Skip to content


Class action lawsuits filed for victims of West Lake Landfill radiation via St. Louis American

Radioactive material came to St. Louis in the 1940s with World War II, when a uranium processing plant was constructed downtown. Years later, in the 1970s, radioactive waste from that site was transported to the West Lake Landfill in the St. Louis County suburb of Bridgeton. That material is still impacting St. Louis today, but residents in the surrounding area may be getting a ray of hope in the form of a legal case.

Recently, the HBO documentary “Atomic Homefront” brought national attention to the long struggle of North St. Louis residents to gain accountability for the effects of radioactive waste dumped at West Lake Landfill and Coldwater Creek. Now, several law firms are joining together to file a class-action lawsuit on behalf of those impacted.

[…]

The Environmental Protection Agency under Scott Pruitt agreed on Feb. 1 to remove the majority of the radioactive material from the West Lake Landfill over a period of five years, but the lawyers in this case said that is not enough.

“Too little has been done over the last several years, and over the last several decades,” Keane said.

“Atomic Homefront,” which focuses on the efforts of citizen activist group Just Moms STL, documents high incidences of rare cancers in the areas around West Lake Landfill and Coldwater Creek and highlights families who want to move away from the area but, due to the plummeting property values of their homes, cannot afford to.

According to Keane, tests done in preparation for the lawsuits showed high levels of radiation within several homes and businesses. He also said an expert will testify that radioactive materials were built into construction sites in Bridgeton, laid underneath the foundations of homes.

Keane said the effects of the radioactivity could become even more widespread if an underground fire that has been burning at the landfill since at least 2010 reaches the radioactive waste. The chemical reactions caused by this, he said, could lead to contaminated rain which would fall on every part of St. Louis.

After the Russian Chernobyl nuclear disaster in 1986, radioactive rains spread the impact across the continent and reached as far away as Wales.

“People should be very upset about this,” Keane said. “They should be fired up about this.”

Defendants in the cases include Republic Services, Cutter Corp and other corporations that have handled waste disposal. The attorneys will seek damages for affected residents that could include compensation, home buyouts and relocation, as well as a cleanup of the sites.

Keane said homeowners in the area will receive a flyer explaining the cases and containing a 1-800 number they can call to learn more.

 

 

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


<日本原燃>廃棄物受け入れを再開 10カ月ぶり via 河北新報

 日本原燃は21日、低レベル放射性廃棄物埋設センター(青森県六ケ所村)に、中部電力浜岡原発(静岡県)の廃棄物を3月から受け入れると発表した。廃棄物受け入れは昨年5月以来、10カ月ぶり。

[…]

同センターへの受け入れは、埋設クレーンや電力各社の放射能測定プログラムに不具合が見つかったため延期していた。

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , .


大杉漣さんが、原発事故を取り上げた「NHKスペシャル」に出演 via News Walker

2月21日に急逝した俳優・大杉漣さんが、3月17日(土)に放送される「NHKスペシャル『メルトダウンFile.07 AI徹底分析 原発事故全記録』」(夜9:00‐9:50、NHK総合)に登場することが分かった。

同番組は、世界最悪レベルとなった東京電力福島第一原子力発電所の事故が、なぜ、どのように起きたのか、独自の取材や専門家による科学的検証を重ね真相を追及するシリーズ。今回は、人工知能も使って現場で人々がどう行動し何が起きたのか、ヒューマンファクターに迫る。

大杉さんは、当時の現場の状況を再現するドラマに出演。一連の事故対応を記録したテレビ会議の発言や国、東京電力の間でやりとりされた数万枚のFAXなど、膨大な記録を読み解いていくと、新たな事実が浮かび上がってきたという。

続きは大杉漣さんが、原発事故を取り上げた「NHKスペシャル」に出演

Posted in *日本語.

Tagged with .


French police move in to clear nuclear storage protests via The Telegraph

Hundreds of French police swooped in at dawn to evict about 15 protesters living in treehouses at a site that is due to be developed to store nuclear waste deep under the earth.

Two bulldozers accompanied around 500 gendarmes in body armour as they removed the men and women who have been occupying a zone in forest of Lejuc near the village of Bure.

Other officers raided a nearby premises dubbed the “House of Resistance” and evicted about 30 protestors.

The area is earmarked to be used to bury long-life nuclear waste from France’s nuclear power stations 500 metres under the ground. Planned exploratory drilling has not been possible because of protests by local groups and environmentalists.

Continue reading at French police move in to clear nuclear storage protests 

Related article: 

Police remove protesters from proposed nuclear landfill site via RFI

Posted in *English.

Tagged with , , , .


Austria sues over EU approval of Hungary nuclear plant via Phys Org

Staunchly anti-nuclear Austria lodged a legal complaint with the European Court of Justice on Thursday against the EU’s approval of the expansion of a nuclear plant in neighbouring Hungary.

The approval, granted by the European Commission in March, would allow the expansion of the Paks nuclear plant outside the Hungarian capital Budapest with a 10 billion euro ($12.4 billion) Russian loan.

The plant is Hungary’s only nuclear facility and supplies around 40 percent of its electricity needs.

“For our nature, our environment and our unique landscape, we must take up this David and Goliath struggle,” sustainability minister Elisabeth Koestinger said in a statement, confirming the launching of the complaint at the Court of Justice of the European Union.

“Nuclear energy must have no place in Europe. We will not budge one centimetre from this position!” she added.

[…]

The construction of two new reactors at the site is part of a 2014 deal struck between Hungary’s right-wing Prime Minister Victor Orban and ally Russian President Vladimir Putin.

The work, to be carried out by Moscow’s state-owned nuclear agency Rosatom, is set to more than double the plant’s capacity.

Hungary’s opposition has criticised the awarding of the contract to Rosatom without holding an open tender.

[…]

Austria filed a complaint against EU-approved state aid for the Hinkley Point C in Britain in 2015, arguing that atomic energy was unsustainable and high-risk.

Read more at Austria sues over EU approval of Hungary nuclear plant 

Posted in *English.

Tagged with , , .


除染業者の44%に法令違反 福島労働局が是正指導 via 産経ニュース

福島労働局は22日、昨年1年間に東京電力福島第1原発事故の除染作業に携わった274業者のうち、44%に当たる121業者で労働安全衛生法や労働基準法の違反が見つかり、是正指導したと発表した。

違反件数は179件。内訳は、作業員に放射線量計を装着させないなど安全衛生関係が118件、時間外労働の手当を支払わないといった労働条件関係が61件だった。

第1原発の廃炉作業を担った129業者には、雇用時の労働条件通知書に時間外労働の有無を記載しないなど210件の違反があった。

続きは除染業者の44%に法令違反 福島労働局が是正指導 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Japan wins WTO dispute over South Korean bans on Fukushima-related food via Reuters

TOKYO/GENEVA (Reuters) – A World Trade Organization ruling on Thursday largely upheld a Japanese complaint against South Korea’s import bans and additional testing requirements imposed on Japanese seafood because of the 2011 Fukushima nuclear disaster.

[…] a WTO dispute panel said South Korea’s measures were initially justified but keeping them in place violated the WTO’s sanitary and phyto-sanitary (SPS) agreement, and urged Seoul to take corrective action.

Read more at Japan wins WTO dispute over South Korean bans on Fukushima-related food

Posted in *English.

Tagged with , , , .


福島などの水産物、韓国の輸入禁止は「不当」 WTO via 日本経済新聞

【ジュネーブ=細川倫太郎】韓国の福島県などの水産物の輸入禁止措置に対し、日本が不当な差別と提訴してきた問題で、世界貿易機関(WTO)は22日、韓国に是正を求める報告書を発表した。一審の判定で日本が勝訴した格好だ。

(略)

一審に当たるWTOの紛争処理小委員会(パネル)は報告書で「恣意的または不当な差別にあたり、必要以上に貿易制限的」と指摘。協定違反に当たるとして韓国に是正を勧告した。日本政府は「この判断を歓迎するとともに、韓国が誠実かつ速やかに是正することを求める」とのコメントを発表した。

韓国は2011年3月の東京電力福島第1原発事故以来、福島や宮城、岩手など8県のマダラやスズキなど一部の水産物の輸入を禁止。13年9月からはすべての水産物に対象を拡大した。日本産食品の検査措置も強化した。日本は15年、一連の措置は過剰で不当だとしてWTOに提訴した。

韓国は最終審である上級委員会に申し立てをすることができる。韓国では日本産の水産物に対する国民の不安は依然大きいとされ、上訴する可能性がある。上訴審の審理は90日以内に終わらせるのが原則だが、最高裁判事に当たる委員が欠員していることもあり、長引く公算が大きい。規制解除に向けた先行き不透明感は残っている。

日本からの韓国向けの水産物輸出額は全面禁止後の1年間で約84億円と、前年同期に比べ25億円減少した。

全文は福島などの水産物、韓国の輸入禁止は「不当」 WTO 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


米沢自主避難者立ち退き 反対署名6138人 福島県に提出 via 河北新報

 山形県米沢市の雇用促進住宅を管理する独立行政法人が、東京電力福島第1原発事故後に入居した自主避難者に住宅の明け渡しを求めて提訴したことを巡り、避難者でつくる原発事故被害者団体連絡会などは21日、住宅確保の支援を求める6138人の署名を福島県に提出した。

提出したのは(1)独立行政法人による訴訟の取り下げと話し合いによる解決(2)国による裁判以外での解決促進(3)国と福島県による避難者向けの公的住宅確保-を要請する署名。訴訟の被告で福島市から避難した武田徹さん(77)らが呼び掛けて集めた。

(略)

署名活動は昨年11月、関東などで始め、自主避難者らも協力。年末までに集まった約1万1000人分は既に、復興庁と厚生労働省に出している。

全文は米沢自主避難者立ち退き 反対署名6138人 福島県に提出

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


男性自殺、東電に賠償命令「原発事故負担影響」via 毎日新聞

東京電力福島第1原発事故による強制避難を前に自殺した福島県飯舘村の大久保文雄さん(当時102歳)の遺族が東電に計6050万円の損害賠償を求めた訴訟で、福島地裁(金沢秀樹裁判長)は20日、「原発事故による耐え難い精神的負担が自殺の決断に大きく影響を及ぼした」と原発事故と自殺の因果関係を認め、東電に計1520万円を支払うよう命じた。原告弁護団によると、原発事故の避難住民の自殺を巡る訴訟で東電の賠償責任を認めたのは3例目。

判決によると、大久保さんは飯舘村で生まれ育ち、事故前は日課の散歩や、縁側で友人との茶飲み話を楽しんでいた。だが、事故から1カ月後の2011年4月11日、原発の北西約30~50キロにある飯舘村が避難指示区域に指定されたことをテレビで知り、翌12日朝に自室で首をつって亡くなった。

 裁判で原告側は「全ての知人と財産、生きがいが村にあり、原発事故で避難を強いられた以外に自殺の原因は考えられない」と主張。東電側は「自殺との因果関係は不明」と反論していた。

[…]

 「村はじいちゃんの全て。飯舘を離れろと言うのは死ねと言うのと同じ」。東電に責任を認めてほしくて15年7月、美江子さんらは提訴に踏み切った。「じいさんで金をふんだくるのか」。心ない言葉もかけられた。でも全国から100通近い激励の手紙も届いた。

 年内に避難先の福島県南相馬市のアパートを離れ、飯舘村の自宅に戻るつもりだ。そして「東電には(仏前で)線香の一本でもあげてもらいたい」。東電が責任を認め、文雄さんに謝罪することを願う。【岸慶太】

 

全文

◇東日本大震災から7年近くが過ぎる現在も、震災や原発事故に関連する自殺は絶えない。福島県の関連自殺者は昨年までに99人に上る。一昨年は7人に減ったが、昨年は12人と増加に転じた。年月とともに被災者が置き去りにされ、自殺者の増加につながることを心配する声が出ている。(102歳自殺 原発事故が強いた絶望

Posted in *English.

Tagged with , , .