Skip to content


東芝子会社・米WH、原発建設の町 電気代転嫁、不安と反発 09年以降すでに18%上昇via毎日新聞

 東芝が、子会社の米原子炉メーカー、ウェスチングハウス(WH)の米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)適用申請を検討していることに対し、WHが原発を建設中の米南部サウスカロライナ州で不安と反発が広がっている。原発建設に伴い同州では電気料金が大幅に上昇しており、WHが破綻すれば一段の値上がりにつながりかねないためだ。

 「東芝の原発建設はギャンブルだった」「これ以上の電気料金上昇は許せない」。市民グループが7日、州都コロンビアの州議事堂前で抗議の声を上げた。同州は建設費用を原則的に電気料金に転嫁できる総括原価方式を採用。既に一部は転嫁され、2009年以降9回にわたる値上げで、料金の上昇幅は平均18%にのぼる。費用が膨らんだ分だけ料金が上がる総括原価方式に、中小企業商工会議所のフランク・ナップ会頭は「電気代が制御できないことに州民は憤っている。電力会社に白紙の請求書を渡すわけにはいかない」と話す。

[…]

地元関係者によると、州内の不満を背景に発注元の地元電力会社とWHは15年、電力側が一定の費用を負担する半面、それ以降に発生する追加コストはWHが負担し、東芝が保証することで合意した。20年4月と20年12月の完成予定を守れなければ、東芝は一段のコスト増加で損失が膨らむ恐れがある。

 東芝は地元との合意内容の見直しや破産法11条申請を通じた条件変更で、追加コストを電力側にも負担してもらうことを模索するが、同州政府担当局長のデュークス・スコット氏は「現行契約の維持が州民にとっての利益だ。変更に応じる理由はない」と容認しない考えだ。

[…]

東芝が子会社のWHに米連邦破産法11条の適用申請を検討している背景には、米原発工事を巡って電力会社と締結した不利な契約を白紙に戻し、損失リスクを遮断する狙いがある。ただ、破産法申請にこぎ着けるかは見通せない状況だ。

[…]

ただ、破産法申請のハードルは高い。WHはジョージア州のボーグル原発でも2基を建設中だが、地元州政府公共事業委員会のティム・エコール委員は破産法申請の検討について「ひどい選択肢だ」と強くけん制する。米政府もボーグル原発に83億ドル(約9500億円)の債務保証をしており、破産法適用となれば、外交問題に発展する恐れもある。
[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


John McDonnell’s vow to end nuclear power and weapons in first 100 days of a Labour government via The Telegraph

John McDonnell, the shadow chancellor, has promised that Labour would bring an end to nuclear power and nuclear weapons in the first 100 days of a Labour government.

In footage uncovered by The Telegraph, Mr McDonnell said that he wanted to build on the early success of Gordon Brown, who mapped his first days in power shortly after becoming prime minister.

The shadow chancellor also said that Labour would introduce a wealth tax and a land tax, renationalise the railways and pull out of Afghanistan.

[…]

His comments on nuclear are particularly controversial in light of the historic by-election defeat in Copeland last month, where the Sellafield nuclear site is a huge employer.

Speaking after the humiliating loss, Mr McDonnell admitted that “the nuclear [issue] dominated and we couldn’t cut through on that one.” He also confessed that voters “weren’t convinced that the party supported the nuclear industry” and that Labour “couldn’t cut through on that one”.

[…]

“We have got a create a climate of opinion which on individual issues and our overall analysis of society is so well understood that they recognise to get elected they have to espouse those policies.”

He said that the economic downturn was following “the same blueprint of the 1930s recession”. 

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


Mongolia talks on uranium via The Telegraph

New Delhi, March 8: India and Mongolia plan to begin formal talks this month on trading in uranium, a mineral abundant in the northeast Asian country and a key attraction for New Delhi as it seeks a tighter partnership with nations on China’s periphery.

Mongolia holds one of the world’s largest reserves of uranium, which fuels nuclear plants that India is counting on to generate an ever-growing chunk of its energy pie. It is also testing its traditional dependence on China by increasing its engagement with other countries.

But talks between New Delhi and Ulan Bator on the import of uranium by India have so far remained informal, partly because Mongolia lacks a clear regulatory framework for the sale of minerals to other countries.

Now, the two nations want to pull the shroud off those talks and begin formal discussions and negotiations on how India can buy and transport uranium from the land-locked country.

[…]

Mongolia, sandwiched between giant powers Russia and China, has traditionally followed a policy similar to Nepal’s with India and China: of carefully balancing ties with the two larger neighbours.

But in recent years, Ulan Bator has been seeking out “third neighbours” – other nations in the region apart from Russia and China – to counterbalance the pressures from its biggest neighbours.

That approach has coincided with India’s search for deeper strategic partnerships with countries along China’s periphery – Vietnam, the Philippines, Indonesia, Malaysia and Singapore – and Beijing’s rivals like Japan.

With Mongolia, India has long eyed uranium trade as a potential pillar of strategic ties. India has set a target of generating 63,000MW of nuclear power by 2032 – it currently generates less than 10,000MW – and needs steady imports of uranium.

Read more at Mongolia talks on uranium

Posted in *English.

Tagged with , , .


「福島県民は奴隷と」原発いじめ実態訴える via 日テレNews

(抜粋)

福島第一原発事故で福島県から神奈川県へ移り住んだ避難者が8日に会見を開き、避難先でのいじめの実態などを明かした。

避難者「(息子は転校先の)中学校ではクラスメートから『福島県民はバカだ』『福島県民は奴隷だ』などと言われ」

会見では原発いじめへの怒りとともに、住宅や金銭の支援打ち切りへの不安の声があがった。

全文と動画は「福島県民は奴隷と」原発いじめ実態訴える

Posted in *日本語.

Tagged with , .


アングル:福島原発事故6年、避難解除でも帰還の足取り重く via Reuters

(抜粋)

昨年11月以降、登録した住民は浪江町に泊まることが許されていたが、浪江町の一部を含む福島県内の4町村が、避難指示を3月末(富岡町は4月1日)に解除する政府案を受け入れたため、住民は特別な手続きを経ることなく町で暮らすことができるようになる。

福島第1原発からわずか4キロの浪江町は、2011年3月11日に震災が発生して以来、住民の帰還が許された地域としては同原発から最も近い位置にある。

しかし以前のような町に戻ることは決してないだろう。帰還が許されたとはいえ、放射能汚染により町の大部分が立ち入り禁止となっており、そうした地域では二度と居住できない可能性がある。

昨年9月に政府が発表した調査によると、元住民の53%が帰還しないと答えている。その理由として、放射能や廃炉作業に40年が見込まれる福島第1原発の安全性に対する懸念を挙げている。

<高齢者>

同調査では29歳以下の75%超が帰還する気がないと回答しており、浪江町の人口の多くがこの先、高齢者で構成され、子どもがほとんど存在しないであろう可能性を意味している。

(略)

2月28日の浪江町役場の放射線量は毎時0.07マイクロシーベルトで、日本の他の地域とほとんど変わらない。

しかし近隣の富岡町では毎時1.48マイクロシーベルトと、都心部の30倍近い数値を示すところもあり、 今なお放射線量の高い「ホットスポット」の存在を浮き彫りにしている。

避難指示の解除には、年間の放射線量が20ミリシーベルト以下で、電気や水道、通信システムなどのインフラ、基本医療、高齢者介護、郵便事業などの復旧が条件となる。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


福島産食品「購入ためらう」15%、最低に via 日本経済新聞

消費者庁が8日にまとめた東京電力福島第1原発事故による風評被害に関する調査結果で、福島県産の食品の購入をためらう消費者が全体の15.0%だったことが分かった。半年前の前回調査から1.6ポイント減で、これまでで一番低かった。

調査は風評被害対策に生かすため、1回目の2013年2月から半年ごとにインターネットで実施している。今回は9回目。2月に調査を行い、被災地域と東京、愛知、大阪など都市圏の消費者約5千人から回答を得た。

福島県産購入をためらう消費者は、14年8月(19.6%)から減少傾向にあり、昨年8月の前回調査は16.6%、同2月は15.7%だった。

一方、35.2%が、放射性物質の検査が行われていることを「知らない」と回答。1回目に比べて12.8ポイント増えた。1~5回目は20%台で推移していたが、6回目以降は30%台半ばで高止まりし、検査についての認知度が低下している。

放射線量の基準値を超えた食品が確認された市町村の産品は出荷制限されることを「知っている」と答えたのは43.1%。1回目(58.8%)から減少傾向だったが、6回目から40%台で横ばい状態が続く。

[…]

 

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


福島原発避難いじめで男子生徒の手記全文を公開「今、僕は楽しく生きています」via ハフィントンポスト

福島第一原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒がいじめを受け、不登校になった問題で、生徒の保護者は8日、生徒が現在の心境をつづった手記と、小学6年生の時に書いた手記を公開した。

生徒は現在、フリースクールに通っている。手記には「今、僕は楽しく生きています」と記した。生徒の代理人によると、いじめで自殺を考えている人にメッセージを送りたいと筆を執ったという。「つらいことがあっても自殺を考えないで下さい」と呼びかけている。

一方、小学6年の時の手記はこれまで、一部だけ公開されていたが、「子どもがどんなつらい思いをしたのか、理解していただければと思い、公表する決意に至りました」(生徒の保護者)とノート3ページ分の全文が公開された。

小学5年の時に同級生らから「賠償金があるだろう」などと言われ、遊ぶ金を払ったことについて「としょホール 教室のすみ 防火とびらのちかく 体育館のうら(中略)お金をもってこいと言われた」と詳細をつづり、「ていこうできなかったのもくやしい」と記している。(大森浩司)

[…]

4月もゲーセンにもいってるのに、A、B、Cはずっとだまっていて、やつらはほんとうにむかつく。

ばいしょう金あるだろと言われむかつくし、ていこうできなかったのもくやしい。

A、Bにはいつもけられたり、なぐられたりランドセルふりま(わ)される、かいだんではおされたりしていつもどこでおわるかわかんなかったのでこわかった。

ばいきんあつかいされて、ほうしゃのうだとおもっていつもつらかった。

福島の人はいじめられるとおもった。なにもていこうできなかった。

しえんぶっしをとられてむかつく。

だれがやったかわからないけどきがつくとえんぴつがおられてる。そしてノートにはらくがきをされてた。

いままでいろんなはなしをしてきたけどしんようしてくれなかった。だからがっこうはだいっきらい。

なんかいもせんせいに言おうとするとむしされてた。

学校も先生も大きらい。

いままでなんかいも死のうとおもった。

でも、しんさいでいっぱい死んだからつらいけどぼくはいきるときめた。

みんなきらいむかつく。

5年のたんにんはいつもドアをおもいっきりしめたりつくえをけったりして3.11のことをおもいだす。

[…]

 

 

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


福島県と市町村職員、自殺相次ぐ 自治労まとめ、長時間労働要因か via dmenuニュース

自治労福島県本部は7日、福島市で会見を開き、県と市町村職員の本年度の自殺者数が2月末現在、9人となったと発表した。
今野泰中央執行委員長は、自殺の要因の一つに長時間労働があると推測し、「地方公務員のおかれている過酷な状況は変わっていない」として対策を強化する考えを示した。
同県本部による自殺者数の公表は初めて。9人の内訳は市町村職員が7人、県職員が2人で、自殺した職員が所属していた自治体の方部に偏りはないという。
このうち県職員を含む5人が1、2の両月に相次いで自殺した。年齢は18〜34歳が4人、35〜49歳が2人、50歳以上が3人。これまでは50代の職員の自殺が目立ったが、本年度は若手の自殺が多いとしている。

[…]

同県本部は医療機関などと連携した心の健康のサポート事業などを展開する計画。自治体職員の悩みを受け付ける電話相談「自治労ほっとダイヤル」(フリーダイヤル0120・556・283)の活用も呼び掛けている。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Town mayor OKs restart of Genkai nuclear plant in Saga via Japan Today

 

SAGA —

A mayor in southwestern Japan approved a plan Tuesday to restart two nuclear reactors in his town, a step toward the resumption of a third atomic power plant in Japan since the 2011 Fukushima disaster.

“While taking the assembly’s approval seriously, I decided to accept the government’s policy,” Hideo Kishimoto, the mayor of Genkai in Saga Prefecture, told a press conference.

Now the restart of the Nos. 3 and 4 reactors at the Genkai plant operated by Kyushu Electric Power Co. depends on consent by seven other municipalities within a 30-kilometer radius of the plant amid lingering safety concerns about nuclear power plants.

The Japanese government is pushing for reactors to be restarted as nuclear power is regarded as a key energy source even after the March 2011 disaster at the Fukushima Daiichi plant in the days after a massive earthquake and tsunami struck northeastern Japan.

[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , .


The Earthquake Question via Asia Times

Six years after the nuclear disaster in Fukushima, engineers remain vexed by a key question: What damage did the massive earthquake cause at the atomic plant before it was hit by the subsequent tsunami?

The answer matters because of the potential implications for the earthquake safety standards of other nuclear reactors in Japan, which sits on the seismically unstable Ring of Fire around the Pacific. The area accounts for about 90% of the planet’s earthquakes, with Japan being shaken by 10% of them, according to the US Geological Survey.

[…]

The impact of the quake is “still actually a question mark,” Mitsuhiko Tanaka, a former nuclear equipment engineer for Hitachi Ltd., said at a press conference in Tokyo.

[…]

“But I’m also saying that the anti-seismic design of the power stations was inadequate and I’m also saying that without the tsunami the same accident possibly would have occurred. So even excluding the tsunami, just the earthquake alone could possibly cause a major rupture. I’m stressing that one should not neglect or ignore the issue of the earthquake.”

[…]

That commission, which had the power to subpoena evidence, differed from other studies by placing a greater emphasis on the potential quake damage. Indeed, its 2012 report said Tepco “was too quick to cite the tsunami as the cause of the nuclear accident and deny that the earthquake caused any damage.”

The panel, which was also scathing about the lax approach of the then regulators, raised the possibility that the quake damaged equipment necessary for ensuring safety and that a small-scale accident involving a loss of coolant occurred in unit 1.

Looking back at the six-month inquiry, Tanaka said: “It is really quite unfortunate that the investigation committee disbanded without really exposing or explaining much after the accident. Much remains unresolved.”

[…]

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .