Skip to content


終戦直後に爆心地見た元ソ連スパイの死 晩年の証言とはvia 朝日新聞

 モスクワで今年、101歳の男性が生涯を閉じた。原爆が投下された直後の広島、長崎へ、米国よりも先に調査に入ったソ連軍(当時)のスパイだった。同僚は放射線障害で死亡し、自らは生き延びた。報告書の所在は被爆70年が迫る今も分からないが、元スパイは晩年、親しい友人にその内容を明かしていた。

特集:核といのちを考える

 スパイはミハイル・イワノフ氏。第2次世界大戦末期は東京のソ連大使館に在籍し、ソ連軍参謀本部情報総局(GRU)の一員として活動していた。戦後も1970年代に武官(軍人外交官)として日本で勤務した。

 「彼が日本人を悪く言うのを聞いたことがない」。日ロ関係史を研究するアレクセイ・キリチェンコさん(78)は、自宅があるロシアのモスクワでこう振り返った。かつて旧ソ連国家保安委員会(KGB)第2総局(防諜(ぼうちょう)局日本担当)に勤め、「知られざる日露の二百年」(現代思潮新社)の著者でもある。

 スパイの諜報活動内容は漏らしてはならないとされるが、生前のイワノフ氏はキリチェンコさんに対し、国家の命令で調査した原爆投下直後の広島、長崎での体験を語っていた。キリチェンコさんはその証言の記録をまとめていた。

■広島「SF世界のような光景」

 米軍は45年8月6日と9日、広島、長崎に原爆を相次いで投下した。8日に参戦し、日本に宣戦布告したソ連は原爆を開発しておらず、威力の解明を急ぐ必要があった。

 「現地調査を命じる」。イワノフ氏と同僚のゲルマン・セルゲーエフ氏は上層部から指示され、終戦翌日の8月16日に広島へ、翌17日に長崎へ入った。米国が広島で予備調査を始める20日以上も前だった。

 2人は列車で広島駅にたどり着いた。想像した被害をはるかに超える「SF世界のような光景」に言葉を失った。「恐ろしい病気がはやっている」。日本の公安職員から「視察」を控えるよう説得された。

 爆心地を突き止め、爆発でできたくぼみの深さを確認する――。爆弾の威力を算定するデータとなる状況をつかむことが最大の任務だった。だが、爆心地で見たのは約1キロ四方の真っ平らな空間。巨大なローラーで突き固めたようだった。

 異様な色に溶けた石を拾っていた時、吐き気をもよおすような臭いがした。残留放射線の影響や怖さを知らないイワノフ氏らはそれらを包み、かばんに入れていった。

 長崎では、米国の偵察機が原爆投下前に空からまいたという警告の紙片を見つけた。生き残った人はがれきを使い、一時しのぎのあばら屋を建てていた。死体から出る臭い、うめき声、叫び声……。役所の建物の床で一夜を過ごしたが、一睡もできなかった。

■生死分けたのはウイスキー?

 イワノフ氏とセルゲーエフ氏の生死を何が分けたのか。ソ連当局は調べた。

 広島と長崎での視察後、イワノフ氏はモスクワの軍事病院に1年間入院させられて、徹底した検査を受けた。その結果、ある結論が導かれた。

 「命を救ったのはウイスキー」

 イワノフ氏は東京から広島へ向かう列車の中で、サントリーのウイスキーを1人で1本空けた。セルゲーエフ氏は酒を断っていた。

 その後、ソ連は原子力施設で働く職員に少量のアルコール摂取を義務づけ、原子力潜水艦では、摂取のための一杯を「イワノフのコップ」と呼ぶようになったという。

[…]
広島への原爆投下直前の45年7月、スターリンはトルーマン米大統領から原爆開発の話を知らされた際、極めて平静を装った。原爆の意義を低く見たいというスターリンの願望があったともいわれる。スターリンの意思を忖度(そんたく)するあまり、これらの報告書にもバイアスがかかり、原爆の威力を過小に記そうとした可能性がある。粛正を恐れた官僚国家ソ連では、真実の報告よりも権力者への配慮を優先した土壌がある。

 これらの調査団より早く、45年の8月16~17日に広島と長崎に入ったミハイル・イワノフ氏の報告書は、彼から直接聞き取りをしたアレクセイ・キリチェンコ氏によると、「駆け引き無しに、隠さず見たままを書いた」とされる。

 当時、スターリンにまで上げた報告書が今も見つからない以上、101歳で今年亡くなったイワノフ氏が晩年、キリチェンコ氏に明かした証言こそが、現時点では最もニュートラルな資料といえるだろう。

 ただ、「核の時代」の幕開けに直面したソ連が当時、原爆の被害をどう直視して記録したのか、それを知るためにも、イワノフ氏の原爆報告書がいつか見つかることを期待したい。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


(核リポート 原発銀座:7)「脱原発派」、苦渋の決断via朝日新聞

 この春、美浜原発は転換期を迎える。2月、関電の豊松秀己副社長(原子力事業本部長)が「今年度末ごろに運転延長か否かの方向性を出す」と福井県に伝えた。延長しなければ、いよいよ「廃炉時代」の本格的な幕開けとなる。

     ◇

 「ピンチとは思っていません。チャンスだと受け止めています」。福井県美浜町の松下照幸さん(66)は廃炉問題をそうとらえる。
[…]
少年のとき、原発誘致が決まり、みるみるうちに町が変わるのを覚えている。道路ができ、港が整備され、学校がきれいになった。地域の若者が関電に、取引先の地元企業に職を得た。「原発の光ばかりが強調され、事故が起きるなんて、当時は考えもしなかった」と松下さんは振り返る。
[…]
2011年の東京電力福島第一原発事故の後、松下さんは首相官邸前の再稼働反対デモに加わり、最前列に立った。だが、都会の住民と交流するにつれ違和感を覚えたという。

 町民は、原発がある不安と原発がなくなる不安が交差する。原発がなくなれば、多くの町民が仕事を失う。「都会の人たちは『危険な原発を止めれば良い』と言うが、そう単純な話ではない。私は、原発で生計を得ている町民とともに暮らしている。原発がない『その後』を考えないといけない」

 町財政は原発に頼る。14年度の一般会計当初予算は40%近くが国の電源三法交付金、法人町民税や固定資産税など原発関連が占める。原発が動けば、13カ月ごとに定期検査があり、全国から作業員が集まる。原発を失うことは、税収も雇用の場も減ることを意味する。「反対一辺倒で廃炉を訴えるだけでは町民の理解は得られない」。松下さんはそう考えた。
[…]
こうした中、松下さんは「脱原発」を実現させる一手として、山口町長に提案書を渡した。13年秋のことだ。原発は廃炉が決まったとしても、現実には、元ある場所からすぐに消えるわけではない。「使用済み核燃料の保管先がなければ、廃炉はかなえられない」。そこで提案したのが、中間貯蔵施設の町内誘致。松下さんにとって苦渋の決断だった。

 提案の柱は、美浜原発3基すべての廃炉を前提に、原発の隣接地に施設をつくり、美浜原発から出た使用済み核燃料を「乾式貯蔵」する。プール(湿式)ではなく、専用の容器(キャスク)に入れて地上で保管する。その是非を住民投票で問い、実現すれば原発の下請け企業が培った技術を生かし、自然エネの開発を進める。そのためにも、国による「環境モデル都市」の特区化を求め、負担と引き換えに新たに「保管税」制度をつくる、という内容だ。

 松下さんは13年に2回、脱原発にかじを切ったドイツに渡り、電気と熱を供給する「コージェネレーション」に取り組む町を訪ねた。エネルギー源は、家畜のふんにょうを使ったメタンガスだった。「町で消費する電気をその町でまかなう。電気の地産地消。これこそモデルだ、と確信しました」と語る。

 現地で何より痛感したのは住民の力だった。「ドイツは廃炉に向かって、住民が知恵を出し合い、それを住民自らが実践する。住民の声が、国のエネルギー政策を動かす。事故が起きた日本で、今さら何で原発なんだろうと、改めて思いました」
[…]
廃炉が迫るなか、注目の発言も出ている。全国原子力発電所所在市町村協議会(全原協)会長を務める河瀬一治・敦賀市長が2月、中間貯蔵施設の福井県内での立地について「いま一度議論する必要がある」と述べた。敦賀市は現役の原発では国内最古の敦賀1号機を抱えている。

 河瀬市長は「(原発がある)立地以外に持って行くのは(その地域の)理解が得られない」と指摘し、「基本的に福井県外だが、それを貫き通すことで、(施設が)できずに行き詰まることは残念」と改めて立地地域で議論を進めることの必要性を訴えた。高浜原発を抱える高浜町の野瀬豊町長も県内設置の議論もやむを得ない、という立場だ。廃炉にしろ、運転延長にせよ、中間貯蔵施設の設置は欠かせない。その見解で立地市町の首長は一致している。
[…]
2月14日、大阪市内で「原発再稼働と原子力規制を考える」と題した集会が開かれた。講師として登壇したのは、米国原子力規制委員会(NRC)前委員長のグレゴリー・ヤツコ氏。福島の事故当時、米政府は福島第一原発の半径50マイル(約80キロ)圏の米国民に避難勧告を出し、ヤツコ氏は陣頭指揮にあたったことで知られる。

 そのヤツコ氏が原発問題を考えるキーワードの一つとして、「クリーンさ」を挙げた。電力業界は、原発が発電時の二酸化炭素を排出しないことから、地球温暖化を防ぐ、と主張している。だが、ヤツコ氏は「本当にそうか」と疑問を投げかけた。

 原発は使うほどに、高い放射線量の使用済み核燃料が出る。放射線量が十分に下がるには10万年もかかる。これを再処理し、廃棄し、管理することに、「どの国も解決法を見いだしていない」とヤツコ氏は指摘し、「原発は決してクリーンなエネルギー源ではない」と言い切った。

 ヤツコ氏は「原発は巨額の費用がかかる。日本が20年前にそのお金を新たなエネルギー源の研究を進めていれば、福島の事故は起きなかったかもしれない。今こそ、より安く、真にクリーンで安全な電源の開発が必要だ」と述べた。

[…]
 むろや・ひでき 1996年に入社。鳥取支局、大阪・西部社会部、大阪生活文化部に勤務し、警察や司法、教育、社会保障、調査報道などを担当。2012年4月~14年3月、敦賀支局長だった。14年4月に大阪社会部に戻り、原発問題を担当している。44歳。(室矢英樹(大阪社会部))

世界各地から核リポート
特集 核といのちを考える

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , .


「卒原発」実現へ新部署=滋賀県 via 時事ドットコム

 滋賀県は2015年度組織改正で、原発に依存しない社会の実現に向け、知事直轄組織として「エネルギー政策課」を設置する。

(略)

知事選で「卒原 発」を掲げて勝利した三日月大造知事の下、再生可能エネルギーの普及促進、太陽光発電パネルの設置などに対する補助金の交付事務などを担う。

全文は「卒原発」実現へ新部署=滋賀県 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


Cracks appear in the nuclear industry via DW

Cracks discovered in the walls of Belgian nuclear reactors are causing unease among experts. The reason: a previously unknown phenomenon – material fatigue. There are fears that many more reactors could be affected.

Several thousand cracks have been discovered by corrosion experts in the pressure vessels of two reactors at the Belgian nuclear power stations Doel 3 and Tihange 2. Caused by a previously unknown phenomenon, material fatigue, it is feared the finding could have implications outside of Belgium.

The discovery of the cracks in the reactors “could be a problem for the entire global nuclear industry,” says Jan Bens, general director of the Belgian Federal Agency for Nuclear Control (FANC), speaking on .

[…]

Nuclear material corrosion expert Walter Bogaerts, of Belgium’s University of Leuven says that corrosion factors have until now been “underestimated”, globally. He adds: “I would be really surprised if it had not also occurred elsewhere.”

Reactors could be shut down

Digby MacDonald, an expert in corrosion at the University of California, Berkley, analyzed the cracks together with Bogaerts and has advised nuclear reactor operators and government regulators that they should use ultrasound equipment to carefully examine reactors for cracks. “All reactor operators should be require under the leadership of regulatory authorities,” says MacDonald. He adds that the results of such detailed investigations “could be insignificant, or so strong that all the reactors must be shut down.”

According to nuclear experts, hydrogen from the reactor can penetrate the reactor wall and there in the steel increase the interior pressure causing small bubble and cracks from just a few millimeters in size “up to seven centimeters”, says Smital.

Using special ultrasound equipment, experts discovered 13,047 cracks in total in the Belgian reactor Doel 3 and 3,149 in Tihange 2. The reactors have been shut down, as a result. Whether they will once again be connected to the network is, as of yet, unclear.

Read more at Cracks appear in the nuclear industry 

Related article:

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


福島第1・2号機:建屋屋上の汚染水、外洋へ流出 via 毎日新聞

東京電力は24日、福島第1原発2号機の原子炉建屋の屋上にたまった高濃度汚染水が、雨どいなどを伝って排水路に流れ、一部が外洋に流出したと発表した。 この排水路では昨年4月以降、放射性物質濃度の上昇が確認されていたが、東電は濃度のデータを約10カ月間公表せず、国にも報告していなかった。

排水路は1〜4号機のすぐ西側を通る。東電は、昨年4月から今年2月中旬にかけ、この排水路の排水口で、降雨が多い時に放射性物質の濃度が上がるの を確認。この間の最高値は放射性セシウムで国の放出限度(告示濃度限度)を超える1リットル当たり1050ベクレル(昨年5月21日に測定)だった。スト ロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質は最高で同1500ベクレル(昨年8月26日に検出)だった。

データを公表しなかった理由について、東電は「原因調査をして結果が出てから公表しようと考えた」と説明している。

続きは福島第1・2号機:建屋屋上の汚染水、外洋へ流出

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


はだしのゲンで平和訴え カイロ大教授がアラビア語訳 via 朝日新聞

原爆のむごさ、戦争の愚かさを伝える故・中沢啓治さんの漫画「はだしのゲン」第1巻のアラビア語版が最近、エジプトで出版された。カイロ大文学部日本文学科教授マーヒル・エルシリビーニーさん(55)が翻訳した。「中東のいろいろな所で殺し合いが起きている。ゲンを通じて平和を呼びかけたい」と話す。

マーヒルさんは1987~92年に広島大大学院に留学し、日本語研究で博士号を取った。当時は研究が忙しく被爆の実態を詳しく知る時間がなかった。

カイロ大で教授になってから時間に余裕ができたので、平和の大切さを訴えている広島への恩返しのため、原爆に関する本をアラビア語に翻訳したいと考えた。友人に相談すると「はだしのゲン」と、井伏鱒二の小説「黒い雨」を薦められた。絵で理解できる「ゲン」を選んだ。「ゲン」を読んで知っている地名がたくさんあった。原爆の破壊力のすさまじさを改めて知った。

中東では日本は戦後に経済発展を成し遂げた国として知られ、勤勉さが評価されている。だがマーヒルさんは「日本人がよく働くから経済発展したのではなく、平和だったから発展したことをアラブの人たちに知ってほしい」と話す。

マーヒルさんは2010年に「アラブの春」が始まったころから、中東では何か良くないことが起きるのではないかと不安に思っていた。実際に「イスラム国」など過激派が台頭し、混乱が広がり、核兵器や化学兵器が使われるのではないかと心配になるという。日本人の人質事件とヨルダン軍パイロットの殺害には胸を痛めた。ヨルダン軍は報復攻撃を強めている。「復讐(ふくしゅう)や報復には終わりがありません。いま中東で平和を呼びかけることが本当に必要です」

全文ははだしのゲンで平和訴え カイロ大教授がアラビア語訳

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Teacher’s 50-year hobby key to studying nature in pre-disaster Fukushima via Asahi Shimbun

FUKUSHIMA–For half a century, Nobuo Sakurai has indulged in his hobby of wandering around eastern Fukushima Prefecture to observe nature and gather samples.

His vast collection of nearly 10,000 samples, rescued from decay after the Great East Japan Earthquake, tsunami and nuclear accident in March 2011, might now be the only specimens left to accurately determine how nature has changed in the prefecture since the triple disaster.

“It can be said that (Sakurai’s) samples are the only materials that show the past vegetation of areas affected by the disaster,” said Takahide Kurosawa, professor of plant taxonomy at Fukushima University. “It is necessary to consider a facility to gather, store and show such precious materials in a comprehensive manner.”
[…]
Sakurai, now 84, is a former elementary school teacher who has continued to observe plants and animals in the Abukuma-kogen highland and the Hama-dori region, both in the eastern part of Fukushima Prefecture.

[…]
As Sakurai became older, however, he grew worried about how to store and use the samples. He often talked about the problem with his younger brother-in-law, Fukuo Suenaga, 72, secretary-general of the club.

The samples were kept in a space above the garage of Sakurai’s house in Minami-Soma in Fukushima Prefecture.

But after the meltdowns at the nearby Fukushima No. 1 nuclear power plant in 2011, Sakurai’s house became part of a designated no-entry zone, and he was unable to freely return home from a temporary housing facility.

The nuclear disaster also prevented Suenaga from using his house in Namie.
[…]
From March 2012 to May 2013, Sakurai and Suenaga brought the samples to the university in three installments in cooperation with museum staff and university researchers.

In the first two installments, the samples underwent radiation checks because some areas in the garden of Sakurai’s house showed radiation levels exceeding 2 microsieverts per hour.

Sakurai, who still lives in temporary housing, appeared relieved that his 50-year effort would not go to waste.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


0308 NO NUKES DAY 反原発★統一行動 ~福島を忘れるな!再稼働を許すな!~ via 首都圏反原発連合

2011年3月11日におきた福島原発事故から4年。政府が原発再稼働を強行する今こそ、脱原発世論を強く可視化するために、「首都圏反原発連合」「さようなら原発1000万人アクション」「原発をなくす全国連絡会」の3者が合同で統一行動を呼びかけます!

▼情報拡散にご協力下さい!

【0308 NO NUKES DAY反原発★統一行動 ~福島を忘れるな!再稼働を許すな!~】福島原発事故から4年。首都圏反原発連合、さようなら原発1000万人アクション、原発 をなくす全国連絡会呼びかけ大規模アクション。→ http://coalitionagainstnukes.jp/?p=5791

(略)

【重要なお知らせ】
<<第一部>>
14:00から請願デモと国会大包囲を同時スタートします。
野音集会参加者は国会大包囲へのご参加をお願いします。
尚デモ出発は15:00までを予定しております。
ご協力宜しくお願いいたします。

▼詳細
0308 NO NUKES DAY反原発★統一行動
~福島を忘れるな!再稼働を許すな!~

【日時】2015年3月8日(日)
【場所】日比谷野音(大音楽堂)・国会議事堂周辺
【呼びかけ】首都圏反原発連合/さようなら原発1000万人アクション/原発をなくす全国連絡会

【タイムテーブル】

<<第一部>>
13:00~ 大集会 *場所:日比谷野外音楽堂
14:00~ 巨大請願デモ/国会大包囲 *日比谷公園出発で「請願デモ」と「国会包囲」を同時に行います。
主催:首都圏反原発連合/さようなら原発1000万人アクション/原発をなくす全国連絡会
<<第二部>>
15:30~17:00 国会前大集会
主催:首都圏反原発連合

<<第二部>>
<登壇者・2/23現在>
ジンタらムータ+リクルマイ&The K
(大熊ワタル(クラリネット)、こぐれみわぞう(チンドン太鼓)、河村博司(ベース)、服部夏樹(ギター)、リクルマイ(ヴォーカル)、The K(ギター))
菅直人(衆議院議員 元内閣総理大臣 民主党)
吉良よし子(参議院議員 日本共産党)
吉田忠智(参議院議員 社会民主党)
福島みずほ(参議院議員 社会民主党)
三宅雪子(元衆議院議員 生活の党と山本太郎となかまたち)
香山リカ(精神科医)
神原元(弁護士)
小熊英二(社会学者 慶應義塾大学教授)
雨宮処凛(作家)
高田久代(国際環境NGO グリーンピース・ジャパン)
ATS(ラッパー)
(敬称略・順不同)

▼呼びかけ

2011年3月11日の東日本大震災、福島第一原子力発電所の過酷事故からまもなく4年。事故収束の目処も立たず、いまだに12万人もの人々が満足な補償も受けられないまま避難生活を余儀なくされています。

自民党は何十年にもわたり、与党として原発政策を推進してきました。安倍政権は原発事故から何の反省もなく、エネルギー基本計画で民主党政権が打ち 出した「2030年代原発ゼロ」を撤回し、原発を「重要なベースロード電源」と定め、政官財などの一部の利益のために、川内原発を皮切りに原発再稼働へ躍 起になっています。しかし、このような暴政の中においても、脱原発の世論は衰退するどころか圧倒的な多数派を形成しています。

2015年3月8日の『0308 NO NUKES DAY 反原発★統一行動 ~福島を忘れるな!再稼働を許すな!~』と、3月11日前後の全国のとりくみをつなぐ『NO NUKES WEEK』を呼びかけます。福島第一原発事故と被害を風化、忘却させないよう、政府に圧力をかけるべく脱原発の世論を可視化し、原発のない未来を1日でも 早く実現するために、全国からの大結集をお願いいたします!

詳しくは0308 NO NUKES DAY 反原発★統一行動 ~福島を忘れるな!再稼働を許すな!~

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


March 8 NO NUKES DAY -Unified Action Against Nuclear Power! Remember Fukushima & Halt Restarts! via Metropolitan Coalition Againt Nukes

[…]

DETAILS
March 3 NO NUKES DAY Remember Fukushima & Halt Restarts

Date: March 8, 2015 (Sunday)
Place: Hibiya Yagai Ongakudo (Hibiya Open-Air Concert Hall; often abbreviated as Hibiya Yaon) in Hibiya Park. It is near Kokkaigijido (houses of parliament (Diet))
Organizers:Metropolitan Coalition Against Nukes, Sayonara Genpatsu 10 Million People’s Action and Genpatsu wo Nakusu Zenkoku Renrakukai

Timetable
<Part 1>
13:00~ Assemble *Place: Hibiya Yaon (Open-Air Concert Hall in Hibiya Park)
14:00~ Protest march followed by encircling of houses of parliament (Diet) *March leaves from Hibiya Park
Organizers: Metropolitan Coalition Against Nukes, Sayonara Genpatsu 10 Million People’s Action and Genpatsu wo Nakusu Zenkoku Renrakukai

<Part 2>
15:30~17:00 Assembly in front of houses of parliament (Diet)
Organizer: Metropolitan Coalition Against Nukes

Background
Almost four years have passed since the Great East Japan Earthquake and ensuing disaster at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant on March 11, 2011. Yet there is still no resolution to issues surrounding the nuclear disaster and some 120,000 people have still not received satisfactory compensation, forcing them to live in extremely tough conditions.

The Liberal Democratic Party (LDP) has spent decades promoting a nuclear policy when in power. The Abe administration refuses to learn from the Fukushima incident and has thrown out the plan to achieve zero nuclear power generation in the 2030s put forward by the Democratic Party under its Basic Energy Plan. Instead, the LDP has stated that atomic power is an important base load energy source and in order to appease certain interests, namely bureaucrats, politicians and big business, is in great haste to restart nuclear facilities beginning with the Sendai Nuclear Power Plant. Popular opinion has not been swayed amid the state tyranny, however, with the vast majority of people remaining committed to voicing their disapproval of the government’s actions.

Join us on March 8, 2015 for NO NUKES DAY and take part in nationwide action around March 11 for NO NUKES WEEK. Don’t forget that the Fukushima disaster is ongoing and the devastation remains. Let’s make it clear that we, the people of Japan and beyond, do not want or need nuclear power. Now is the time for us to band together and put further pressure on the government. If we all come together, we can make a difference and create a better, safer world free of nuclear power.

More details at March 8 NO NUKES DAY -Unified Action Against Nuclear Power! Remember Fukushima & Halt Restarts! 

Posted in *English.

Tagged with , , .


福山市原爆被害者の会3月末で解散へ via 日テレNews

福山市の原爆被害者の会が3月末で解散する方針を決めた。1956年に発足し被爆者や被爆2世など512人が所属。役員の高齢化により運営が難しくなり22日の臨時役員総会で解散を決めた。

続きは福山市原爆被害者の会3月末で解散へ 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .