Skip to content


Technology to Look Inside Fukushima Reactors Faces Challenge via The New York Times

[…]

Experts have long said that what’s crucial for decommissioning is getting an image of the nuclear fuel after the March 2011 tsunami crippled backup generators at Fukushima Daiichi, setting off the worst nuclear catastrophe since Chernobyl.

No one knows where the molten fuel debris lies, and in what shape or state. Tokyo Electric Power Co., which operates Fukushima Dai-ichi, has said it likely sank to the bottom of the plant. But the fuel could have dropped even beyond.

Tadashi Yotsuyanagi, an official in charge of the muon project at Toshiba Corp., acknowledged radiation would be an obstacle for people doing the construction work to set up the walls. High exposure to radiation is unhealthy, sometimes fatal.

[…]

But Yotsuyanagi acknowledged the technology would not be able to get the complete image toward the bottom of the reactor. He also said heavy radiation in the area would throw the sensors off, although that can be figured into the calculations of the scattered muons.

David Ireland, a professor who heads the Nuclear Physics Group at the University of Glasgow, said muons may be the only way to probe inside atomic reactors.

“There are not really any other non-invasive options that will allow inspection,” he said in an email.

Read more at Technology to Look Inside Fukushima Reactors Faces Challenge 

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


柏崎刈羽原発で火事 作業員1人ケガ (新潟県)via 日テレNews24

31日午前、柏崎刈羽原発5号機のタービン建屋で、点検作業中に炎や煙があがる火事があった。作業員1人が手にやけどを負い、東京電力が火事の原因を調べている。

東京電力によると、31日午前10時25分ごろ、5号機のタービン建屋2階で、漏電があった際に電気を遮断する機器の点検作業を行っていたところ、火花が 出て炎と煙が発生した。作業員が初期消火を行うとともに、東京電力は消防に通報し、午前11時15分、消防が火が消し止められたことを確認した。
この火事で、定期検査の作業用の分電盤が焼けた。また、作業員1人が左手にやけどを負った。

続きは柏崎刈羽原発で火事 作業員1人ケガ (新潟県)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


福島第一原発で 側溝のケーブル焼く火事 (福島県)via 日テレNews24

昨夜、福島第一原発の構内で側溝のケーブルを焼くボヤがあった。
東京電力は、原子炉の冷却などに影響は無いとしている。
昨夜8時半過ぎ、第一原発構内の側溝から煙が出ているのをパトロール中の作業員が見つけた。
消火器によって、煙は間もなく収まった。
その後、側溝を調べたところ、電源ケーブルや水を流すホース9本が、5メートルほどにわたって焼けて損傷していたという。
東京電力は、周辺の放射線の値などに変化は無く、今後の作業への影響もないとしている。

続きは福島第一原発で 側溝のケーブル焼く火事 (福島県)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


5月電気料金 再生エネルギー負担で値上げviaNHK

ことし5月の電気料金は、太陽光発電など再生可能エネルギーの普及を促す制度で負担が増えることから値上げされることになりました。
電気とガスの料金は、毎月、燃料や原料の輸入価格などに応じて料金が見直されます。今回、電力各社は原油などの輸入価格が下がったものの、太陽光発電など再生可能エネルギーの普及を促す制度によって電気料金に上乗せされる負担額が増えることから、値上げすることになりました。
前の月の4月と比べた値上げ幅は、電気の使用量が平均的な家庭の場合、北海道電力が12円、東北電力が106円、東京電力が18円、中部電力が105円となります。さらに北陸電力が156円、関西電力が69円、中国電力が112円、四国電力が129円、九州電力が120円、沖縄電力が54円となっています。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


テキサス州ジョージタウン、来年にも再生可能エネルギーによる発電100%を達成の見通し via businessnewsline

テキサス州にある人口4万7000人の小都市ジョージタウン(Georgetown)が来年中にも、再生可能エネルギーによる発電が100%を達成する見通しとなった。

これはジョージタウンと再生エネルギー電力大手のSunEdisonとの間で、同社が建設を進めている出力150MWのメガソーラー発電所からの電力供給契約が結ばれたことを受けてのもので、実際にSunEdisonからの電力供給が開始となる2016年からは、ジョージタウンの電力需要は100%再生可能エネルギーで賄うこととなる。
[…]
テキサス州、ニューメキシコ州、ネバダ州の3州に関しては、日照量の観点から太陽光発電に適しているということもあり、多くの企業がこの3州に大規模なメガソーラー発電所を進めている。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


東電、除染費用払わず 市町村実施分2%のみ via 東京新聞

福島第一原発事故後、市町村が実施した除染費用として国が二月末までに東京電力に請求した七百六十一億円のう ち、東電側が約2%しか応じず、残る七百四十六億円の支払いを事実上拒否していることが、環境省への取材で分かった。一方、国直轄除染分は基本的に応じて おり、対応が大きく分かれていることが浮き彫りとなった。

 除染関連費用は国がいったん立て替え払いした後、東電に請求する仕組み。東電の支払いが遅れれば、利息分は税金で賄われるため国民負担の増加につながる。

 東電広報部は市町村除染への不払いについて「法的に支払い義務のある除染作業かどうか確認に時間がかかっている」と弁明。一方、環境省は「全て法律に基づき東電に請求しており、引き続き全額支払いを求めていく」と反発している。

 除染関連費用は二〇一一年八月に成立した特別措置法により、東電が負担すると規定。政府は一四年度までに約一・四兆円(うち市町村分は約六千三百億円)を計上した。

 環境省は金額が確定し書類がそろった除染事業について、一二年十一月から定期的に東電に請求している。今年二月末までに市町村分として七百六十一 億円を求めたが、東電は最初の請求分の一部である十五億円に応じた後は支払っていない。一方、国直轄分として請求した九百二十五億円については約86%の 七百九十九億円を支払っている。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Feds probe PG&E report on California nuclear plant safety via San Francisco Chronicle

Federal investigators have launched a probe into whether the Nuclear Regulatory Commission erred when it let Pacific Gas and Electric Co. change earthquake safety standards at the Diablo Canyon power plant without public hearings, The Chronicle has learned.

The regulatory agency’s own internal watchdog — the Office of the Inspector General — has been delving into the issue, which is the subject of a lawsuit filed in the fall by environmentalists trying to close Diablo Canyon, California’s last nuclear plant.

[…]

The plant was originally designed to safely shut down after an earthquake producing ground movement as intense as 0.4 times the force of gravity. But in 1971, geologists working for Shell Oil Co. identified a fault just 3 miles offshore, the Hosgri Fault, capable of creating ground motions at the plant up to 0.75 the force of gravity.

PG&E concluded that Diablo Canyon could survive the extra shaking. But the methods PG&E used to measure the threat posed by the Hosgri were different from — and less conservative than — the methods used to set the plant’s initial seismic safety standards.

In 2011, after other faults had been found nearby, PG&E asked the commission to amend its license to stipulate that the plant could safely shut down after ground motions of 0.75 the force of gravity, based on that less conservative Hosgri Fault methodology. The commission refused and told PG&E to withdraw its request. Still, PG&E in 2013 changed the plant’s final safety analysis report — a document required by Diablo’s license — to say it can withstand such a quake using the Hosgri Fault methodology.

[…]

Appearance of collusion

Both Friends of the Earth and the alliance complained last year about the appearance of collusion on the Sept. 10 documents. At the time, a commission spokeswoman denied the accusations and said the matter would be forwarded to the inspector general’s office for review. Becker said Wednesday she was pleased to see the investigators follow through.

“We are heartened that the Nuclear Regulatory Commission is taking the time to take our concerns seriously,” she said. “We are skeptical that the commission will act on what they find. But we’re always hoping to be pleasantly surprised.”

Read more at Feds probe PG&E report on California nuclear plant safety 

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .


一部で上昇、最高440ベクレル 土壌セシウム濃度、山形大・山形県調査 via apital

 山形大学と県は24日、県内30地点で実施した土壌中の放射性物質調査の結果を公表した。今年度の最高値は尾花沢市市野々と天童市田麦野で、1キ ロあたり約440ベクレルのセシウムが検出された。県は「健康に影響しない数値」としているが、前年度より数値が増えている地点もあり、調査を継続する予 定だ。

東京電力福島第一原発事故で拡散した放射性物質の影響を確認するのが調査の目的で、2012年度から始めた。今年度の調査地点は30カ所。県内各 地の地表から深さ5センチまでの放射性セシウムの平均濃度は、村山地区が最も高く153ベクレル。置賜地区は59ベクレル、最上地区が55ベクレル、庄内 地区ではほとんど検出されなかった。

経年変化を見ると、前年度最高値の690ベクレルだった山形市松原が166ベクレルとなるなど、ほとんどの地点で数値が下がっているが、一部の地域で上昇している。

続きは一部で上昇、最高440ベクレル 土壌セシウム濃度、山形大・山形県調査

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


福島第1原発内の放射線データをネット公開へ、東電 via 日本経済新聞

 東京電力は30日、福島第1原子力発電所内で測定した放射線データの公表方法について具体策を発表した。データは全てインターネットなどで誰でも閲覧で きるようにするほか、特に社会的に関心が高いと思われるものは記者会見を開いて解説する。公開時期は未定。公開の状況は定期的に社外から監視、評価を受け る制度もつくる。

続きは福島第1原発内の放射線データをネット公開へ、東電

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


Writing the Nuclear Meltdown Playbook via Fairwinds

People today who are familiar with social media think that TMI means “Too Much Information”. But to me, and anyone listening to the news in 1979, TMI will always represent the disaster at Three Mile Island, when the public received too little information, not too much.

At the time of the nuclear disaster at TMI, there were plans to build more than 200 nuclear plants in the US, with some projections topping 1,000. Today, less than 100 nuclear plants are operating in the US. During the 1970’s, the total amount invested in those early plants easily exceeded one trillion dollars. If the public became fearful of nuclear power, then the nuclear industry, investors, and banks that had loaned money would face huge losses, so the nuclear industry and nuclear regulators tried desperately to minimize the significance of what was happening at the crippled reactor.

The pattern of denial created by the nuclear industry during the TMI meltdown had at least five steps in its playbook:

  1. Make it appear that “authorities” have the situation under control.
  2. Delay any evacuation orders for as long as possible.
  3. Claim radiation releases are much lower than they actually are.
  4. Claim radiation exposures are acceptable and that no one will die.
  5. And lastly, minimize conflicting information given to the press through paid off experts.

Posted in *English.

Tagged with , , , , .