Skip to content


Trinity Bomb downwinders fight for compensation via KOAT Action News

Second and third generation downwinders are battling health affects from overexposure to radiation, experts say

The Radiation Exposure Compensation Act offers people who contracted certain cancers and other serious diseases from exposure to radiation from nuclear weapons tests with an apology and monetary compensation, according to the Department of Justice.

Uranium workers in New Mexico are eligible for compensation but only downwinders in Nevada get compensation, according to the D.O.J.

That’s what lobbyists are trying to change in Senate Bill 197.

[…]

 

Read more and watch video.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


福島・南相馬市 不在伴うごみ処分に難渋、避難指示解除から1年 via 日本経済新聞

[…]

5日朝。南相馬市小高区役所近くの「南相馬市ボランティア活動センター」から軽トラック4台が市のごみ処分場に向かった。荷台には伐採された竹が満載されていた。

 県外に避難している小高区の住民が一時帰宅した際、放射線の影響を懸念し自宅裏にあった約4千本の竹を4年かけて薬で枯らし今年2月、同センターに片付けを依頼したものだ。5月上旬から延べ200人のボランティアが計13日かけて伐採や裁断、処分場への搬出を担い、この日でようやく作業は終了した。

 同センターは住民の依頼を受け、屋敷林と呼ばれる庭先の防風林や竹などを伐採。環境省の委託業者が回収しに来る各家庭の軒先まで運んでいたが、3月以降は処分場などへの搬出も請け負わざるを得なくなった。

 理由は行政の対応の変化だ。環境省は5年余に及んだ避難期間中に各家庭で発生したごみを「片付けごみ」と分類。昨年7月、処分の申し込みの受け付けを打ち切った。今年3月には申し込み分の引き取りと焼却処理も終えた。環境省は「2013年から回収し、広報も十分してきた。事故以前の状態に戻ったということ」と説明する。

 小高区の大部分と原町区の一部が対象だった旧居住制限、避難指示解除準備区域には6月末時点で2359人が居住。住民登録者数の約24%で帰還は低調だ。JR小高駅前でラーメン店を営む女性(68)は「戻ったのは高齢者ばかり。日中はほとんど人影がない」と話す。

 復興庁などの調査によると、帰還を希望する市民は5割。「判断できない」と回答した人にその理由を複数回答で尋ねると「原発の安全性」(53%)、「放射線量の低下・除染効果への不安」(40%)が目立つ。

 南相馬市ボランティア活動センターには昨年度まで県から補助金が出ていたが、今年度は対象から外れた。住民から依頼され未着手のごみ処分は70件以上あるという松本光雄センター長は「依頼は今後も続く。行政が(事故を)風化させてしまったら復興はない」と話し、帰還を進めるためにも行政の支援再開を求めている。

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


玄海1号機廃炉 国が前面に出て取り組め via 西日本新聞

 九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)1号機の廃炉作業がきのうから始まった。

東京電力福島第1原発事故後の法改正で、原発の運転期間が原則40年と規定された。九電など4電力会社は老朽化した4原発5基の廃炉を決め、原子力規制委員会に原子炉を解体するための廃止措置計画を申請、認可されていた。

[…]

商業用原発で廃炉を完了した前例はない。電力業界の経験も十分とはいえないのが実情である。各地で廃炉工事が行われるため、作業員の不足も予想されている。廃炉が円滑に進むよう関係機関は環境整備に全力を挙げるべきだ。

玄海1号機の廃止措置計画によると、廃炉の完了は2043年度を予定しており、現時点で364億円の費用を見込んでいる。

[…]

 

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


Employees Exposed to Radioactive Substance at St. Raphael’s Hospital in New Haven via NBC

Hazmat crews responded to St. Raphael’s Hospital in New Haven after someone broke into a nuclear medicine lab, according to fire officials.

New Haven Fire Chief John Alston said employees discovered the lab had been vandalized when they came in around 8 a.m. Saturday.

Twelve employees were exposed to an unidentified radioactive substance in the basement-level lab.

[…]

Three employees underwent decontamination due to a black powder on the bottoms of their shoes. None of the employees were exhibiting any symptoms.

The bottom floor of the hospital and the immediate area above were evacuated as a precaution.

The fire chief said that because the medicine is made in small doses, exposure was limited.

[…]

It is unclear at this time if anything was stolen from the lab. Authorities are reviewing surveillance footage to determine who broke in and why.

Read more at Employees Exposed to Radioactive Substance at St. Raphael’s Hospital in New Haven 

Posted in *English.

Tagged with , , , .


米・コネチカット州の病院で、職員が放射能汚染 via Parts Today

アメリカ・コネチカット州当局が、この州にある病院の職員らが放射能を浴びていたことを明らかにしました。

AP通信によりますと、コネチカット州当局は15日土曜、同州の町ニューヘイブンにあるセントラファエル病院で、少なくとも3人の職員が放射能に汚染され、彼らに対する除染作業が始まったことを明らかにしています。

また、セントラファエル病院の関係者は、放射能汚染の原因を突き止め、これを制御したとし、今回の事件は何者かが病院内の放射能試験室に無理やり、違法に入室した後に発生したことを明らかにしました。

続きは米・コネチカット州の病院で、職員が放射能汚染

Posted in *日本語.

Tagged with , .


つらさや悩み、経験伝え合う 福島避難者と水俣病被害者が交流会 via 新潟日報モア

東京電力福島第1原発事故の影響で福島県から避難する人たちと新潟水俣病被害者による交流会が15日、新潟市北区の県立環境と人間のふれあい館で開かれた。ともに国や原因企業を相手取り、損害賠償などを求めて提訴した共通点があり、新潟水俣病訴訟の原告らが原発避難者訴訟の原告に経験を伝えた。

交流会は新潟水俣病共闘会議が企画し、3回目。約20人が参加した。

避難者は「母子避難しているが、夫の理解がなくつらい」「精神的なつらさをどう訴えていくべきか」といった悩みを語った。水俣病被害者は「裁判を続ける中で、以前に比べて水俣病への偏見は少なくなった。行政が差別をなくす働き掛けをしたことも大きい」などと述べ、被害を訴え続けていくことの重要性を指摘した。

全文はつらさや悩み、経験伝え合う 福島避難者と水俣病被害者が交流会

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Drilling work for proposed nuclear power plant Chutka stopped after villagers protest via Hindustan Times

Villagers in tribal dominated Mandla district’s Chutka staged a protest on Saturday, refusing to allow drilling for soil samples for the proposed nuclear power plant in the area

They said their demands and concerns have not been addressed by the authorities. Mandla is 382 kms from Bhopal.

[…]

People of the four villages in Mandla district, predominantly tribals, have been protesting against the project since it was cleared by Centre in 2009. Most of them were displaced by the Bargi Dam in 1984. Now people in three villages are demanding a good compensation package. 

Chutka Parmanu Sangarsh Samiti (CPSS) secretary Navrattan Dubey told HT on phone that tribals from gram sabhas of three of the four affected villages -Chutka, Tatighat, and Manegoan- gave their conditional approval to the project while the gram sabha of Kunda village didn’t give any approval and continues to oppose the project.

[…]

Environmental expert Soumya Dutta who has visited Chutka many times, told HT that there was no rationale for the proposed nuclear power plant as MP was already a power surplus state. 

“Given the scenario of power generation and power demand at present, there is no need for nuclear power plant in MP. Besides, if a village Gram Sabha (of Kunda) has not approved the project, the government has to constitutionally accept it. But the concerns of the villagers are not being addressed. Over the years, people in rest of the three villages, have moved from opposing the project to demanding a good compensation package”, he said.

Read more at Drilling work for proposed nuclear power plant Chutka stopped after villagers protest

Posted in *English.

Tagged with , , .


BROWN: What to do with nuclear waste? via app

“Oh No! Now what do we do with the waste!”

There seems to be a collective gasp among elected officials as they confront a practically impossible task — what to do with the tons of highly radioactive waste scattered across the country after almost 50 years of nuclear power generation.

We are entering the Age of Nuclear Waste.

As for the Oyster Creek nuclear reactor in Lacey, there are not any good choices or clear cut answers about long-term storage for the 750 metric tons of radioactive pollution sitting at the site. The best alternative is making the least bad and most morally responsible choice.

The radioactive fuel assemblies sitting in an overhead pool at Oyster Creek are deadly nuclear pollution that will remain lethal for hundreds of thousands of years. The technology simply does not exist to neutralize its lethality or to deal with its long-term storage.

[…]

It’s teeth-grindingly hard to decide. A bill introduced by Rep. John Shimkus, R-Illinois, calls for interim storage at a federally designated site until a permanent repository is found, and Republicans favor Yucca Mountain. But, Yucca Mountain was deemed geologically unfit for the multi-millenial task because it is located on a volcanic fault line. Even though it is situated in a desert, water filtration was discovered raising the possibility that the steel storage casks for spent fuel assemblies could corrode and radioactivity could escape and enter groundwater supplies.

Interim storage means that tons of nuclear waste would be barged through ports, trucked on highways or moved by rail for thousands of miles through heavily populated urban and suburban areas creating a huge public safety risk. That risk should be taken only once, not multiplied in an industry shell game that would be used to justify the illogical and callous continuation of deadly waste-making for corporate gain.

Keeping the waste on site in casks has its own set of inherent problems. Foremost are the NRC-approved casks, which are being used at Oyster Creek, that some believe are inferior to those used in Europe. Rather than being up to 20 inches thick, the NRC-approved casks are a half inch to five-eighths inches thick. Among other problems, they do not meet American Society of Mechanical Engineer (ASME) safety standards, they are difficult to monitor for radiation leaks and thin interior cracks cannot be repaired. To this day, there are no approved plans in place for dealing with failing canisters or failing fuel assemblies at decommissioned facilities.

[…]

The best-case scenario for Oyster Creek would include bringing the overstuffed fuel pool to low density and storing the waste in thick casks in a hardened setting. Hardened on site storage refers to covering and obscuring them in a berm as Germany has done, rather than the current practice of lining them up like bowling pins along the property bordering Route 9.

Read more at BROWN: What to do with nuclear waste?

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち セントラルパークの自動車修理工(下)via Niftyニュース

(抜粋)

でも、トヨタはは日本の会社だから、絶対に働かない。日本人というより、国としての日本が嫌いなんだ」。

理由を聞くと、子供の頃、彼をかわいがってくれた高齢の男性について話し始めた。

「その人が、『バターン死の行進』(Bataan Death March)の生存者だった。日本がアジアでどれだけひどいことをしてきたか、聞かされたよ」

第2次大戦中、フィリピンのバターン会戦で日本軍に投降したアメリカ軍・フィリピン軍の捕虜約8万人が、炎天下の過酷な状況で捕虜収容所まで歩かされ、多くの死者が出た。

捕虜の数が想定をはるかに超えたため、当初計画したようにトラックで移送できず、食糧や水も不足していた。すでに捕虜の多くが飢えやマラリア、赤痢で苦しんでおり、日本兵の暴行や残虐行為などもあって、収容所での死者を含むとその数は3万人ともいわれる。

当時の責任者は戦後、処刑され、岡田克也外相(当時)などが謝罪している。「バターン死の行進」がいかに残虐だったか、これまで何人ものアメリカ人が私に語った。

これに対し、「護衛の日本兵も歩き、多くが死んだ。長距離の徒歩での移動は日本兵にしてみれば常識で、捕虜を殺すつもりはなかった」、「捕虜になるのは恥と日本兵は教え込まれていたため、捕虜に対する人道的な意識に欠けていた」といった声がある。

「日本もイスラム教徒を受け入れたらどうだい?」

(略)

「日本もひどいことをしてきた。でも、だからといって、あなたは原爆を正当化できるの?」と私が聞いた。当時10歳だった私の義母は、広島の原爆で両親と兄を一度に失った。

「できる」。即答だった。

「原爆を落とされたくなかったら、真珠湾を攻撃するな」「原爆は核兵器で、しかも一般市民を殺したのよ」「君たちはアメリカ人を殺した。負け惜しみを言うな。僕は自分の国が原爆投下したことを、謝る気はない。戦争は地獄だ。戦争は悪の海だ(War is hell. War is an ocean of evil.)」

原爆を正当化するアメリカ人は年々減りつつあるものの、2015年のギャラップ調査によると、今も全体の56%を占める。その割合は、共和党支持者では74%と、民主党支持者の52%を大きく上回っている。

2017年7月7日、核兵器禁止条約がニューヨークの国連本部で採択された。しかし、米国など核保有国は、「安全保障環境の現実を明らかに無視している」と強く批判した。米国の核に守られている日本は、唯一の戦争被爆国でありながら、会議に参加すらしなかった。

トランプ大統領はこれまでインタビューなどで、「過激派組織「『イスラム国(IS)」』がアメリカを攻撃してきたら、核兵器使用もあり得る」、「核兵器を持っているなら、なぜ使えないのか」といった発言をしてきた。

全文は岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち セントラルパークの自動車修理工(下)

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


新潟県中越沖地震から10年 原発の大地震対策徹底求める声 via NHK News Web

15人が死亡した新潟県中越沖地震から16日で10年になります。この地震では柏崎刈羽原子力発電所で、火災が起きるなどのトラブルが相次いだことから、地元では、東京電力が原発の再稼働を目指す中で、大地震に備えた対策の徹底を求める声が高まっています。

平成19年7月16日に起きた新潟県中越沖地震では、柏崎市や刈羽村などで震度6強の揺れを観測して、15人が死亡し、7万6000棟に上る建物が被害を受けました。

(略)

この地震では、柏崎刈羽原発で火災が発生するなどのトラブルが相次ぎ、その後の福島第一原発の事故もあって、地元では大地震と原発事故が重なった場合にどのように備えるのかが課題となっています。

新潟県と関係する自治体は14日、同じ規模の地震を想定した訓練を行いましたが、東京電力が原発の再稼働を目指す中、地元住民からは大地震に備えた対策の徹底を求める声が高まっています。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .