Skip to content


東北ツアーに福島県含まれず 安全確証ないとマレーシア旅行会社 via 福島民友

東北観光推進機構(仙台市)がマレーシアの大手旅行会社「アップルバケーション」と連携して20~24日に実施する東北ツアーの訪問先に福島県が含まれていないことが16日、同機構への取材で分かった。

同機構によると、同社が安全への確証が得られるまで本県への送客を行わないとの方針を示したため、本県を除く5県でのツアーになったという。

(略)

県は同機構に負担金を支払い、海外の旅行会社の招聘(しょうへい)事業やプロモーション事業を展開、本県を含む東北の認知度向上と誘客拡大を図っている。

今野一宏県観光交流課長は「(本県を訪れないことについて)機構から連絡があった」と説明。マレーシアが本県のインバウンド(訪日外国人旅行)の重点地域ではないとした上で「風評が根強く残っており、機構と一緒になって本県の安全を発信していきたい」と話している。

全文は東北ツアーに福島県含まれず 安全確証ないとマレーシア旅行会社

Posted in *日本語.

Tagged with , .


The Disney Attraction Powered By Nuclear Weapons Tech via Popular Mechanics

In the form of a 14-channel tape recorder using one-inch magnetic tape.

On June 23, 1963, Walt Disney opened his famous Tiki Room on the grounds of Disneyland. Featuring animatronic animals, a Polynesian atmosphere and non-alcoholic tiki drinks, the Tiki Room quickly became a hit with visitors to the California theme park. What visitors did not know was that the Tiki Room’s beating heart was derived from nuclear weapons technology, missiles that could devastate the Soviet Union in a nuclear war.

As Los Angeles’ KCET explains, Disney’s Tiki Room was an enormously complex enterprise. The room operated at the cutting edge of audio-visual technology, complete with lights, sounds, and “Audio-Animatronic” performers. The room had four animatronic macaws that acted as masters of ceremonies for their human guests, as well as 225 animatronic birds, flowers, and tikis that moved, talked, and sang.

[…]

The tape recorder is commonly thought to have come from the Navy’s Polaris missile, the first submarine launched ballistic missile. First operational in the 1960s, Polaris carried a single 200 kiloton nuclear warhead. However, Von Braun never worked on Polaris, working instead on the Army/Navy Jupiter missile, so the German scientist either provided Disney with components of the Jupiter’s guidance system—which was probably very similar to Polaris’ guidance system—or some other arrangement was made for the transfer of Polaris technology.

Today, KCET notes, the Tiki Room is controlled by the equivalent of an Apple Macbook. For a time however one of the star attractions at the Happiest Place on Earth was in part controlled by a device designed for nuclear destruction.

Read more at The Disney Attraction Powered By Nuclear Weapons Tech

Posted in *English.

Tagged with , , .


Former NRC head disagrees with Bill Gates, says nuclear not a safe bet for combating climate change via

Molly Brown 

How much do you think about nuclear power?
If you’re like most Americans, the answer is likely “not often.” Unless you work in the industry, you don’t hear too much about nuclear power these days, as Big Oil and coal face off against solar and wind.

The former head of the Nuclear Regulatory Commission wants to change that. In his latest book, Confessions of a Rogue Nuclear Regulator, Dr. Gregory Jaczko says that we not only should be thinking more about the consequences of nuclear power, we should be way more concerned about it than we are.

Jaczko headed the NRC from 2009 to 2012 under former President Barack Obama. During his tenure, he oversaw several of nuclear’s worst battles and disasters, including Yucca Mountain, the proposed nuclear waste depository, and the Fukushima meltdown in Japan. He writes that what he witnessed was an agency overpowered by the agenda of the nuclear industry. Decisions were based on politics, not safety or the public’s best interests. After witnessing several close calls with plants and the aftermath of Fukushima, he’s come to the conclusion that there is no such thing as safe nuclear power.

Why did you decide to write a book?

I’d had a unique experience. I learned a lot in the job about the process of how nuclear power plants are regulated. I think it’s important for people to understand the influence that the industry has, that Congress has, and these are lessons that are true in any safety-sensitive industry.

The more pressing issue for me right now has developed the last couple years, and it’s the recognition that a lot of people are turning to nuclear as the savior of climate change. I have two kids and I’m extremely worried about climate change, but I’m even more worried that nuclear is a solution that people are pushing.

[…]

Confessions of a Rogue Nuclear Regulator by Gregory B. Jaczko is out now.

Posted in *English.

Tagged with , , .


長崎)田上市長の一問一答「審査のあり方は変わらない」via 朝日新聞

被爆者健康手帳の申請を却下された元徴用工への被爆者健康手帳交付を命じた長崎地裁判決を受け、控訴しない方針を11日に示した長崎市田上富久市長の一問一答は次の通り。

――控訴しない理由は

裁判所は、原告の主張の一貫性とか信用性で(証言を)判断しており、市の手続きは必要な調査・審査を行ったとしっかりみてもらった。(制度論ではなく)個別案件として、総合的に判断した。

――同じ被告である国とも合意したのか

国は国の判断や手続きで最終判断する。市の判断が変わることはない。

――証言だけで交付を命じた判決を受けて、市の審査のあり方は変わるのか

判決も証言だけで良いとの内容にはなっておらず、いまの市の審査のあり方はしっかり理解されている。証言もそれ以外の情報も、両方をしっかり集めながら判断していく基本的な姿勢は変わらない。

――原告にコメントを

(略)

裁判を通して手帳の交付に至り、結果として時間がかかり、心情として申し訳なかったと思う。できるだけ早く交付したい。

全文は長崎)田上市長の一問一答「審査のあり方は変わらない」

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Fukushima Thyroid Examination December 2018: 166 Surgically Confirmed as Thyroid Cancer Among 207 Cytology Suspected Cases via Fukushima Voice Version 2E

 

January 10, 2019

♦Note: This post is likely to be updated with key points from the meeting in the near future.

For more detailed information on the Fukushima Thyroid Examination itself, see the September 2017 fact sheet (long version, or e-published PDF)

 

Highlights:

  • The third round: 3 cases newly diagnosed as suspicious or malignant, and 2 new  cases surgically confirmed.
  • The fourth round: No cytology conducted yet as of September 30, 2018.
  • Age 25 Milestone Screening for those born in FY1992: 2 cases diagnosed as suspicious or malignant. No surgery yet.
  • Total number of suspected/confirmed thyroid cancer is now 206 (excluding a single case of benign tumor; 115 in the first round, 71 in the second round, 18 in the third round, and 2 in Age 25 Milestone Screening).
  • Total number of surgically confirmed thyroid cancer cases has increased by 2 to 166 (101 in the first round, 52 in the second round, and 13 in the third round).
The latest overall results including “unreported” cases:

On December 27, 2018, the 33rd Oversight Committee for Fukushima Health Management Survey (FHMS) convened in Fukushima City, Fukushima Prefecture. Among other information, the Oversight Committee released the latest results (as of September 30, 2018) of Thyroid Ultrasound Examination (TUE) including the third and fourth rounds as well as the Age 25 Milestone Screening for those born in FY1992. Official English translation will be available here in the near future.

A five-page summary of the first through third rounds, “The Status of the Thyroid Ultrasound Examination,” was also released, listing key findings from the primary and confirmatory examinations as well as the surgical information. In particular, any update to the number of surgical cases is reflected in this summary before such information is compiled in the fiscal year update as of March 31. This summary is not translated into English officially, but here’s an unofficial translation. 
[…]

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , .


『花は咲く』異論  松本昌次(編集者・影書房)via レイバーネット

松本昌次の「いま、言わねばならないこと」
第二回・2013/5/1 (毎月1日発行)
『花は咲く』異論  松本昌次(編集者・影書房)

 

しばらく前、ある小さなリーフレットに、わたしは次のように書いたことがある。
――この頃、NHKのテレビをつけて気になることがあります。それは38人の有名な俳優やタレントたちが、一輪の花を手にして歌いつぐ『花は咲く』(作詞・岩井俊二/作曲・菅野よう子)という、東日本大震災の「復興支援ソング」です。「今はただ なつかしい/あの人を思いだす」とか、「花は 花は 花は咲く/いつか恋する君のために」とか、なんとも甘い激励と癒しと浄化の言葉の羅列は、被害者たちを個人の「体験」にのみ、明るい希望にのみとどまらせようとしているとしか思えないからです。敢えて言えば、この歌は、戦争中の『海行かば』の裏返しの歌です。――と。

[…]

野坂昭如氏が「毎日」に『七転び八起き』を連載していて、その連載151回「震災から2年」を友人が切り抜いて送ってくれた。野坂氏の「被災者それぞれの声に耳を傾けること」をわたしたちの「務め」と語る真摯な姿勢に共感を覚えたが、それとは別に、記事に添えられた黒田征太郎氏のイラストには、痛烈な感銘を受けた。点描で描かれたチューリップのような花が、茎の半ばでポッキリ折れて、地面にばったりと倒れこんでいるのである。そして「ハナハ/ハナハ/ハナハ/サク?」とある。このイラストとたった一つに疑問符、これこそが、3・11後の被災者の現実を見事に言いあてたものではないのか。

[…]

 

続きは 『花は咲く』異論  松本昌次(編集者・影書房)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


原発事故の最悪の事態に「政治家が腹をくくって『動くな』と言えるかどうか」!?「不正と捏造」を申し立てられた早野龍五・東大名誉教授の唱える「科学的根拠」のご都合主義!? via IWJ

 2011年3月11日の東日本大震災による福島第一原発事故による放射能汚染について、データにもとづき「危険ではない」と言い続けてきた原子物理学者の早野龍五・東大名誉教授が、英国の科学雑誌「Journal of Radiological Protection」(JRP)で発表した2本の論文に、本人の同意を得ていないデータが使われていただけでなく、データそのものが過小に評価されていたことが明らかとなった。

(略)

また、データの過小評価について早野氏は、「計算ミスがあり、被曝線量を3分の1に過小評価していた」と認めているが、申立書では「線量を過小評価するための捏造が疑われる」と指摘している。

早野氏は論文だけでなく、原発事故の後に発せられた自分の発言そのものを改竄していたことも発覚した。データの過小評価と誘導的な話法によって、早野氏は、放射能に怯える多くの人々にニセの情報を与え、ニセモノの信頼をかき集めてきたと言えるのではないか。

さらには、こうした誤ったデータにもとづいて、早野氏は非常にリスクの高い計画を実行していた。福島の高校生が廃炉作業の最中である福島第一原発を視察することを企画し、自ら引率していたのである。

早野氏に「思想」と呼べるようなものがあるかどうか。仮にあると仮定した上で、このような行動を正当化できる早野氏の「思想」とは、一体どのようなものなのか。早野氏は福島原発事故前の2011年1月1日のツイートで、元日に靖国神社へ昇殿参拝したことを報告している。福島の原発事故後の早野氏の情報操作と早野氏の靖国への傾倒の間にはどのような関係があるのか。

論文に対する「不正と捏造」の申し立てに対し、早野氏は1枚の「見解」をツイッターにアップしただけ!?

JRP誌の2本の論文の誤りが発覚して以降、だんまりを決め込んでいた早野氏だが、1月8日のツイッターで、ようやくこの件についてのコメントを発表した。

「本日1/8、文科省記者クラブに『伊達市民の外部被ばく線量に関する論文についての見解』を貼出いたしました。70年間の累積線量計算を1/3に評価していたという重大な誤りがあったことと、その原因、意図的ではなかったこと、今後の対応、伊達市の方々への陳謝などを記したものです」

(略)

早野氏のこの間違ったデータにもとづいた理論によって、「安全」だとされて帰還させられた住民、それでも疑問や懸念を抱いた人々に浴びせられた誹謗中傷、地元産の農産物を食べさせられた子どもたちなどへの責任はどう取るつもりなのか。記者クラブへの貼り紙とツイッターでの軽い釈明で済む問題とは考えられない。

指摘された論文の「極めて重大な問題」には何も答えていない!? 過去にはメルトダウンを否定するツイートに同意しながら、なかったことに!?

この早野氏の「見解」に関して、神戸大学教授であり、理化学研究所計算科学研究センターフラッグシップ2020プロジェクト副プロジェクトリーダーである牧野淳一郎氏は「極めて重大な問題がいくつも見受けられ」ると述べている。そのなかで最大の問題は、論文の問題点についての黒川眞一・高エネルギー加速器研究機構(KEK) 名誉教授によるJRPへの問い合わせに全く応えていないことだと牧野氏は指摘している。

「黒川氏のレター論文では10箇所近い誤りが指摘されているにもかかわらず、早野氏の『見解』では、『3倍するのを忘れた』という1つだけを誤りとしており、それは黒川氏が指摘しているものではありません。 仮に黒川氏の指摘が誤りである、というなら、そのことを根拠をあげて説明することが研究者に最低限求められることでしょう。単に無視し、全く別のことを答える、というのでは研究者の論文に対する指摘への対応としておよそありえないことです」

続きは[有料]原発事故の最悪の事態に「政治家が腹をくくって『動くな』と言えるかどうか」!?「不正と捏造」を申し立てられた早野龍五・東大名誉教授の唱える「科学的根拠」のご都合主義!? 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Fukushima Residents Return Despite Radiation via Scientific American

Eight years after the nuclear meltdown, wary citizens are moving back to contaminated homesteads—some not by choice

When the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant began spewing radioactive particles after it was clobbered by a tsunami in March 2011Kaori Sakumafled. She bundled her infant and toddler into a car and left her husband and family in Koriyama, 44 miles west of the ruptured facility. “The truth is, I ran away,” she says. Confronting gas shortages and snarled roads, she transported her children 560 miles away to Hokkaido, about as far as she could get.

Radiation from the fuming plant spread over tile-roofed towns and rice paddies across an area the size of Connecticut. The meltdown 150 miles north of Tokyodrove more than 200,000 peopleout of the region. Most believed they were fleeing for their lives. Now, almost eight years after the accident, the government has lifted most evacuation orders. Nearly 122,000 peoplehave been allowed to return to communities where weeds have overtaken parking lots. Most are elderly,relieved to be resuming their lives. Prime Minister Shinzo Abe is determined to end all evacuations by 2020, when Japan will host the Olympic Summer Games. The events will include baseball and softball competitions in Fukushima City, a mere 55 miles from the ruined reactors.

Around 35,000other citizens still wait to return, but they and many others throughout northeastern Japan worry all of this is too soon. Radiation, which is generally linked to cancer, in some places continues to measure at least 5 millisieverts (mSv) a year beyond natural background radiation, five times the added level Japan had recommended for the general public prior to the incident. In certain spots radioactivity is as high as 20 mSv, the maximum exposure recommended by international safety experts for nuclear power workers.

In its haste to address the emergency, two months after the accident the Japanese government raised the allowable exposure from 1 mSv annually, an international benchmark, to 20 mSv. Evacuees now fear Abe’s determination to put the Daiichi accident behind the nation is jeopardizing public health, especially among children, who are more susceptible. Lifting most evacuations has also ended subsidies for evacuees, forcing many to return despite lingering questions.

As more people inside and outside the country absorb the radiation data, Japanese officials are confronting a collapse of public confidence. Before the accident residents in Japan (and the U.S.) were living with background radiation that averaged 3.1 mSv a year,most of it emanating naturally from the ground and space. In Japan and the U.S. many residents experience an additional 3.1 mSv annually, due mostly to medical testing. But the anxiety of Fukushima residents facing even higher levels is palpable. If the government is going to fully restore lives and livelihoods, it needs to regain their trust, says nuclear engineer Tatsujiro Suzuki, a professor at Nagasaki University and former vice chairman of the Japan Atomic Energy Commission. That, he says, should include respecting international safety standards for radiation and lowering the allowable level at least to 5 mSv, although he acknowledges “even 5 mSv is too high for children.”

[…]

Sakuma was one of those who returned to Koriyama, from her outpost in Hokkaido. She did not want her young children to touch contaminated soil or water along their walk to school, so she carried them both on her small back. “We all want our kids to play in the dirt and pick flowers but I was afraid. We all were,” says Sakuma, now 46.

[…]

Scientists generally agree on a few basics: The risks of getting leukemia or other cancers are higher for children than adults, and the risks for everyone increase significantly with exposure above 100 mSv annually. Various national agencies have set 20 mSv per year as a maximum for occupational exposure. Public exposure should be no more than 1 mSv per year above background levels, according to the International Commission for Radiological Protection. That raises questions about Japan’s 2011 emergency declaration of 20 mSv per year as the allowable exposure. Five years after the 1986 explosions at Chernobyl, Ukrainian officials lowered the allowable level to 5 mSv per year. Japanese officials note there have been no reported deaths from radiation exposure.

[…]

Sakuma, the Koriyama mother, is using the Daiichi accident as a lesson in radical civic involvement. She intends to keep her sons in Koriyama despite radiation concerns. “I want them to grow up here so they can learn what the government does. I want them to tell other people about how it is to live with radiation,” she says. “This accident is not over.”

Read more at Fukushima Residents Return Despite Radiation

Posted in *English.

Tagged with , , , .


「学校給食」福島県産食品40.8% 不安薄らぎ震災前比率上回る via 福島民友

県内の学校給食で本年度に県産食品を活用した品目の割合が40.8%(前年度比5.2ポイント増)に上り、震災前の水準を初めて上回ったことが15日、県教委が実施した学校給食地場産物活用状況調査の結果で分かった。原発事故後に行われている放射性物質検査などを通じて県産食品の安全性に対する保護者や学校関係者の不安が薄らいできたことが要因の一つとみられ、県教委が設定していた2020年度の目標値「40%」を2年前倒しで達成した。

震災前の10年度は36.1%だったが、原発事故の影響で12年度に18.3%に半減。その後は皮むきやカットなど1次加工した農産物の取扱量増加や生産者、各JA、納入業者らによる協力などを背景に回復傾向が続き、15年度には全国平均を上回った。

地域別でも全て震災前水準を上回った。原発事故の影響が甚大だった相双・いわきは12年度の6.5%から39.9%(前年度比11.4ポイント増)にまで回復。南会津が58.3%(同12.1ポイント増)と5割を超えた一方、県北は33.8%、県中は36.8%と伸び悩んだ。

食品分類別でみると、豆類が61.9%で最も高く、コメやパン、麺などの穀類が60.8%と続いた。果実類は47%で10年度と比べると25.4ポイント上昇した。

(略)

福島、郡山の両市などは児童、生徒数が多く、地場産物の数量確保が課題となっている。県教委は県農林水産部やJAグループ福島と連携を図り、供給体制の構築を支援したい考え。

全文は「学校給食」福島県産食品40.8% 不安薄らぎ震災前比率上回る

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


甲状腺がん診断…15年間で『韓国17倍』 福島医大・国際シンポ via 福島民友

建国大(韓国)の耳鼻咽喉・頭頸部(とうけいぶ)外科のリー・ヨンシク教授は15日、福島医大が福島市で開いた国際シンポジウムで講演し、韓国で広範囲に甲状腺超音波検査が行われるようになった結果、「甲状腺がん」と診断された人が15年間で約17倍に急増したことを報告した。リー教授は、甲状腺がんと診断される人の急増は「超音波検査の乱用が引き起こした過剰診断の見本だ」と見解を示し「治療の必要がない微小ながんまで見つけて手術することで、恐怖をあおる結果を招いた」と述べた。

東京電力福島第1原発事故を受けて本県で行われている甲状腺検査について「福島でも超音波検査ではなく定期的な触診で十分だ」と提言した。

講演によると、1999年以降、韓国で一般向けの甲状腺超音波検査が広範囲で行われるようになった。この結果、98年には約2500件だった甲状腺がんが2013年には約4万3000件と約17倍に急増したデータを提示。広範囲な検査を行っていない英国と比較し甲状腺がんと診断される人は増えたものの、10万人当たりの死亡率の上昇は見られなかったとした。

(略)

リー教授は甲状腺がんは触診で分かる大きさになってからでも生存率が97%超だったとのデータも示し「福島でも甲状腺の超音波検査はやめ、定期的な触診が甲状腺がん予防に十分役に立つ」と述べた。

シンポジウムは福島医大放射線医学県民健康管理センターの主催。福島医大の後藤あや教授、緑川早苗、村上道夫の両准教授、ノルウェー生命科学大のデボラ・オートン教授、東大大学院の関谷直也准教授、東京慈恵会医大の越智小枝講師、産業技術総合研究所の保高徹生研究員らが県民健康調査における地域住民との対話などについて発表した。

全文は甲状腺がん診断…15年間で『韓国17倍』 福島医大・国際シンポ 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .