Skip to content


「黒焦げの少年」身元判明か 長崎原爆 妹2人名乗り出て鑑定 「71年かかりやっと会えた」 [長崎県] via 西日本新聞

 長崎原爆の写真調査を続ける長崎平和推進協会写真資料調査部会は13日、長崎原爆の投下翌日に爆心地近くで撮影された「黒焦げとなった少年」に写っている人物が、長崎市岡町の当時中学生の13歳、谷崎昭治さんの可能性があると発表した。昨夏、写真を見た谷崎さんの妹2人が「兄ではないか」と名乗り出たため、同会が専門家らに依頼し鑑定した。被爆から71年、原爆の悲惨さを世界に伝えてきた写真の少年が誰なのか、解明に近づいた。

写真は1945年8月10日、写真家の故山端庸介さんが撮影。故伊藤一長前長崎市長が95年、オランダ・ハーグの国際司法裁判所で写真を掲げて陳述し「この子たちに何の罪があるというのでしょう」と訴えたことで世界的に知られた。長崎原爆資料館でも常時展示されている。

被爆70年の昨年、谷崎さんの妹で長崎市大宮町の西川美代子さん(78)と同市住吉町の山口ケイさん(76)は長崎市であった原爆写真展を訪れ、写真を見るなり「兄ちゃんだ」と声を上げ、思わず2人でなでたという。引き延ばされた写真だったため、顔がはっきり確認でき、兄昭治さんの面影と重なったという。

[…]

13日に記者会見した西川さんは「兄と信じていた。71年かかって、やっと(きょうだい)みんなで会えたという気持ち」と感慨を語った。

昭治さんは45年4月、実家の旧瀬戸町(現長崎県西海市)から下宿し、旧瓊浦中(長崎市竹の久保町)に進学。8月6日の広島原爆を受け、父の故己ノ作(みのさく)さんが帰省を促したが「9日に試験がある」と断り、原爆で亡くなったという。

全文・写真は 「黒焦げの少年」身元判明か 長崎原爆 妹2人名乗り出て鑑定

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


新党改革、選挙公約発表 「脱原発するただひとつの保守政党」via FNNニュース

新党改革は14日、7月の参議院選挙の公約を発表した。
新党改革の荒井代表は「脱原発する、ただひとつの保守政党です。原発再稼働や新設、増設、輸出は行うべきではない。原発に行くというのは、わたしから言うと、政治家は逃げです」と述べた。
公約では、「脱原発するただひとつの保守政党」を掲げたほか、民進党など野党4党が廃止を訴えている、安全保障関連法については、「破棄することは考えられない」と明記している。
安倍首相が表明した、消費増税の再延期については、「最善の策」と支持したうえで、延期で不足する社会保障の財源としては、成長戦略で生み出される税収増などを挙げ、「はじめから赤字国債に頼ってはならない」と主張している。

動画は 新党改革、選挙公約発表 「脱原発するただひとつの保守政党」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


高浜原発 再稼働認めず 関電申し立て却下 大津地裁 via 毎日新聞

関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた仮処分決定について大津地裁は17日、関電による執行停止の申し立てを却下した。山本善彦裁判長は「決定を取り消す明らかな事情がない」と理由を述べた。少なくとも、関電が決定取り消しを求めて申し立てた保全異議の審理(異議審)が終わるまで、再稼働は不可能になった。

 異議審は5月10日の第1回審尋で法廷審理が終わり、6月10日に関電と住民の双方が追加書面を出し主張を終えた。地裁は今夏にも結論を出すとみられる。今回と同様、山本裁判長が担当しており、決定が取り消されない可能性が高まった。

 山本裁判長は、自らが判断した今年3月の仮処分決定時と同様に、「(関電が)安全性に欠ける点のないことの立証を尽くさなければ、欠ける点のあることが推認される」と指摘。「(東京電力)福島第1原発事故の原因究明が完遂したと認めることはできず、新規制基準に従って許可を受けたことで安全性が確保されたとはみられない」とも言及した。

 運転差し止めの仮処分は滋賀県の住民29人が申し立て、大津地裁の山本裁判長が3月9日、訴えを認めて全国で初めて稼働中の原発を停止させた。地裁は、新規制基準に疑義があり避難計画も不備だとし、「人格権が侵害される恐れが高いのに、安全性の説明が尽くされていない」と指摘した。

続きは 高浜原発 再稼働認めず 関電申し立て却下 大津地裁

関連記事:高浜原発、引き続き運転できず 大津地裁、仮処分執行停止を却下 via 福井新聞

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


福島原発事故 「炉心溶融、使うな」東電社長が指示 via 毎日新聞

東京電力福島第1原発事故で、核燃料が溶け落ちる「炉心溶融(メルトダウン)」の公表が遅れた問題で、東電の第三者検証委員会(委員長・田中康久弁護士)は16日、清水正孝社長(当時)が「炉心溶融」の言葉を使わないよう指示したとする報告書をまとめ、東電に提出した。指示は電話などで広く社内で共有していたと認定。首相官邸の関与については「炉心溶融に慎重な対応をするように要請を受けたと(清水氏が)理解していたと推定される」と指摘した。

 報告書によると、清水氏は事故発生から3日後の2011年3月14日午後8時40分ごろ、記者会見していた武藤栄副社長(当時)に対し、社員を経由して「炉心溶融」などと記載された手書きのメモを渡し、「官邸からの指示により、これとこの言葉は使わないように」と耳打ちした。当時、炉心溶融したかが焦点となっており、会見でも繰り返し質問が出ていた。

[…]

 しかし、清水氏の記憶はあいまいで、第三者委は当時の官邸にいた政治家には聞き取りを実施しておらず、「官邸の誰から具体的にどんな指示、要請を受けたかを解明するに至らなかった」としている。

 東電は事故発生後、「炉心溶融」を判定する基準がないとして、原子炉の状態を「炉心損傷」などと言い換えていた。しかし今年2月、炉心溶融について「損傷割合が5%超」と定義する社内マニュアルがあったと発表。これに従えば事故3日後には炉心溶融と判定ができたが、認めたのは2カ月以上後だった。

 マニュアルの存在を5年間、見逃していたことについて、報告書は「秘匿する理由はない」とし、意図的な隠蔽(いんぺい)はないと結論付けた。[…]

全文は 福島原発事故 「炉心溶融、使うな」東電社長が指示

関連記事:菅元首相「私は指示せず」=東電事故報告書に反論 via 時事通信 ( 「当時首相であった私自身が東電や旧原子力安全・保安院に『メルトダウン』や『炉心溶融』という表現を使わないよう指示したことは一度もない」などと反論するコメントを発表した。)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


横浜市、放射性汚染土の誤処分隠蔽し虚偽報告 via TBS News

 横浜市が、放射性物質に汚染された土壌を誤って処分したことを隠し、「適切に処分した」とするウソの発表をしていたことが分かりました。

放射性物質で汚染された土壌を誤って処分していたのは、横浜市中区にある福祉施設「横浜市本牧原地域ケアプラザ」です。「地域ケアプラザ」は、2012年に屋上の除染を行った際に出た放射性物質に汚染された土壌をビニール袋などに入れて土に埋めて処理する予定でしたが、おととし、誤って「事業系のごみ」として処分したということです。

その後、「汚染土壌がなくなった」と勘違いした所長の男性(50)の指示で適切に処分したように見せかけるため、汚染されていない土壌を埋める偽装を行い、「適切に埋設処理を実施した」とする発表をしていました。

所長の男性(50)は、偽装を行ったうえ、虚偽の発表をした動機について、「汚染土壌を誤って処分したことが表に出て騒ぎになれば、ケアプラザの運営に支障が出ると考えた」と話しているということです。横浜市は、今後、刑事告訴も視野に検討しています。(13日18:21)

動画は 横浜市、放射性汚染土の誤処分隠蔽し虚偽報告

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


INTERNATIONAL PEOPLES’ TRIBUNAL ON THE NUCLEAR POWERS AND THE DESTRUCTION OF HUMAN CIVILISATION via

InternationalPeoples Tribunal on the Nuclear Powers and the Destruction of Human Civilisation
July 6-8, 2016
Woolley Common Room, Woolley Bldg
University of Sydney, Sydney, Australia
Hosted byCPACS, the Department of Peace and Conflict Studies (Human Survival Project), and SCIL, the Sydney Centre for International Law, at Sydney University
Co-sponsored by Aotearoa Lawyers for Peace and People for Nuclear Disarmament, New South Wales

Introduction
On July 8, 1996, the International Court of Justice affirmed that the destructive impact of nuclear weapons cannot be contained in time or space, that the threat or use of nuclear weapons would generally violate international law, and that there exists an obligation to pursue in good faith and bring to a conclusion negotiations on nuclear disarmament in all its aspects under strict and effective international control.

20 years later, and there is little progress by the nine nuclear-armed countries and the thirty-one other countries reliant on nuclear weapons to adhere to their legal obligations not to threaten the use of nuclear weapons and to achieve nuclear disarmament. Indeed, nuclear weapon policies appear to have remained the same, while the risks of nuclear weapons use have grown, knowledge about the catastrophic consequences of the use of nuclear weapons has increased (including the impact on climate), and the law against nuclear weapons has strengthened.

In January this year, the Doomsday Clock was set at 3 Minutes to Midnight, an indication that the world has returned again to the prospect of a nuclear holocaust that could destroy civilization or possibly even cause human extinction. This threat to human civilization was highlighted in a UN General Assembly Resolution entitled Humanitarian consequences of nuclear weapons, adopted on December 7, 2015 and supported by 144 governments.

This tribunal will examine nuclear weapons policies of the nine nuclear armed countries and of one nuclear-reliant country, outline the risks and consequences of nuclear weapons use, and apply current law to these policies to determine legality.

The tribunal will focus primarily on the threat to human civilization from the multiple use of nuclear weapons, but will also consider more limited uses of nuclear weapons by state actors.

In line with the practice of the Nuremburg Tribunals, International Criminal Court and Ad Hoc Tribunals on Yugoslavia and Rwanda, the Peoples’ Tribunal will also consider individual responsibility for current nuclear weapons policies, particularly the responsibility of the head of State.
[…]
The trial will consist of:

An Indictment against the nuclear armed States and Australia. This will be released on June 12, 2016.

Written submissions by the prosecution and defence. These will be due by June 28 and will be posted on the Tribunal website the following day. The prosecution brief will include legal, rational and ethical cases against the nuclear powers. A Rational /Ethical Case document is being prepared by Peter King and John Hallam in consultation with a wide range of experts and will be circulated by June 30.

Amicus briefs. Interested organisations and qualified individuals will be able to submit amicus briefs to the Tribunal. These need to be received by July 3. Several amici curiae (friends of the court) have already been appointed to the Tribunal and those submitting briefs may also have an opportunity to participate in the proceedings.

[…]

For more information, see the Human Survival Project

Posted in *English.

Tagged with , , , .


Fukushima woman speaks out about her thyroid cancer via Fukushima 311 Watchdogs

KORIYAMA, Fukushima Prefecture–She’s 21, has thyroid cancer, and wants people in her prefecture in northeastern Japan to get screened for it. That statement might not seem provocative, but her prefecture is Fukushima, and of the 173 young people with confirmed or suspected cases since the 2011 nuclear meltdowns there, she is the first to speak out.

That near-silence highlights the fear Fukushima thyroid-cancer patients have about being the “nail that sticks out,” and thus gets hammered.

The thyroid-cancer rate in the northern Japanese prefecture is many times higher than what is generally found, particularly among children, but the Japanese government says more cases are popping up because of rigorous screening, not the radiation that spewed from Fukushima No. 1 power plant.

To be seen as challenging that view carries consequences in this rigidly harmony-oriented society. Even just having cancer that might be related to radiation carries a stigma in the only country to be hit with atomic bombs.

“There aren’t many people like me who will openly speak out,” said the young woman, who requested anonymity because of fears about harassment. “That’s why I’m speaking out so others can feel the same. I can speak out because I’m the kind of person who believes things will be OK.”
[…]
The young woman said her former boyfriend’s family had expressed reservations about their relationship because of her sickness. She has a new boyfriend now, a member of Japan’s military, and he understands about her sickness, she said happily.

A support group for thyroid cancer patients was set up earlier this year. The group, which includes lawyers and medical doctors, has refused all media requests for interviews with the handful of families that have joined, saying that kind of attention may be dangerous.

[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


20 Years on, UN Waits for Working Nuclear-Test-Ban Treaty via The New York Times

VIENNA — The world was a more peaceful place when a newly sworn-in President Barack Obama pledged to “aggressively pursue” a global ban on nuclear arms tests. But as his term winds down, a working test-ban treaty remains a dream and some of the loudest voices out of Washington are hostile.

Seven years on, the Obama administration continues to publicly back ratifying the Comprehensive Test Ban Treaty. Secretary of State John Kerry vowed late last year to “re-energize” efforts for congressional approval — a move that the head of the U.N. organization created to enforce a ban says would lead at least some of the other holdouts to do the same.

“The U.S. needs to show leadership,” said CTBTO chief Lassina Zerbo ahead of the 20th anniversary of his organization. “We need to keep the momentum on what President Obama said in 2009.”

But with Obama’s days in office numbered, that appears to be a forlorn hope. His deputy national security adviser, Ben Rhodes, told the Arms Control Association last week that Republican control of the Senate had left the administration “with no viable path forward” for ratification.

[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


凍らない凍土壁に原子力規制委がイライラを爆発「壁じゃなくて『すだれ』じゃないか!」 税金345億円は何のためにvia 産経新聞

[…]
東京電力福島第1原発で汚染水を増やさないための「凍土遮水壁」が運用開始から2カ月たっても、想定通りの効果を示さない。廃炉作業を監視する原子力規制委員会は、6月2日に開かれた会合でイライラを爆発させた。

 凍らない部分の周辺にセメント系の材料を入れるという東電の提案に対しても、規制委側は「さっさとやるしかない」とあきれ果てた様子。約345億円の税金を投じた凍土壁の行方はどうなってしまうのか。
[…]

もっと読む

Posted in *日本語.

Tagged with , .


原発審査「見直し必要」=高浜など、過小評価の恐れ-元規制委・島崎氏 via Jiji.com

原子力規制委員会で委員長代理を務めた島崎邦彦氏が時事通信のインタビューに応じ、原発再稼働の前提となる規制委の審査で、想定する地震の揺れ(基準地震動)が過小評価されている恐れがあるとして「見直しが必要だ」と述べた。4月に起きた熊本地震を調べ、現在審査で認められている手法の問題点を確信したという。
 地震学者の島崎氏は2014年9月に退任するまで、規制委で地震や津波の審査を担当していた。元委員が見直しの必要性を明言したことで、原発の審査手法に焦点が当たりそうだ。
 
[…]
対象となる活断層は西日本に多いという。関西電力高浜原発(福井県)や大飯原発(同)、九州電力玄海原発(佐賀県)などの基準地震動も「実態に即した別の予測式で見直すことが必要」と述べた。
 高浜原発は3、4号機が規制委の審査に合格。1、2号機も近く原則40年の運転期間の延長が認められる見通し。
 島崎氏は規制委員を退任後、入倉・三宅式による過小評価の恐れについて調査、研究を続けてきた。その上で「熊本地震で精度の高いデータが得られ、入倉・三宅式では再現できないことが明確になった」と説明。現在の原発審査について「今のやり方のままで良いと言った瞬間、うそになる。問題があるという認識を持たないといけない」と述べた。
 入倉・三宅式の使用は「危険極まりない」と強調。熊本地震など大地震のデータも加味して予測式を作成すべきだとの考えを示した。(2016/06/11-15:17)

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .