Skip to content


Documentary examines environmental impact of SRS, Vogtle nuclear activity via The Augusta Chronicle

A newly released documentary highlights health and environmental concerns on two of the area’s largest employers – Plant Vogtle and Savannah River Site.

Containment, an independent documentary from producers Robb Moss and Peter Galison, takes a closer look at nuclear activities through the eyes of local citizens and activists. The film features Savannah River Keeper Executive Director Tonya Bonitatibus and Savannah River Site Watch Director Tom Clements.

Filmmakers travelled the river with Bonitatibus along the banks of SRS, only feet across the river from Burke County and Plant Vogtle.

“We have Savannah River Site which is one of the few places that can downgrade nuclear weapons material. We are one of the last remaining dinosaurs, but the problem is that it is a dinosaur. So our people are getting contaminated. We are not doing things the very best that we could,” Bonitatibus said.

She added both sites currently store nuclear waste materials, including shipments to SRS from foreign nations like Japan and spent nuclear fuel from electricity production at Vogtle. Once fuel is spent in Vogtle’s reactors, it remains at the facility in storage casks.

[…]

n previous water quality reports, SRS presentations have shown no surface water contamination in the Savannah River. Bonitatibus disagreed.

“It’s in the groundwater, and the groundwater is the river water. If you go to any of the creeks during the day, especially spring and summer, fishermen are there collecting fish and eating them. Those fish don’t just stay in the river but are in the creeks further on the site,” she said.

In the film, she said there are no trespassing signs along the bank. Bonitatibus noted that what the signs don’t tell people is there is a contaminated nuclear site behind them.

Bonitatibus said one of the dangers of Vogtle is how much river water it needs to use in order to keep the nuclear materials used in electricity production from overheating. She said it’s frightening to think about what might happen if the river flow changes and the water source is no longer enough to keep that material cool.

She said, “I think we really need to look at the good and the bad of everything. We have to talk about it and admit there’s a problem before we can find a solution. The jobs are good, people need to work, but they also need to drink water.”

The documentary is available to stream from the Public Broadcasting Service website at www.pbs.org/independentlens/videos/containment-full-film.

 

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


【動画】県の原子力専門委員会に反原発グループが要請 via KTS

川内原発の安全性を検証する県の原子力専門委員会の委員2人が、九州電力などから研究費や寄付金を受け取っていた問題で、この事態を疑問視する反原発グループが18日、県に対し、委員会の運営にあたって厳しい姿勢で臨むよう要請しました。県の原子力専門委員会の委員12人のうち、座長を務める鹿児島大学宮町宏樹教授と九州大学守田幸路教授の2人は、九電やその子会社、また原発メーカーの三菱重工から研究費や寄付金を受け取っていたことが明らかになっています。この問題を疑問視する「ストップ川内原発3・11鹿児島実行委員会」のメンバーが18日、県庁を訪れ、2人の委員は中立性が疑わしいとして、県は会の運営に厳しい姿勢で臨むよう要請しました。県の原子力専門委員会は、先月28日に続いて、来月7日に2回目の会合が開かれます。三反園知事は、委員会の意見がまとまればそれを参考に年度内にも川内原発の安全性について自身の判断を示す考えです。

 

 

動画を観る。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


福島 浪江町の避難指示 3月末に解除 政府が方針 via NHK News Web

東京電力福島第一原発の事故で、福島県浪江町の全域に出されている避難指示について、政府は、帰還困難区域を除いて、ことし3月31日に解除する方針を示しました。対象の住民は、町全体のおよそ8割に当たる1万5000人以上で、県内で最も大きい規模になります。

(略)

18日、町役場の避難先の福島県二本松市で開かれた町議会の全員協議会で、政府の原子力災害現地対策本部の後藤収副本部長は、住民が帰還できる環境が整ったとして、ことし3月31日に帰還困難区域を除いて避難指示を解除する方針を示しました。町によりますと、避難指示の解除の対象となる地域の住民は、先月末の時点で全体のおよそ8割に当たる1万5300人余りと、県内で最も大きい規模になります。

福島県内では、同じ3月31日に飯舘村の大部分で避難指示が解除されることが決まっているほか、政府は、翌日の4月1日に富岡町で一部を除いて避難指示を解除する方針を示しています。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Local Winds Brought Radioactive Materials From Fukushima To Tokyo via Asian Scientist

Nocturnal local winds carried radioactive material from Fukushima to Tokyo following the 2011 Fukushimia Daiichi nuclear accident.
 
Nocturnal local winds were responsible for transporting radioactive material over 200km from the Fukushimia Daiichi nuclear accident to the Tokyo metropolitan area. These findings by researchers from the University of Tokyo have been published in Scientific Reports.
 
A research group led by Project Researcher Takao Yoshikane and Associate Professor Kei Yoshimura analyzed observational data and ran computer simulations to determine whether the radioactive plumes were carried by chance haphazard activity in the air or by a regular mechanism in the atmosphere.
 
They found that the radioactive plume moves along two local wind systems that appear during the night on calm days when the impact of northwesterly seasonal winds and low-pressure systems are low. These nighttime local winds were formed by a difference in temperature between the North and the South, which created an upper layer of warm arm and a lower layer of cold air. These findings indicate that should radioactive material be released over a long period of time, radioactive plumes could be frequently carried even to faraway places by such nocturnal local systems, and cause serious contamination in those areas.
 

Posted in *English.

Tagged with , , .


玄海原発 3、4号機が適合 合格5原発10基に via 毎日新聞

九電は2013年7月に、玄海3、4号機の審査を申請。規制委は昨年11月に審査書案をまとめた。審査書は約410ページで、想定する最大の地震の揺れ(基準地震動)を620ガル(ガルは加速度の単位)、津波の高さを約6メートルに引き上げるなどの安全対策を盛り込んだ。審査書案に対し、一般からは昨年の熊本地震を受け、地盤のさらなる調査を求める声など4200件の意見が寄せられたが、大きな修正はなかった。

 審査合格を受け、九電は年内にも2基を再稼働する方針。今後は設備の詳細設計などをまとめた「工事計画」と、重大事故の対応手順などを示す「保安規定」の二つの審査のほか、現地での使用前検査の手続きが必要になる。九電は3号機については、ウランとプルトニウムの混合酸化物(MOX)燃料を使用するプルサーマル発電を実施する方針。合格した原発では4基目の導入となる。

(略)

 再稼働のためには地元同意を経る必要がある。佐賀県や地元の玄海町などは前向きな意向を示す一方、同県伊万里市などの周辺自治体は慎重姿勢で、同意手続きが今後どのように進むかは不透明だ。

 玄海原発は全国の原発の中でも使用済み核燃料プールの空き容量が逼迫(ひっぱく)し、3、4号機が稼働すれば5年程度で満杯になる見通し。九電は燃料の間隔を詰めて対応する方針だが、「核のごみ」の課題も抱える。

 既に合格した原発は玄海の2基のほか、九電川内1、2号機▽関西電力高浜1~4号機(福井県)▽同美浜3号機(同)▽四国電力伊方3号機(愛媛県)。このほか、関電大飯原発3、4号機(福井県)も、今年度内に事実上合格する見通しだ。【酒造唯】

Posted in *日本語.

Tagged with , .


いじめ被害の原発避難生徒へメッセージ 岐阜・加納小の児童via 中日新聞

 東京電力福島第一原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学一年の男子生徒(13)がいじめを受けた問題で、岐阜市加納西丸町の加納小学校の全児童が、被害生徒を激励するメッセージを書いた。冊子にして、代理人弁護士を通じて本人に届ける。生徒に伝えたい思いは一つ。「私たちは味方だよ」

[…]

昨年十一月、五年生の人権授業で横浜市のいじめ問題を取り上げた。「許せない」「ひどい」「かわいそう」。授業後もいじめへの怒りや悲しみの声が収まらなかった。冊子作りのリーダー杉山陽紀(はるき)君(11)は「いじめはしない。味方がいるって伝えようと思った」。

 五年生六人が中心となってチラシを作り、休み時間などに別の学年に呼び掛けて、全児童を巻き込んでいった。昨年十二月上旬にカードの回収を始め、今月十六日に全員分を集め終えた。冊子は十九日に完成させ、二十日に弁護士に送る。発案者の一人で五年の岩田祐依(ゆい)さん(11)は「いじめられた側の気持ちを考えると本当に苦しい思いになる。早く届けて傷を小さくしてあげたい」と話した。

[…]

◆児童の主なメッセージ

 加納小の児童らが書いた主なメッセージは次の通り。(原文通り)

 「いっしょに苦しい時をのりこえましょう。どんなに遠くてもみんなでいつでもおうえんしています」

 「ぼくもおうえんしているから、あきらめずにがんばってね!」

 「いっしょにがんばりましょう。心はつながっています」

 「おともだちになってくれたら、うれしいです」

 「わたしたちかのう小学校のみんなとがんばりましょう」

 「わたしはあなたのみかただからあんしんしてね。おうえんしています」

 「いっしょにあそべたら、うれしいです」

 「とても悲しい気持ちだと思いますが、味方がいることを忘れないでください。いっしょにがんばりましょう」

 「つらい気持ちもあるかもしれないけど、あなたが元気になることをみんなで応援しています」

 「私はいろんなうわさが流れていても必ず信じないし広めません」

 「ぼくはいろいろな活動をしていじめを0(ゼロ)にしたいです」

 「私は変なうわさとかがあっても、信じません。逆にいじめられている人を助けていきたいです」

 

 

 

全文はこちら

Posted in *日本語.

Tagged with , .


Fukushima ‘voluntary’ evacuees to lose housing support via The Straits Times

TOKYO (AFP) – Thousands of Japanese evacuees from Fukushima should keep getting free housing, supporters said on Tuesday (Jan 17), as the local government readies to yank support offered after the worst nuclear accident since Chernobyl.

Some 27,000 so-called voluntary evacuees – people who chose to leave their homes in the region after the 2011 accident due to safety concerns – are set to lose the six-year-old housing subsidy at the end of March.

That means leaving state-paid housing in other parts of Japan and possibly returning to homes in the region where a quake-sparked tsunami swamped the nuclear plant, sending some reactors into meltdown and spewing radiation into the environment.

[…]

Madam Matsumoto left her family’s home 50km from the plant, after her daughter, then 12, began suffering an array of health problems, including nose bleeds and nausea.

Madam Matsumoto, 55, who now lives with her daughter in Kanagawa, about 250km from the plant, said she also developed serious health disorders after the accident, including hormonal disorders and a non-cancerous tumour in her thyroid.

“I am furious that the central government and Fukushima prefecture stigmatised and now abandoned us,” she told reporters.

A local government spokesman said areas not covered by the original evacuation orders have been deemed safe to live in.

“The environment is safe for leading a normal life and that means we are no longer in a position to provide temporary housing,” he told AFP.

[…]

The 2011 accident drove more than 160,000 people from their homes, some by evacuation order and others by choice.

Some have since returned but many stayed away, creating a new life elsewhere amid lingering concerns about radiation.

Japan has lifted most evacuation orders for areas around the plant, with the total number of evacuees now standing at about 84,000, according to local government figures.

Read more at Fukushima ‘voluntary’ evacuees to lose housing support 

Posted in *English.

Tagged with , , .


福島原発「自主避難者」ら、住宅支援の継続を訴える via 日刊スポーツ

東京電力福島第1原発事故によって、避難指示区域以外の福島県内から避難した「自主避難者」とフリーライターら支援者が17日、日本外国特派員協会(東京)で会見し、4月以降に打ち切られる住宅支援の継続を求めた。

10代の次女とともに、福島県郡山市から神奈川県内に避難している松本徳子さん(55)が会見し「『自主避難者』は国や福島県から勝手に避難したとして捨て去られている。事故がなければ帰りたい。でも帰れない状況を知っていただきたい」と話した。

松本さんによると、次女は11年6月に鼻から大量の出血があり、下痢や吐き気が続いた。夫は仕事がある郡山に残り、松本さんも次女を連れて県外避難したという。福島と神奈川の二重生活による経済的負担は大きく、災害救助法に基づく住宅支援は「命綱」だったという。

松本さんは「私は親ですので、娘を国が守ってくれないなら、借金してでも避難を続け、娘を守りたいと思っています」と話した。

県外避難者の子どもたちへのいじめ問題も相次いでいるが、松本さんは「福島県の政治家から、県外に勝手に避難して子どもがいじめられるのは、親に責任があるんだろうと言われた。県内の人に言われるとは思わなかった」とも話した。

福島県は、避難指示区域以外からの避難者への住宅支援を今年3月末で打ち切る方針を発表している。

続きは福島原発「自主避難者」ら、住宅支援の継続を訴える

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


女川原発 2号機にひび1130カ所 規制委、調査へ via 毎日新聞

東北電力は17日の原子力規制委員会の安全審査会合で、審査中の女川原発2号機(宮城県)の原子炉建屋の壁(鉄筋コンクリート製)1137カ所に、ひびやはがれがあることを明らかにした。東日本大震災やその余震などが原因とみられる。東北電は「安全上の影響はないが補修や補強をする」と説明。規制委は現地調査する。

 東北電によると、目視点検により、ひびは1130カ所、はがれは7カ所で見つかった。ひびは全て幅1ミリ未満だが深さは測っておらず、貫通している可能性もある。はがれの総面積は約0.03平方メートルだった。放射線量が高い場所などは点検しておらず、損傷箇所はもっと多いとみられる。

(略)

 また、コンクリートの強度は、最悪の建屋上部のケースで建設時の3割しかないことも分かった。ただ、地震では鉄筋も建屋を支えるため、全体の強度はそれほど下がっていないという

全文は女川原発 2号機にひび1130カ所 規制委、調査へ 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


福島思い「何かしないと」 「自主避難」基金へ支援の医師・山田さんvia東京新聞

[…]

「福島で多くの親が子どもの健康を心配しているのに、医師に相手にされず困っている」。原発事故から二カ月後の一一年五月、ボランティアで都内から福島に通う女性から山田さんに電話があった。

 山田さんは当時、原発の危険性を見抜けなかった自分を責め「何かしなくては」と思っていたという。その後、約四年にわたり、福島県内や全国の避難先で無料健康相談会を開いてきた。現在も都内で仲間と続けている。

 支援に奔走する中、「国や東京電力が何もせずにのほほんとしている」と強い憤りを覚える一方、「何もできなかった」とむなしさも感じた。そんな中、自主避難者の住宅無償提供が三月末で打ち切られ、多くの人が困窮する実態を知り、寄付を思い立った。

 岐阜県の実家は江戸時代から続く医者。山田さんは十代目だが「東京への憧れ」もあって実家は継がなかった。東大医学部卒業後は、大学近くの「今で言うホームレスの人たちを中心に診る」診療所へ。差別を受けたりお金に困ったりする患者と向き合う毎日に「社会的弱者の人たちを診ることが自分に合っている」と強く感じた。

 一九七〇年には現在の「八王子中央診療所」の所長に就任し、半世紀近く地域医療を支えてきた。同年ごろからは森永ヒ素ミルク事件の被害者の健康相談も始め、今も続ける。家庭ではパートナーで医師の梅村浄(きよら)さん(71)との間に三人の子がいる。長女で障害がある梅村涼(りょう)さん(43)が小さいころには、浄さんと障害児の小学校普通学級就学運動にも取り組んだ。

 十五日、寄付金を基に設立された自主避難者支援基金の抽選会場に足を運んだ。涙を浮かべ感謝する母親たちの姿に「孤立無援で本当に大変なんだ」と実感した。「原発避難者のいじめ問題に象徴されるように、大人が自主避難の人たちのことを正しく理解していない。各地でしっかりと向き合い、何ができるのか考えてほしい」

 

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .