Skip to content


s Kobe Steel announces more cases of faked inspections data via Washington Post

[…]

Kobe Steel’s president, Hiroya Kawasaki, told reporters the company had uncovered nine more types of products whose inspections had been faked or manipulated, including copper alloy pipes and molds and steel wire rods used in vehicle tires and engines.

[…]

The exact extent of the problem remains unclear since Kobe Steel has not identified the customers affected. But it is a major supplier to many manufacturers, including railways, automakers, aircraft manufacturers, semiconductor factories and nuclear power plants.

According to the company’s website, Kobe Steel has a 50 percent world market share for wire rod products, a 40 percent world market share for built-up and solid crankshafts used in ship propulsion systems and half the Japan market share for aluminum panels used in engine hoods for vehicles.

The company also makes casks for nuclear waste and other equipment used in both conventional and atomic power plants.

Tokyo Electric Power Co., said Friday it had bought a backup duct for a heat exchanger for one of four reactors at one of two nuclear power reactors in northeastern Japan’s Fukushima that narrowly survived the 2011 tsunami despite some damage.

[…]

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with .


放射能汚染調べよ 米軍ヘリ事故 副知事「国責任で」via しんぶん赤旗

沖縄県東村高江で米軍ヘリCH53Eが炎上した事故で12日、富川盛武副知事は中嶋浩一郎沖縄防衛局長と川田司外務省特命全権大使を呼んで抗議の申し入れを行いました。

富川氏は、ヘリに搭載可能性がある有害物質について国が責任を持って調査するよう求めました。

富川氏は「CH53には放射性物質が搭載されている可能性がある。他の有害物質も含めて調査を国の責任で行ってほしい。消防隊員への被害も調査が必要だ。近くに水ガメのダムもある。自然環境や水に影響がないか厳格に調査を願いたい」と語りました。

2004年8月に沖縄国際大に墜落したCH53Dには、回転翼の安全装置に放射性物質ストロンチウム90が使用されていた可能性が明らかになっています。

また、富川氏は、県が早急に立ち入り調査できるよう要請し、現場の牧草地が汚染されていた場合の補償も求めました。

中嶋局長は、補償について「地権者4人と複数回話し合いしている」と語りました。

[….]

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , .


米軍、現場立ち入り拒否 沖縄県、放射能調査求める 高江米軍ヘリ炎上 via 琉球新報

[…]

県環境部は11、12の両日、土壌中の放射性物質や有害物質の有無などを調査するため、事故現場への立ち入りを求めたが、現場を囲む規制線内に入ることが認められていない。12日午後6時半現在、調査は実施できていない。

2004年の沖縄国際大米軍ヘリ墜落事故を受け、日米両政府は日本国内の米軍使用施設・区域外で米軍機が墜落または着陸を余儀なくされた際に適用するガイドラインを策定した。県はガイドラインに沿って調査を求めているが、見通しは立っていない。

日米地位協定が壁となり県警が現場検証などに至れない問題に関し翁長知事は「日米合同委員会の中で日本政府に当事者能力がない。米軍に『二度とこういうことがないようにしてください』という話しかしない。豆腐にくぎのような状況だ」と指摘した。

事故当日、現場に近づけなかった東村の伊集盛久村長は、一夜明けた12日午前9時過ぎ、現場から約50メートルの場所で機体の残骸を確認し「あってはならないことが起きてしまった」と事故を非難した。東村議会(安和敏幸議長)の議員団8人も現地を視察した。

役場に戻った伊集村長は午前11時過ぎ、小野寺五典防衛相から電話で謝罪を受けた。小野寺氏からは「事故原因が判明するまで訓練中止を検討する」との説明を受けたという。

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , .


Electricity consumers ‘to fund nuclear weapons through Hinkley Point C’ via The Guardian

Scientists tell MPs government is using expensive power project to cross-subsidise military by maintaining nuclear skills

The government is using the “extremely expensive” Hinkley Point C nuclear power station to cross-subsidise Britain’s nuclear weapon arsenal, according to senior scientists.

In evidence submitted to the influential public accounts committee (PAC), which is currently investigating the nuclear plant deal, scientists from Sussex University state that the costs of the Trident programme could be “unsupportable” without “an effective subsidy from electricity consumers to military nuclear infrastructure”.

Prof Andy Stirling and Dr Phil Johnstone from the Science Policy Research Unit at the university write that the £19.6bn Hinkley Point project will “maintain a large-scale national base of nuclear-specific skills” without which there is concern “that the costs of UK nuclear submarine capabilities could be insupportable.”

Their evidence suggests that changes in the government’s policy on nuclear power in recent years will effectively allow Britain’s military nuclear industry to be supported by payments from electricity consumers.

Read more at Electricity consumers ‘to fund nuclear weapons through Hinkley Point C’

Posted in *English.

Tagged with , , , .


福島から始発で間に合わず「傍聴抽選遅くして」via Yomiuri Online

東京電力福島第一原発事故で強制起訴された東電旧経営陣の刑事裁判を巡り、事故被害者らで作る「福島原発告訴団」などは12日、傍聴希望者の受付時間を遅らすよう求める要請書を東京地裁に提出した。

 同地裁では、傍聴希望者が多いと予想される裁判については、当日の受付時にクジで傍聴者を選ぶ。今年6月30日午前10時に始まった旧経営陣の初公判では、締め切りの午前8時20分までに717人が集まり、54人が当選。倍率は13倍だった。

 一方、福島駅からは始発電車に乗っても東京駅に着くのは午前8時16分のため、告訴団のメンバーらは夜行バスを利用するなどしたという。要請書では「事故の最大の被害地域の住民が傍聴するのが非常に困難」と指摘。次回以降の公判の締め切り時間を遅らせるよう求めた。

続きは福島から始発で間に合わず「傍聴抽選遅くして」

Posted in *日本語.

Tagged with , .


Fukushima Evacuee Blames Japan for Human Rights Violations via News Click

A district court in Japan had ruled the government and Tepco liable for the nuclear disaster.

Mitsuko Sonoda, a Fukushima resident who had to leave her home after the nuclear meltdown testified on Thursday at the UN Human Rights Council (UNHRC) in Geneva. Like Sonoda, over 27,000 residents had to leave after government ordered mandatory evacuation zone around the Fukushima Daiichi Nuclear Plant.

Speaking at the pre-session for Japan’s Universal Periodic Review – an assessment of every nation by the UNHRC, she presented evidence against Japan.

I know so many mothers who have been suffering and struggling as a result of the nuclear disaster because the Japanese government and Tokyo Electric Power Company (Tepco) won’t admit to their responsibilities,”she added just before submitting her evidence.

[…]

The Greenpeace Japan said that despite the opposition from residents due to the high level of radiation in atmosphere near Fukushima facility, the government has moved ahead with the lifting evacuation orders. It has called on the government to declare Fukushima neighbourhoods unsafe until atmospheric radiation is brought to below one millisievert (mSv) a year.

While 1 mSv a year remains the government’s long-term target, government ‘ is encouraging people ’ to return to areas where radiation levels are below 20 mSv a year, an annual exposure limit that, internationally, applies to workers at nuclear facility.

The Japanese Government’s resettlement policies not only fail to meet obligations under multiple human rights treaties, but also clearly violate Japan’s own domestic law regarding the treatment of people impacted by the nuclear disaster,” said Kendra Ulrich, Senior Global Energy Campaigner for Greenpeace Japan.

Ulrich further added that most of the Fukushima evacuees meet the criteria of Internally Displaced Persons (IDPs) and the government has refused to acknowledge them as such and ignored international frameworks for their protection.

[…]

Recently, a study conducted by a research team that included Virginie Sanial, Ken Buesseler, and Matthew Charette of Woods Hole Oceanographic Institution and Seiya Nagao of Kanazawa University has discovered an unexpected source for radioactive cesium from the meltdown of the Fukushima reactors in 2011.

Read more at Fukushima Evacuee Blames Japan for Human Rights Violations

Related articles: 

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


神戸製鋼 福島第二原発の配管でも改ざん via NHK News Web

大手鉄鋼メーカー「神戸製鋼所」がアルミ製品や銅製品の一部で強度などのデータを改ざんしていた問題で、東京電力の福島第二原子力発電所に納入された交換用の配管でも寸法の記録が改ざんされていたことがわかりました。配管は未使用で、原発の安全性には問題はないということです。

東京電力によりますと13日午前、神戸製鋼の子会社から、福島第二原発に納入した200本の配管で一部の寸法を測定していないにもかかわらず測定したように装っていたと連絡を受けたということです。

データが改ざんされたのは長さ6メートル余りのアルミと銅の合金製の配管で、原子炉の点検の際に使う冷却設備の交換用に購入していたということです。

(略)

神戸製鋼の出荷先

神戸製鋼所は、検査データに改ざんがあったアルミ製品や銅製品の出荷先は、およそ200社に上るとしています。

このうち、これまでに出荷先の各企業が明らかにした内容によりますと、航空や宇宙の分野では、三菱重工業の子会社が開発中の国産ジェット旅客機、「MRJ」の一部や、今月10日に打ち上げに成功したH2Aロケットの36号機の部品に使われていました。

また、川崎重工業とSUBARUは、アメリカの大手航空機メーカー、ボーイングから受注した機体に使われた可能性があるとしていて、ボーイングも調査を進めています。

防衛の分野では、経済産業省が三菱重工業、川崎重工業、SUBARU、IHIの4社から、防衛装備品に使われている可能性があるという報告を受けたとしています。

(略)

 
また、JR東日本とJR東海でも新幹線の部品に使われていたほか、JR九州でも在来線の12の車両の車体に使われていたとしています。

さらに日立製作所も、イギリスで製造している高速鉄道の車両に使われていたことを明らかにしています。

一方、自動車メーカーでは、トヨタ自動車や日産自動車とホンダが一部の車のボンネットなどに使われていたことを明らかにしているほか、マツダや三菱自動車工業などでも一部の車で使われていたと公表しています。

また、アメリカのGM=ゼネラル・モーターズもこの製品が使われたとして、「影響を確認している」とコメントしていて、海外にも影響が広がっています。

このほか電力関係でも、東京電力が、福島第二原子力発電所に納入された未使用の配管について、神戸製鋼の子会社から検査記録に改ざんがあったと報告されたことを明らかにしていて、電力各社も今後、調査することにしています。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


沖縄ヘリ炎上 県が周辺の環境調査着手 放射性物質など via 毎日新聞

 沖縄県は13日、米軍のヘリコプターが不時着、炎上した東村(ひがしそん)高江の牧草地周辺の環境調査を始めた。機体の部品の一部に含まれている可能性のある放射性物質ストロンチウム90の有無や、有害物質による環境への影響を調べるのが目的。

(略)

日米双方で規制する「内周規制線」の中には入れず、機体から100メートル以上離れた土壌やため池の水を採取した。(共同)

全文は沖縄ヘリ炎上 県が周辺の環境調査着手 放射性物質など

Posted in *日本語.

Tagged with , .


【総選挙2017】「正々堂々と訴えて欲しかった」。支持者も呆れる安倍晋三首相の〝逃げ〟の第一声。野次に神経尖らせ、福島市の田んぼ前で「動員・演出」via 民の声新聞

島県民が呆れた─。第48回衆議院選挙が10日公示され、安倍晋三首相は原発事故から6年7カ月後の福島県福島市で第一声を行った。だが、マイクを握ったのは、多くの人が行き交う福島駅前ではなく車で20分ほど走った場所にある田んぼの真ん中。農家を中心に動員がかけられ、支持者以外を排除して地元米のおにぎりやナシを食べるパフォーマンス。関係者は「党本部は反対派の野次に相当、神経質になっていた」と明かす。箝口令が敷かれ、福島県警による厳戒態勢下での首相第一声に、自民党を支持する福島県民さえも「正々堂々と訴えて欲しかった」と残念がっている。

[…]

【「稲刈りするな」指示も】
これが「この国を守り抜く」と公言するリーダーの真の姿だった。耳触りの悪い〝雑音〟はシャットアウトし、好意的な支持者だけを集めての第一声。しかも駅前を避け、郊外の田んぼの真ん中。言いたい事だけを語って異論は受け付けない。それでは、福島の人々が呆れるのも無理は無かった。
安倍首相が第一声を行った福島市や伊達市、南相馬市などで構成される「福島第1区」。〝野党統一候補〟の金子恵美氏(52)=無所属、前=との一騎打ちとなる亀岡偉民氏(62)=自民、前=は、必勝祈願に訪れた福島稲荷神社で「福島の米をアピールして欲しいと、こちらから(田んぼの真ん中での第一声を)お願いした。何のために安倍首相が福島に来るかと言えば、原発事故による風評被害でいまだに価格が上がっていない米のため。農家が一生懸命やっているところを見て欲しいんだ」と首相の〝逃げ〟を否定した。しかし、亀岡陣営の関係者は、安倍政権に異論を唱える野次に神経をとがらせていた党本部の様子をこう明かす。
「地元からの要望?違うよ。かなり野次に神経質になっているようだからね。野次なんか正々堂々と受け止めれば良いんだよ。あんまり批判的な人たちが多く集まったら中止もあり得るとも聞いている。そうならなければ良いが…」

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , .


「被曝リスク不安視する人々の受け皿に」。日本女医会が「甲状腺ガン患者を孤立させまい」と子ども基金に150万円寄付。連携し「困ったら女性医師へ」via 民の声新聞

福島第一原発の事故後に甲状腺ガンと診断された患者たちや、避難の有無にかかわらずわが子への健康影響を懸念する親たちを孤立させまいと、女性医師たちが立ち上がった。115年の歴史がある公益社団法人「日本女医会」(東京都渋谷区)。6月には「3・11甲状腺がん子ども基金」に150万円を寄付。無料電話相談にも協力するなど、連携を深めつつある。国からの支援もなく、経済的にも精神的にも苦しい甲状腺ガン患者の救済だけでなく、被曝リスクへの不安を抱える人々の受け皿になる事を目指す。奔走する女性医師たちは「困ったら女性医師に相談して」と呼びかける。

【「困っている人へ確実に」】
「150万円寄付したと言っても、わずか15人分(基金の給付額は10万円)ですから」。この3月から日本女医会の会長を務める前田佳子さん(52)=昭和大学病院医師、泌尿器科=は謙遜する。しかし、甲状腺ガン患者や家族へ息の長い支援を目指している「3・11甲状腺がん子ども基金」(以下、子ども基金)にとって寄付はもちろん「女医会との連携が強化された事の意義は大きい」と関係者は口を揃える。
子ども基金代表理事の崎山比早子さん(78)は「日本女医会から多額のご寄付を頂いた事、本当に感謝しております。加えて電話相談にも対応して下さっており、大変心強く感じております」と語る。「甲状腺ガンと診断されたり、手術を受けたりされた患者さんの中には病気や将来についての心配や悩みを抱えていらっしゃる方もあり、親身になって相談に乗って下さるお医者さんがいらっしゃるだけでも安心できるのではないでしょうか」。
きっかけは今年5月、埼玉県さいたま市で開かれた日本女医会の定時総会だった。子ども基金顧問を務める牛山元美さん(60)=神奈川県相模原市、さがみ生協病院内科部長、循環器内科=が、福島県の県民健康調査や小児甲状腺ガンなどについて発表した。元々プログラムには無く、昼休みのわずかな時間を利用しての発表。与えられた時間は3分間だったが、10分間にわたってサポートを呼びかけた。それを熱心に聴いていたのが前田会長だった。午後のプログラムの中でも子ども基金に触れた。牛山さんは「子ども基金を応援、後押しするようなコメントを前田会長からもらえてうれしかった」と振り返る。
「実は、子ども基金の存在をそれまで知らなかったんです」と前田会長。「原発事故以降、なぜ公的に避難させないのかも含めて私にも思う所はありました。ずっと国に騙されている感覚はあった。でも、日々の仕事に追われていると、何かしたいと思ってもアプローチやアクセスの方法が無いんですね。牛山さんの発表を聴き、子ども基金なら困っている人のために確実に使ってもらえると考えました」

[…]

これまで阪神大震災(1995年)や新潟中越沖地震(2007年)など災害復興に携わって来たが、福島第一原発の事故について「こんなに酷い災害は初めてだ」と指摘する。「見えない物(放射性物質)がこんなにも人々の生活の中まで入っていって、それと闘い、やがて社会とも闘わなければならない。経済的に豊かか否かでは無く、避難したくても出来ない人がたくさんいた。逃げるか逃げないかだけでなく、社会的に何を選んで何を捨てるかという事を福島の人々は短時間のうちに考えなければならなかった。そんな災害など今まで無かったですよね」。
子ども基金はこの春、療養費の給付を受けた甲状腺ガンの患者や家族を対象にした電話相談を実施。9月24日には、対象を受給者以外にも広げて無料電話相談会を行った。いずれも青木さんら日本女医会の女性医師が全面協力。子ども基金によると、9月の電話相談には28件の相談が寄せられた。相談内容は手術後の体調に関するものや避難先での甲状腺検査について、子どもだけでなく大人の健康被害を懸念するものまで多岐にわたったという。療養費の給付対象地域は福島県を含む1都15県だが、それ以外の地域からの相談にも応じたという。
「誰にも相談できず鬱々としているような方々をどうやって面で支えるか。まだ始まったばかりだし全国の女性医師に浸透するには確かに時間はかかります。でも、仲間の女性医師が患者さんなどと実際に話したとなると、他人事、遠い存在だった原発事故が身近になるんです。個々の医師は少しは関心はある。でも、福島で起こっている事は自分とは関係ないと考えてしまう。今回、女医会のトップが共感して寄付したわけですから、その効果は大きいですよね。いつか、全国の人々が被曝による健康不安について『女性医師に相談しに行ってみよう』と考えてくれるようになったら最高ですよね」
青木さんはうれしそうに語った。

 

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , , .