Monthly Archives: December 2011

[video]Firefighters contain nuclear submarine blaze

Posted in *English | Tagged , , | 13 Comments

Iran proposes new round of nuclear talks with 6 world powers as sanctions hit hard via The Washington Post

TEHRAN, Iran — Iran said Saturday it has proposed a new round of talks on its nuclear program with six world powers that have been trying for years to persuade Tehran to freeze aspects of its atomic work that could … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , , | 6 Comments

Russia denies radiation leak in nuclear sub blaze via The Sydney Morning Herald

RUSSIAN President Dmitry Medvedev has ordered an investigation after a nuclear submarine caught fire during repairs in the Arctic, injuring at least nine people. The blaze, believed to have been started by a welding lamp igniting rubbish and wooden scaffolding … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , | 8 Comments

Pakistan, India to exchange nuclear data today via Daily Times

ISLAMABAD: Pakistan and India will exchange lists of nuclear installations and facilities on Sunday, officials said on Saturday. The annual exchange takes place on January 1 every year under an agreement signed in 1988, when the nuclear neighbours undertook not … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 5 Comments

U.S. steps up sanctions as Iran floats nuclear talks via Reuters

(Reuters) – U.S. President Barack Obama signed new sanctions against Iran into law on Saturday, shortly after Iran signalled it was ready for fresh talks with the West on its nuclear programme and said it had delayed long-range missile tests … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 5 Comments

原子力業界が安全委24人に寄付 計8500万円 via asahi.com

東京電力福島第一原子力発電所の事故時、中立的な立場で国や電力事業者を指導する権限を持つ内閣府原子力安全委員会の安全委員と非常勤の審査委員だった89人のうち、班目(まだらめ)春樹委員長を含む3割近くの24人が2010年度までの5年間に、原子力関連の企業・業界団体から計約8500万円の寄付を受けていた。朝日新聞の調べで分かった。  うち11人は原発メーカーや、審査対象となる電力会社・核燃料製造会社からも受け取っていた。  原子力業界では企業と研究者の間で共同・受託研究も多く、資金面で様々なつながりがあるとされる。中でも寄付は使途の報告義務がなく、研究者が扱いやすい金銭支援だ。安全委の委員へのその詳細が明らかになるのは初めて。委員らは影響を否定している。 原子力業界が安全委24人に寄付 計8500万円

Posted in *日本語 | Tagged , , | 5 Comments

核燃サイクル:直接処分コスト隠蔽 再処理固執の果てに via mainichi.jp

使用済み核燃料の直接処分のコスト試算隠蔽(いんぺい)は、結果的に青森県六ケ所村の再処理工場稼働に有利に働くという点で、使用済み燃料受け入れを提案する02年のロシアの外交文書を隠した問題と同じ構図だ。情報公開に背を向けても再処理に固執する「原子力ムラ」の異常とも言える論理が浮かび上がる。今夏をめどに新しいエネルギー政策を打ち出す政府のエネルギー・環境会議には、徹底した情報公開に基づく論議が求められる。  部下に隠蔽を指示した経済産業省資源エネルギー庁の安井正也原子力政策課長(当時)が現在、東京電力福島第1原発事故後の安全確保策作りを進める「原子力安全規制改革担当審議官」という要職を務める点でも問題は深刻だ。安井氏は原子力安全・保安院を経産省から切り離し、4月に原子力安全庁として発足させるための準備にも深く関わっている。データ隠しまで行った原発推進派を、規制というブレーキ役の中心に据えている経産省の姿勢が問われる。 続きは 核燃サイクル:直接処分コスト隠蔽 再処理固執の果てに

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , , | 5 Comments

えっ原発事故に触れないの?!via しんぶん赤旗

 福島県教育委員会が、小中学校で放射線について授業する指導資料を作成し、全校から教師を集めて研修しました。小中学校の教職員で構成する福島県教職員組合は、その教育は「3・11以前と同様の理念に基づく原子力施策擁護・推進にある」とする見解を発表しました。  指導資料は全35ページ。文科省が10月に公表した放射線副読本(小中高それぞれ生徒用と教師用の計6点)と、同県災害対策本部が発行する放射線パンフレットの内容を整理統合して、放射線の影響、利用、防護、測定などの基礎知識を学ぶ内容になっています。 続きは えっ原発事故に触れないの?!

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , , | 6 Comments

紅白ライブ 「ふくしま!ふくしま!」故郷に捧げる叫び 猪苗代湖ズ 舞台裏にもロックの熱 via Yahoo News

15組目には、福島出身のミュージシャン4人でつくる白組の「猪苗代湖ズ」が、「I love you & I need you ふくしま」を万感の思いを込めて歌い上げた。  元の曲は、昨年できていた福島への思いを真っすぐに歌った「アイラブユーベイビー 福島」。震災後、苦しむ故郷・福島のために立ち上がろうとレコーディングされ、配信された。活動による利益の全ては故郷に寄付されている。  ステージに現れたリーダーの箭内(やない)道彦さんは「あと何時間かで新しい年がやってきますが、まだ何も終わっていないんですよ。悔しい思いでいっぱいです。福島のことを忘れてもらわないよう来ました」と胸の内を語った。録音にギタリストとして参加した福山雅治さんが横浜市内のライブ会場から中継で登場し、「今夜は、福島の思いを、日本のみならず世界中に届けてほしい」とエールを送った。 続きは 紅白ライブ 「ふくしま!ふくしま!」故郷に捧げる叫び 猪苗代湖ズ

Posted in *日本語 | Tagged , | 13 Comments

【紅白ライブ】 (12)千昌夫「東北、ガンバッペシ」via MSN産経ニュース

白組32組目には16回目の出場となる千昌夫さんが登場した。被災地の岩手県陸前高田市出身の千さんは、中継で結んだ同級生と言葉を交わした後で、おなじみの「北国の春」を力を込めて歌った。  終演後、千さんは「これだけの国民的な大きな番組で、プレッシャーの中、同級生はよくしゃべってくれた」と、“友情出演”の同級生に感謝。「歌はまあまあですね。気持ちよく歌えた。最後は『東北、ガンバッペシ』と2回言ったからね」と語って笑った。 続きは 【紅白ライブ】 (12)千昌夫「東北、ガンバッペシ」

Posted in *日本語 | Tagged , , | 5 Comments