Skip to content


福島第1原発で命を落とした釣さんの勇姿 - 1F殉国者に黙祷 via TOCANA

(抜粋)

■ISによる日本人拘束事件の前日、釣さんは亡くなった

前回の記事でも 伝えたが、1月19日は、湯川遙菜氏と後藤健二氏の人質動画が公開された日の前日だった。その日の9時6分ごろ、Jタンクエリア用雨水受けタンクN0.2 の内面防水検査を請け負ったゼネコン大手、安藤ハザマの社員釣幸雄さんが、タンク内が暗かったことから天板部から太陽光を入れようとマンホールの蓋を動か したところ、その五十一キロという重量を支えきれず、もろともタンク内へ十メートルの高さを墜落した。

以下、1F内ER(緊急救命室)の所見。左気胸、左四・五・六肋骨骨折、右恥座骨骨折、不安定型骨盤骨折、左大腿部転子部骨折。1F内ERへの搬送時には意識があったという。
■パフォーマンスのために設置された矛盾だらけの部門

さて、僕は除染ロボットの子守をやる前、1年以上にわたって「車両サーベイ」という部門にいた。この部門は、あらゆるヒトや物の出入りが厳しく制 限されている管理区域の境界で、日に500台を超えることもある工事車両の退域時に車体と運転手の汚染の有無を測定し外部流出を防ぐという守衛的モニタリ ングの業務であるが、それは実に建前にすぎない。それはとてもモニタリングと呼べた代物ではない自己矛盾をはらんでいるのだ。マスク、タイベック、下着、軍足といった管理区域外への持ち出しが原則禁止されている東電提供の装備品を車内に発見しては投げ出して無慈悲に没収するという見事な〝東電の犬〟を演じてみせる業務、それが車両サーベイだ。

この業務は震災収束後も遙かに続く復興ロードマップ上の短期的重大目標である「東京オリンピック」の成功を睨みつつ、構内環境や安定化事業の安全と機動性を確保する必用から、事故当初の非常事態の無秩序を労働法規の支配下の〝平常運転〟可能な“てい”に現場を適法化するため設置された法定ガイドラインの遵守を担保する要件のひとつであった。

東電が責任を負う安全対策というアリバイ工作部門として、対外パフォーマンスを演じると同時に、環境や事業の進捗、外部の目に対応して、東電の都 合次第で伸縮自在に運用される詭弁のツールであり、要は非常に矛盾に満ちた現場だった。日本の原発という、そもそもの存在論を顧みれば、存在する限り矛盾 は不可避であるどころか、矛盾であることがその存在目的でもあるのだ。この部門は原発事故現場でしか存在し得ず、また安定化プロセスの初期段階にしか必要 とされない、世界唯一の新設業務であり、矛盾だらけの原発業界の中でも特に矛盾だらけの1Fを象徴する滑稽な縮図だった。

(略)

釣さんは毎日個人線量計を鳴らしながらやってくる。といっても線量オーバーという意味ではない。個人線量計には、1F構内に原則として九時間以上滞 在することを禁ずる法令に従って制限時間が近づくと鳴動する機能があり、彼はいつもぎりぎりの時間に帰宅手段のデミオをサーベイしに来るのである。車に汚 染があれば除染を終えないと構内から出せないというのに、それを見込んでいるとは到底考えられないぎりぎりの時間にサーベイしに来る。汚染の可能性が高い 現場を移動する車両は構内保管し、通退勤には巡回バスなど別の車両を利用するのが常識だが、彼は現場車で入退域し続けた。一度アラームが聞こえない日が あって、退域時間はいつも通りなのに珍しいと伝えたところ、途端に彼は血相を変えて線量計を置き忘れた休憩所へ戻っていった。言うまでもなく構内では線量 計を肌身離さず持っていないと法令違反である。

運転者が身体サーベイ場へ移動するため降車する際には靴カバー着用が義務付けられているが、1F初心者がそれを怠りがちなのは無理もなく、その 際、乗車する足裏をサーベイメーターで測定し、次回からの靴カバー着用をお願いするのだが、釣さんは次回も靴カバーを忘れて直降りし、その後一週間ほどし ていま一度忘れた。

全文は福島第1原発で命を落とした釣さんの勇姿 - 1F殉国者に黙祷

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


New Mexico leaders push for high-level nuclear waste via Santa Fe New Mexican

At first glance, the barren stretch of desert between Carlsbad and Hobbs in southeastern New Mexico seems unfit for any kind of industry. But this rugged, nondescript patch of land is poised to be the focus of the next national conversation about how to dispose of the country’s most dangerous nuclear waste.

The state took a crucial step this month toward accepting such waste, which other Western states have shunned, when Gov. Susana Martinez quietly signaled to the Obama administration that New Mexico would welcome it.

In an April 10 letter to Energy Secretary Ernest Moniz, which was obtained by The New Mexican, Martinez urged the administration to look to southeastern New Mexico to store the spent, highly radioactive fuel rods left over from electricity production at nuclear power plants. The desolate 1,000-acre parcel is not far from the Waste Isolation Pilot Plant, the nation’s only underground nuclear waste repository, which accepts only lower-level radioactive waste.

[…]

Hancock rattled off a long list of reasons he thinks the plan is a bad idea. Most nuclear power plants are thousands of miles away, meaning the nation’s most volatile waste would need to travel across the country to come here, posing threats along the way. Comparable plans have been batted down not only in other states, but in New Mexico. Hancock said it’s disingenuous to characterize the proposed storage site in New Mexico as an interim way station for spent fuel on its way to a permanent resting place. With the demise of plans to construct a permanent repository at Yucca Mountain in Nevada, the U.S. is without a final destination for spent fuel, so Hancock worries that any interim storage options would in fact become the final stop.

“This is the hottest, most radioactive material in the United States,” Hancock said. “Permanent disposal doesn’t exist. So the so-called plan for ‘interim’ storage is a charade. It’s not truthful. Nobody can seriously believe that. There is no ability to send it someplace else, because there is no someplace else.”

[…]

$1,000 — more than one-fourth of all the money it gave to state-level candidates nationwide. In federal campaigns during the 2014 election cycle, AREVA PAC donated $3,000 to U.S. Rep. Ben Ray Luján, D-N.M; $1,000 to U.S. Rep. Steve Pearce, R-N.M.; $1,500 to U.S Sen. Tom Udall, D-N.M.; and $3,000 to U.S. Sen. Martin Heinrich, D-N.M, who wasn’t even up for re-election last year. Among New Mexico’s representatives in Congress, only U.S. Rep. Michelle Lujan Grisham, a Democrat, did not receive money from AREVA PAC.

Carlsbad has been doing its own lobbying of Congress to promote southeastern New Mexico as a waste dumpsite. Since 2012, the city of Carlsbad has spent about $260,000 on lobbyists to try to persuade members of Congress to consider the Eddy-Lea Energy Alliance’s parcel as a waste storage site, according to analysis of lobbyist records by the Center for Responsive Politics.

AREVA’s campaign donations and Carlsbad’s lobbying push ramped up after the Eddy-Lea Energy Alliance provided formal notice in early 2013 to the Nuclear Regulatory Commission of its plans to seek a license to operate a spent-fuel storage facility.

Posted in *English.

Tagged with , , , , , , .


Like shale oil, solar power is shaking up global energy vie Reuters

[…]

Solar power is set to become profitable in Japan as early as this quarter, according to the Japan Renewable Energy Foundation (JREF), freeing it from the need for government subsidies and making it the last of the G7 economies where the technology has become economically viable.

Japan is now one of the world’s four largest markets for solar panels and a large number of power plants are coming onstream, including two giant arrays over water in Kato City and a $1.1 billion solar farm being built on a salt field in Okayama, both west of Osaka.

“Solar has come of age in Japan and from now on will be replacing imported imported uranium and fossil fuels,” said Tomas Kåberger, executive board chairman of JREF.

“In trying to protect their fossil fuel and nuclear (plants), Japan’s electric power companies can only delay developments here,” he said, referring to the 10 regional monopolies that have dominated electricity production since the 1950s.

Japan is retiring nearly 2.4 gigawatts of expensive and polluting oil-fired energy plants by March next year and switching to alternative fuels. Japan’s 43 nuclear reactors have been closed in the wake of the 2011 meltdown at the Fukushima power plant after an earthquake and a tsunami – since then, renewable energy capacity has tripled to 25 gigawatts, with solar accounting for more than 80 percent of that.

Once Japan reaches cost-revenue parity in solar energy, it will mean the technology is commercially viable in all G7 countries and 14 of the G20 economies, according to data from governments, industry and consumer groups.

[…]

By starting mass-production of solar panels, China is the driving force in bringing down solar manufacturing costs by 80 percent in the last decade, according to Germany’s Fraunhofer Institute.

In Japan, residential solar power production costs have more than halved since 2010 to under 30 yen ($0.25) per kilowatt-hour (kWh), making it comparable to average household electricity prices.

Read more at Like shale oil, solar power is shaking up global energy

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .


世田谷 脱原発・保坂氏再選 女性市長当選 最多の4人 via 東京新聞

第十八回統一地方選の後半戦は二十六日、市町村長選と市町村議選、東京都の特別区長選と区議選がそれぞれ投票され、東京の一部の区を除き即日開票された。 注目された東京都世田谷、渋谷、中央区の区長選では、いずれも自民の推薦候補が敗れた。自民、民主両党の事実上の対決型選挙となった世田谷区長選は脱原発 を訴え民主、共産、社民が実質支援した現職保坂展人氏(59)が、自民・公明・次世代推薦の新人を大差で破り再選した。全国の市長選で女性候補四人が当選 し、前回などの三人を上回って過去最多になった。統一地方選の市長選の平均投票率は二十七日午前二時現在の共同通信の集計で50・53%で、過去最低だっ た二〇一一年の52・97%を下回る見通しになった。

(略)

原発訴訟が争点となった北海道函館市長選は自民が推す無所属現職の工藤寿樹氏(65)が再選を果たした。

 函館市は昨年四月、対岸の青森県大間町に電源開発(電発)が建設中の大間原発をめぐり、建設中止などを国や電発に求めて東京地裁に提訴し、係争中。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Giant Gas Pipeline to Flank NY Nuclear Plant via Huffington Post

A very large gas pipeline will soon skirt the Indian Point Energy Center (IPEC), an aging nuclear power plant that stands in the town of Cortlandt in Westchester County, New York, 30 miles north of Manhattan. The federal agencies that have permitted the project have bowed to two corporations — the pipeline’s owner, Spectra Energy, and Entergy, which bought the Indian Point complex in 2001 from its former owner.

A hazards assessment by a former employee of one of the plant’s prior owners, replete with errors, was the basis for the go-ahead. A dearth of mainstream press coverage leaves ignorant the New York metropolitan region’s population of 20 million people, which stands to be impacted by a nuclear catastrophe. Experts say a disaster as great as or greater than Fukushima could be triggered by a potential gas explosion at the nuclear complex.

I urge readers of this blog to read the original report for Truthout on which it is based, “Doing the Unthinkable: A Giant Gas Pipeline to Flank a Nuclear Plant.”

[…]

The process by which the Nuclear Regulatory Commission and the Federal Energy Regulatory Commission judged this lunatic “project” safe started when Spectra, owner of the pipeline, commissioned a hazards assessment by a former employee of one of Indian Point’s prior owners before the corporation Entergy bought it in 2001. The assessment was replete with shocking errors. Paul Blanch submitted a petition to the NRC requesting it “take enforcement action” against Entergy “for providing inaccurate and incomplete information to the NRC” and requiring that the company explain itself. ” Richard Kuprewicz, President of Accufacts, Inc., retained as a consultant by the town of Cortlandt where the nuclear plant stands, is quoted in Blanch’s petition

Entergy’s [document] contains numerous errors that are either an attempt to deceive decision makers, or reflect an incredible lack of pipeline experience, in appreciating the real risks associated with a large 42-inch gas transmission pipeline rupture in a very sensitive area.

The Nuclear Regulatory Commission ignored both experts’ evaluations and judged the report adequate. On the basis of the NRC’s evaluation FERC approved this “project,” which places 20 million people at risk of nuclear peril. The whole business is not only a testimony to corporate recklessness and greed — these are to be expected from the fossil fuel industry in general and the fracking industry in particular — but to both FERC’s and the NRC’s prostration before corporations, and to their dereliction of responsibility to the safety of New York State’s citizens.

Read more at Giant Gas Pipeline to Flank NY Nuclear Plant

Posted in *English.

Tagged with , , , .


Fukushima, un accident qui n’en est peut-être pas un… via Mediapart

[…]

“Prof. Aoyama from Fukushima University Institute of Environmental Radioactivity reported that 800 tera Bq (800,000,000,000,000 Bq) of Cesium-137 is going to reach West Coast of North America by 2016. The amount to reach of other nuclides such as Cs-134 and other nuclides are not officially announced. This is 5% of the total Cs-137 amount discharged to the Pacific.”

Le Prof. Aoyama de Fukushima University Institute of Environmental Radioactivity, a déclaré que 800 tera Bq (800,000,000,000,000 Bq) de Cesium-137 vont rejoindre les côtes américaines d’ici 2016…” Si le lecteur peut se faire une idée de cette quantité Césium-137, nous pourrions la définir comme “ÉNORME” et 73 fois supérieur à la moyenne supportable et supporté par le vivant.

d’après “L’université des Sciences Marines de Tokyo : “De 8 à 93 milliards de Bq de Césium-137 doivent s’écouler en mer tous les jours” C’est 73 fois plus que la quantité autorisée mais si le Cs-134 est inclus, le total des fuites devrait alors être bien plus grand que ce qui en a été estimé.”

Imaginez un instant, si cette radioactivité peut tuer un humain, quelle est son effet direct sur la faune des Océans ? Devons-nous nous préparer à cesser toutes les activités de pêche sur les mers du monde, devons-nous nous préparer à la mort des Océans, donc à la véritable mort du climat et de l’espèce humaine ?

Si l’océan meurt, il n’y a plus de vie sur terre, les deux sont liés, si l’Océan se réchauffe de deux degrés, le littoral asiatique n’existera plus comme nous le connaissons, si l’océan se réchauffe, ce sera le signal d’une fin, et d’une faim inévitable dans le monde.

Pour en revenir à la pollution au Césium-137, la radioactivité comme le danger de la cigarette ne se voit pas à l’oeil nu, c’est une pollution parfaitement invisible, mais qui agit sur le vivant de manière radicale, provoquant maladie de peau, cancer, de tous types et principalement de la thyroïde, naissance de fœtus atteints cérébralement ou physiquement, provoquant des mutations génétiques, ajoutées aux pollutions environnementales, enfin, un drame planétaire causé par la folie des hommes et principalement celle des USA qui sont encore une fois concernés par ce drame, mais il ne faut pas le dire, car le géant américain ne supporte pas que la vérité éclate au grand jour.

Read more at Fukushima, un accident qui n’en est peut-être pas un… 

Related article:

 

Posted in Français.

Tagged with , , , .


北米沿岸に8百テラベクレル着へ 原発事故で海洋放出セシウム via 47 News

【ウィーン共同】東京電力福島第1原発事故で海洋に放出された 放射性セシウム137の約5%に当たる800テラベクレル(テラは1兆)が北米大陸の西海岸に到達するとの研究結果を福島大学環境放射能研究所の青山道夫 教授がまとめ、24日までにウィーンの学会で発表した。約1年後にはほぼ全量がたどり着くという。

日本の原子力規制委員会は、100テラベクレルを放出する大事故の発生確率を原子炉1基につき100万年に1回以下に抑える安全目標を決めているが、今回の数値はその8倍。

続きは北米沿岸に8百テラベクレル着へ 原発事故で海洋放出セシウム

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


福島の住民は抜け出せない状況に置かれているvia CNRSジャーナル

福島原発の爆発から4年、それによる被災者の状況はお世辞にも改善されたとはいえない。研究者、セシル・アサヌマブリス(Cécile Asanuma Brice)氏が、未だ汚染されている地域に住民を帰還させようとする政府方針について解説する。
(在日15年、セシル・アサヌマブリスはCNRS(フランス国立科学研究センター)の東京支部で働く傍ら、日仏会館研究員、CNRSが設立した「人間防護と災害への答え」の国際研究所研究員などを兼任。)
[…]
Q,人々は帰還を望んでいますか?

A,家族を離れたところに住まわせ、父親だけがもとの居住地に残って働いている場合が多く見受けられます。その多くは一戸建てやマンションの家主で、ローンも残っている。金銭的な補償や就労支援などを含む正式な移住の権利が適用されない限り、すべてを放棄するのは困難です。効果のない除染に使われる膨大な費用をそこに当てるべきです。住民たちはめちゃくちゃな状況に置かれている。それは離婚率、自殺率、精神疾患の上昇に表れています。
ところが、政府は用意周到に帰還を即し、居住禁止区域などを少しずつ解除しています。それによって原発周辺の九つの警戒区域はすべて解除されました。7万6420人のが対象です。現在、その3分の2にあたる5万1360人が、放射線量が20ミリシーベルト以下の“避難指示解除準備区域”に属していて、日中は自由に屋外を移動したり、働いたりすることが許されています。これらの地域は2014年に避難指示が解除されました。また、被災者の25%にあたる1万9230人は、“居住制限区域”に属し、日中の出入りはできても働くことはできません。
Q,あなたは、“不安をなくそうとする概念”が、住民を恒久的に(福島に)留まらせることに悪用されていると指摘しています。

A,住民を帰還させるために、公権力者は住民の不安を解消することにこだわっています。これは、認識学を悪用していると言えます。危機に直面したときに本能的に表れる恐怖を抱える人々に、逃げる必要はないとほのめかすために、心理・環境・社会的不安解消に対する取り組みをごちゃ混ぜにしているのです!人々を安心させるために重要な役割を果たしているのが、リスクコミュニケーション(※1)です。社会学者、ウルリッヒ・ベック(Ulrich Beck)の本のタイトルのように、私たちは今「リスク(危険)社会」を生きているということを認識させようとする。ベックのいう「リスク社会」とは、特異な状況を当たり前にしてしまう社会のことです。放射線量の基準値を二転三転させながら、非難指定区域を縮めたり元の生活に戻ったように錯覚させている状況がそれです。

(※1 社会を取り巻くリスクに関する情報を、行政・専門家・企業・市民などの間で共有し意思疎通をはかること)

同様に、空気中や地上の放射線量が、一般市民に対する年1ミリシーベルトという国際基準より10~20倍も高いところもあります。2011年4月の時点で、政府は最も汚染されている地域の上限値を年20ミリシーベルトまで引き上げました。そして今、それを更に100ミリシーベルトにまで引き上げようとしているのです!上限値がまちまちな食品に関しても同じことが言えます。これらの情報戦略のために、2014年だけで2億円が投入され、より安心してもらうための健康被害のリスクを、誤解を恐れずに言うならば、“教育する”ことに使用されました。福島県内または近郊の小学生に対して放射能やがんについてのワークショップを企画したり、放射能と上手に生きる方法を学ぶための冊子を配ったり、はたまた汚染地域の生鮮食品を除染が行き届いていることをアピールしながらテレビで応援キャンペーンをしたり・・・
Q,この戦略はすでにチェルノブイリで使用されたプログラムに基づいています。

福島の惨事の対策管理に関わっている当事者の一部は、チェルノブイリでも“管理”していた人たちです。特にCEPN(原子力分野における保護評価に関する研究センター)代表のJacques Lochard(ジャック・ロシャール)や、上限値を年間100ミリシーベルトにあげることを強く勧めた張本人である医師・山下俊一、福島医科大学教授・丹羽大貫などがそうです。3人目の精神科医は、精神疾患や自殺数の上昇が故郷から離れたところでの生活によるものだとして、住民たちの帰還を推奨しています。実際のところ、被災者には今後の選択肢の自由が与えたれていません。移住するための費用や移住地で順応するための足がかりが一切ないですから。要するに、彼らは汚染された環境で生活することを強制されているのです。これはチェルノブイリのエートス(※2)に続く、福島のエートスのプログラムの一環で、どちらもジャック・ロシャールが率い、山下、丹羽両氏が重要な役割を担っています。このプログラムは、放射線保護にかかるコスト対経済効果で算出したものを基に作られています。移住にかかるコストがあまりにも高額なため、汚染された環境で生活する術を住民たちに身に付けてもらうことが目的です。

(※2 原発ロビー・原子力ムラなどの世界にはびこる原発推進派集団)

また、これは汚染地域の食品を消費してもらうことで、被災した地域の経済を再建する目的もあります。全国のスーパーチェーンと協定が結ばれ、被災地が産地のものばかりを売るように方向付けられているのです。

Q,被災者たちの反応は?

A、これらの洗脳行為は、命が関わっているだけに抵抗する人も少なくありませんが、一部では機能しています。実際、このコミュニケーション戦略は、行き過ぎた場合は心理操作にまで及ぶことがあります。例えば、福島から移住した子供たちに故郷の産物を懐かしんでもらうために、ワークショップを開く。福島の自治体関係者や精神科医などが、移住した家族に連絡を取り、離れ離れになった同級生や同年代の子供たちと再会する場を設けたいと言う。そこで、産地(祖父母がいる土地名など)を明らかにしながら一緒に料理をさせる。そのようにして子供をホームシックにかからせ、友達や故郷を置き去りにしたことを後悔させる。そのすべては偽りなのに、残念なことにうまくいってしまう。新しい土地にやっと慣れてきた子供が、家に帰るなり「いつ(福島の)おうちに帰るの?」と家の人に聞いてしまう・・・。騙されていない家族ももちろんいます。被災者が新しい土地に順応できるようネットワークを強化したり、嵌ってはならない罠に関する学集会を開いたりしている人たちもいます。

もっと読む。
英文はこちら
フランス語(原文)はこちら

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


さりげなく原発事故批判 映画「セシウムと少女」の見どころ via 日刊ゲンダイ

福島原発、戦前の東京、北原白秋……現在と過去を往復しつつ放射能の不安を描いた作品だ。

主人公は東京・阿佐ケ谷に住む高校生のミミ(白波瀬海来=しらはせかいら)。「最近、舌が痛いの」と放射能の影響を訴え、タイムスリップして若き祖母に会い、白秋との出会いに胸をときめかす。

「古き東京の美しさと放射能を心配する現代人の対比を才谷監督は少女の目を通じて描いています。ストレートでなく、照れながら演出している風情は好感が持てます」(映画評論家の北川れい子氏)

見どころは被ばくした第五福竜丸の展示館を訪ねるシーン。原発社会を招いた政党や新聞社を実名で批判するが、その名前は劇場で。

続きはさりげなく原発事故批判 映画「セシウムと少女」の見どころ

映画のオフィシャルサイトはこちら

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


現職の工藤氏が再選 原発訴訟争点の函館市長選 via 産経ニュース

北海道函館市長選は26日、無所属で現職の工藤寿樹氏(65)が、無所属新人で元衆院議員秘書の広田知朗氏(54)を破り、再選を果たした。

函館市は昨年4月、津軽海峡を挟んで対岸の青森県大間町に電源開発が建設中の大間原発をめぐり、建設中止などを国や電源開発に求めて東京地裁に提訴し、現 在も係争中。市長として提訴を主導し、訴訟を推進する工藤氏に対し、広田氏は「訴訟取り下げ」を訴え、訴訟の是非が争点となっていた。

続きは 現職の工藤氏が再選 原発訴訟争点の函館市長選

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .