Skip to content


【山林火災と放射性物質】やはり二次拡散あった。「ちくりん舎」のリネン分析。

大熊町で124mBq/㎡、南相馬市では3倍に上昇。「空間線量一辺倒やめよ」

福島県浪江町の帰還困難区域で4月29日から5月10日まで燃え続けた「十万山」の山林火災で、放射性物質が二次拡散していた事がNPO法人市民放射能監視センター「ちくりん舎」(東京都西多摩郡)の「リネン吸着法調査」で分かった。福島県は、空間線量に変動が無い事を理由に火災発生直後から放射性物質の飛散は一切ないとの姿勢を貫いており、地元紙も二次拡散への懸念を「デマ」と批判していた。しかし、「ちくりん舎」副理事長の青木一政さんは「空間線量一辺倒の態度を改め、汚染濃度を評価の基準にするべきだ」と指摘している
[…]
青木さんは「燃焼によるエアロゾル(気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子)や、火災上昇気流により舞い上げられる灰や粉じんなど、放射性物質の二次拡散は否定できない。今回の調査では、放射性物質の飛散は少なくとも十万山から北に約17km離れた南相馬市原町区、西に約14kmの田村市都路や葛尾村にまで達していた事が確認出来た。実際にはさらに広範囲に及んでいると推測される」とした上で、「山林火災による放射性物質の二次拡散は空間線量率では評価出来ず、大気中粉じんに含まれる放射性物質を測らなければならない」と国や福島県の調査や情報発信を批判している。
「山林火災をはじめとする放射能汚染実態の評価において、国や行政は空間線量一辺倒の態度を改めるべきだ」
[…]
【「微粒子は排泄されにくい」】
実際、福島県が発表していたモニタリングポストの数値を見ると、十万山登山道入り口の空間線量は1.05μSv/h~1.45μSv/hと大きく変動しなかった。そのため、この数値だけを見れば山林火災による影響は小さいように見える。しかし、一方で「大気浮遊じん(ダスト)の測定結果」は浪江町の「やすらぎ荘」で5月11日に3.64mBq/㎥、大熊町の石熊公民館では5月12日に29.06mBq/㎥を計測した( 福島県放射線監視室の発表 )。
気象庁のデータによると、浪江町では5月1日から12日までほとんど雨が降らず乾燥しており、8日には20.3メートルの最大瞬間風速を記録。10日から12日にかけても最大瞬間風速が10メートルを超える状態が続いた。しかし、モニタリングポストの数値は上昇していない。そのため、福島県はホームページ上で放射性物質の二次拡散を否定する文言を使い続け、広報課に至っては、出火から4日しか経っていない5月2日の時点で「周辺環境に影響が及んでいる事実は一切ありません」と言い切ってしまっていた。
青木さんたちは、放射性物質を吸い込む事による内部被曝の健康影響を重視。「1マイクロメートル(0.001ミリメートル)程度の細かい粒子ほど灰の奥に到達して排泄されにくい」として、空間線量だけでなく大気浮遊じんの測定も併せて慎重に影響を評価するよう求めている。「ちくりん舎」の測定は十数日間に吸着した放射性物質を1時間あたりに平均化している。そのため、青木さんは「瞬間的な高濃度のプルーム(放射能雲)は平均化されて見えなくなる可能性がある」と指摘。県の測定は数時間のため、さらに高濃度の飛散をキャッチ出来ていない可能性がある。予防原則に立って、安易に「周辺環境に影響が及んでいる事実は一切ありません」などと断言するべきでは無かったのだ。
放射性微粒子の健康影響については、井戸謙一弁護士も5月24日に開かれた「子ども脱被ばく裁判」の口頭弁論( http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/blog-entry-162.html )で、「土壌に含まれる放射性微粒子が風で再浮遊し、それを空気と一緒に体内に取り込んでしまう」、「約2マイクロメートルの『セシウムボール』に約20億個のセシウム原子が含まれていると考えられている。1個のセシウムボールを取り込むだけで十分にガンの原因となり得る。空間線量だけで被曝リスクを考えるのは間違いで、土壌汚染のリスクを重視するべきだ」などと危険性を陳述している。
[…]
「ちくりん舎」の調査では、山林火災によって放射性微粒子が広く飛散した可能性が浮き彫りになった。本来は国や行政が行うべき調査。放射性物質による森林汚染の文献はいくつかあるが、どれも通常の状態での二次拡散について言及しているだけで、山林火災による影響は「分からない」のが実情だ。実際、野焼きを希望する飯舘村の農家に対し、国は「野焼きによってどの程度、放射性物質が飛散するか分かっていない」として自粛を求めている。
大げさであっても、行政は健康に影響が生じる可能性があるとの前提で動くべきだという事は、6年前に学んだはずだ。

 

全文

◇「大規模な飛散がないとの理由について、同庁は〈1〉延焼区域内や区域外などで空間放射線量に明確な差が見られない〈2〉現場周辺に設置された県の放射線監視装置(モニタリングポスト)の測定でも明確な変動が確認されていない―ことを挙げた。」 放射性物質「大規模な飛散はない」 浪江の山林火災で林野庁 via 福島民友

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Tulane: $2 Million Gift; Energy Law Expert to New Orleans via AP

NEW ORLEANS (AP) — Tulane University says a $2 million gift is bringing a European energy law scholar to New Orleans, where he will become founding director of a new Tulane Center for Energy Law and be the first to hold the James McCulloch Chair in Energy Law.

Law school Dean David Meyer says in a statement that Kim Tallus and Sirja-Leena Penttinen will be coming in January, and Penttinen will be the new center’s assistant director.

“Energy law and policy is inherently and increasingly international and has never been more important,” Meyer said. “Tulane Law School is uniquely positioned to lead in this area, given its location in the heart of America’s energy corridor and its long leadership in the closely allied fields of environmental, international, and maritime law.”

Tallus is professor of energy law at both the University of Helsinki and the University of Eastern Finland. He is a founding co-director of the University of Eastern Finland’s Center for Climate Change, Energy and Environmental Law, where Penttinen also has played an important role, Tulane’s news release said.

[…]

 

 

Full article

Posted in *English.

Tagged with .


The Trash Incinerator Industry Is Trying To Tank A Massive Renewable-Energy Effort via Huffington Post

Advocates for the trash-incineration industry are trying to sink an effort to get nearly 1,500 cities behind 100 percent renewable energy, according to an email obtained by HuffPost.

The U.S. Conference of Mayors, the largest nonpartisan coalition of city executives in the country, is set to vote Monday on a proposal to make converting to zero-emissions energy a top priority, laying out a policy framework for making the shift. If approved, the resolution would be the broadest rejection yet of President Donald Trump’s decision to withdraw the United States from the Paris climate deal to reduce planet-warming emissions. But first, the motion must clear the organization’s energy committee.

On Friday, the Energy Recovery Council ― a trade group representing companies that operate most of the country’s 77 power plants that burn solid waste ― asked its members to send letters to the committee’s 13 members and urge them to block the motion because it doesn’t include burning garbage as a source of renewable energy.

[…]

Electricity from trash incineration makes up only a tiny fraction of the U.S. output. In 2015, waste-to-energy plants produced roughly 14 billion kilowatt-hours burning about 29 million tons of garbage, according to data from the Energy Information Association. By contrast, renewable energy from sources such as hydropower, wind and solar made up nearly 15 percent of the 4.08 trillion kilowatt-hours generated last year.

At the same time, incinerators do help reduce the waste pileup. In 2014, incinerators diverted 13 percent of the nation’s 258 million tons of solid waste from landfills.

Still, incinerators are by far the most expensive source of electricity, with a projected capital cost of $8,232 per kilowatt-hour for new waste incinerator facilities, according to the EIA’s 2010 annual energy outlook report. In 2011, Harrisburg, Pennsylvania, became the largest U.S. city to declare bankruptcy amid the skyrocketing cost of operating an aging incineration facility.

Detroit taxpayers have spent over $1.2 billion on debt payments from the construction and upgrading of the world’s largest trash incinerator, according to the nonprofit Zero Waste Detroit. As a result, residents have had to pay high trash disposal fees of over $150 per ton. The city could have saved over $55 million in just one year if it had never built the incinerator. Last year, amid mounting odor violations, an environmental group sued the plant.

Waste-to-energy plants have a huge environmental impact. In 2004, New York state denied incinerator facilities entry to the state’s renewable energy standard because mercury-emission measurements from such facilities four years earlier were on average six times higher than coal, according to a 2011 article in Scientific American.

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


「放射能汚染防止法」を制定しよう HKB47市民勉強会 IN 岡山2017 ―講師 大沼淳一氏(原子力市民委員会)ほか 2017.6.25 via Independent Web Journal

2017年6月25日(日)14時より、岡山コンベンションセンター(岡山市北区)で「放射能汚染防止法」を制定する岡山の会主催による「『放射能汚染防止法』を制定しよう HKB47市民勉強会 IN 岡山2017」が開かれ、原子力市民委員会委員・大沼淳一氏が「ばら撒かれる放射能の実態と危険性」と題し講演したほか、放射性物質を公害として捉えた法の制定をめざして報告・パネルディスカッションが行われた。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Czech Republic nuclear power station hosts bikini contest to choose interns via DW

A Czech nuclear power plant decided a bikini contest would be a good way to choose its next round of interns. Facebook users were asked to rate school graduates who posed inside a cooling tower.

A Czech nuclear power plant operator apologized last week for using a Facebook bikini contest to choose its next intern.

Power generation conglomerate CEZ had 10 bikini-clad high school graduates pose in a cooling tower of its Temelin nuclear power plant, which was briefly closed for maintenance.

It then asked Facebook users to vote for their favorite, with the most popular winning a 14 day internship at the plant.

In a press release CEZ likened the photoshoot to its previous cultural enrichment programs, such as hosting the Bohemian Philharmonic at the plant in South Bohemia. The release said the experience was greatly enjoyed by the girls, who were required to wear hard hats and enclosed shoes at all times.

[…]

“Undress and you get an internship – this can not be serious, it’s degrading, disgusting and primitive,” one internet user commented.

“Knowledge obviously does not matter,” noted another user.

All models offered an internship

The operators of the 2,000 megawatt plant later apologized on Facebook, and said all finalists were offered an internship.

[…]

A Russian first

The power plant was not the first to link the wonders of nuclear energy with the revealing bathing suit.

Russia used to host an annual beauty contest open to women working in nuclear industries or studying in nuclear-related subjects in Russia and former USSR countries. Women aged 18 to 45 would pose in front of a nuclear power plant.

The French inventor of the bikini named it after the Pacific nuclear test site Bikini Atoll, in the hopes that it would create an “explosive commercial and cultural reaction” like the newly developed atom bomb.

Read more at Czech Republic nuclear power station hosts bikini contest to choose interns

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


災害・事故・事件 日本 長野県を中心に強い揺れ 原発は異常なし【動画】via Sputnik

25日朝、日本の本州中央部でマグニチュード5.7の地震が発生。日本のマスコミが報じている。

気象庁の発表では揺れが観測されたのは現地時刻7時2分。

震源地は長野県で震源の深さは地表からそう深くない模様。

震度5以上の揺れが石川県、岐阜県、富山県、京都府、大阪府、兵庫県、静岡県など29の都道府県で感じられた。東京都では震度1程度。

NHKが関西電力の発表を引用して報じたところでは、高浜、大飯、美浜の各原発では地震による異常は確認されていない。

続きと動画は災害・事故・事件 日本 長野県を中心に強い揺れ 原発は異常なし【動画】

Posted in *日本語.

Tagged with , .


震災と原発事故…再生する浜の漁師 映画に via 河北新報

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に直面した福島県新地町の漁師を追ったドキュメンタリー映画「新地町の漁師たち」(89分)が7月1~7日、福島市のフォーラム福島で上映される。東北の劇場では初の公開となる。

東京出身の山田徹監督(33)が2011年6月から約3年半、津波被害を受けるなどした新地町に通って撮影した。
漁は原発事故で操業自粛に。撮影開始から2年間、漁師は週2~3回のがれき撤去と魚の放射性物質濃度調査しか行えず、浜に復興の気配はなかった。
13年3月、コウナゴの試験操業が始まると、漁師の表情が生き生きとする。一方、第1原発の汚染水対策「地下水バイパス計画」を巡る東電との交渉では怒りが膨らんだ。
山田監督は「漁師の仕事に対する思いを伝えようと、カメラを回した。さまざまな迷いを抱える若い人に見てほしい」と語る。

(略)

1~4日は午前11時40分、5~7日は午後7時から。前売りの特別鑑賞券1100円、当日一般1700円。連絡先はフォーラム福島024(533)1717。東京のポレポレ東中野でも同期間上映される。

全文は震災と原発事故…再生する浜の漁師 映画に

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


今年も巡ろう!福島県『酒蔵』 「スタンプラリー」スタート via 福島民友

全国新酒鑑評会で金賞銘柄数5年連続日本一を達成した県内の酒蔵などを巡る周遊観光企画「ふくしま酒蔵めぐりスタンプラリー2017」が24日、県内を中心とした54施設で始まり、多くの人が試飲や酒蔵見学を楽しんでいる。

2年目の今回は日本酒を造る46酒蔵に、地ビール工場3カ所、ワイナリー3カ所、ウイスキーと焼酎の蒸留所2カ所を加えた。原発事故の影響で山形県長井市で酒造りを再開した鈴木酒造店(浪江町)も参加している。

ラリーでは、酒蔵やワイナリーなどの見学や試飲、商品の購入などでポイントをためて応募すると、抽選で県内旅館・ホテルの宿泊券や地酒などが当たる。全施設を巡る「コンプリート(完遂)賞」や、ポイント数上位者に贈られる「ハイスコア賞」などもある。

福島市の金水晶酒造店には、午前中で10組ほどが訪れ、応募用紙の付いた参加冊子にスタンプを押して次の酒蔵へと向かった。同店の斎藤正一社長(83)は「昨年参加した人が今年も来てくれた。5年連続日本一の達成で、日本酒への関心が高まっていると感じる」と期待を寄せた。

続きは今年も巡ろう!福島県『酒蔵』 「スタンプラリー」スタート

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


福島原発事故 東電元会長ら30日初公判 刑事責任判断へ via 毎日新聞

9例目の強制起訴

 2011年3月の東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久元会長(77)ら旧経営陣3人に対する初公判が30日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれる。3人とも無罪を主張するとみられ、かつてない被害をもたらした原発事故の刑事責任に関する司法判断が注目される。

他に起訴されているのは、武黒一郎(71)、武藤栄(66)の両元副社長。検察審査会の起訴議決による強制起訴は9例目となる。

 起訴状によると、旧経営陣3人は福島第1原発の原子炉建屋の敷地(海面からの高さ約10メートル)を超える津波が襲来し、非常用電源などの機能が失われて原発事故が発生する可能性を予見できたのに、防護措置を取る注意義務を怠り、福島県大熊町の双葉病院からの長時間の避難を余儀なくされた入院患者ら44人を死亡させ、原発でがれきに接触するなどした東電関係者や自衛隊員ら計13人を負傷させたとされる。

(略)

 原発事故後、避難者らは旧経営陣らを告訴、告発したが、東京地検が13年にいずれも不起訴とした。これを不服とした避難者らの審査申し立てを受け、東京第5検察審査会は14年に3人を「起訴相当」と議決。再捜査した地検は15年1月に再び不起訴としたが、第5検審が同7月に起訴議決した。地裁に選任され、16年に3人を強制起訴した指定弁護士5人が公判で検察官役を務める。【石山絵歩】

全文は福島原発事故  東電元会長ら30日初公判 刑事責任判断へ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Los Alamos lab improperly sent ‘special’ nuke material by air via Albuquerque Journal

SANTA FE, N.M. — In a week where nuclear safety issues at Los  Alamos National Laboratory were already under scrutiny, federal officials announced today that the lab had shipped nuclear material across the country using commercial air cargo services, in violation of regulations.

[…]

The material was shipped out last week. The head of the NNSA said sending the material by air instead of using a ground cargo service was “unacceptable.”

A major difference between air and ground transportation is that there can be rapid pressure changes during a flight.

[…]

Mello said in an interview that “special nuclear material” refers to material “unique to the nuclear weapons world,” such as radioactive plutonium and highly enriched uranium. The term has been used as far back as the Atomic Energy Act of 1954. “Basically isotopes used in nuclear explosives,” Mello said.

NNSA said in a news release that the shipments “should have been made using commercial ground cargo services, and were packaged and containerized for this mode of transportation.”

[…]

Lab contractor LANS was most notably penalized after a drum of radioactive waste improperly packed with a combustible mix at Los Alamos in 2014 leaked and shut down the nation’s nuclear waste storage facility, the Waste Isolation Pilot Plant at Carlsbad.

The new incident is reminiscent of a mistake from November 1994, when a California Army depot sent less than a pound of plutonium to Los Alamos by air using FedEx. And in 2005, contamination from radioactive americium from a LANL researcher was spread through a FedEx package sent to a U.S. Naval nuclear power research lab in Pennsylvania.

Read more at Los Alamos lab improperly sent ‘special’ nuke material by air

Posted in *English.

Tagged with , , , .