被害解消プロジェクト」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Fukushima Operator Prepares to Lift 20-Ton Debris From Fuel Pool via The Wall Street Journal

The latest challenge at the Fukushima Daiichi nuclear power plant is to remove a 20-ton piece of debris from a pool holding over 500 spent fuel rods.

More than four years after the plant was hit by a massive earthquake and tsunami, Fukushima Daiichi’s operator Tokyo Electric Power Co.9501.TO -2.67% said it would start work on the critical task this week using a specially designed crane.

“The debris will be pulled out using two cranes, but we had to create a specially designed hook with a unique shape for it to securely hold on to the object,” a Tepco spokesman told Japan Real Time on Monday.

The object is what remains of a fuel handling machine originally located above the surface of the water. The debris is preventing Tepco from removing the spent fuel rods to a safer location. It is the largest object requiring removal inside the power plant’s reactor No. 3, according to the company.

The removal will be conducted at the slowest possible speed to ensure safety. The pool’s water level, as well as any signs of a jump in radiation levels, will be monitored closely with multiple cameras during the procedure. The debris must be lifted so that it won’t swing or cause damage to the spent fuel pool’s gates.

Read more at Fukushima Operator Prepares to Lift 20-Ton Debris From Fuel Pool

Related article:

Posted in *English.

Tagged with , , , .


除染廃棄物:不法投棄容疑で現場責任者逮捕 福島・南相馬 via 毎日新聞

東京電力福島第1原発事故に伴い福島県南相馬市の避難指示区域で行われた除染作業で出た廃棄物を現場の山林に不法投棄したとして、県警南相馬署は 23日、除染作業の現場責任者だった福島市、アルバイト従業員、斎藤豊容疑者(65)を放射性物質汚染対処特措法(汚染廃棄物等の投棄の禁止)違反容疑で 逮捕した。

逮捕容疑は、今年1月下旬、避難指示解除準備区域(年間積算放射線量20ミリシーベルト以下)に指定された同県南相馬市小高(おだか)区小谷の山 林で、除染で出た木の枝やツタなどの廃棄物約3400キロを仮置き場に運ばず、作業員に指示してそのまま現場の地中に埋めたとしている。県警は数カ所に分 けて埋めたとみており、埋めた廃棄物は計約8トンに上るとみられる。

同署や環境省によると、斎藤容疑者は当時、国直轄の除染作業の2次下請け業者で現場責任者を務めていた。今年2月、元請け業者が「下請け業者の作 業員が除染で出た廃棄物を穴を掘って埋めたと話している」と、環境省と県警に通報。環境省と元請け業者が現場を掘り起こしたところ廃棄物が埋められていた のを確認し、県警に連絡した。県警も今年3月に現場検証を実施し、関係者から事情を聴くなど捜査を進めていた。

続きは除染廃棄物:不法投棄容疑で現場責任者逮捕 福島・南相馬

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .