Skip to content


Cleanup at Idaho Nuclear Landfill on Hold After Pit Collapse via U.S. News

The contractor handling nuclear waste cleanup at the Idaho National Laboratory may revise some guidelines on excavator use after the walls of a dig area collapsed, sending an excavator sliding into the pit.

BOISE, Idaho (AP) — Some cleanup efforts at a nuclear waste landfill in eastern Idaho are on hold while workers try to figure out what caused a collapse in a dig area that sent an excavator into a pit.

The excavator was digging up transuranic waste — which is waste contaminated with highly radioactive elements.

No radiation was released during the incident last Thursday, and no one was injured, said Erik Simpson with Fluor Idaho, the contractor hired to clean up the site at the Idaho National Laboratory.

[…]

The collapse at INL happed just a few days after workers at the Hanford Nuclear Reservation in Washington state discovered that a large sinkhole had caved in a tunnel filled with radioactive waste there. That discovery prompted an emergency, with some workers evacuated and others ordered to stay inside buildings for a time.

But the collapsed pit at the Idaho National Laboratory was less dramatic, in part because the nearly 2-acre (about 8100 square meter) dig site is completely enclosed in a soft-sided building designed to contain any radioactive debris.

Simpson said the workers inside the building were also wearing protective gear, and the excavator operator was in a protected cab with a personal air supply.

[…]

The site is a nuclear landfill that stored material from Idaho in the 1950s, and also accepted shipments nuclear waste from the Rocky Flats nuclear weapons plant near Denver throughout much of the 1950s and the 1960s. Commercial nuclear waste was also sent to the facility for years, but Idaho officials eventually sued the federal government in an effort to stop the shipments and force the cleanup. The facility currently stores more than 300 metric tons of spent nuclear fuel.

In 1995, the federal government reached a legal settlement that requires the high-level transuranic nuclear waste to be removed from the site. Transuranic waste includes substances contaminated with plutonium, americium or other highly radioactive elements.

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


東日本大震災 福島第1原発事故 指定廃棄物、協定なくても搬入 副環境相方針 楢葉町長は容認/福島 via 毎日新聞

 伊藤忠彦副環境相は17日、楢葉町で松本幸英町長と面会し、福島第1原発事故に伴う県内の指定廃棄物を富岡町で最終処分する計画について、搬入路となる楢葉町の地元行政区との安全協定が結べないままでも、廃棄物の搬入を始める方針を伝えた。時期については「できるだけ早く進めたい」と述べるにとどめたが、一昨年9月の避難指示解除で生活再建を進める住民には不安も広がる。【乾達】

(略)

予定地は、昨年国有化した富岡町の産業廃棄物処分場。搬入するのは放射性セシウム濃度が1キロ当たり8000ベクレル超で10万ベクレル以下の指定廃棄物。3月末時点で約16万トンが県内に保管されている。伊藤副環境相は「復興を進める上で必要不可欠な事業」と強調した。

 環境省と地元関係者によると、国は富岡町の2行政区と協定を結び、楢葉町繁岡、上繁岡の両行政区についても住民に個別説明するなどしてきたが、協定は結べていない。繁岡行政区は今年度の安全協定締結を見送ることを決めている。上繁岡行政区では「安全協定がないまま搬入が始まると支障がある」などの意見があり、多数決で協定締結の方針を決めたものの、繁岡と歩調を合わせるために締結に応じていない。

 繁岡の農家男性(66)は「住民が了解しないのに搬入するのか。(国の良識を)信じていたのに」と驚いた様子だ。仲間と試験栽培から稲作を始め、耕作面積を拡大してきた。この日、田植えを終えたばかりで「来年には減反が終わる。生産量が増える中で、検査で安全が証明されても、処分場が隣接する楢葉のコメの値段がどうなるのかが不安だ」と話す。

全文は東日本大震災  福島第1原発事故 指定廃棄物、協定なくても搬入 副環境相方針 楢葉町長は容認/福島

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


原発が次々稼働、震災前より高収益…東電、不可能な「妄想的」事業計画に失笑広がる via Business Journal

東京電力ホールディングス(HD)が国に申請した新しい事業計画「新々・総合特別事業計画」が、「張りぼての計画」と市場の失笑を買っている。収支計画を示したものの、再稼働のメドが立たない新潟県の柏崎刈羽原発を再稼働する前提での皮算用でしかない。原発事業や送配電事業に関しては2020年代に他社と協業する方針を示したものの、他電力会社は公然と提携拒否を打ち出している。福島原発事故に伴う廃炉賠償費用が総額22兆円と倍増する見通しとなったためにつくり直した同計画について、「ほぼ不可能で非現実的」とみる向きもある。

(略)

柏崎刈羽原発再稼働や再編統合
たとえば、柏崎刈羽原発の再稼働について、計画では再稼働の時期を特定していない。「2019年度以降」「20年度以降」「21年度以降」の3つの年度を仮定。それぞれで現在安全審査を申請中の6、7号機を含む4基が再稼働していくシナリオ、全7基が再稼働するシナリオの計6パターンを示した。この時点でなんとも収益見通しは流動的になるわけだが、柏崎刈羽原発は周知の通り再稼働をめぐり地元の同意を得られる見通しが立っていない。強硬な再稼働反対派の米山隆一新潟県知事の任期が20年までであることを考えても、19年度、20年度に稼働するとは考えにくい。
さらに、困難を極めそうなのが、他電力との再編統合だ。計画では、原子力事業、送配電事業で20年代に他電力と協力の枠組みを整えるとしている。ただ、相手先の具体名は明記されていない。今年の秋までに協力相手の要件などを決める方針だが、他電力は及び腰だ。

(略)

意味のない計画
「そもそも東電は今回の事業計画を4月内に国に申請する予定だったが、国から『再編統合にもっと踏み込め』と横やりが入り、ゴールデンウイーク明けにずれこんだ。とはいえ、どこもブランドが地に落ちた東電と組むメリットはないのだから、踏み込みようがない。提携相手によほどのメリットを与えなくてはいけない」(電力業界関係者)
実際、東電改革のひとつの柱とされる、中部電力との共同出資会社JERAに既存の国内火力発電事業を統合する件については、「国も中部電には相当気を遣っている」(同)との声もある。
再稼働や再編統合の実現が絶望的になれば、前提が崩れ、計画はまるで意味を持たなくなる。事故関連費用だけが国民に重くのしかかることになる。

全文は原発が次々稼働、震災前より高収益…東電、不可能な「妄想的」事業計画に失笑広がる 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Ontario’s proposed plan for nuclear plant emergencies ripped via Toronto Sun

TORONTO – Ontario’s proposed plan for how to respond in the unlikely event of a nuclear emergency falls short, environmental groups say.

The province recently released an update to its emergency planning for potential large-scale accidents at the Pickering, Darlington, Bruce Power, Chalk River and FERMI 2 nuclear sites.

[…]

“These proposals do a disservice to Ontarians. They make no proposals to tangibly strengthen public safety and ignore key lessons from Fukushima. It’s unacceptable.”

Community Safety Minister Marie-France Lalonde said the plan “definitely” covers a Fukushima-scale accident

“We’ve learned many things from the event in Japan, unfortunately,” she said.

[…]

Environmental advocates have for years been urging a wider distribution of those potassium iodide, or KI, pills. Radioactive iodine is released in the event of a nuclear accident, and the potassium iodide pills can help protect against thyroid cancer.

The pills are currently distributed to households and businesses within a 10-kilometre radius of the nuclear sites, but the environmentalists want that to be 50 kilometres. People outside the 10-kilometre radius can currently request the pills.

The groups also say the government has no comprehensive plan to address potential contamination of the Great Lakes, which are a source of drinking water for millions.

Read more at Ontario’s proposed plan for nuclear plant emergencies ripped

Posted in *English.

Tagged with , , , .


Kepco restarts Takahama No. 4 reactor amid anti-nuclear protest via Japan Times

Kansai Electric Power Co.’s Takahama No. 4 reactor was restarted Wednesday just over 14 months after it was forced to shut down, bringing to four the number of reactors currently operating in Japan.

[…]

Kepco officials reported no problems during Wednesday’s final preparation to fire up the No. 4 reactor in Fukui Prefecture, which had been idle since a restart attempt was aborted in February last year when an alarm went off due to a problem with a generator.

That incident led to anti-nuclear activists in neighboring Shiga filing a temporary injunction a month later to halt the restarts of the Takahama No. 3 and 4 reactors, saying that safety standards were inadequate. In a landmark decision, the Otsu District Court agreed with the plaintiffs and ordered that the reactors be kept offline.

But after Kepco appealed, the Osaka High Court reversed the decision in March this year, saying that the safety standards were not unreasonable. That ruling paved the way for the restart of the No. 4 reactor Wednesday.

Kepco said that criticality at the reactor is expected to be reached by early Thursday morning. Electricity generated by the reactor will be ready for consumer use by mid-June.

Plans to restart the Takahama No. 3 reactor are also moving forward. Nuclear fuel was loaded into the reactor on Tuesday, and Kepco hopes to start selling electricity from that reactor by late June.

In Osaka, about two dozen anti-nuclear protestors gathered in front of Kepco headquarters on Wednesday to protest the restarts, expressing concerns about safety and questioning the economics behind the decision to resume operations.

“Kepco has poured hundreds of billions of yen into new safety measures to restart not only the Takahama No. 3 and 4 reactors, but also to extend the life of its aging Mihama No. 3 reactor and Oi No. 1 and 2 reactors,” said Tetsuen Nakajima, the chief priest at the Buddhist Myotsu-ji temple in Obama, Fukui Prefecture, and a longtime anti-nuclear activist who staged a brief hunger strike in protest prior to Wednesday’s start up.

[…]

The two Oi reactors are 37 years old this year, while the Mihama reactor is 41 years old. Under new safety standards enacted following the March 11, 2011 Tohoku quake, tsunami, and triple meltdown at the Fukushima No. 1 nuclear power plant, operators must either scrap a plant after 40 years or apply for a two-decade extension that involves spending additional funds on increased safety measures.

 

[…]

Read the whole article here.

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .


高浜原発4号機が再稼働 1年3カ月ぶり 発送電22日開始 via 東京新聞

関西電力は十七日夕、高浜原発4号機(福井県高浜町)を再稼働させた。稼働は約一年三カ月ぶり。関電の「稼働原発ゼロ」状態は終わった。国内の稼働原発は九州電力川内1、2号機(鹿児島県)、四国電力伊方3号機(愛媛県)と合わせ、四基となった。関電は六月中旬の営業運転開始を目指す。

 使用済み核燃料を再処理して取り出したウランとプルトニウムを混合酸化物(MOX)燃料にして一般の原発で使うプルサーマル発電を、高浜4号機として初めて行う。プルサーマル発電は伊方3号機でも実施している。

 順調に進めば十八日午前六時ごろ、核分裂反応が安定的に持続する「臨界」に達し、二十二日に発電と送電を始める予定。

高浜原発4号機が再稼働 1年3カ月ぶり 発送電22日開始

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


戦争・原発「仕方ない」を問う ユダヤ人男性が講演 via 朝日新聞

 埼玉県皆野町の工房でちゃぶ台を作る手は、かつてイスラエル空軍機の操縦桿(かん)を握っていた。日本で暮らし35年。ユダヤ人のダニー・ネフセタイさん(60)は、「共謀罪」法案の成立が迫り、原発の再稼働が続く日本と、「戦闘は仕方がない」という空気が漂う母国を重ね、平和や原発をテーマに講演を続けている。

子ども3人は巣立ち、妻の吉川かほるさん(58)と手作りのログハウスで暮らす。本職は幼児の遊具から机までをつくる家具職人だ。

1957年、イスラエルで生まれた。小学校の校庭には戦闘機が置かれ、戦没した卒業生の顕彰碑があった。男女とも徴兵される国。小学4年時に勃発した第3次中東戦争では、予備役だった父も参戦した。軍がヨルダン川西岸やガザ地区などを占領すると、戦争前の境界線は教科書から消え、元から母国の土地だったように教えられた。

高校卒業後、あこがれの空軍パイロット候補生として入隊。19歳で戦闘の訓練機に乗り込んだ。教官は言った。「君がこの機械を使いこなせれば、イスラエルの子どもたちが毎晩安心して眠れる」。パレスチナの子どもたちが眠れなくなるとは、想像もしなかった。

結局パイロットになれず、特殊レーダー部隊に転じて兵役を終えた。旅行で79年に初来日。翌年にかほるさんと出会って以降、ほぼ日本で過ごしてきた。

母国は武力攻撃を繰り返した。日本にいて「戦争による解決なんてあり得ない」と思う一方、「イスラエルがやるからには理由がある」と信じたかった。

続きは 戦争・原発「仕方ない」を問う ユダヤ人男性が講演

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


「地元中の地元」反対訴え 共存40年の地区 高浜原発再稼働 via 朝日新聞

司法判断で止まっていた福井県高浜町の関西電力高浜原発4号機が17日夕に動き出した。原発正門前に駆けつけて抗議する人たち。その間近に、いつもと変わらぬ日常を送りながら声を上げ始めた地元の人たちがいた。

高浜原発の北側に突き出た半島の先に67世帯133人(4月末現在)が暮らす高浜町音海(おとみ)区がある。中心部から原発までは約2キロ。原発で働く住民もおり、40年あまりにわたって共存してきた「地元中の地元」だ。

「みんなが集まってどんないいことを話してるんかと思って近づくと原発の話をしてる。前とは違う」。集落で出会った80代の女性はそう漏らすと、路肩のはき掃除に戻っていった。

傍らには「高浜原発 運転延長反対 音海区」と書かれた看板が立っていた。きっかけは昨年6月に原子力規制委員会が認めた1、2号機の40年超運転。申請の前に説明がなかったと住民らは言う。

「我々はどうでもいいということなんか、と。行動を起こす最初で最後のチャンスやと思ったんです」。自治会代表で旅館を営む児玉巧さん(69)は話す。かつて町議として、地域振興をめぐって共存のための議論を関電としてきた。「自分のことを反原発だなんて言ったことも思ったこともなかった」と振り返る。

だが2011年、東京電力福島第一原発事故が発生。「口には出さないが、誰もが自分の身に置き換えて考えたと思う」

続きは 「地元中の地元」反対訴え 共存40年の地区 高浜原発再稼働

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


4号機、今夕再稼働へ via 毎日新聞

福井県高浜町の関西電力高浜原発4号機(出力87万キロワット)で17日午前、原子力規制委員会が立ち会い、原子炉の制御棒の駆動機能検査が始まった。起動前の最終検査で、順調に進めば同日午後5時ごろ、原子炉を再稼働させる。18日午前6時ごろに核分裂が安定する「臨界」に達し、22日午後2時ごろに発送電を開始する見通し。営業運転は6月中旬の予定。

 高浜4号機は新規制基準に合格し、昨年2月に再稼働した。しかし、直後に電気系統のトラブルで緊急停止。翌3月には大津地裁が運転差し止めの仮処分を決めた。関電が保全抗告し、大阪高裁が今年3月、地裁の仮処分を取り消した。

4号機、今夕再稼働へ

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


原発にペットボトルロケット 発射容疑で男逮捕 via 朝日新聞

福井県警は18日、同県高浜町の関西電力高浜原発の敷地内にペットボトルで作ったロケット状のものを飛ばしたとして、岐阜県大垣市島町の無職河合優容疑者(32)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。

調べでは、河合容疑者は同原発の再稼働が予定されていた17日の午前10時15分ごろ、原発そばの県道から敷地内に向けて、ロケット状に加工したペットボトル2本をそれぞれ発射、警備員や警察官らの業務を妨害した疑い。

2本のうち1本は約100メートル飛び、敷地内に落ちたが、けが人はいなかった。

全文は 原発にペットボトルロケット 発射容疑で男逮捕

Posted in *日本語.

Tagged with , , .