Skip to content


About/サイトについて

ひらがなをつける | ひらがなをはずす

Welcome to the Atomic Age website

The Atomic Age is an ongoing project that aims to cultivate critical and reflective intervention regarding nuclear power and weapons. This site was launched in preparation for the symposium, The Atomic Age: From Hiroshima to the Present, held at University of Chicago on May 21, 2011. Our goal? To promote reflection on nuclear weapons and nuclear energy together, given that their separation has been axiomatic and defining for the postwar world. As we approached the symposium, catastrophe struck the Fukushima Daiichi nuclear plant on March 11. That crisis convinced us of the urgency of acknowledging that nuclear power plants use the same deadly technology as nuclear weapons. The crisis in Fukushima continues. Monitoring this situation, we update this site with reports on nuclear energy and its twin, the nuclear arsenal. We emphasize Japan and the U.S. but aspire for a global perspective, extending to social, political, cultural, technological, and medical domains.

We provide daily news updates on the issues of nuclear energy and weapons, primarily though not exclusively in English and Japanese via RSS, Twitter, and Facebook. If you would like to receive updates in English only, subscribe to this RSS.

The Atomic Age Project currently consists of the following:

Sarah Arehart (CEAS, University of Chicago)
Norma Field (EALC, University of Chicago)
Michael Fisch (Anthropology, University of Chicago)
So Hye Kim (EALC, University of Chicago)
Aiko Kojima (Sociology, University of Chicago)
Hoyt Long (EALC, University of Chicago)
Chico Masak (Independent Scholar)
Yuki Miyamoto (Religious Studies, DePaul University)
John Person (EALC, University of Chicago)
Tomomi Yamaguchi (Sociology & Anthropology, Montana State University)

アトミック・エイジのサイトへようこそ

アトミック・エイジは核兵器と原発に関連する問題について批判的に考察し、行動につなげていくためのプロジェクトです。このサイトは、2011年5月21日にシカゴ大学で行われたシンポジウム「アトミック・エイジ(核の時代):広島から現在まで」の準備のため、たちあげられました。私たちは原爆(核兵器)と原発を同時に取り上げることで、同じ核産業に属しつつも、私たちの意識上乖離していることの多かったこの二つの問題が、実は同じ近代化の構造の上に成り立っていることを明確にし、それに対して何が出来るかを話し合う場をつくりだすことを目指しています。2011年のシンポジウムの準備段階で不幸にも東北大震災が発生し、福島第一原発の事故が起こりました。予断を許さない状態が続く福島の事故を念頭に、当サイトはこうした原発事故、あるいは世界の原発事情に関連する情報を随時掲載すると共に、核兵器の問題にも関与していきます。

当サイトでは核兵器と原発に関する日本語と英語などのニュースを毎日更新しています。更新情報は RSSツイッター及びフェースブックから受け取ることができます。日本語の更新情報のみを受け取りたい方は、この RSS にご登録ください。

アトミックエイジのプロジェクトには現在、以下のメンバーが関わっています。

サラ・エアハート(シカゴ大学東アジア研究センター)
ソーヘ・キム(シカゴ大学東アジア言語文明学部)
小嶋亜維子(シカゴ大学社会学部)
ジョン・パーソン(シカゴ大学東アジア言語文明学部)
ノーマ・フィールド(シカゴ大学東アジア言語文明学部)
マイケル・フィッシ(シカゴ大学人類学部)
ホイト・ロング(シカゴ大学東アジア言語文明学部)
マサキチトセ(フリー研究者)
宮本ゆき(ドゥ・ポール大学宗教学部)
山口智美(モンタナ州立大学社会学・人類学部)