Skip to content


<社説>川内原発停止要求 民意背負う知事に応じよ via 琉球新報

 稼働中の原発の一時停止を知事が求めたのは初めてだ。住民の命、安全を最優先する立場からの要請は当然の行動であり、支持したい。

 鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事が、稼働中の九州電力川内原発1、2号機の一時停止と再点検、周辺の活断層調査などを九州電力の瓜生(うりゅう)道明社長に要請した。
 一時停止は7月に初当選した三反園知事の公約だ。4月に起きた震度7級の熊本地震を受け、原発を抱える不安を募らせた県民の多くの支持を得て、原発推進の前知事を破った。
 立地県の民意を背負う知事が、電力会社に原発停止を直接要請した意義は大きい。
 「安全神話」が崩れた福島第1原発事故を受け、原発の存在に不安を抱くのは鹿児島県民だけではない。三反園知事の行動を多くの国民が注視している。

[…]
九電は「熊本地震後に安全性について問題はないと確認した」と主張している。原子力規制委の田中俊一委員長は「われわれがきちんと審査してきた原発の何を点検するのか」と、冷や水を浴びせた。
 政府と規制委、九電が気脈を通わせる中、九電が一時停止するかについては否定的な見方が強い。
 川内原発1号機は10月、2号機は12月に約2カ月間の定期検査に入り、運転を停止するが、検査終了後の運転再開時には地元の同意を得ることが慣例化している。知事は安全性に疑念が残るなら、同意を拒めばいい。九電は、原発稼働には地元の理解が不可欠であることを再認識せねばならない。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Yamagata&Niigata prefectural governors request FUKUSHIMA prefecture housing support extension for Nuclear disaster voluntary evacuees via Taminokoe Shimbun

Yamagata and Niigata prefectural governors strongly request that FUKUSHIMA prefecture should extend the housing support for Nuclear disaster voluntary evacuees.But Fukushima governor, Uchibori Masao did not answer anything to their request. Why?
[…]
he Fukushima Prefecture governor to enforce central government order to terminate free housing support for evacuees by March 2017.

IfYoshimura and Izumida were Fukushima Prefecture governor, their treatment of “voluntary evacuees“ might have been quite different.

Read more.

See original Japanese text here.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


福島原発事故「埋設図」に不備、新築住宅の下に除染廃棄物 via tbs news

福島市では原発事故で出た住宅の除染廃棄物を敷地内に埋めて仮置きしています。仮置きの図面を市民に渡していますが、この図面に不備があり廃棄物が撤去できないトラブルが起きていることがわかりました。

問題となっているのは福島市にある、こちらの新築の住宅です。

「深さ1メートルほどのところに黒いフレコンバッグが埋めてあります。その上にブルーシートがかけられているのですが、これをたどってみますと、家の下まで続いているのがわかります」(記者)

(略)

この廃棄物は後日、掘り出して撤去するため、住宅メーカーでは図面に示された廃棄物の場所を避けて家を建てました。しかし、実際には廃棄物の位置がずれていて、結果、その上に家を建ててしまい、撤去できない状態になってしまいました。

「ローンを組んで新しいスタートだねって頑張っている矢先に、こんなことがあるっていうのがとにかくショック」(この家に住む大槻ひろさん)

なぜこのような事態が起きたのでしょうか。除染を担当した福島市に問い合わせたところ、市民に渡している図面はあくまで「略図」だとの回答がありました。

「正確な場所(の記載)は国からは求められていないので、目印でこの場所に現場保管してあるという略図になっている」(福島市除染推進室 渡辺俊寿室長)

一方で、市では廃棄物を埋めた場所を詳しく記した別な図面も作成していましたが、この図面は市民に渡していませんでした。環境省では廃棄物を埋め た場所を示す図面の「作り方」や、「住民への知らせ方」について、基準を定めていません。同じようなトラブルはほかにもあることが予想され、国による速や かな基準作りが求められています。(29日11:44)

全文は福島原発事故「埋設図」に不備、新築住宅の下に除染廃棄物

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Secretary-General’s message on the International Day Against Nuclear Tests [scroll down for French version] via United Nations

For nearly a decade as United Nations Secretary-General, I have witnessed many of the worst problems in the world as well as our collective ability to respond in ways that at times seemed impossible. Our ambitious new 2030 Agenda for Sustainable Development and the Paris Agreement on climate change have demonstrated the power of political will to break longstanding deadlocks. On this International Day against Nuclear Tests, I call on the world to summon a sense of solidarity commensurate with the urgent need to end the dangerous impasse on this issue.

[…]

When I visited Semipalatinsk in 2010, I saw the toxic damage – but I also witnessed the resolve of the victims and survivors. I share their determination to strive for a world free of nuclear weapons.

Since its adoption 20 years ago by the General Assembly, the Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty has yet to enter into force. Given the catastrophic risks posed by nuclear weapons to our collective human and environmental security – even our very existence – we must reject this stalemate.

I urge Member States to act now. Those States whose ratification is required to bring the Treaty into force should not wait for others. Even one ratification can act as a circuit breaker. All States that have not done so should sign and ratify because every ratification strengthens the norm of universality and shines a harsher spotlight on the countries that fail to act.

On this Day, I call on all countries and peoples to work for the CTBT’s entry into force as soon as possible so that we may advance toward a nuclear-weapon-free world.

Read more at Secretary-General’s message on the International Day Against Nuclear Tests [scroll down for French version] 

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


核実験は、安全と平和を保障しない〜「核実験に反対する国際デー」に寄せて〜 via グリーンピース

グリーンピース・インターナショナル(本部)事務局長
バニー・マクダーミッド

8月29日は「核実験に反対する国際デー」です。1945年以来、世界の60カ所以上で2,000回を超える核実験が実施されました。

(略)

核実験が人類と環境に与える悲惨な影響を初めて目にしたのは、私が24歳のときです。1985年、核実験に反対するキャンペーンのために太平洋に向 かって航海するグリーンピースの船「虹の戦士号」に、私は甲板員として乗船していました。私たちの最初の使命は、北太平洋のマーシャル諸島の一つであるロ ンゲラップ島の住民360人を、アメリカが行った核実験による放射能汚染から避難させることでした。

10日間にわたって、女性、男性、老人から子供までの避難を支援しました。多くの人が放射線による被ばくの影響で苦しんでいました。彼らは、先祖 代々住み続けてきた土地を離れなければなりませんでした。悲しいことに、彼らが守ってきた土地は島民に生きる糧を与えてはくれず、むしろ病気をもたらして いました。島民が負わされた悲劇と苦痛は彼らのせいではありません。誰が苦しむことになるのか、ほとんど考えもしなかった人々によってこのような悲惨な目 に合わされたのです。

実際、島民は「人類のため、世界のすべての戦争を終わらせるため」に核兵器は必要だと言われていました。大量破壊兵器が安全と平和への手段であると いう考えの裏にある愚かさは、権力者のあいだに今も残っています。太平洋での核実験はあまり知られていませんでしたが、ロンゲラップ島民の避難に関わった 私たち全員は大きな影響を受けました。しかし、明らかに、核実験を行った当事者は、地球への暴力は人間への暴力であることを、まったく問題にしていなかっ たのです。

ロンゲラップ島での救出行動の後、私たちはニュージーランドに向かいました。「虹の戦士号」はフランス領ポリネシア、ムルロア環礁の東を航海し、フ ランス政府の核実験に抗議する小型船団を組んで指揮を取ることになっていたのです。しかし、私たちの計画は誰も予想できなかった形で変更を余儀なくされま した。1985年7月10日、フランスの情報機関がフランス政府の命令を受けて、「虹の戦士号」に2発の爆弾を仕掛けたのです。爆発が起こって数分で「虹 の戦士号」は沈みました。私たちの友人で同僚のフェルナンド・ぺレイラ(写真家)は、この爆発で死亡しました。

(略)

核実験の悲惨な歴史にまつわる詳細は、多くが隠されたままです。しかし、真実が現れつつもあります。フランス国防省の機密文書は、1960年代から 1970年代に南太平洋で行われた核実験は、それまで認められていたよりもはるかに有害であったことを示しています。フランス領ポリネシアの全体にプルト ニウムが降り注ぎました。最も人口が多いタヒチ島は、最大許容量の500倍の放射能にさらされました。

核実験の犠牲者が手にすることのできた正義は、耐え難いほど遅く、不完全でした。1990年代の初め、アメリカはようやくロンゲラップ島の人々に与 えた被害を認め、長い法廷闘争の後にやっと補償金をいくらか支払うことに同意しました。核実験によって被害を受けた元軍人や市民に対して、フランス政府が 補償する可能性を認めたのも(それも複雑なプロセスで、かつ限られた地域に対してのみ)、2010年になってからでした。核実験の犠牲者の多くはいまだに 認定されずに苦しんでいます。

(略)

けれども、日々の暮らしが取り返しのつかないほど大きな被害を受けても、自らの悲劇を「核廃絶のためのたたかい」に変えて生きている人々に、私は大きな感 銘を受けています。ビキニ核実験で被害を受けたロンゲラップ環礁のあるマーシャル諸島共和国は、9つの核保有国を相手取り、「核軍縮の義務を果たしていな い」と国際司法裁判所に訴え出ました。日本では、広島と長崎の被爆者の方々が『ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名』を開始しています。私たちは、彼らを孤立させてはいけません。

全文は核実験は、安全と平和を保障しない〜「核実験に反対する国際デー」に寄せて〜

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


負担額4兆2000億円超す=福島原発事故で国民転嫁-除染・廃棄物費用など via Jiji.com

東京電力福島第1原発事故で掛かる除染や廃炉、損害賠償などの費用のうち、国民の負担額が2015年度末までに4兆2660億円を超えたことが28日、分 かった。日本の人口で割ると、1人3万3000円余り。東電は政府にさらなる支援を求めており、今後も拡大する見通しだ。

時事通信は15年度までの復興特別会計の決算状況などを精査。原子力災害関連予算の累計執行額や東電など電力7社が電気料金の値上げ分に含めて賠償に回す一般負担金などを集計した。

その結果、除染や汚染廃棄物の処理、汚染土などの中間貯蔵施設の費用に計2兆3379億円支出されたことが判明。政府が原子力損害賠償・廃炉等支援機構などを通じて立て替えている。

(略)

政府は東電株の売却益を約2兆5000億円と見込むが、株価の大幅上昇が必要な上、環境省は今年度中に除染費用などの累計額がその額を上回る可能性があるとみている。
中間貯蔵施設の費用にはエネルギー特別会計から計約1兆1000億円が支出されることになっており、その大本は電源開発促進税で、電気料金に含まれている。
これ以外に、政府は直接の財政支出で廃炉支援や食べ物の放射能検査、研究開発の拠点整備などを実施。計1兆3818億円が使われた。

また、東電など電力7社は事故後の電気料金値上げで、既に一般負担金分として少なくとも3270億円を上乗せ。さらに、東電は汚染水処理装置の保守管理 費や賠償相談のコールセンター運営費などで2193億円以上も消費者に転嫁した。(2016/08/28-15:31)

全文は負担額4兆2000億円超す=福島原発事故で国民転嫁-除染・廃棄物費用など

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


Fukushima’s surfers riding on radioactive waves via Al Jazeera

“We will only know the true consequences of our time in the water 20 years from now.”

[…]

Over the course of five years, nearly 50,000 people have worked to decontaminate the plant and stop leaks according to government press releases. They remove between 5 and 30 cm of contaminated soil every day and place them in plastic bags, which are stored on the outskirts of town, pending a better solution.

In Tairatoyoma beach, a prefecture of Fukushima and some 50km from the nuclear plant, was among the most popular areas for Japanese surfers prior to the nuclear accident.

Surprisingly, despite the presence of radiation in the sand and water, some dedicated surfers continue to come here to catch some waves. They are aware of the risks, and the hundreds of bags of contaminated sand piled up on the beach serve as a constant reminder of the health risks to them.

“I put on sunscreen against the sun, but I haven’t found anything against radiation,” said one surfer. “We will only know the true consequences of our time in the water 20 years from now.”

Read more at Fukushima’s surfers riding on radioactive waves 

Related article:

Posted in *English.

Tagged with , , .


Lessons for Diablo Canyon: Vermont region adjusts to life without its nuclear plant via The Tribune

The closure of the Vermont Yankee nuclear power plant in 2014 spread wide ripples of economic impact across a tri-state area. The town of Vernon lost nearly half its tax revenue, while the area lost 1,220 high-paying jobs. But quick cost-cutting and economic aid from the plant owner Entergy Corp. are helping to ease the transition.

Editor’s note: Diablo Canyon nuclear power plant’s closure in 2025 means an annual economic loss of about $1 billion locally. This is the first of a four-part series on how other communities dealt with the financial consequences when their nuclear power plants closed.

When residents of Vernon, Vermont, lost their biggest taxpayer — the 620-megawatt Vermont Yankee nuclear power plant — nearly two years ago, they reacted quickly and pragmatically. Among other cost-cutting measures, they eliminated the entire Police Department and turned to the sheriff to enforce the law in the town of 2,100 residents.
[…]

The news was welcome in some quarters. Many environmentalists in New England had been calling for the plant’s closure for years. The opposition only grew louder following the partial collapse of a cooling tower in 2007 and the discovery of radioactive tritium leaks in 2010. The state of Vermont tried to shut down the plant but was overruled in court.

In the town of Vernon, though, the plant was a respected neighbor, so much so that if another energy plant were to come to town, “people would welcome it with open arms,” Pong said.

Tax income from the plant provided residents of Vernon with services — such as its own Police Department — that were out of reach to other Windham County communities.

While those days are over, the Entergy income stream hasn’t been shut off completely. The company will continue to make tax stability payments to the town over the next five years, though payments will gradually decline from $750,000 this year to $400,000 in 2022. The payments will stop after that, though the town’s grateful for the five-year leeway.

[…]
A study by the University of Massachusetts found Vermont Yankee boosted the region’s economy by $500 million per year and, between the plant’s workforce and spin-off jobs in the community, provided 1,220 jobs.

Yet even when the plant was open, the region struggled with challenges that confront many communities: an aging population; deteriorating infrastructure; lack of affordable housing; and low household incomes. (According to a 2009 United Way study, the median household income in Windham County was more than $5,000 lower than the statewide median.)

[…]

Drop in housing prices

Yet the economic recovery funds can’t compare to what Vermont Yankee used to contribute on a regular basis. Loss of Vermont Yankee dollars is being felt in ways large and small, especially in Windham County.

When the plant closed and a first wave of workers left, the number of houses on the market increased and housing prices dropped. While there are fewer houses on the market this year, the median sales price for single-family homes selling the first seven months of this year — $175,000 — was still below the state median of $210,000.

The plant’s closure also hurt nonprofit groups. Entergy used to contribute between $300,000 and $400,000 per year to 100 different organizations. That’s gone.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


Public cost of Fukushima nuclear accident cleanup topped ¥4.2 trillion as of end of March via The Japan Times

The public cost of dealing with the aftermath of the March 2011 nuclear accident at Tokyo Electric Power Company Holdings Inc.’s stricken Fukushima No. 1 plant topped ¥4.2 trillion by the end of fiscal 2015, it was learned Sunday.

The cumulative total at the end of last March, including costs for radioactive decontamination, reactor decommissioning and compensation payments to affected people and organizations, translate into about ¥33,000 per capita.

The public financial burden is expected to increase, with Tepco seeking further government assistance.

Jiji Press scrutinized the government’s special-account budgets through fiscal 2015 for the reconstruction of areas affected by the March 2011 earthquake and tsunami. It summed up the amounts of executed budgets related to the nuclear disaster and additional electricity rates consumers and businesses were charged by Tepco and seven other regional power utilities to help finance compensation payments, among other costs.

According to the study, a total of ¥2.34 trillion was disbursed for decontamination of affected areas, disposal of contaminated waste and an interim storage facility for tainted soil. The expense was shouldered by the government, mainly through affiliated Nuclear Damage Compensation and Decommissioning Facilitation Corp.

The costs for decontamination and tainted waste disposal will eventually be financed by the proceeds from the sale of Tepco shares held by the government-backed organization. The government guaranteed the loans provided by banks for the acquisition of Tepco shares, and if the lending becomes irrecoverable due to weakness of the Tepco stock price, tax revenue will be used to repay the loans.

[…]

A total of ¥1.1 trillion will be used from the energy special account to finance the costs related to the interim storage facility for contaminated soil. The account mostly consists of revenue of the tax for the promotion of power resources development, which is included in electricity bills.

Elsewhere, the government spent ¥1.38 trillion on projects including the decommissioning of reactors at the disaster-crippled Fukushima No. 1 plant, checks on food for radioactive contamination and building a research and development facility.

Read more at Public cost of Fukushima nuclear accident cleanup topped ¥4.2 trillion as of end of March

Posted in *English.

Tagged with , , , .


パッキンに亀裂、交換し復旧=伊方原発配管漏れ-四国電 via jiji.com

四国電力は27日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の2次系統水の配管から排水が漏れたトラブルについて、配管のつなぎ目のゴム製パッキンを交換し、復旧したと発表した。パッキンに約2センチの亀裂が入っていた。9月7日に予定している営業運転に影響はないという。

トラブルは26日午後2時すぎに判明。発電用タービンを回すための2次系統水で、不純物を除去する装置の配管から排水が漏れた。四国電は、パッキンに亀裂が入った原因を調査し、再発防止対策を講じるとしている。

(略)

3号機は12日に再稼働。15日に発電と送電を始め、22日に出力100%のフル稼働に入っていた。

全文はパッキンに亀裂、交換し復旧=伊方原発配管漏れ-四国電 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .