Skip to content


原発事故 福島の野生ニホンザルに放射性物質の影響か via 毎日新聞

福島県内に生息する野生のニホンザルについて、福島第1原発事故後、成獣の骨髄で血液のもとになる成分が減ったり、胎児の成長が遅れたりしたとする研究成果が米科学誌に相次いで報告された。事故で放出された放射性セシウムを木の皮などの食べ物から取り込んだことなどによる被ばくの影響の可能性があるという。

成獣を調査したのは、福本学・東北大名誉教授(放射線病理学)らの研究チーム。福島第1原発から40キロ圏内にある南相馬市と浪江町で事故後に捕殺されたニホンザルを調べ、成獣18頭で骨髄中の成分を調べ他の地域と比べた。その結果、血小板になる細胞など血液のもとになる複数の成分が減っていた。さらに、一部の成分は、筋肉中の放射性セシウムの量から推定される1日あたりの内部被ばく線量が高い個体ほど、減り方が大きくなっていたという。福本さんは「健康への影響が表れるのかなど、長期的な調査が必要だ」と話す。

また、羽山伸一・日本獣医生命科学大教授(野生動物学)らの研究チームは、福島市が個体数調整のため2008~16年に捕殺したニホンザルのうち、妊娠していたメスの胎児を調べた。原発事故前後の計62頭のデータを比較したところ、事故後の胎児は事故前に比べ、頭の大きさが小さく体全体の成長にも遅れがみられた。母ザルの栄養状態には変化がなく、チームは事故による母ザルの放射線被ばくが影響した可能性があると結論づけた。

続きは 原発事故 福島の野生ニホンザルに放射性物質の影響か

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


原発廃炉の作業員になった「ヤメ暴」――行き場のない人間が辿り着いた場所 via Yahoo Japan ニュース

全基廃炉に向けて、いまなお懸命の作業が続く東京電力の福島第一原発。周辺の汚染された地域では除染作業も続く。その“日本で最も危険な場所”ともいえる現場で働く元ヤクザたちがいる。暴力団への締め付けが厳しくなるなか、ヤクザをやめても仕事はなく、暮らしはままならない。行き場を失った彼らが、生活をするためのよりどころとして辿り着いたのが福島第一原発だった。その“現実”を当事者たちに聞いた。(取材・文=今西憲之、鈴木毅/Yahoo!ニュース 特集編集部)

[…]

「ヤメ暴たちの『再就職』事情」で紹介したように、暴力団対策法や暴力団排除条例などの整備や、捜査当局の取り締まり強化によって、いまやヤクザは「食えない職業」になった。ヤクザをやめた後も、おおむね5年間は暴力団関係者とみなされ、銀行口座開設や住居の賃貸契約などが制限される。仕事にもなかなかありつけない。元ヤクザたちは厳しい現実に直面しているのだ。

それだけに、廃炉や除染の現場は、こうした行き場を失った元ヤクザたちが最後に行き着く場所にもなっている。3次下請けの原発作業員として働く牧野哲夫さん(仮名)が、こんな話をしてくれた。

[…]

危険で敬遠されがちな仕事だからこそ、“社会から放り出された人間”でもお呼びがかかる。「みんなキレイごとを言っていますが、自分たちのようなヤクザ者がいなければ、原発の収束作業はどうにもならなかった」――牧野さんは、そう自負する。

[…]

初めて原発敷地内に入った日のことは、よく覚えている。放射性物質に触れても体に付着しないように白い防護服を着て、手首や足首をテープできつく巻く。顔には全面マスクをつける。

「怖くないといえばウソになります。顔や手足が締めつけられ、じっとしていてもすごい汗。緊張して心臓がバクバクしているのが分かりました。自分みたいな人間が、原発事故の収束作業という、こんな大それた仕事をしていていいのか、と思いましたよ」

そんな疑念もすぐに消えた。作業が終わって着替えるとき、ふと見回すと、あちこちに入れ墨姿が。明らかに小指がない者もいる。

「30人いれば、10人はヤクザ者でした。突っ込んだ話はしませんが、お互いその世界にいたからすぐ分かる。そういう場所なんだ、と思いました」

[…]

しかも、現場での作業は被曝から逃れることはできない。作業員の被曝線量の上限は、国の基準として「1年間で50ミリシーベルト」「5年間で100ミリシーベルト」と決まっているが、1日で1ミリシーベルトを超えることもある。

「つい最近も、仲間が作業中に高濃度の汚染水を全身に浴びてしまった。防護服の上からでもかなりの被曝で、すぐに除染をしたから大事には至らなかったものの、一歩間違えば命にかかわっていた」

さらに厳しいのは、原発作業員の仕事が「割に合わなくなってきている」ことだ。以前に比べて日当は確実に下がっている。1年ほど前には、3次下請けの作業員にも社会保険の加入が義務づけられた。保険料が日当から差し引かれ、「やっていられない」と何人もの仲間が辞めていった。

[…]

それだけに、「多くの元ヤクザたちが、条件の緩い除染作業のほうに流れている」と岸田さんは言う。その状況は、元ヤクザを“斡旋”する側の前出・牧野さんの証言からも裏付けられる。

「今では原発の仕事もすっかり管理が厳しくなって、たとえヤクザをやめていても簡単には入れません。収入も一時期ほどよくないので、周辺地域の除染作業に人を回していますよ。除染作業は原発内の仕事ほどやかましいことを言われない。だから、そっちに人を送ればいい。まだまだビジネスチャンスはあるので、稼がせてもらおうと思っています」

[…]

全文は 原発廃炉の作業員になった「ヤメ暴」――行き場のない人間が辿り着いた場所

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


NUCLEAR FIRE SPECIAL: Woolsey Fire’s Nuke Origins via Nuclear Hotseat

Listen Here:

Audio Player

 

NUCLEAR FIRE – WOOLSEY’S NUKE ORIGINS SPECIAL:

Backgrounder on SSFL nuclear accident – “worse than Three Mile Island”

 

Read more and listen.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


<原発事故>浪江町民 東電と国相手に27日に集団提訴 via 毎日新聞 (YAHOO! ニュース)

 東京電力福島第1原発事故の慰謝料増額を求め、福島県浪江町民約1万5000人が申し立てた国の裁判外紛争解決手続き(原発ADR)が打ち切られた問題で、町民を支援する弁護団は18日、東電と国を相手取り、27日に福島地裁に提訴すると明らかにした。ADRで示された和解案を尊重するとしていた東電が、和解を拒否し続けた「期待権侵害」に対する慰謝料を新たに盛り込むとしている。

この日、福島県郡山市で記者会見した弁護団によると、原発事故のADR打ち切りを受け集団訴訟を起こすのは全国で初めて。原告数は27日の第1次提訴で100人程度を見込んでおり、順次追加で提訴。最大で約2000人になる見通し。

請求するのは(1)避難(2)コミュニティー破壊(3)被ばく不安(4)期待権侵害--への慰謝料。町は昨年3月に帰還困難区域を除いて避難指示が解除されたが、訴訟では住んでいる地域に関わらず、全員で一律の金額を請求する。1人当たりの請求額や総額は未定。事故の責任を明確にするため、国も被告に加える。

町は2013年5月、町民の代理人として、1人あたり月10万円の精神的賠償を35万円に増額するよう求めて集団ADRを申し立てた。申立人は約1万5000人で、町民の約7割に上った。

国の原子力損害賠償紛争解決センターは14年3月、月5万円(75歳以上は最大月8万円)を一定期間上乗せする和解案を提示。町民の代理人としてADRを申し立てた町は受け入れたものの、東電が一律の和解を計6回にわたって繰り返し拒否したため、今年4月に和解手続きが打ち切られた。この間、高齢者など申立人約850人が亡くなったという。

この日は郡山市内で原告団の設立総会が開催された。記者会見で弁護団長の日置雅晴弁護士は「東電は和解案を筋道の通らない理由で拒否している。ADRが強制力を持たないことでないがしろにされている以上、提訴に踏み切ることでしか、町民を救済できない」と意義を説明した。【宮崎稔樹】

[…]

これに対して、町は「古里から追われ、被ばくや避難生活など多種多様な被害で生活環境が変えられたのに、交通事故以下の基準は実態に合わない。町民は等しく被害を受けており、福祉を担う町が主体として申し立てるのは当たり前」として、今年6月に亡くなった馬場有(たもつ)前町長時代の13年5月、町が代理人となりADRを申し立てた。

4月に和解手続きが打ち切られた後も、町と弁護団は町民説明会を開き、提訴の意向や個別ADRの申し立ての意向をアンケートし、約2000人が提訴する考えを示した。訴訟で町は原告ではなく、町民と弁護団をつなげる形でサポートする。

この日の記者会見で原告団長の鈴木正一さん(68)は「ADRに関して国は傍観者で、東電は和解案の受諾拒否を続けて我々を裏切った」と批判。現在の賠償額については「自賠責保険を基に作られたもので常識的な基準ではない。町民の被害の甚大さを訴えていきたい」と語気を強めた。【宮崎稔樹】

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


NUCLEAR FEARS LA ‘at risk’ from toxic radioactive chemicals after it emerges devastating California wildfires started at site of nuclear disaster via The Sun

It has so far destroyed at least 370 homes and forced 170,000 people to evacuate around Los Angeles.

[…]

The California Department of Toxic Substances Control (DTSC) had signed legally binding agreements to clean up the site by 2017 — but as of last month it had not begun the process.

[…]

Contamination experts and campaigners have accused the DTSC of a cover-up after it was was quick to release a statement denying people are at risk.

Around 10 hours after the fire began on Thursday, DTSC said its scientists “do not believe the fire has caused any releases of hazardous materials that would pose a risk to people exposed to the smoke.”

But Melissa Bumstead, whose daughter Grace, eight, has twice survived leukemia that she believes was caused by contamination from the lab, described the fire as her “worst fear realised”.

She told The Sun Online: “The area is contaminated with radioactive waste.

“Plutonium, Uranium, Cesium, Strontium on site, buried only a few feet underground with radiation that would give 9 out of 10 people cancer if they lived there.

“The Department of Toxic Substances Control (DTSC) told us repeatedly that we couldn’t be harmed by the radioactive and chemical contamination.

“Though we have proof that is has for years from ground water, rain runoff and wind.

“Contaminated ash can now reach us and communities hundreds of miles away.”

Melissa has started a petition to try and get authorities to learn up the area, which has so far garnered over 450,000 signatures.

Doctors have also warned that the fire – which destroyed the homes of dozens of celebrities including Robin Thicke, Gerard Butler and Miley Cyrus – may have spewed dangerous chemicals into the air over Los Angeles and Ventura counties.

Dr Bob Dodge, President of Physicians for Social Responsibility Los Angeles, told The Sun Online: “The Woolsey Fire likely released and spread radiological and chemical contamination that was in SSFL’s soil and vegetation via smoke and ash.

“We know what substances are on the site and how hazardous they are.

“We’re talking about incredibly dangerous radionuclides and toxic chemicals such a trichloroethylene, perchlorate, dioxins and heavy metals.

“These toxic materials are in SSFL’s soil and vegetation, and when it burns and becomes airborne in smoke and ash, there is real possibility of heightened exposure for area residents.”

The lab was set up to test rocket engines for the Mercury, Gemini, Apollo and Space Shuttle missions — but became infamous for a series of toxic waste scandals.

In 1959 a sodium reactor had a partial nuclear meltdown just 1,000 yards from where Woolsey Fire appears to have begun.

And in 1994 a chemical blast at the site killed two scientists.

Federal agencies found the company running the lab, Rocketdyne, had been dumping and burning hazardous waste under the guise of fake experiments.

Locals began to notice the area was becoming a hotspot for chronic illnesses — and fears grew that contaminants from the site may have affected the surrounding towns.

[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


California fire near nuclear accident site via Bulletin of Atomic Scientists

By John Mecklin

Call it another sad chapter in the long and depressing book of governmental failures to properly clean up after nuclear research and production efforts. Last week, the Woolsey Fire—one of three major, climate change-charged conflagrations now afflicting California—apparently started on the grounds of the Santa Susana Field Laboratory, located just south of Simi Valley and west of Los Angeles. Closed in 1996, the lab site was home to rocket engine and nuclear reactor research; one of the nuclear efforts—the Sodium Reactor Experiment—led to the partial melt-down of a reactor in 1959 and the release of radioactive material. But as the Los Angeles Chapter of Physicians for Social Responsibility noted, the Santa Susana site is contaminated in a variety of ways: “Decades of nuclear and rocket-engine testing activity, including nuclear reactor accidents and other toxic spills and releases, have resulted in widespread contamination throughout [lab’s] 2,850-acre facility.”

The California Department of Toxic Substances Control (DTSC) quickly announced that it didn’t believe the fire had released significant amounts of toxins. “Our staff were able to access the site Saturday morning and assess damage caused by the fire,” a Tuesday press release said. “We confirmed that the [lab] facilities that previously handled radioactive and hazardous materials were not affected by the fire. Over the weekend our multi-agency team took measurements of radiation and hazardous compounds, both on the site and in the surrounding community. The results from this initial round of testing showed no radiation levels above background levels, and no elevated levels of hazardous compounds other than those normally present after a wildfire.”

[…]

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


Crazy Trains–The Hazards of Radioactive Waste Transport via NEIS

3-minute video of Kevin Kamps of Beyond Nuclear 

Posted in *English.

Tagged with , , , .


放射線被ばくが野生動物に与える影響調査についての関連5学会合同要望書 via Huffpost

国による野生生物への放射線影響調査の対象に、ニホンザルなどの中大型哺乳類を含めることなどを求める要望書を提出しました

2018年11月7日(水)、日本霊長類学会、日本哺乳類学会、日本放射線影響学会、日本野生動物医学会、「野生生物と社会」学会の5つの学会は、合同で、2011年3月に発生した福島第一原子力発電所の事故に関連し、国による野生生物への放射線影響調査の対象に、ニホンザルなどの中大型哺乳類を含めることなどを求める要望書を提出しました。また、同様の要望書を同日付けで福島県に対しても送付しました。

私も、日本霊長類学会の保全・福祉担当理事として、この要望書提出に同行しました。要望書提出ののち、環境省記者クラブにて記者会見を行ないました。新聞社4社(全国紙3社、地方紙1社)と通信社1社が会見に参加してくださいました。

霊長類学会の許可を得て、以下に環境大臣宛て要望書の全文を掲載します。日本霊長類学会のウェブサイトには、福島県宛のもの、また提出した要望書のスキャンデータも公開されています。

(要望書抜粋)

2018年11月7日

環境大臣

原田義昭 殿

日本放射線影響学会 理事長 島田義也

日本哺乳類学会 理事長 遠藤秀紀

日本野生動物医学会 会長 坪田敏男

日本霊長類学会 会長 中道正之

「野生生物と社会」学会 会長 梶光一

放射線被ばくが野生動物に与える影響調査についての要望書

(略)

わたしたちは、福島第一原子力発電所事故被災地に住む、中・大型哺乳類を対象とした研究は、以下の3つの観点から重要であると考えます。

第一に、彼らは広い行動圏を必要とし、葉、果実、樹皮、昆虫等の無脊椎動物、キノコなど、森林内の非常に多様な資源を食物として利用します。したがって、彼らを対象とした研究は、放射性物質の拡散が、森林生態系全体にどのように影響したのかを、総合的に理解する上で、欠かすことができません。

第二に、彼らはヒトと同じ哺乳綱に属し、なかでもニホンザルは、ヒトと同じ霊長目に属し、とくに近縁です。彼らは20年を越えて生き、事故被災地に住む野生動物としてはもっとも長寿で、数十年規模での人体への放射線被ばくの影響を知るモデルとして重要な生物です。過去に起こった海外での原子力発電所事故では、周辺にヒト以外の野生霊長類は生息していませんでした。世界的に見ても、ニホンザルへの影響を解明することの重要性は、極めて大きいといえます。

第三に、野生動物の研究は、被災された住民の方々の生活再建の観点からも重要です。彼らは、住民が避難した地域に侵入して定着し、住民の帰還の妨げとなっています。被災地において野生動物と人間の生活空間を分離し、人々の生活を取り戻すには、彼らの生態を理解することが不可欠であると考えます。

貴職におかれましては、平成24年度から現在に至るまで実施されている「野生動植物への放射線影響に関する調査」等を通じ、被災地での野生動物に関する貴重な資料を蓄積されています。このことを、わたしたちは高く評価します。これらの事業の継続と、研究資料の一層の活用が必要です。しかしながら、先に述べました被災地での中・大型哺乳類を対象とした研究の重要性に鑑みて、対象とされている哺乳類が小型種に限定されていることに懸念を抱いています。放射線被ばくの影響を知るモデル生物としてとくに重要なニホンザルを、モニタリング対象に加える必要があります。

(略)

各学会に所属する研究者は、被災地の野生動物の生態、生理、行動などの生物学的研究、人間と野生動物の関係、放射線被ばくが生物に与える影響などについて、多角的に研究を行ってきました。また、平成24年5月に日本野生動物医学会、日本哺乳類学会、野生生物保護学会(現・「野生生物と社会」学会)、日本霊長類学会が合同で開催した公開シンポジウム「どうなる野生動物!東日本大震災の影響を考える」をはじめとして、それぞれの学会で開催される年次大会等の中で、何度も集会を開催し、この問題について、議論を行ってきました。本年度から文部科学省の共同利用・共同研究拠点として認定された、福島大学環境放射能研究所、筑波大学アイソトープ環境動態研究センター、弘前大学被ばく医療総合研究所、日本原子力研究開発機構福島環境安全センター、国立環境研究所福島支部、量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所福島支援本部、の計6研究施設による、放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点についても、文部科学省へ認定の要望書を提出するなどして、連携しています。また、被災地での調査・保全活動に対する研究に対して、資金援助を行った学会もあります。

(略)

要望

1. 現在実施されている「野生動植物への放射線影響に関する調査」を今後も継続するとともに、ニホンザルなどの中・大型動物を調査対象に加えること。

2. 福島第一原子力発電所被災地で実施されている、国、地方自治体、大学等研究機関の研究成果をまとめ、森林環境中および野生動物の体内の放射線セシウム含有量などの重要な一次資料を網羅的に閲覧できる仕組みを国が構築し、官民一体の取り組みを一層推進すること。

全文は放射線被ばくが野生動物に与える影響調査についての関連5学会合同要望書 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Hiroshima A-bomb survivor: Yoshinori Kato regrets failing to save the lives of trapped schoolchildren via The Japan Times

Words of regret run repeatedly through the mind of Yoshinori Kato: “I’m sorry I couldn’t save you.”

On Aug. 6, 1945, when the city of Hiroshima was hit by a U.S. atomic bomb, Kato, now 90 but who was 17 at the time, said he desperately tried to rescue children who were trapped under the collapsed building of Danbara National School (now Danbara Elementary School). However, he had no choice but to leave the children behind as raging fires closed in.

Before then, Kato was a first-year student at the Hiroshima Technical Institute (now Hiroshima University). But classes were suspended because of the war; instead, he was mobilized to work at the Kure Naval Arsenal, an assignment that lasted until July 1945.

[…]

Kato and his friends began walking toward his house. Along the way, they came across many survivors who were nearly naked and had bloated faces. “No one really knew what happened,” he said.

Fire was blazing so fiercely around his house that he could not approach it. Suddenly, a man — a teacher from Danbara National School — grasped him by the hand. When Kato reached the school, he saw seven or eight children trapped under the collapsed school building. There were flames right above them.

Kato and his friends tried to pull them out, but they cried out in pain because their bodies were wedged inside the wreckage. He told them to hold on. “We didn’t want to give up, but the fire was merciless. In the end, I gave some water to a girl then had to leave her.”

Kato and his friends were able to save only one child. “When we arrived at the (school’s) East Drill Ground, we were in a complete daze,” he said.

Before dusk fell, he began walking toward his house through a garden called Sentei (now known as Shukkeien Garden). It was hell. “There were countless bodies, their heads in the pond,” he said. He followed the river, which had little water in it, until the Kyobashi Bridge, and there he came across his aunt.

[…]

Thinking that he should tell people what happened to the students at Danbara National School, Kato drew pictures of them based on his memories. Around 30 years after the atomic bombing, he began offering prayers at the elementary school on Aug. 6, though he did not tell anyone about it.

Half a century after the bombing, he sent a letter to the school, describing his experience, then started sharing his account with the students there. To remember the victims, he donated a statue of Jizo, the guardian of children, and had it placed at the site where he could not save their lives.

Due to his advancing age, this year he had to stop speaking to students about his experience. “But if children pass on my account to the generations that follow, I think the victims will be pleased,” he said, placing his hands together in prayer for a world where no more lives will be lost in such a way.

Read more at Hiroshima A-bomb survivor: Yoshinori Kato regrets failing to save the lives of trapped schoolchildren 

Posted in *English.

Tagged with , , .


Toshiba’s UK withdrawal puts Cumbria nuclear plant in doubt via BBC

[…]

Toshiba’s decision will dent the UK’s plans to develop new nuclear power stations.

Unions have criticised the government for failing to intervene and ensure the project went ahead.

The Japanese firm said it would start the wind-up process in January.

“After considering the additional costs entailed in continuing to operate NuGen, Toshiba recognises that the economically rational decision is to withdraw from the UK nuclear power plant construction project, and has resolved to take steps to wind-up NuGen,” the Toshiba statement said.

Korea Electric Power Corporation (Kepco) had been a preferred bidder to take over the nuclear power plant project, but those talks fell through after more than a year of negotiations.

[…]

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .