Skip to content


Oct. 28, 2017: Atomic Age IV Symposium

Posted in *English.


If Trump doesn’t want a nuclear war with North Korea, a ‘No First Use’ pledge might work better than threats via The Washington Post

[…]

Some analysts claim that MAD prevented nuclear war between the superpowers, although it did not prevent several non-nuclear proxy wars, supported by each side, elsewhere. The fact that none of the seven countries that have acquired nuclear weapons since the 1950s have used them — even between such rivals as India and Pakistan — would seem to validate MAD.

But this is a debatable claim. The world has seen several close calls, involving accidents and last-minute decisions not to launch nuclear weapons. We may just have been lucky so far.

An alternative might be for the United States to draw a bright line, requiring verifiable information that a nuclear attack has occurred, before nuclear weapons would be used. Such a policy of No First Use, or NFU, of nuclear weapons has long been advocated by many prominent government officials and foreign policy analysts, both during and after the Cold War.

To be sure, this might undermine U.S. ability to respond to an imminent nuclear attack, including from a major power like Russia. But because it can so powerfully strike back, especially from its relatively invulnerable nuclear-armed submarine force, the United States could credibly promise to retaliate, even against a massive first strike, with devastating force.

[…]

The logic of NFU has been recognized by three nuclear states: China, India, and Israel. Each has indicated, albeit with some qualifications, that it would not be the first to use nuclear weapons in conflict.

If the United States declared an NFU policy, that might well induce other nuclear states to adopt one as well. Such a domino effect might even persuade North Korea that using nuclear weapons would threaten its very existence. If more and more nuclear states adopted NFU policies, the world might banish the threat of nuclear war, bringing a new global equilibrium.

[…]

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


国の責任認定 原発福島訴訟 「元の生活を」決意新た via 東京新聞

東京電力福島第一原発事故を巡り、福島地裁が十日の判決で国と東電の責任を認めた訴訟は今後、国側と原告側双方の控訴が予想される。原告の一人で、四十年以上、原発に反対し続けてきた福島県相馬市の大内秀夫さん(81)は「国の責任が認められたのは第一歩だが、被災者救済のためにはまだ道半ば」と決意を新たにする。 (片山夏子)

 判決の日、大内さんは一枚の写真を手に福島地裁の法廷に入った。四十年前から原発反対で一緒に闘ってきた教員仲間の男性。原発事故後、避難先で「故郷に帰りたい」と漏らしていたが、その願いを果たせないまま病気で亡くなった。

[…]

原状回復が必要なのは放射線だけではない。原発事故で仕事を失った人もいれば、家族を亡くした人、家族がバラバラになった人もいる。「避難しても地元にとどまっても、みんなそれまでの安心して暮らせる生活や人生を奪われ、苦しんでいる。元の生活を返せというのは切実な願いだ」

 一九六〇年代、福島第一原発の建設が進む中、高校教諭だった大内さんは、同僚や地域の人と専門家を呼び、原発の勉強を重ねた。各地で反対運動が広がったが建設は止まらなかった。七五年には、住民四百四人で国に福島第二原発の設置許可取消を求めて提訴した。係争中にチェルノブイリ事故などが起き、危機感が高まる中で、最高裁まで争ったが敗訴した。

 二〇一一年三月。テレビで福島第一原発の1号機や3号機が爆発するのを見て恐怖を覚えた。「あの時、裁判に勝っていれば。国や東電が少しでも大地震や津波の危険性を訴えた私たちに耳を傾け、対策がとられていれば…」。悔しさと自責の思いが大内さんを襲った。その後、今回の訴訟の原告になった。

 大内さんはこの裁判で最高裁まで闘うことを覚悟している。「国と東電の責任を最後まで認めさせ、二度と原発事故が起きないようにしないと。未来の子孫のためにも、私の人生の大仕事だと思う」

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , , .


米軍ヘリ炎上:中部市町村会、沖縄防衛局に抗議 via 沖縄タイムス

沖縄県東村高江で米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリが炎上した事故を受け、中部地区10市町村でつくる中部市町村会(会長・島袋俊夫うるま市長)は16日午前、沖縄防衛局に抗議に訪れ、事故原因の究明がされるまでの同機種の飛行停止や事故原因の早期公表などを求めた。

[…]

県民の命の安全が担保されるような整備であってもらいたいし、そうではないものを飛ばしてほしくない」と訴えた。

沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長は、事故の場所が民家近くだったことなどに触れ「重大な事故だと受け止めている。(要請に対して)しっかりと結果を出していきたい」と強調。機体の一部に放射性物質が使用されていることに「放射能については(住民に)非常に心配や不安を与えるものだと重々承知しており、しっかりと取り組まないといけない」と話した。

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , , .


UK set to end outsourcing of nuclear clean-up via Financial Times

Decommissioning atomic reactors set to be brought in house after contract collapses

Decommissioning Britain’s first generation of atomic reactors is likely to be brought back “in-house” by the UK nuclear clean-up agency after the collapse of a £6.2bn outsourcing contract that exposed “fundamental failures” at the organisation.

Ministers have been considering whether the work, involving 12 Magnox nuclear plants and research sites, should be offered to another private contractor or run directly by the Nuclear Decommissioning Authority.

[…]

Problems included a shortage of experienced staff, poor record-keeping — including the inappropriate shredding of documents — and overly complex criteria that required NDA officials to evaluate bidders on 700 separate criteria.

These weaknesses made it unlikely that ministers would entrust the NDA with another multibillion pound outsourcing competition when the contract with Cavendish comes to an end in 2019 after a 24-month notice period, according to industry figures.

Instead, a Magnox subsidiary would be created along similar lines to Sellafield Ltd, the company responsible for Britain’s largest nuclear site in Cumbria. The NDA took control of Sellafield in 2016 after stripping a US-led private consortium, Nuclear Management Partners, of a £9bn contract.

[…]

Spending on nuclear decommissioning is projected to continue at a similar level over the next decade before gradually declining. But it will continue to weigh on UK finances into the next century because of the long timescales involved in cleaning up radioactive materials.

The latest official NDA estimate put the total cost of UK nuclear decommissioning at £164bn over the next 120 years, an increase of £3.4bn from the prior estimate. That dwarfs the estimated £60bn cost of decommissioning North Sea oil and gasfields.

The NDA’s existing work is spread across 17 sites from Dounreay in the far north of Scotland to Dungeness on the south coast of England. But almost three-quarters of total spending, or £120bn, is expected to be swallowed by Sellafield alone.

[…]

Some 18,500 people are employed by the NDA and its contractors around the UK, accounting for over a fifth of the total 87,500-strong nuclear workforce.

Read more at UK set to end outsourcing of nuclear clean-up

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


原発、各党の考え スタンスの違い鮮明に via Economic News

(抜粋)

このうち、原発について、自民は「原発依存度を下げていく。新増設は想定していない」とし、公明は原発最長稼働60年を徹底し「原発ゼロを目指す」。希望は「2030年にゼロ」。共産は「原発ゼロ」。立憲民主は「原発ゼロへ工程表を示す」。維新は「電力市場からの原発フェードアウトを図る」。社民は「2020年代の早い時期の原発ゼロ」。こころは「エネルギーベストミックスで原発は20%前後に」と答えた。

(略)

希望の党の選挙公約担当・後藤祐一前衆議院議員は「2030年までに原発ゼロを達成したい。再生可能エネルギーの割合を30%まで引き上げる。省エネの徹底でエコ社会をつくっていく。原発ゼロへ与野党の合意を図り、憲法にも原発ゼロを位置付けることを検討したい」とした。

公明党の石田祝稔政調会長は「マニフェストにも原発新設は認めないとしている。徹底した省エネと再生可能エネルギーの導入を進める。原発ゼロを目指す。原発は稼働から40年、そして1回のみ延長が認められた場合に20年。これをしっかりやっていきたい」と新設を認めず、最長でも60年稼働で廃炉にするルール厳守への取り組みを語った。

日本共産党の笠井亮政策委員長は「原発再稼働に国民の過半数は反対している。福島第一原発事故から6年半経ったが、今も6万8000人が避難生活をされている。原発稼働ゼロでも電気は足りていることは証明されており、動かせば核のゴミが出る。また原発程コストの高いものはないということも証明された」と指摘。「原発ゼロ、そして再生可能エネルギーで電力の4割をめざす」とした。

立憲民主党の福山哲郎幹事長は「安倍政権は2030年の電力比率で原発を22%としているが、これは東日本大震災時の比率と変わらない。非常に残念だ」と指摘。再生可能エネルギーが増えていることを示したうえで「世界は原発ゼロへの競争に入っている。これは成長戦略のひとつにもなる」とし「我々は原発ゼロへの工程表を国民に示す」と答えた。

日本維新の会の浅田均政調会長は「脱原発依存態勢の構築による、原発フェードアウトを提唱している。また原発再稼働には再稼働責任法として5本を提案している。特に使用済み核燃料の最終処分場をどうするのか」など目途が立っていない最終処分場問題への重要性を指摘した。

社会民主党の吉川元政審会長は「2020年代のできるだけ早い時期に原発ゼロ社会をつくりたいと思っている。安全性が最優先といわれるが、原子力規制委員会の方は『安全性を保障しているわけではない。安全基準に合っているかどうかを調べている』と言っており、また世界最高の基準というが、誰が世界最高というお墨付きを与えたのか。自らが言っているだけだ。実際の世界の基準からも、日本の方が緩いところがたくさんある」と問題視した。

日本のこころの中野正志代表は「原発は安全を確保することが大事だが、エネルギーのベストミックスを考えれば、原発は電力の20%を基本にしながら、地球温暖化を考えていくべき」と述べた。(編集担当:森高龍二)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


Nuclear power issue unlikely to be decisive factor in election via Japan Today

The future of nuclear power has become a key issue in campaigning for the Oct 22 general election, but Miyuki Ashiga, who was forced to evacuate her home in the 2011 Fukushima nuclear disaster, feels that ensuring citizens’ safety has been put on the back-burner.

“Reconstruction efforts, including building new houses, are still slow” over six and a half years since the crisis, the 59-year-old said standing before arrays of makeshift housing for evacuees of Futaba, a town hosting the crippled Fukushima Daiichi nuclear complex with neighboring Okuma.

Recalling the confusion and fear she felt fleeing her home in Futaba with her mother, she said, “In such a disaster, you tend to underestimate the outcome, thinking it can’t be that bad.”

“I want the government, whoever takes power, to tackle nuclear safety seriously” such as by making evacuation plans for residents living near nuclear plants, Ashiga said.

“I just hope such an accident will never, never happen again.”

[…]

All residents of Futaba are under an evacuation order, with 96 percent of the town designated as “difficult-to-return zones.”

While reconstruction efforts are still ongoing, and a decades-long plan to scrap the Fukushima Daiichi complex has exposed many challenges, Prime Minister Shinzo Abe’s Liberal Democratic Party is pledging to keep nuclear power as an “important base-load power source.”

[…]

But the LDP’s campaign has not focused on nuclear safety as opinion polls show around half of all voters are opposed to restarting nuclear power plants. Abe did not touch on the nuclear issue at all when he delivered his first stump speech in Fukushima.

Other parties, meanwhile, have stressed their plans to withdraw from nuclear power in their campaign pledges.

Tokyo Gov Yuriko Koike’s Party of Hope, for example, says it will compile a roadmap to eliminate nuclear power plants by 2030.

The Constitutional Democratic Party of Japan, led by former chief Cabinet secretary Yukio Edano, calls for a speedy end to nuclear power generation, promising to create a law aimed at paving the way for eliminating all nuclear plants. In contrast to the Party of Hope, Edano’s party says any resumption of currently idle plants cannot be accepted in the process of realizing a complete exit.

The Social Democratic Party and the Japanese Communist Party are also against nuclear power and restarting nuclear reactors.

Read more at Nuclear power issue unlikely to be decisive factor in election 

Posted in *English.

Tagged with , .


20歳以下に聞く 原発への賛否拮抗 切実感ない教育無償化 via 産経ニュース

「18歳以上」に選挙権年齢が引き下げられてから、初めて迎える衆院選。選挙戦も折り返し、静岡県内の20歳以下の若者に「投票に行くのか」「原発ゼロ政策をどう思う」「教育の無償化」「北朝鮮有事への対応」-について数十人の声を拾ったところ、複数の党が掲げる「原発ゼロ」政策への賛否は拮抗(きつこう)し、教育無償化には大半が賛成したが切実感はなかった。投票行動では多くの若者が前向きな姿勢をみせた。(衆院選取材班)

■原発政策 「必要」または「活用する」▽原発ゼロを目指す▽分からない-がほぼ同数で“三極化”。沼津市の女子高校生(18)は「安全対策をきちんとすれば、稼働させた方がいい。廃止は現実的でない」との立場。一方で、浜松市の女性会社員(18)は「原発なんていらない。危ない」と考える。富士市の男子大学生(20)は「原発のおかげという地域もある。少しずつ減らせばいい」と段階的な削減を主張する。

(略)

しかし、住民票の所在地と実際の居住地が一致しないため投票に行けないと答えた若者が複数いた。三島市の女子大学生(19)は「行きたいけれど、実家が遠くて住民票を移動していないので、行けない。三島市内で投票できるなら行きたい」と明かした。

投票率は全国的に18歳より19歳が低い。この現象は進学や就職で居住地が変わりやすい19歳が、住民票を移動しないまま転居することが一因とされている。

全文は20歳以下に聞く 原発への賛否拮抗 切実感ない教育無償化

Posted in *日本語.

Tagged with , .


「福島型」に事故対策追加義務づけ 循環冷却など 規制委が基準改正へ via 日本経済新聞

 原子力規制委員会は原子力発電所の再稼働の前提となる安全審査で、東京電力福島第1原発と同じ「沸騰水型」原発に対して新たな重大事故対策を追加する。原子炉格納容器の破壊を防ぐ新たな冷却システムの導入や放射性物質の飛散を防ぐ対策などを義務づける。近く案を示し、年内にも新規制基準を改正する。

こうした安全対策は東電が柏崎刈羽6、7号機(新潟県)で設置を提案し、規制委が有効性を認めた。規制委は東北電力女川2号機(宮城県)や中部電力浜岡4号機(静岡県)など他の沸騰水型原発でも対策を求める。

沸騰水型は審査が進む「加圧水型」に比べて格納容器が小さい。炉心溶融(メルトダウン)が起きると、冷却水が蒸発して容器内の圧力が高まりやすい。規制委は容器が壊れそうになった場合に備え、放射性物質をある程度取り除きながら水蒸気を外部に放出する「フィルター付きべント」の設置を義務づけた。

新しい冷却システムは熱せられた水を外部に抜き出し、熱交換器で冷やしてから格納容器に再び注水する。フィルター付きベントよりも効果が高いことから、最優先対策に位置づける。

続きは「福島型」に事故対策追加義務づけ 循環冷却など 規制委が基準改正へ 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


<社説>事故機に放射性物質 米軍は現地調査を認めよ via 琉球新報

東村高江で炎上したCH53E大型輸送ヘリコプターについて、在沖米海兵隊がインジケーター(指示器)の一つに放射性物質が使われていることを認めた。さらに現地では放射性物質を既に取り除いたと説明し「健康を害すのに十分な量ではない」と回答している。つまり事故現場に放射性物質が存在していたことになり、放射能汚染の可能性が出てきた。由々しき事態だ。

 海兵隊によると、放射性物質は指示器の複数の部品で使用されていた。2004年に宜野湾市の沖縄国際大学で墜落したCH53Dヘリの機体でも、回転翼安全装置などで放射性物質のストロンチウム90が検出された。
沖国大の墜落事故の際、宜野湾市消防本部の消防隊員が消火活動したが、米軍からヘリに放射性物質を搭載している事実を知らされていなかった。このため米軍の消防隊員は消火活動直後に放射能検査を受けていたが、宜野湾市消防の隊員は受けていない。生命の安全に関する情報を提供しない極めて不誠実な対応だった。
そして今回の炎上事故でも、初期消火に当たった国頭消防本部の消防隊員に、放射性物質の有無の情報を提供していなかった。海兵隊が放射性物質の存在を認めたのは、琉球新報の質問に対する回答だ。自ら情報提供したものではない。不誠実な対応は13年たっても変わらない。
県と沖縄防衛局は放射性物質が飛散した可能性があるとして、事故機に接する土壌採取を米軍に要望している。しかし事故機から半径約100メートルに敷かれた米軍による内周規制線内への立ち入りは認められていない。
このため県と防衛局は内周規制線の外で土壌を採取している。放射能汚染の可能性を引き起こしたのは米軍だ。その当事者が現地調査を拒んでいる。こんなことが許されるのか。いくら米軍が「健康を害すのに十分な量ではない」と説明しても、額面通りに信用することなどできない。
米軍は事故現場の牧草地内に簡易ベッドやテントを設置している。しかし地主には無断で設置していた。牧草地内は車両が行き来しており、無数のタイヤ痕も残っている。あまりの傍若無人ぶりにあきれるほかない。

[…]

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , , .


消防隊員らの被ばく検査未定 ヘリ炎上事故「不安と緊張、続く」via 琉球新報

沖縄県東村高江で米軍の大型輸送ヘリコプターCH53が不時着、炎上した事故を受け、国頭地区行政事務組合消防本部の辺土名朝英消防長は14日、琉球新報の取材に対し「事故後、隊員の精神的な不安や緊張が持続している」と語った。事故当日の11日、現場で消火作業にあたった消防隊員らに対し、米軍から放射性物質に関する情報提供はなかった。

 11日午後6時半ごろ、国頭消防が消火活動を開始したが、午後7時すぎに機体から300メートル以上離れるよう米軍から指示があった。機体に燃料が大量に残っていたため、爆発の恐れがあったという。消防隊員は防火衣と空気呼吸器を着けて消火活動にあたった。辺土名消防長は「今後、隊員の(被ばく)検査をすることになるが、まだ具体的には決まっていない」と答えた。

現場には東村役場の職員も2人いた。職員は「放射性物質について報道でしか聞いていないので不安はある」と話す。沖縄防衛局や米軍側から放射性物質に関する説明は一切ないとした。

2004年の米軍ヘリ沖国大墜落事故では、ヘリに放射性物質が存在したため米軍の消防隊員は消火活動直後に放射能検査を実施したが、日本側の消防隊員には実施されなかった。国頭消防は米軍ヘリの火災原因などの調査義務があるが、米軍側から14日現在、許可が出ていないため、調査ができていない。

 

 

原文

Posted in *English.

Tagged with , , .