Skip to content


Settlement reached to clean up uranium mines via The Albuquerque Journal

FARMINGTON — A settlement for more than $600 million has been reached between the United States, the Navajo Nation and two subsidiaries of Freeport-McMoRan Inc. to address the cleanup of 94 abandoned uranium mines.

[…]

“It will allow all parties to cooperatively address an environmental issue that has long been an important concern to the Navajo people and, furthermore, will provide job opportunities for members of the Navajo Nation for environmental investigation and remediation work at 94 former uranium mine sites,” Kinneberg said.

[…]

The EPA release states that under the settlement, Cyrus Amax and Western Nuclear, both Freeport-McMoRan subsidiaries, have agreed to perform removal site evaluations, engineering evaluations and cost analyses.

In return, the U.S. has agreed to place $335 million into a trust account to help fund the cleanup.

The EPA will collaborate with the tribe’s environmental agency to oversee the work, the release states.

[…]

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


<東北電>計画撤回の原発用地 町に無償譲渡 via 河北新報

 

東北電力は23日、新設計画を撤回した浪江・小高原発(福島県浪江町、南相馬市)の旧予定地のうち、浪江町側の敷地を町に無償譲渡する方針を明らかにした。町は東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された後、ロボットなど先端産業の誘致による雇用創出エリアとして活用する予定。
東北電によると、対象は旧予定地の計約135万平方メートルのうち浪江側約120万平方メートル。現在は避難指示解除準備区域で、除染が既に終わっている。
浜通り地方では、県が研究拠点を集積する「イノベーション・コースト構想」を計画。浪江町には小型無人機「ドローン」などの訓練用滑走路を設ける方向だ。

[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


横浜・原発避難いじめ 認定困難発言に抗議 via 毎日新聞

東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒(13)が避難直後から小学校でいじめを受けていた問題で、生徒側の代理人は23日、横浜市の岡田優子教育長が「金銭授受のいじめ認定は困難」と発言したことに抗議する文書を市教育委員会に提出した。

 文書で生徒側は「発言は金銭授受をいじめと無関係とするような内容で、生徒を無用に苦しめる」と撤回を申し入れた。代理人によると、生徒や両親は岡田教育長の発言にショックを受けている。(共同)

 

原文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


県職員本給賠償対象の3千万円和解案提示 紛争解決センター via 産経ニュース

東京電力福島第1原発事故の対応で計画通りに職員削減ができず人件費が増えたとして、宮城県が東電に賠償を求めた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、原子力損害賠償紛争解決センターが、削減できなかった職員の本給を賠償の対象とする和解案を提示したことが23日、分かった。県によると、本給の賠償は全国で初めて。

(略)

県は「市町村などの賠償請求に好影響を与えることが期待できる」と案を受け入れる方針で、県議会議決を経て3月末にも和解成立の見通し。

県は平成23~24年度に専従職員9人が実質的な増員になったとして、9人の2年分の本給、計約1億円の賠償を請求。センターは県側の主張に一部理解を示し、約3割の3千万円の賠償を和解案に盛り込んだ。

全文は県職員本給賠償対象の3千万円和解案提示 紛争解決センター

Posted in *日本語.

Tagged with , .


Power supply failure occurred at Armenian Nuclear Power Plant due to icing via Tass

EREVAN, January 22. /TASS/. Failure occurred on Saturday night at high voltage power transmission lines (PTL) connecting the Armenian Nuclear Power Plant (NPP) with the national energy system, the government of Armenia told TASS. The failure entailing partial reduction of plant load was caused by power lines icing during lengthy frost.
 
[…]

The fault was identified and cured and power supply was restored, the government said. “Such situation is caused by ice accumulations on wires in freezing weather that is present in Armenia during several weeks already,” Sardaryan said. “The NPP is currently functioning with full load and power is supplied in full scope,” she added.

The Armenian Nuclear Power Plant commissioned in 1979 is providing about a third of all electric power generated in Armenia.

Posted in *English.

Tagged with , .


福島大が第1原発視察事業 新年度から学生対象、廃炉へ人材育成 via 福島民友

 福島大が、学生を対象にした東京電力福島第1原発の視察事業を新年度から始める方針を固めた。第1原発の現状への正しい理解を深め、廃炉作業に直接関わる技術者と、自治体職員などの立場で廃炉作業を間接的に支える人材を育成する。

新年度は手始めに、放射線や除染など原発事故に関係する研究に携わる学生約20人が視察する。希望者を対象に、翌2018年度から共生システム理工学類の学生、19年度からは他の学類の学生といったように対象を広げていく方針。

視察事業は、廃炉の加速化につながる研究や人材育成を目的にした文部科学省の採択事業の一環。

放射性物質の分析など廃炉に直接関わる技術者に加え、間接的に廃炉を支える人材である「廃炉支援者」を育てるのが狙いだ。そのためにはできる限り多くの学生が第1原発の現状を理解することが必要と判断した 。

視察事業の本格的な実施に先立ち、中井勝己学長ら同大の役員、事務職員は昨年12月下旬と今年1月中旬に第1原発を視察、参加した教員の研究室に所属する学生のうち希望者も同行した。

(略)

東電によると、原発事故後に視察や見学、取材などで第1原発を訪れたのは約2万6千人(昨年9月末時点)。若い世代の視察も増えており、昨年11月には福島高生徒が18歳未満として初めて視察した。

バスで視察する場合、1回の外部被ばく量は10マイクロシーベルト程度という。

全文は福島大が第1原発視察事業 新年度から学生対象、廃炉へ人材育成

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Nuclear Regulatory Crusader via Union of Concerned Scientists

To many, the acronym NRC stands for Nuclear Regulatory Commission. At times, NRC has been said to stand for Nobody Really Cares, Nuclear Rubberstamp Committee, and Nielsen Ratings Commission.

In regard to Larry Criscione, it may stand for Nuclear Regulatory Crusader.

[…]

Flooding Risk at Oconee

In June 2010—nine months before Fukushima—the NRC issued a Confirmatory Action Letter to the owner of the Oconee nuclear plant in South Carolina requiring more than a dozen measures be taken. The measures were intended to lessen the chances that the Jocassee Dam fails and to increase the chances that the three operating reactors at Oconee survive should the dam fail anyway.

An evaluation showed that if the dam—located about 21 miles upriver from Oconee—failed, the site would be inundated with about 12.5 to 16.8 feet of flood water. The site was protected by a flood wall about seven feet tall, so it mattered little whether the actual depth was 12.5, 13, 14, 15, or 16.8 feet.

The NRC estimated that if the dam failed and flooded the site, there was a 100 percent chance that all three reactors would meltdown.

[…]

Larry’s letter was obtained by a reporter and featured in a Huffington Post article dated October 19, 2012.

As Larry had requested, the NRC’s OIG investigated handling of documents about flooding hazards. But rather than investigate whether NRC had improperly withheld information as he contended, OIG investigated whether Larry had improperly released information. As detailed in our 2015 report on the NRC and nuclear power safety, OIG made Larry an offer—he could voluntarily resign from the NRC or they would turn over his case to the Department of Justice (DOJ) for prosecution.

Larry did not resign.

OIG did refer the case to DOJ.

DOJ did not prosecute.

Through FOIA, UCS obtained DOJ’s response to NRC declining to prosecute Criscione. Under the Primary Reasons for Declination section, DOJ checked one box—No Federal Offense Committed.

Fortunately for Larry, not breaking the law is not yet against the law.

Thanks to Larry’s selfless efforts, the flooding hazards at Oconee have been made public. Larry had been right about the NRC inappropriately withholding information from the public. When lawyers and investigators were all through, the information he sought to have publicly released was publicly released. The NRC lacked legal grounds to continue hiding it.

Read more at Nuclear Regulatory Crusader

Posted in *English.

Tagged with , , , .


原発・治安に不安の声 福島・富岡町、避難解除で説明会 via 日本経済新聞

東京電力福島第1原発事故により福島県富岡町全域に出ている避難指示の解除を巡り、町民向けの説明会が21日、同県いわき市で開かれた。政府の原子力災害現地対策本部は4月1日に一部で避難指示を解除する案を説明。住民からは廃炉作業中の第1原発や治安に対し不安の声が上がった。

政府は追加の除染が1月で完了することなどを理由に「生命、身体に影響はない。安全だと判断した」と述べ、避難指示を解除したい考えを説明した。

住民からは第1原発に残る使用済み核燃料や治安に対する不安を訴える意見が出た。避難解除の対象は、放射線量の高い帰還困難区域を除く、居住制限区域と避難指示解除準備区域。

続きは原発・治安に不安の声 福島・富岡町、避難解除で説明会

関連記事:

  • 4月1日避難解除に『賛否両論』 いわきで富岡町住民説明会 via 福島民友

    説明会はこの日2回行われ、町民計240人が出席。町民からは「福島第1原発に使用済み核燃料が残っている状態で安全なのか」などの意見が出され、政府側は「リスクはあるが、冷却を続けてリスクを下げてきている」などと答えた。

    また、比較的早期に帰還するとみられる高齢者に対し、固定資産税の減免や交通手段などの支援を求める意見も出され、政府側は検討する考えを示した。

    このほか、町民から「宅地周辺の森林の線量が高く、4月1日解除は時期尚早」などの声が上がり、政府側は「線量の高い場所は追加除染を行う。帰還は強制ではない。4月の帰還を目指す町民もいる」と4月1日解除の意義を強調した。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Safety fears over EDF bid to permit doubling of nuclear reactor cracks via The Herald

THE nuclear industry is secretly bidding to relax safety standards to allow the doubling of the number of cracks in the radioactive cores of Scotland’s ageing reactors

EDF Energy is asking for the safety rules to be rewritten so that it can keep running its nuclear power stations at Hunterston in North Ayrshire and Torness in East Lothian until they are at least 47 and 42 years old. They were originally designed to last 30 years.

Prolonged radiation bombardment causes the thousands of graphite bricks that make up reactor cores to crack, threatening a safe shutdown. But EDF is asking the UK government’s watchdog, the Office for Nuclear Regulation (ONR), to permit an increase in the proportion of cracked bricks from 10 to 20 per cent.

[…]

EDF’s bid to relax safety standards at Hunterston and Torness is highlighted in a new report today for the Scottish Greens. It concludes that the risks from graphite cracking are serious and argues that an international convention demands that environmental risks must be assessed, alternative energy sources considered and the public consulted.

[…]

“The Scottish Government should ask itself if it really wants ageing reactors to continue operating and producing nuclear waste for up to another thirteen years – gambling with public safety – when we know that there are plenty of ways to provide alternative sources of energy.”

Scottish Green MSP for West of Scotland, Ross Greer, warned that communities would be concerned about proposals to allow more cracking. “The lack of public consultation is just unacceptable,” he told the Sunday Herald.

“If we did this properly, the public would reject an ageing, cracking, safety hazard. The Scottish Government’s relaxed position on nuclear needs challenged. We simply don’t need to sweat these plants and add to our toxic legacy.”

John Large, a consulting nuclear engineer, pointed out that the integrity of the graphite bricks was vital to nuclear safety. If they failed, they could block channels that enable control rods to be inserted to close down reactors and prevent them from overheating.

Read more at Safety fears over EDF bid to permit doubling of nuclear reactor cracks

Posted in *English.

Tagged with , , , .


/2 原発の影 予断許さぬ、離島挟み撃ちvia毎日新聞

[…]

船も不足、逃げ場は

 東京電力福島第1原発事故を受けて原発の停止が相次いだころ、森田さんが上関原発反対を長年訴えてきたことを知る人から「おまえの勝ちじゃの」と声を掛けられた。原発が止まると感じたらしい。しかし、結局原発廃止は進まず、新基準に基づいて伊方原発は全国で3番目に再稼働。上関原発も、準備工事は中断したものの、建設に必要な埋め立て免許が更新され、予断を許さない。

 「離島と原発の関係は特殊です」と森田さん。東電原発事故では40キロ以上離れた住民も避難させられた。2014年に大飯原発3、4号機の運転差し止めを命じた福井地裁判決も、250キロ圏内に住む人の生活が脅かされる危険性を認めた。

 現在の島の住民は二つの集落で計約380人。戦後最盛時の約10分の1にすぎないが、島民全員が乗る船は港にはない。事故時に伊方原発側から風が吹けば、救援船が来ても避難先の本土もまた風下に当たる。事実上、逃げ場はない。

 森田さんは「長島の自然を守る会(現・上関の自然を守る会)」のメンバーだ。現地の山口県上関町での抗議や選挙の手伝いに足しげく通った。守る会の趣旨は開発に伴う自然破壊を食い止めること。原発周辺の自然を調査する地道な活動に力を入れ、カンムリウミスズメ、スナメリなど希少生物の生息を明らかにしてきた。

原告は希少種

 08年に森田さんも原告に加わって起こした原発予定地周辺海域の埋め立て免許取り消し訴訟では、こうした生物の名前を原告として訴状に記載した。従来の反原発訴訟は憲法が保障する人格権や人の生存権を救済根拠としてきたが、それにとどまらず、生き物を代弁して「自然の権利」を主張したのだ。訴えは注目され、全国から支持者が集まった。

[…]

 ◆ノート70年

原発差し止め4件、人格権侵害の危険認定も

 原発の周辺住民が設置許可取り消しや運転差し止めなどを求めた訴訟では「(司法審査は)行政庁の判断に不合理な点があるか否かという観点から行う」という判断の枠組みが踏襲されている。最高裁が1992年、四国電力伊方原発1号機訴訟の判決で示した。

 司法審査の対象が限定され、住民側敗訴が相次ぐ中、2006年以降の(1)北陸電力志賀原発2号機訴訟の金沢地裁判決(2)関西電力大飯原発3、4号機訴訟の福井地裁判決(3)同高浜原発3、4号機仮処分の福井地裁決定(4)高浜3、4号機仮処分の大津地裁決定--の4件は運転を差し止めた((1)(3)はその後住民側敗訴)。(2)では、日本の法制下で人格権を超える価値は見いだせず、生命を守り生活を維持する利益は人格権の根幹とした上で、原発の運転によって、それが侵害される具体的な危険があると判断した。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170121/ddl/k39/040/553000c#csidx12873cd83b4a49483cd0b4eb1613876
Copyright 毎日新聞

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .