Skip to content


‘It’s like the embers in a barbecue pit.’ Nuclear reactions are smoldering again at Chernobyl via Science

By Richard Stone

Thirty-five years after the Chernobyl Nuclear Power Plant in Ukraine exploded in the world’s worst nuclear accident, fission reactions are smoldering again in uranium fuel masses buried deep inside a mangled reactor hall. “It’s like the embers in a barbecue pit,” says Neil Hyatt, a nuclear materials chemist at the University of Sheffield. Now, Ukrainian scientists are scrambling to determine whether the reactions will wink out on their own—or require extraordinary interventions to avert another accident.

Sensors are tracking a rising number of neutrons, a signal of fission, streaming from one inaccessible room, Anatolii Doroshenko of the Institute for Safety Problems of Nuclear Power Plants (ISPNPP) in Kyiv, Ukraine, reported last week during discussions about dismantling the reactor. “There are many uncertainties,” says ISPNPP’s Maxim Saveliev. “But we can’t rule out the possibility of [an] accident.” The neutron counts are rising slowly, Saveliev says, suggesting managers still have a few years to figure out how to stifle the threat. Any remedy he and his colleagues come up with will be of keen interest to Japan, which is coping with the aftermath of its own nuclear disaster 10 years ago at Fukushima, Hyatt notes. “It’s a similar magnitude of hazard.”

[…]

The concrete-and-steel sarcophagus called the Shelter, erected 1 year after the accident to house Unit Four’s remains, allowed rainwater to seep in. Because water slows, or moderates, neutrons and thus enhances their odds of striking and splitting uranium nuclei, heavy rains would sometimes send neutron counts soaring. After a downpour in June 1990, a “stalker”—a scientist at Chernobyl who risks radiation exposure to venture into the damaged reactor hall—dashed in and sprayed gadolinium nitrate solution, which absorbs neutrons, on an FCM that he and his colleagues feared might go critical. Several years later, the plant installed gadolinium nitrate sprinklers in the Shelter’s roof. But the spray can’t effectively penetrate some basement rooms.

[…]

The threat can’t be ignored. As water continues to recede, the fear is that “the fission reaction accelerates exponentially,” Hyatt says, leading to “an uncontrolled release of nuclear energy.” There’s no chance of a repeat of 1986, when the explosion and fire sent a radioactive cloud over Europe. A runaway fission reaction in an FCM could sputter out after heat from fission boils off the remaining water. Still, Saveliev notes, although any explosive reaction would be contained, it could threaten to bring down unstable parts of the rickety Shelter, filling the NSC with radioactive dust.

[..]

The resurgent fission reactions are not the only challenge facing Chernobyl’s keepers. Besieged by intense radiation and high humidity, the FCMs are disintegrating—spawning even more radioactive dust that complicates plans to dismantle the Shelter. Early on, an FCM formation called the Elephant’s Foot was so hard scientists had to use a Kalashnikov rifle to shear off a chunk for analysis. “Now it more or less has the consistency of sand,” Saveliev says.

Ukraine has long intended to remove the FCMs and store them in a geological repository. By September, with help from European Bank for Reconstruction and Development, it aims to have a comprehensive plan for doing so. But with life still flickering within the Shelter, it may be harder than ever to bury the reactor’s restless remains.

Read more at ‘It’s like the embers in a barbecue pit.’ Nuclear reactions are smoldering again at Chernobyl

Posted in *English.

Tagged with , , .


写真家の森下一徹氏死去 via Reuters

 森下 一徹氏(もりした・いってつ=写真家)4日午後11時28分、肺炎のため東京都の病院で死去、81歳。

(略)

 広島、長崎の被爆者や、米国のビキニ水爆実験で乗組員が被ばくしたマグロ漁船「第五福竜丸」事件の写真を撮り続けた。NPO法人「世界ヒバクシャ展」前代表。

全文は写真家の森下一徹氏死去

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


‘Ongoing threat.’ Groups demand action on leaking Hanford nuclear waste tank via Tri-City Herald

By Annette Cary

RICHLAND, WA

The newly discovered leak in another of Hanford’s aging tanks storing radioactive waste does not appear to threaten the health of Washington people in the near term, said Gov. Jay Inslee.

[…]

But groups from Seattle to the Tri-Cities that follow Hanford closely spoke out after the public was told Thursday about the leak.

Demands ranged from immediately emptying the tank to building better storage tanks for waste to a pilot project that could get more waste treated soon.

DOE notified the state Thursday that the tank was leaking, after investigating that possibility since March 2019.

Estimates of the amount of waste that have leaked vary, but the Department of Ecology puts it at a rate of nearly 1,300 gallons per year with an estimated 1,700 gallons leaked into the soil since March 2019.

[…]

Tank B-109 has been in use since World War II and currently holds about 123,000 gallons of waste, including about 15,000 gallons of liquid waste.

Hanford is left with 56 million gallons of mixed radioactive and other hazardous chemical waste from the past production of two-thirds of the nation’s plutonium for its nuclear weapons program during World War II and the Cold War.

Work is underway to empty waste from leak-prone single-shell tanks into 27 newer double-shell tanks until it can be treated for permanent disposal.

As DOE works to start turning some of the tank waste into a stable glass form for disposal at the Hanford site’s $17 billion vitrification plant by the end of 2023, space is running short in the double-shell tanks.

“We should not wait any longer to build more tanks because it takes about 6 years to design and build a new tank,” Hanford Challenge, a Seattle-based advocate for Hanford workers, said in a statement. “How many more tanks will leak in that timeframe?”

This new leak of B-109 puts a spotlight on the need for Congress and DOE to act immediately to increase funding for cleanup and design and build new tanks, it said.

DOE has resisted building more double-shell tanks, saying Hanford’s cleanup budget is better spent on work to dispose of the waste.

The Tri-City Development council agrees.

“The permanent solution is to get the waste out of the tanks and treat it — that needs to be the priority,” said David Reeploeg, TRIDEC vice president for federal programs. “Constructing new tanks at this point would only kick the can down the road and divert limited funds away from actual cleanup.”

GROUNDWATER RISK

“There’s no such thing as a small leak from a high-level nuclear waste tank,” said Gerry Pollet, Heart of America Northwest director. “Contamination will reach groundwater which flows to the Columbia River.”

DOE said that waste leaking into the soil from Tank B-109 would take 25 years to reach groundwater. It is in an area already contaminated from the disposal, spills and previous leaks of waste and contaminated liquids of about 52 million gallons.

About 57 of Hanford’s single-shell tanks are suspected of leaking or spilling radioactive waste into the ground in the center of the site in the past and disposing of contaminated liquids into the soil was an excepted past practice.

[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , .


Leçons de Fukushima Entretien Bruno Chareyron 日本語字幕付via Nos Voisins Lointains 3.11

Vidéo éditée et sous-titré en japonais de l’interview de Bruno Chareyron de la CRIIRAD

Arriver dans des zones aussi contaminées et voir qu’on y laisse vivre les enfants

東電福島第一原発事故由来の放射能による環境汚染、被ばくの測定について、フランスの市民団体2つが深く関わっています。ノルマンディーに本拠があるアクロ(ACRO)と南仏に位置するクリラッド(CRIIRAD)です。

Deux associations françaises sont profondément impliquées dans les mesures de la contamination de l’environnement par la radioactivité et de l’exposition de la population suite à l’accident nucléaire de TEPCO Fukushima Daiichi : l’ACRO en Normandie et la CRIIRAD dans le sud de la France.

クリラッド(放射能独立調査情報委員会)はリヨン市の南のヴァランス市にあります。ローヌ河沿いに原発施設が密集している地帯です。1986年のチェルノブイリ原発事故の際、フランス政府の提供する情報と住民の放射線防護の欠如に疑問を持った市民が立ち上げたものです。独立とは、政府、政党、産業から独立しているという意味です。
ヨーロッパ以外にベラルーシ、ウクライナ、ロシア、アフリカ諸国、アメリカ合衆国、ブラジルでも測定調査を行っています。

La CRIIRAD (Commission de Recherche et d’Information Indépendantes sur la RADioactivité) est située à Valence dans une région au bord du Rhône, extrêmement nucléarisée. Elle a été créée suite à l’accident de Tchernobyl par des citoyens qui se sont rendu compte du manque de capacité et moyens des autorités françaises pour informer correctement et protéger les habitants. « Indépendantes » signifie indépendance vis-à-vis des autorités, des partis politiques et des industries. La CRIIRAD a effectué des mesures en Europe mais aussi en Outre-mer  (Polynésie française), en ex URSS (Biélorussie, Ukraine, Russie), en Afrique (Algérie, Gabon, Malawi, Mali, Namibie, Niger), et en Amérique (USA, Brésil).

[…]

Nos voisins lointains

Posted in *日本語, Français.

Tagged with , .


<東海第二原発 再考再稼働>(27)周辺開発 村は見直しを 茨城大名誉教授・乾康代さん(67) via東京新聞

三月十八日、水戸地裁の建物から原告団の弁護士らが飛び出して「勝訴」の旗を広げたのを見て、胸が震えた。日本原子力発電東海第二原発(東海村)で事故があれば、周辺に住む九十四万人が避難することはそもそも無理だろう、だから再稼働してはいけない−という判断は至極まっとうだ。 東海村は、村民が再稼働問題などを話し合う「自分ごと化会議」を開催しているが、山田修村長自身がこの判決を「自分ごと化」しなければならない。原発周辺の開発規制を緩め、住宅地をどんどん作ってきた責任が村にはある。

[…]

原子力委員会が一九六四年に制定した「原子炉立地審査指針」は、原発を建設する前提として、周辺は「非居住区域」、その外側は「低密度人口区域」であることを求めている。東海第二と同じ敷地にある東海原発(六〇年着工、廃炉中)は、指針制定前に見切り発車で立地が認められたが、東海第二の立地は指針に基づいたものだ。 だが、原発からどれくらい離れたところまでが「非居住区域」「低密度人口区域」なのかは定義されず、一度審査を通れば、その後にどんなに周辺人口が増えても放置されてきた。指針は原発推進機関である原子力委の「内規」にすぎず、一度も改訂されることなく形骸化していった。 東海・東海第二原発周辺の人口増加を食い止めるには、村(六八年の新都市計画法施行前は県)が「非居住区域」「低密度人口区域」を維持するような都市計画を立てるべきだった。だが、村では急速に集積が進んだ原子力関連施設や日立製作所関係の住宅需要が拡大。強い開発推進圧力の中、まともな規制は一切してこなかった。 その結果が現在の「三十キロ圏内の人口九十四万人」だ。都市計画規制なき原発立地は「東海モデル」として全国に広まった。 東京電力福島第一原発事故後に施行された新規制基準も、既存原発を立地審査の対象とはしなかった。あらためて審査すれば、国内の全ての原発が廃炉に追い込まれたからだろう。 水戸地裁判決は立地審査指針にも言及しているが、原子力規制委員会が立地審査を採用していないことに関しては「疑問がある」と述べるにとどめた。有名無実化している指針について、もっと厳しく指摘しても良かったのではないか。 もちろん、東海第二周辺の家を今すぐ壊して村民に引っ越してもらうことなどできない。だが東海村には、開発規制を怠った結果、原発周辺の村民を事故のリスクにさらしている責任がある。今後は、空き家や空き地が出たらそこにはもう住めないようにして、少しずつでも原発敷地から住宅地をセットバック(後退)させていくことを考えるべきだ。 山田村長はまずひとこと、「開発のあり方を見直す」と言ってほしい。それが水戸地裁判決を「自分ごと化」する第一歩になる。 (聞き手・宮尾幹成)<いぬい・やすよ> 1953年、奈良県生駒市生まれ。大阪市立大大学院で博士取得。2001〜19年に茨城大教育学部助教授、准教授、教授を務めた。専門は住居計画、都市計画。新建築家技術者集団代表幹事。単著に「原発都市 歪(ゆが)められた都市開発の未来」、共著に「原発『廃炉』地域ハンドブック」など。水戸市在住。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


Radiation Leak at FedEx Facility After Damaged Package Discovered via Newsweek

BY ANDERS ANGLESEY

Firefighters raced to a German FedEx facility after radioactive material leaked from a damaged package.

Crews arrived at the FedEx depot after they were alerted that a radioactive package had been discovered at the site on Tuesday morning.

According to German media, the 15ins by 23ins package with a hazardous substances warning was found by an employee who quickly told senior bosses.

[…]

Christoph Hartmann, the press spokesperson for the Würzburg Fire Brigade, told the outlet the employees were given medical care and checked for any injuries.

He added there was no trace of increased radiation exposure and that they were referred to a doctor for further examination before they will be able to return to work.

Read more at Radiation Leak at FedEx Facility After Damaged Package Discovered

Posted in *English.

Tagged with , , .


フランス電力がインドで原発計画を推進 世界最大規模 via 産経新聞

フランス電力(EDF)が世界最大規模となるインド西部ジャイタプールの原発計画の実現に向け、詳細案を同国側に提示した。フランス側は東京電力福島第1原発事故の影響で一時停止した計画を推進し、自国産業の再活性化につなげたい考えだが、地元では激しい反対運動も行われてきた。

 EDFの案では、新型の欧州加圧水型炉(EPR)を6基設置し、出力計960万キロワットで7千万世帯の年間電力消費を賄う。EDF側が技術的調査を行い、原子炉やタービンを提供する一方、全て完成するには約15年かかると見込まれる建設のほか、原発の運営はインド原子力発電公社が担う。

続きはフランス電力がインドで原発計画を推進 世界最大規模

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Flint residents affected by water crisis may be getting exposed to harmful radiation via Detroit Free Press

Paul Egan

First, Flint residents were exposed to toxic lead.

Now, there are concerns many could be exposed to harmful radiation through bone scans as they seek to document their exposure to lead and secure their shares of a $641.25 million settlement of civil lawsuits arising from the Flint water catastrophe.

[..]

But Hanna-Attisha, a professor at Michigan State University College of Human Medicine in Flint whose analysis of Flint blood testing helped to expose the Flint water crisis, does not recommend bone scans for children. She says the risk, even if low, comes without benefits. And she described as “maddening” news that the scanner was used over the weekend on a pregnant woman.

[…]

Amber Stebbins, a Flint-area woman who is 28 weeks pregnant, told the Free Press she was given a bone scan Sunday at the Flint clinic run by the Napoli Shkolnik law firm and was never asked whether she was pregnant or given a lead shield or other form of protection.

“I’m not in the medical field,” said Stebbins. “I don’t know if it’s going to affect my child.”

Bone scans are not routinely performed on or recommended for pregnant women, because of concerns about exposing the fetus to radiation.

[…]

Two medical experts cited by the attorneys, Dr. Michael Weitzman, a professor of pediatrics and environmental science at New York University, and  Aaron Specht, a research associate at Harvard with a doctorate in medical physics, did not respond to emails from the Free Press on Tuesday.

But Paul Napoli, a New York attorney whose law firm owns the portable scanner, said in a Tuesday email the fetus would receive no radiation because the dose is restricted to a 1-centimeter area of the lower leg.

[…]

The other two lead attorneys involved in the case, who are designated the co-class counsel, Michael Pitt of Royal Oak and Theodore Leopold of Florida, filed a motion March 1 asking Levy to temporarily halt the bone scans.

Pitt and Leopold cited concerns about lack of access to the bone scan equipment by clients represented by other attorneys and a lack of transparency about what approvals the portable equipment had received. The portable scanner did not appear to have approval from the U.S. Food and Drug Administration as a medical device, and the court should ensure its use is “legally permissible based on findings of safety and efficacy made by a regulatory agency with the requisite authority,” the court filing said.

But Pitt and Leopold withdrew the motion later that day after a hearing with Levy, to which Cuker was not invited, and which includes a 26-minute time span that was “off the record” and not included in the transcript.

Read more at Flint residents affected by water crisis may be getting exposed to harmful radiation

Posted in *English.

Tagged with , , .


元裁判長が示した「原発の耐震性」衝撃のデータとは via 毎日新聞

元裁判長が語る原発の不都合な真実(2)

 福井地裁裁判長として、2014年5月に関西電力大飯原発の運転差し止め判決を出した元裁判官の樋口英明さん(68)は、オンラインの講演会で「電力会社が最も国民に知られたくない事実」について語り始めた。

(略)

停電と断水を防ぐには

 新規制基準は地震の強さを加速度で示す単位「ガル」を重視している。樋口さんは「原発は停電、断水してはなりません。そこで配電と配管の耐震性が重要になります」と説明し、具体的な数値を示した。

 それは衝撃的な数値だった。震度6はおよそ700ガル、震度7は1500ガル以上となるが、「大飯原発の耐震設計基準は当初405ガル、私が判決を出した時は700ガルで、今は856ガル」という。

これは一般住宅と比べてどうなのか。樋口さんは「三井ホームの住宅の耐震設計は5115ガル、住友林業は3406ガル。実際に鉄板の上で住宅を揺さぶる実験をして、ここまで大丈夫でした。これに対して原発の基準は上げたところで、この程度。ハウスメーカーの耐震性よりもはるかに低い。だから、とてつもなく危ないのです」という。

電力会社は反論

 「原発は関東大震災クラスの地震にも耐えられるというつもりで造ったんです。昔は1000ガル以上の地震はないと思われていたんですが、2000年以降に実際に測ってみると、1000ガル以上なんて当たり前で、3000ガル、4000ガルの地震もある。原発は見当はずれの低い耐震性で造られていたことが判明したのです」

大飯原発の場合、「基準地震動(原発の耐震設計の目安)である700ガル以上の地震が原発を襲うと、配管が壊れて断水したり、配電関係が壊れて停電したりする危険があり、震度7に当たる1500ガル以上の地震だと絶望的になる。巨大地震だけでなく、平凡な地震でも危ない」というのが、樋口さんが運転差し止めの判決を出した理由だ。

 これに対して、電力会社は「原発は固い岩盤の上に建っている。一般の住宅が建つ地表は岩盤より揺れがはるかに大きく、比較はできない」と反論する。「岩盤の上に建つ原発の敷地内には震度6や7の地震は来ない」とも主張する。

全文は元裁判長が示した「原発の耐震性」衝撃のデータとは

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


【検証・廃炉】汚染水対策、道半ば 実態伴わぬ「コントロール」 via 福島民友

「状況はコントロールされている。私たちは決して東京にダメージを与えない」。2013(平成25)年9月7日、ブエノスアイレスで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)の総会。2020年夏季五輪招致を巡る最終プレゼンテーションで、首相だった安倍晋三は、東京電力福島第1原発の汚染水への対応についてこう発言した。

 11年3月の原発事故後、喫緊の課題は溶け落ちた核燃料(デブリ)を冷却することだった。海水も含め大量の水が原子炉内に注入された。このほか、地下水や雨水が建屋内に流れ込み、デブリなどの放射性物質に触れ汚染水になっていた。政府は12月に原子炉の「冷温停止状態」を宣言し、最悪の時期を脱したかのように見えた。

 ただ、日々増える汚染水への対応は進まなかった。建屋からくみ出し、地下貯水槽や地上タンクに貯蔵することになったが、13年にトラブルが頻発する。4月に地下貯水槽からの漏えいが発覚。7月には東電が建屋から海洋に汚染水が漏れ出していることを認めた。さらに8月には、タンクから高濃度の汚染水300トンが流出する事故が起きた。

 タンクは急場しのぎで造った、鋼板をボルトで締める形式だった。東電の管理体制のずさんさも明らかとなり、汚染水問題は内外の関心事となった。折しも五輪招致はヤマ場を迎え、汚染水問題はマイナス要因に他ならなかった。政府は9月3日、原子力災害対策本部会議を開き、汚染水に対する基本方針を策定する。

 安倍がIOC総会で発言したのは、このわずか4日後。効果があったのか、東京での五輪開催が決定した。ただ、現実には汚染水問題は解決されておらず、本県を中心に疑問の声が上がった。安倍の発言は「国際的な公約」のような玉虫色の政治的発言と解釈された。

 その後、汚染水は多核種除去設備(ALPS)で浄化された「処理水」としてタンクに貯蔵され続けることになった。処分の必要性が議論されたが、確実に起こる風評影響を懸念し動きは鈍かった。今年4月になり、首相の菅義偉が突如、海洋放出を決断する。全国漁業協同組合連合会(全漁連)などの関係者は納得しておらず、タンク貯蔵容量の切迫に追い込まれた「合意なき政治決断」といえる。

 水問題の一定の出口戦略は見えたが、雨などで汚染水は今も発生している。ALPSで浄化を続ける限り、放射性物質を含んだ汚泥(スラリー)などの「水処理2次廃棄物」が増え続ける。これらの廃棄物の処分方法は決まっていない。抜本的な解決策と考えられる「汚染水を発生させない」という言葉は、政治の表舞台に現れない。(文中敬称略)

発生する汚染水、2020年は1日平均140トンまで減少

 2014年度は平均で1日約470トン発生していたが、陸側遮水壁やサブドレン(井戸)を組み合わせた対策を施したことで、20年の平均は1日約140トンまで減少している。

 政府の廃炉に向けた工程表「中長期ロードマップ」では、汚染水の発生量を25年内に1日当たり100トン以下にすることを目標にしている。

 東京電力によると、今後考えられる対策として、原発事故で破損した建屋の屋根などを補修して雨水の流入を防ぐことを検討しているという。

 一方、汚染水を多核種除去設備(ALPS)などを使って浄化すると、その過程で放射性物質を含んだ汚泥(スラリー)や吸着塔などの「水処理2次廃棄物」が増え続ける。東電の試算によれば、10年後には吸着塔換算で約6200基分となる見通しだ。

 また、現在タンクに保管している水を海洋放出するだけでも相当の時間がかかる。放出に区切りを付け、廃棄物の発生を減らすためにも、廃炉全体のリスクとバランスを取りながら、建屋と地下水・雨水を切り離す抜本的な対策を取ることが求められる。

[…]

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , .