Skip to content


デタラメの限りを尽くし原発再稼働を進める国家的犯罪 via 日刊ゲンダイ

(抜粋)

投じられた国費は当初計画の350億円からアレヨアレヨと膨らみ、すでに1兆2000億円とベラボーな金額になっている。稼働停止中でも年間維持費に 200億円もかかっているというから、もっと早い時期に廃炉にすべきだったのに、何だかんだと屁理屈をつけてダラダラと事業が引き延ばしされてきたのだ。 ニッチもサッチもいかなくなって廃炉の方針を固めたのだろうが、日本原子力開発機構の試算だと、廃炉しても今後30年間で3000億円が必要という。1 ワットの発電もできない施設に数千億円もの国費を負担し続けなければならないなんて冗談じゃない。

原子力市民委員会の委員で、原子炉技術者の後藤政志氏はこう言う。

「『もんじゅ』で(冷却材として)使われるナトリウムは水や空気と触れると爆発する危険な物質な上、仮にトラブルが起きても一般の原発と違って原子炉内に 『不活性ガス』という特殊ガスが使われているので作業員は近づくことができない。非常にリスクが高い施設で、私はずっと本稼働は不可能と言ってきました。 高速増殖炉の技術開発は難しく、英国やドイツはとっくに手を引いているのに日本だけがこだわった。事業を推進してきた文科省が責任を問われるのを避けるた め、やめなかったからです」

(略)

■「核燃料サイクル」は幻想。カネをふんだくる詐欺師の手口と同じ

「もんじゅ」の廃炉方針を打ち出した安倍政権は正義漢ヅラしているが、この政権はナ~ンにも分かっちゃいない。相変わらず「核燃料サイクル」に固執してい るからだ。ウランとプルトニウムを取り出すための青森・六ケ所村再処理工場は93年の着工以来、2兆円もの建設費用が投じられたが、完成時期は20回以上 も延期され、本格稼働のめどは立っていない。もはや「核燃料サイクル」の破綻は明らかなのに、安倍政権は「核燃料サイクルを推進するとともに、高速炉の研 究開発に取り組む」として、新たに「高速炉開発会議(仮)」の設置を決めた。

あらためて「核燃料サイクル」の仕組みを検討するというのだが、この会議のメンバーは経産相、文科相のほか、原子力機構や原発メーカーだ。何のことはな い。「原子力ムラ」のメンメンである。つまり、大失敗した「もんじゅ」や「六ケ所村再処理工場」に代わる新たなカネの受け皿をつくろう――というワケだ。 巨額の税金をドブに捨てることになった責任に頬かむりしているどころか、さらに税金をふんだくるための看板掛け替えを画策しているのだからフザケている。 前出の後藤政志氏は、「『核燃料サイクル』は幻想」と言い、こう続ける。

「『もんじゅ』や『六ケ所村』の失敗は日本の原子力行政が50年、60年と積み上げてきた結果です。その反省もなく、この手がダメなら、次はこの手でカネをブン捕ろう、なんて詐欺師の手口です。

(略)

凍土壁が破綻した福島原発廃炉費用を国民にツケ回し

安倍政権の国家ぐるみの“犯罪”とも言うべき原発行政のデタラメは、これだけじゃない。福島原発の汚染水対策と称して進められている凍土壁も大問題だ。 東京電力は3月から、1~4号機を覆う「氷の壁」の凍結を始めたものの、汚染水の発生量は1日約400トンで凍結前とほとんど変わっていない。地下水の流 れが速く、凍結できない部分があるためだ。今夏の東日本地方への台風直撃時には、凍結部分の一部が溶ける事態も起き、原子力規制委員会の外部有識者が「破 綻している」と断言している。

(略)

委員会のオブザーバーに東電ホールディングスの広瀬直己社長が名を連ねているなんて頭がクラクラしてしまう。国も東電も無軌道この上ない。

(略)

新潟・柏崎刈羽原発の再稼働に反対し続けてきた泉田裕彦・新潟県知事が突然、知事選への出馬を断念したのが典型だろう。泉田知事を長く取材しているジャーナリストの横田一氏はこう言う。

「『原子力ムラ』はあらゆる手を使って反原発を唱える知事、市長などを引きずり降ろしにかかっています。泉田知事の場合、地元紙が一役買ったと言われていますが、これは6月に辞職を表明した鹿内博・青森市長のケースと『同じ』と言われています」

鹿内市長は「脱原発をめざす首長会議」のメンバーで、六ケ所村再処理工場に反対していた人物だ。ところが地元紙が突然、三セクをめぐる赤字問題を執拗に 批判し始め、辞職に追い込まれた。泉田知事が知事選出馬を取りやめる原因になったのも、三セクの問題が発端だったが、単なる偶然とは思えない。

全文は(要会員登録)デタラメの限りを尽くし原発再稼働を進める国家的犯罪

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


[HERALD INTERVIEW] Nagasaki atom bomb survivor urges denuclearization of world via The Korean Herald

TOKYO — More than 70 years later, Terumi Tanaka can still relive the havoc wrought on his hometown Nagasaki, which was flattened by a plutonium bomb unleashed from a United States Army Air Forces plane.

At around 11 a.m. on Aug. 9, 1945, Tanaka was at his home some 3.2 kilometers away from the hypocenter of the atomic blast, when he heard a “loud bang” and immediately fell unconscious.

“Everything was instantly blown away in a storm,” the 84-year-old Japanese man told The Korea Herald in Tokyo last week. “I survived because I was lying down on the floor. However, five out of my six relatives died, some instantaneously from the raging inferno, some slowly from putrefying burns.”

Ahead of the international day for the total elimination of nuclear weapons on Sept. 26, designated by the United Nations in 2014, the secretary-general of the Japan Confederation of Atomic and Hydrogen Bomb Sufferers’ Organization, also known as Nihon Hidankyo, warned of the indelible consequences of pursuing nuclear arms and energy.

There are more than 15,000 nuclear weapons in the world, with the US and Russia possessing 93 percent of them, according to anti-nuclear organization the Ploughshares Fund. The arsenals are a thousand times more destructive than the bombs dropped on Hiroshima and Nagasaki.

The bombshell dropped on Nagasaki, dubbed “Fat Man,” killed 74,000 people, roughly half the number that had perished from Hiroshima three days earlier. There are currently over 174,000 survivors — called “hibakusha” in Japanese — of the apocalyptic events in Japan and several thousands more worldwide.

Along with civic organizations such as Japan NGO Network for Nuclear Weapons Abolition and Peace Boat, Nihon Hidankyo has shepherded anti-nuclear calls around the world since it was established in 1956. It has participated in international conferences, street rallies and speaking tours, urging the total abolition of nuclear weapons, state compensation for their injuries, enhancement of government policies and relief measures, and solidarity with nuclear victims around the globe.

[…]

As part of the San Francisco Peace Treaty in 1951, Tokyo renounced its right to claim damages from the nuclear bombardments from Washington. The hibakushas were deprived of their health, disadvantaged in employment and discriminated against by society, according to Nihon Hidankyo.

However, the legacy of Hiroshima and Nagasaki became the subject of national discourse following the radiation exposure and death of Japanese fishermen who were affected by America’s nuclear weapons testing in the Pacific Ocean.

[…]

According to analysts, some 50,000 Koreans are thought to have lived in Hiroshima and 20,000 in Nagasaki during the attack, out of which roughly 30,000 and 10,000 are estimated to have died.

Most of Nagasaki’s Korean victims, who came from Hapcheon County in South Gyeongsang Province, were forcibly conscripted for backbreaking labor in wartime factories. The survivors returned home after the war to establish an organization similar to Nihon Hidankyo, with which the Japanese side maintains close contact.

[…]

“I believe Japan must also consider peaceful diplomacy with North Korea,” Tanaka argued. “As a personal opinion, a peace treaty between Pyongyang and Washington could stabilize the situation.”

On relations with South Korea, he asserted that Japan — both a casualty of history as well as aggressor — has the moral responsibility to offer the olive branch.

“Colonial Japan had caused great harm and suffering on the peoples of Asia throughout the first part of the 20th century,” he contended. “We should never forget this part of our history. However, the younger generations aren’t well aware of the past due to our government’s lukewarm attitude and our education’s passive, pacifist curriculum.”

Highlighting the importance of contrition through education, the secretary-general also advised Korea not to perceive the whole of Japan in a negative light.

“The government or policy could be overly nationalistic, but this doesn’t mean that all Japanese people are on board with it,” he said.

[…]

“It is highly irresponsible to use nuclear energy in a country with frequent earthquakes,” the professor contended. “As we have witnessed in Fukushima, it is impossible to perfectly engineer for all possible disasters. In the event of a meltdown, the financial gains accrued from operating a power plant can be wiped out in repairing the damage.”

Mentioning that the toxic nuclear waste must be sealed off underground for over 100,000 years, Jacobs emphasized that “nuclear energy is unfeasible with peaceful, equitable and sustainable development.”

“No society can confidently claim it is protecting its future generations from the danger of nuclear power,” he said. “Nuclear energy creates liabilities that last for thousands of generations. Spent nuclear fuel will remain poisonous for hundreds of thousands of years.”

Read more at [HERALD INTERVIEW] Nagasaki atom bomb survivor urges denuclearization of world 

Posted in *English.

Tagged with , , , , , , , , .


‘Groundbreaking’ Study Links Texas Earthquakes to Wastewater Injection From Fracking via EcoWatch (Reader Supported News)

By Lorraine Chow

ven though scientists are pretty certain that wastewater injection from fracking and conventional drilling has led to the unprecedented spate of earthquakes rollicking Oklahoma, Texas and other states in recent years. Definitive proof, however, is rare. But now, in a study published Thursday in Science, researchers have fastened another nail in the “man-made earthquakes” coffin.

Using satellite imagery, the researchers found that a series of earthquakes that struck Texas between 2012 and 2013— including the largest-ever quake recorded in eastern Texas—were caused by the injection of large volumes of wastewater from oil and gas activities into deep underground wells.

As Mashable explained from the study:

Wastewater not only puts pressure on underground fault lines, causing “induced” earthquakes, but also pushes up the surface of the ground—a phenomenon called “uplifting” that can be seen from space.

Researchers used satellite images of ground uplifting to show how wastewater disposal in eastern Texas eventually triggered a magnitude-4.8 earthquake in May 2012, the largest earthquake recorded in that half of the Lone Star state.
“Our research is the first to provide an answer to the questions of why some wastewater injection causes earthquakes, where it starts and why it stops,” said study co-author William Ellsworth, a geophysics professor at Stanford’s School of Earth, Energy & Environmental Sciences.
[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


福島母激怒!県から届いた「甲状腺検査必要ない」の仰天通達【前・後編】via 女性自身

「娘は3年前に、県の検査を受けて甲状腺がんと診断されました。検査や治療をしている福島県立医大が混んでいて、再検査に半年待たされているうち に、リンパ節に転移してしまったんです。もう少し早く検査・手術ができていれば、再発や転移のリスクも減らせたはず。それなのに、検査を縮小するなんてあ りえない」(50代女性・郡山市在住)

福島県内で、甲状腺がんと診断された患者や母親が、こんな怒りの声を上げている。なぜなら、福島県で原発事故後に実施されている、子供の甲状腺検査を縮小しようとする動きがあるからだ。

福島県では、原発事故後、放射線の健康影響を調べるため、「福島県民健康調査」が実施されている。事故当時18歳以下だった約38万人に対して行わ れている甲状腺検査も、この一環。福島県が甲状腺検査を行っているのは、`86年のチェルノブイリ原発事故のあと、ロシアなどで子供の甲状腺がんが急増し たから。国際機関も、被ばくの影響で増えたと認めているがんだ。

子供の甲状腺がんは、通常100万人に2〜3人の割合で発生する病気。福島県でも事故後2巡目の検査までに、174人の子供の甲状腺がん(悪性含む)が見つかり135人が手術を受けた。それでも福島県などでは被ばくの影響は考えにくいとしている。

(略)

「今回は、反対の声が多くあがったので、検査縮小の議論を強行できなくなったのでは。注意しないと、また縮小の話しが持ち上がるかも」

実際、検査縮小の準備は、福島県自体が着々と進めていたことがわかっている。

「これ、見てください。これを読んだら、検査なんて受けなくていいと思いますよね」

いわき市から東京都に母子で避難中の今井美幸さん(仮名・40歳)は、そう言って、福島県から検査対象者に送られてきた「甲状腺検査のお知らせ」という書類を見せてくれた。そこには、現在行われている3巡目の検査について、こんな文言が書かれていた。

「甲状腺の特性上、治療の必要のない変化も数多く認めることになり、ご心配をおかけすることもあります。そのため、甲状腺の超音波検査による検診は、一般的には行われてきませんでした。(後略)」

まるで、検査を受けないほうがいいかのような書き方だ。しかし、記者が15年までに行われていた2巡目の検査対象者に送られた「甲状腺検査のお知らせ」を入手したところ、3巡目になかった文言が。

「検査1回目の受診の有無や検査結果にかかわらず、受診することをおすすめします」

福島県は2巡目の検査まではこう記し、甲状腺検査を受診することを推奨していた。さらに注目すべきなのは、3巡目の検査から検査の同意書に「同意し ません」という欄が新設されていたことだ。ここにチェックを入れると、追加で検査案内があったとしても、もう送られてくることはないという。だが事実上の “検査縮小”だと思わせる動きはこれだけではなかった。

「甲状腺検査のお知らせ」とは別に、県から送られてくるA4版4ページの「甲状腺通信」という冊子がある。

16年8月発行の1ページ目にあるQ&Aの項目には、「甲状腺検査は必ず受診しなければならないのでしょうか?」との問いが……。その答え には、「小さな甲状腺がんは、治療をしなくても多くは生命に影響しない。個別には、どれが進行する甲状腺がんなのかを十分に識別することは困難です」など と、あたかも、甲状腺検査は必要ないと誘導するかのような文章が並んでいる。

(略)

しかし14日の「県民健康調査」の在り方を議論し検査結果を評価する「県民健康調査検討委員会」の会見で「甲状腺検査のお知らせ」から受診を勧める 文言が削除されたのはなぜかと尋ねられても、担当課長は口ごもるばかりだった。県の検査に詳しい医療ジャーナリストの藍原寛子さんはこう危機感をあらわに する。

「検査に“同意しない”子が増えると、学校の検査で、受けたい子が受けづらい空気になる。検査を縮小する口実にされてしまう恐れがある」

じつは、前出の検討委員会の座長である星氏も8月の地元紙の取材に「検査することで具体的に“デメリット”を被った人もいるので、甲状腺検査の対象 者を縮小することも視野に入れ、検査体勢を再検討する」と語り波紋を呼んでいた。記者は、星氏を直撃し、縮小の論拠のひとつになっている、検査を受けるデ メリットについて聞いた。

「“デメリット”ですか? 数年ごとに検査を受けなくちゃいけないし、再検査になれば細胞診も受けなくちゃいけない。がんの疑いありと診断されたら、手術で傷が残ったり薬を飲み続けなくちゃいけなくなったりすることも」

しかし、早期発見をして治療することは、検診の“メリット”でもあるはずだが――。

(略)

子供の甲状腺検査を含む「県民健康調査」は、「県民の健康を長期的に見守る」という名目で始まっている。わずか6年目にして規模縮小の議論が出る背景について前出の藍原さんはこう語る。

「国が、低線量被ばくの影響を隠蔽し、今も続いている広島・長崎の原爆訴訟や、今後、起こるかもしれない福島の健康被害の賠償などを認めたくないからでは」

これ以上、子供の命が切り捨てられることがあってはならない。

全文は福島母激怒!県から届いた「甲状腺検査必要ない」の仰天通達【前編】

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


22年間で運転した期間はわずか250日……総コスト1兆2,000億円「もんじゅ」廃炉の責任は誰が取る?via サイゾー

(抜粋)

ところで、早くも風化しつつある福島第一原発事故だが、女性自身が「福島県が、甲状腺検査は必要ないという通達を出した」と報じている。

子どものことだからということもあるが、男性週刊誌がこの問題に触れることがほとんどなくなってしまったのは、おかしくないか。

自身によれば、福島県の小児科医会は、「一斉に検査することで、放置していても健康や命に影響のない“潜在がん”を見つけているにすぎない。甲状腺検査をすることで、子どもに負担をかける」として、甲状腺検査の規模を縮小するよう8月に県に要望書を提出したのだという。

福島では、原発事故後2巡目の検査までに174人の甲状腺がん(悪質を含む)が見つかり135人が手術を受けている。1巡目の数字で比較すると、通常の約200倍の発生率になると自身は書いている。

確かに精密検査することで、これまでなら発見できなかった命に別状のないがんを見つけることはあるだろう。だが、あのすさまじい放射能を浴びた子どもたちを、放っておいていいと言わんばかりの言い草は、医者として恥ずかしくはないのか。

医者も県も、この程度の認識だから、県民の不安は消えず、自分の家に帰ろうという気持ちにならないのだ。万が一のないように万全を期すのが、これだけの大事故を起こした東電や県、医療関係者のあり方だと思う。

今週の第1位は、現代の目立たない記事に与える。週刊誌のこの扱いが、日本人の「無関心」の象徴である。

だが、この高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の廃炉が検討されているというニュースは、日本中が怨嗟の声を上げなければならない重大な問題であるはずだ。

厚顔無恥な安倍総理が推し進めている「原発再稼働」政策を、根底から覆すことになるからだ。

国の原子力規制委員会は「もんじゅ」で重要な機器の点検漏れなどが相次いでいることから、法律に基づく施設の使用停止命令を出す方向で調査を進めていると、メディアが報じた。

現代によれば、8月末に、菅義偉官房長官の下で「もんじゅ」廃炉を視野に入れながら、今後検討していくということが発覚した。

「政府は、現行計画でもんじゅを運転しようとすると、約6000億円の追加支出が必要だという試算を出しました。その額があまりに大きいため廃炉の可能性も考慮し始めたわけです」(全国紙政治部記者)

9月16日には、茂木敏充自民党政調会長までがこう言った。

「もんじゅは運転停止が6年間続き、この22年間で運転した期間はわずか250日にとどまっています。昨年11月には原子力規制委員会が運営主体の 変更を勧告しましたが、新たな運営主体も決まらない状況。廃炉以外の選択肢はないとまでは言わないが、私の想像力を超えています」

安倍の側近たちが、本当に「原発再稼働」の障害になる「もんじゅ」廃炉に本気で取り組むのか、私は甚だ疑問だが、この役立たずのカネ食い虫は、日本政府の重荷になっていることは間違いないのである。

そもそも「もんじゅ」がつくられたのは、原発から出る使用済み核燃料(ゴミ)をリサイクルして新しい核燃料につくり替え、それを高速増殖炉で使えば、ウランなどを輸入してこなくてもいいという、夢みたいな計画だったのだ。

だが、夢は夢のままゴミなる可能性が高い。構想ができたのは1960年代で、施設をつくり出したのは80年代。ようやく動き出したのは90年代。核燃料サイクルに必要な再処理工場を青森県・六ヶ所村につくったが、こちらもいまだ失敗続きで、見込みはまったく立たない。

(略)

さすがの安倍政権も、停止中でも「もんじゅ」を維持するために、原子炉を冷却するナトリウムの管理、放射線量のチェック、部品の点検などに年間約200億円が注ぎ込まれている巨大なでくの坊に、我慢ならなくなったのであろう。

しかし、廃炉にするにしても3,000億円かかるといわれる。それに、これまでにかかった費用は1兆2,000億円。

歴代政府、文科省、原子力を推進する経済産業省、予算をつけてきた財務省などからは、「反省の声は聞こえてこない」(現代)。

「国策として始まったもんじゅは、着地点を見出さずに計画がスタートしたため、当初数百億円だった建設費が、1600億円、4000億円、5900 億円とどんどん膨れ上がっていきました。一度予算がつくとそれに慣れてしまい、やめられなくなる。まさに日本の宿痾です」(「もんじゅ」に関する市民検討 委員会委員の福武公子弁護士

その上「もんじゅ」は、95年に大惨事寸前の大事故を起こすのである。

「燃料冷却用の液体ナトリウムが漏れ出し、空気に触れて火災が起きたのです。その後、事故の隠蔽なども問題になりました。そもそもナトリウムは空気 に触れると火が出る危険なもの。また、ほかの原発と違って、トラブルが起きても、原子炉に『不活性ガス』という特殊なガスが入っているので、蓋も簡単に開 けることができない。非常にリスクが高い原発なのです」(元東芝の技術者・後藤政志氏)

運営主体の原研機構にも、湯水のように研究費が投じられてきた。

また恥ずかしくもなく、地元福井の自治体の首長や議員たちは、当然ながら廃炉については反対、継続を望むというが、地元の利益だけしか考えず、日本全体の安全を考えないといわれても致し方ない。

だが、「もんじゅ」は高い代償を払って廃炉にするとして、「もんじゅ」を見捨てるということは「原発政策をもろとも否定することになる」(原発差し止め訴訟などに関わる河合弘之弁護士)が、どうするのか?

「側近に廃炉を示唆させ、一方で閣僚には原発推進政策を吹聴させる。『もんじゅの廃炉はするが、かわりに原発を稼働させる』と、アメとムチの巧妙な支持率対策をしているように見えます」(全国紙新聞記者)

バカも休み休み言え。核燃料サイクル計画が破綻したのだから、これ以上核のクソをためないためにも即刻、全原発を停止し廃炉にするべきである。そんなバカな安倍の思い通りにしておいたら、日本だけではなく、世界中を放射能の死の灰で覆うことになる。

もんじゅ廃炉は、日本の原発政策が間違っていたことの証左なのだから、安倍を含めた連中のおかしな言い分を聞くことはない。

全文は22年間で運転した期間はわずか250日……総コスト1兆2,000億円「もんじゅ」廃炉の責任は誰が取る?

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


伯父が第五福竜丸で被曝、伊方原発差し止め提訴へ via 朝日新聞

四国電力伊方原発愛媛県伊方町)の運転差し止めを求め、対岸の大分県の住民らが28日、大分地裁に提訴する。原告は250人以上になる見込み。その一人、同県臼杵市の伊東俊義さん(64)は、伯父が米国の水爆実験で被曝(ひばく)した第五福竜丸の乗組員だった。核で人生を狂わされた親族を身近にみてきたからこそ、原告に加わった。

伊東さんの伯父の高木兼重さんは、大分県のマグロ漁師だった。1954年、米国が太平洋のビキニ環礁で行った水爆実験に遭遇した静岡県焼津市のマグロ漁船「第五福竜丸」に操機手として乗り込み、被曝した。高木さんの次女(71)によると、大分に戻ってからも数年は体調を崩して働けず、マグロ漁船には二度と乗れなかったという。89年、肝臓がんのため66歳で亡くなった。

伊東さんは、伯父に第五福竜丸のことは尋ねなかった。「周囲から『聞いてはいけない』と教えられていた」と振り返る。

ログイン前の続き伯父宅には、ビキニ事件に関する本や第五福竜丸の 船員と一緒に写った写真のアルバムが並んでいた。25歳の頃、病院で顔中に包帯を巻かれた54年当時の伯父の写真を見つけた。いつもは事件について無口な 伯父がぽつり、ぽつりと語り出した。「水爆実験の時、空は朝日が昇ったみたいに明るくなった。たまがった(驚いた)」「毎年、東京まで検査に呼ばれる。モ ルモットみたいだ」

(略)

7月、伊東さんは差し止め訴訟の原告に名を連ねる知人から、原告団のホームページ作成などを頼まれた。「このまま黙っているのは悔しい」。自身も原告に加わることを決めた。8月、四電は伊方3号機を再稼働させた。

提訴の28日は、原告団事務局の一人として参加する集会を撮影し、ホームページに掲載する予定だ。「核によって人生を狂わされてしまう人を二度と生み出してはいけない」と話している。(枝松佑樹)

全文は伯父が第五福竜丸で被曝、伊方原発差し止め提訴へ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


Anxiety soars as cesium builds up in Fukushima dams via The Mainichi

Dams surrounding the stricken Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant operated by Tokyo Electric Power Co. (TEPCO) have become de facto storage facilities for high concentrations of radioactive cesium as the element continues to accumulate.

With no effective countermeasures in sight, the government insists that water from the dams is safe, but to local residents, the government’s stance comes across as the shelving of a crucial problem.

“It’s best to leave it as it is,” an official from the Ministry of the Environment says, with the knowledge that in 10 dams in Fukushima Prefecture, there is soil containing concentrations of cesium over the limit set for designated waste — or over 8,000 becquerels per kilogram.

According to monitoring procedures carried out by the ministry, the levels of radioactive cesium detected in the dams’ waters, at 1 to 2 becquerels per liter, are well below the maximum amount permitted in drinking water, which is 10 becquerels per liter. The air radiation doses in the dams’ surrounding areas are at a maximum 2 microsieverts per hour, which the ministry says “does not immediately affect humans, if they avoid going near the dams.” This information is the main basis behind the central government’s wait-and-see stance. For the time being, the cesium appears to have attached itself to soil and is collected at the bottom of the dams, with the water above it blocking radiation from reaching and affecting the surrounding areas.

Continue reading at Anxiety soars as cesium builds up in Fukushima dams 

Related articles:

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


福島第1原発 配管のちり分析へ 事故進展の解明目指し via 毎日新聞

 東京電力は、福島第1原発事故の進展を科学的に調べるため、炉心溶融した1〜3号機の原子炉周辺などで採取し保管している、ちりや汚染水などの試料について精密分析することを決めた。

これらは放射線量が高く手つかずだったが、溶けた核燃料は事故発生から5年半以上経過しても見つからず、物理的な分析が進んでいないため、「ミクロの遺留物」を基に事故進展の解明につながる手がかりを探すことにした。

(略)

中でも注目されるのは、配管内で見つかった物質(大きさ約5ミリ、放射線量毎時30〜200ミリシーベルト)。東電の簡易分析では、核燃料の被覆管に使わ れる金属の一種のジルコニウムを含んでおり、核燃料の「燃えかす」の可能性があるという。東電は国際廃炉研究開発機構と共同で、茨城県にある日本原子力研 究開発機構の装置などを使って試料を分析する方針。どのような輸送方法が適切かについて近く原子力規制委員会と協議する。【酒造唯】

全文は福島第1原発 配管のちり分析へ 事故進展の解明目指し

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


韓国の原発周辺で原因不明のガス臭、地震の前触れ?と不安広がる=「いよいよ嫌な予感がする」「まともな政府なら原発を停止するはずなんだが」via Record China

2016年9月25日、韓国・聯合ニュースなどによると、12日の国内観測史上最大の地震発生から余震が続いている韓国南東部地域で、原因不明の異臭が街を覆い、市民らが不安を訴えている。

24日午後、南東部の都市・釜山の消防本部には、街中でガス臭がするとの住民からの通報が相次いだ。特に、東岸の機張郡にある古里原子力発電所付 近の住民からも同様の通報があったため、消防本部は原発への確認などの対応に追われた。古里原発付近では海側から硫黄の臭いがしたという。また、隣接する 蔚山市の新古里原発周辺からも、ガス臭がするとの通報が44件寄せられた。原発と消防では調査を行っているが原因は分かっていない。

今年7月下旬、やはり釜山や蔚山ではガスのような異臭がするとの通報が合わせて250件以上寄せられており、付近の工場が発生源とみられるとの結 論が出されていた。しかし今月12日、2都市から程近い慶尚北道慶州市を震源とする地震が起こったことから、市民の間ではガス臭が地震の前兆だったのでは ないかとのうわさがささやかれ、再び発生したガス臭に不安が高まっている。

続きは韓国の原発周辺で原因不明のガス臭、地震の前触れ?と不安広がる=「いよいよ嫌な予感がする」「まともな政府なら原発を停止するはずなんだが」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Sixty years on, the Maralinga bomb tests remind us not to put security over safety via The Sydney Morning Herald

Liz Tynan

[…]
RAF and RAAF aircraft prepare to fly through the billowing cloud to gather samples. The cloud rises much higher than predicted and, despite the delay, the winds are still unsuitable for atmospheric nuclear testing. The radioactive cloud heads due east, towards populated areas on Australia’s east coast.
[…]
Britain carried out a total of 12 major weapons tests in Australia: three at Monte Bello, two at Emu Field and seven at Maralinga. The British also conducted hundreds of so-called “minor trials”, including the highly damaging Vixen B radiological experiments, which scattered long-lived plutonium over a large area at Maralinga.

The British carried out two clean-up operations – Operation Hercules in 1964 and Operation Brumby in 1967 – both of which made the contamination problems worse.
[…]
The damage done to Indigenous people in the vicinity of all three test sites is immeasurable and included displacement, injury and death. Service personnel from several countries, but particularly Britain and Australia, also suffered – not least because of their continuing fight for the slightest recognition of the dangers they faced. Many of the injuries and deaths allegedly caused by the British tests have not been formally linked to the operation, a source of ongoing distress for those involved.
[…]
Menzies’ political agenda emphasised national security and tapped into Cold War fears. While acting in what he thought were Australia’s interests (as well as allegiance to the mother country), he displayed a reckless disregard for the risks of letting loose huge quantities of radioactive material without adequate safeguards.

Six decades later, those atomic weapons tests still cast their shadow across Australia’s landscape. They stand as testament to the dangers of government decisions made without close scrutiny, and as a reminder – at a time when leaders are once again preoccupied with international security – not to let it happen again.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .