Skip to content


<原発からの請求書 読者発編>(上) 1キロワット時当たり0.93円負担 via 東京新聞

 三月に九回にわたり連載した「原発からの請求書」では、東京電力福島第一原発の処理費や、核燃料サイクルなど原発の後始末代が四十兆円にも膨らんでいることなどを明らかにしました。読者の方からもメールやツイッターで意見を募集したところ約百件の疑問の声や意見が寄せられました。読者の疑問などをもとに追加調査した「読者発編」をお送りします。 (吉田通夫、池尾伸一)

 「結局わが家は毎月いくら負担しているのか」-。初回はこんな疑問にお答えするため、電気使用量別の負担額を試算し、簡易計算式も独自にお示しします。

 まず、福島事故被災者への賠償費七・九兆円。大手電力が共同で支払う費用が消費者に転嫁されており、東電利用者は一キロワット時当たり〇・二五円。費用膨張に伴い二〇二〇年度から新電力の契約者も含め〇・〇七円が加わります。

 汚染土壌を保管する中間貯蔵施設の建設費や原発のある自治体への補助金は、一キロワット時あたり〇・三七五円の「電源開発促進税」から支出されます。15%が中間貯蔵施設に、80%が自治体向けの計算です。

 将来の原発廃炉のための積立金は、東電では柏崎刈羽原発のため一キロワット時当たり〇・〇一八円が上乗せされています。使用済み核燃料のリサイクル、最終処分場建設も消費者負担です。

 結局、これらを合わすと、原発の建設費、維持費以外にも各家庭は一キロワット時当たり〇・九三〇七円を負担している計算です。図の簡易計算式のように、家庭の平均使用量にこの数字をかけると負担額が算出されます。過去一年の使用量は東電の場合はカスタマーセンターに電話すれば分かる仕組みですが、待たされることもあるようです。

[…]

 

 

全文を読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


東海第二原発の協定見直し、再稼働考える 那珂で市民集会 via 東京新聞

[…]

東海第二原発再稼働問題・署名実行委員会」など、脱原発を掲げる県内の市民グループが主催した。東海第二原発の運転延長申請の期限が迫り、安全協定の見直し論議が大詰めを迎えていることから、あらためて問題点を洗い出すために開いた。

 茨城大人文学部の渋谷敦司教授(社会学)は二〇一〇年から、東海、日立、那珂、ひたちなかの四市村の住民を対象に、東海第二原発の再稼働の可否などについて聞く意識調査を実施している。渋谷さんは「東日本大震災以降、回答者の四割以上が廃炉を望んでいる」と説明。自治体の権限拡大にとどまらず、「この結果を首長たちが、どれだけ反映していけるかが課題」と指摘した。このほか元東海村議の相沢一正さん、村防災原子力安全課の担当者が、安全協定の歴史や首長側と原電の交渉の経緯について説明した。

[…]

原電は、東海第二原発が立地する村と県に加え、日立、常陸太田、那珂、ひたちなかの四市と安全協定を締結している。水戸市を加えた六市村でつくる「原子力所在地域首長懇談会」は、周辺自治体の同意なしに東海第二原発の再稼働をできなくするため、権限の拡大を求め、原電と交渉を続けている。

 

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


汚染土の再利用へ、南相馬で実証開始 活用先が課題 via 朝日新聞

環境省は24日、東京電力福島第一原発事故除染で出た汚染土の再生利用に向けた実証事業を福島県南相馬市で始めた。放射性物質の流出や被曝(ひばく)をうまく管理できれば、国は汚染土を復興事業の資材などに使いたい考えだ。だが、利用基準がわかりにくく、具体的な活用先探しはこれからだ。

(略)

福島県内の除染で出た汚染土は中間貯蔵施設(同県双葉、大熊両町)に保管した上で、30年以内に県外に持ち出して最終処分することになっているが、今年1月末現在で約1600万立方メートルもある。環境省は今回の事業で安全性を確認し、復興事業の堤防や道路の基盤材などとして、本格的に再生利用を進め、最終処分量を減らしたい考えだ。

 汚染土の再生利用は課題も多い。環境省は昨年6月に、放射性物質濃度の基準を「1キロ当たり8千ベクレル以下」と決めた。だが、南相馬市除染推進委員長を務める児玉龍彦・東京大教授は「放射性廃棄物について、福島の中と外で二重基準のような状態が生じている」と指摘する。

 例えば、原発を解体したときなどに出る、放射能がごく低レベルの廃資材を再利用する際の基準「クリアランスレベル」は、原子炉等規制法に基づき、同100ベクレルと定められている。福島原発事故で汚染された災害がれきの再生利用基準は同3千ベクレル以下だった。

 これら三つの基準は、いずれも人が近づいても、年間被曝線量を10マイクロシーベルト以下にすることを目指している。汚染土やがれきの方が数値が高いのは、上から土などで覆い、遮蔽(しゃへい)する効果を見込んでいるためだが、基準がいくつもあるように見え、整合性があるのか、住民にはわかりにくい。

 また、活用先として、福島県沿岸のかさ上げや盛り土などに一定の需要がありそうだが、最終的にどのくらい利用できるか見通しは立たない。公園などの土地造成に活用する方法も提案されているが、人々の不安や懸念も根強い。環境省は、8千ベクレル以下の土をすべて使えば、発生する汚染土の99%以上を再生利用できると試算するが、「福島県内だけでは使い切れない」(環境省幹部)うえ、福島県外での活用のハードルも高いとみられる。

全文は汚染土の再利用へ、南相馬で実証開始 活用先が課題

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


福島の給食、地元食材が復活 「風評の払拭進む」 via 日本経済新聞

東京電力福島第1原子力発電所事故と東日本大震災からの復興の途上にある福島県の公立学校の給食に県産食材が復活している。事故後、放射線への不安から使用割合は急落したが徐々に回復、2016年度は震災前の水準に迫った。県は「安全性への理解と風評の払拭が進みつつある」とみており、地元産の利用を後押しして地産地消と食育に役立てたい考えだ。

「このイチゴ甘いよ」「おいしいね」。児童の顔に思わず笑みが浮かぶ。3月中旬、福島県の沿岸部に位置する新地町の新地小学校。この日の給食のデザートは同町産のイチゴだ。

地場産品を給食に積極的に取り入れている新地町では現在、県内産のコメや野菜に加え、タコやコウナゴなど一部水産物も使用。県産食材の割合は昨年末時点で約6割に達し、震災前の約4割を大きく上回った。

「専門家による食育講座や保護者へのアンケートを何度も実施し、地元産食材の使用に理解を得てきた」と話すのは新地小の森仁市校長(59)。同校は、町による放射性物質検査に加え、測定器を使って放射線量を独自に検査している。

(略)

福島県によると、県内の学校給食での県産食材の品目数をベースとした活用割合は、16年度は前年度比5ポイント増の32.3%。震災前に調査した10年度の36.1%に迫る水準となった。原発事故後は十数%まで減ったが、その後は着実に上昇している。

県産食材の活用を促すため、県は保護者向けの給食試食会の開催費などを学校に一部補助する事業を実施。15年度に活用したのは延べ256校に上る。

活用割合を20年度に40%まで引き上げるのが県の目標。県による16年度の学校給食の検査で、放射性物質は検出されなかった。担当者は「保護者らの理解も得ながら、何とか目標を達成したい」と話している。〔共同〕

全文は福島の給食、地元食材が復活 「風評の払拭進む」

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


大飯原発の基準地震動は過小評価 島崎邦彦・前規制委員長代理が証言 via 福井新聞

関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止め訴訟控訴審の証人尋問が24日、名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)であった。証人として出廷した島崎邦彦・前原子力規制委員長代理は、大飯原発の基準地震動(耐震設計の目安とする揺れ)は過小評価されているとした上で「必要な審査はまだ行われていない」と述べ、運転再開すべきではないと主張した。

島崎氏は、規制委が発足した2012年9月から2年間、委員長代理を務め、地震や津波の審査を担当。大飯原発の基準地震動の審査も当時担当した。

証言台に立った島崎氏は、断層の長さや面積から地震の規模を算出する関係式「入倉・三宅式」を用いた関電の基準地震動の評価は「過小評価になっている。実際に起こるよりも小さい揺れを予測することになる」などと述べた。

続きは大飯原発の基準地震動は過小評価 島崎邦彦・前規制委員長代理が証言

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Theresa May would fire UK’s nuclear weapons as a ‘first strike’, says Defence Secretary Michael Fallon via Independent

‘We have made it very clear that you can’t rule out the use of nuclear weapons as a first strike’

Theresa May would fire Britain’s nuclear weapons as a ‘first strike’ if necessary, the Defence Secretary has said.

Michael Fallon said the Prime Minister was prepared to launch Trident in “the most extreme circumstances”, even if Britain itself was not under nuclear attack.

The statement came as the Conservatives continued to exploit Labour divisions on the retention of the Trident deterrent, to warn of the “very dangerous chaos” if Jeremy Corbyn becomes prime minister.

Yesterday, the Labour leader suggested Trident renewal might not be in Labour’s election manifesto – only to be corrected within hours by party colleagues.

[…]

Mr Corbyn sparked fresh Labour despair when, asked if Trident renewal would be in Labour’s manifesto, he replied: “We haven’t completed work on the manifesto yet.”

Last year, the Labour leader had appeared to abandon attempts to persuade his party to back unilateral disarmament, after a conference vote in favour of Trident.

Mr Corbyn also refused to say whether he would order the captains of the UK’s nuclear submarines to launch their missiles if the Government had been wiped out by a nuclear strike.

Today, Labour’s general election chief, Andrew Gwynne, insisted renewing Trident will not be part of Labour’s defence review if it wins the general election.

“We are committed to renewing the Trident system,” said Mr Gwynne – rejecting Mr Corbyn’s statement that “all aspects” of defence policy were up for grabs.

[…]

But Mr Fallon said, of Mr Corbyn: “He’s against the nuclear deterrent, would stop building the submarines which we have already started building, he wouldn’t control our borders – and, earlier, he has even questioned our Nato deployment.”

Read more at Theresa May would fire UK’s nuclear weapons as a ‘first strike’, says Defence Secretary Michael Fallon

Posted in *English.

Tagged with , .


Radiation found in UNR building via KOLO8

RENO, Nev. (KOLO) UPDATE: The fate of a nearly century old building at the University of Nevada is in limbo. Radiation was found inside a small building near the business school.

A surprise that was delivered to UNR administration about seven months ago. When the state Radiological Control Program notified the University of Low Levels of radiation found inside the Facilities Building.”We were surprised as anybody,” said Kerri Garcia, UNR Spokesperson

[…]

Employees are expected to be relocated next week. Garcia says the university is working hand in hand with the state on this issue. They hope to make a final decision on the building in a few weeks.

—————————————————————————————————-

ORIGINAL: Officials with the University of Nevada, Reno are trying to figure out what to do with a building after low levels of radiation were found inside. Kerri Garcia, the director of communications, confirms the university plans to move 30 employees out of the Facilities Services Building and into other offices by early next week.

Garcia says the radiation was found in the building about seven months ago. Back in the early 1920’s, the building was used by the U.S. Bureau of Mines to test radium.

The levels found are below the government’s maximum permitted exposure and Garcia says there is very little risk to the employees.

UNR is now working to decide whether to decontaminate the Facilities Services Building, or demolish it.

Read more at Radiation found in UNR building

Posted in *English.

Tagged with , , .


廣木隆一が震災後の福島描く新作映画 瀧内公美、光石研、高良健吾ら出演 via Cinera.net

映画『彼女の人生は間違いじゃない』が、7月15日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

同作は『ヴァイブレータ』『さよなら歌舞伎町』などの廣木隆一が、自身の同名小説を映画化した作品。東日本大震災で母を亡くし、役所に勤めながら福島の仮設住宅で父と二人暮らしをしている主人公・みゆきが、週末ごとに東京・渋谷の風俗店にアルバイトに出かける様子や、みゆきの周囲の人々の姿を描く。なお同作はR-15指定となる。

みゆき役を演じるのは瀧内公美。共演者には光石研、高良健吾、柄本時生らが名を連ねている。瀧内は震災を踏まえた同作の内容について、「私は福島出身ではありません。その私がこの題材を表現することが出来るのか、緊張して棒人間になっていた私に、『これは福島だけの話じゃない』と言ってくださった廣木監督の言葉が、私を前に向かせてくれました」とコメント。廣木監督は制作意図について「今を生きている僕らの映画にしたかった。大げさに何かを言うのではなく、何かを伝えられる映画というものを信じるための映画にしたかった」と述べている。

続きは廣木隆一が震災後の福島描く新作映画 瀧内公美、光石研、高良健吾ら出演

Posted in *日本語.

Tagged with .


Mothers who fled Fukushima fallout raise voices against Genkai plant restart in Saga via The Japan Times

A group of mothers who evacuated from the Kanto region to Fukuoka Prefecture after the 2011 Fukushima nuclear crisis is ramping up protests against efforts to restart the Genkai nuclear plant in neighboring Saga.

After meeting with Minister of Economy, Trade and Industry Hiroshige Seko on Saturday, Saga Gov. Yoshinori Yamaguchi is expected to approve the restart of two reactors in the town of Genkai as early as Monday.

Earlier this month, four of the moms gathered for a meeting in Itoshima in Fukuoka and discussed plans to send the city a document and an inquiry conveying their opposition.

[…]

“I wanted to go far away for the sake of my fetus,” said 39-year-old Fumiyo Endo, the leader of the group.

But the place she relocated to was within 30 km of the Genkai plant run by Kyushu Electric Power Co.

In March, she attended a meeting of residents to get explanations about the restart but was concerned whether safety would be ensured by sheltering indoors as instructed should an accident occur.

She also felt angry after hearing a utility official say that restarting the plant is necessary “for a stable supply of power.” She said it sounded as if the utility did not care about human lives.

But she did not decide to leave Itoshima because she wanted to keep living there, to stay close to the sea and mountains.

Another member of the group said it was important to keep resisting.

“It is significant to protest against nuclear plants near the plant sites,” said photographer Nonoko Kameyama, 40.

Kameyama, a mother of three, has published a photo book of mothers hoping to bring about a society without nuclear power plants.

[…]

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


Closure of Tokai Reprocessing Plant to cost an estimated ¥800 billion: JAEA source via The Japan Times

The Japan Atomic Energy Agency has revealed that the scrapping of the Tokai Reprocessing Plant, the nation’s first facility for reusing spent nuclear fuel, will cost an estimated ¥800 billion, an official said.

The state-backed JAEA did not reveal the cost to taxpayers in 2014, when it made the decision to shut down the plant in the village of Tokai, Ibaraki Prefecture, over a 70-year period.

The facility started operation in 1977 as part of Japan’s desire to establish a nuclear fuel cycle, in which all spent fuel is reprocessed to extract its plutonium and uranium to make more fuel. The policy is designed to ensure resource-dependent Japan uses its nuclear fuel as efficiently as possible.

[…]

According to the official, the startling decommissioning estimate is based on an estimate the agency made in 2003. The JAEA is finalizing the assessment and on course to submit it for approval by the Nuclear Regulation Authority as early as June.

The three-tier disposal scheme for the waste generated by the Tokai Reprocessing Plant is based on radiation level.

[…]

In the meantime, the plant’s tainted equipment and facilities will need to be decontaminated and scrapped before being filled with cement and mortar and put in drums for transport to a final disposal site.

The big problem is, there has been little progress in deciding where to bury the drums because they can’t find anyone willing to accept them.

Despite the Fukushima nuclear disaster, the government is trying to resume nuclear power generation and continue its pursuit of a nuclear fuel cycle.

This policy, however, has experienced setbacks from the recent decision to decommission the Monju fast-breeder reactor, an experimental facility in Fukui Prefecture that was considered key to the nuclear fuel cycle plan.

And the completion of a new fuel reprocessing plant in the village of Rokkasho, Aomori Prefecture, has also been largely behind schedule for years.

[…]

The JAEA facility is not to be confused with the private uranium-processing facility in Tokai where a fatal criticality accident occurred in 1999.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .