Skip to content


福島原発「廃炉」本当にできるのか!米スリーマイル島は事故から35年、いまだ原子炉解体できず via NHK

スリーマイルではメルトダウンした核燃料を取り出したものの、高い放射線量や膨大な作業コストが壁になっている。スリーマイルでの廃炉作業を記録した内部映像や証言を通して、廃炉作業とはどういうものか、何が障壁となるのかを探る。
福島第1原発からも「放射性物質の封じ込め」に苦闘する現場を伝える。燃料冷却に使った汚染水が漏れて問題になっているが、いまだ原子炉の損傷個所さえ特定できていない。「廃炉」が近隣住民にどんな影響を与えるか、事故から28年たったチェルノブイリの避難民たちの現在も探る。
*NHKスペシャル シリーズ「廃炉への道」第1 回「廃炉・果てしなき道」(仮)

もっと読む

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Gaslight era left radioactive legacy in Chicago via Chicago Tribune

Before the electric light bulb ended the Gaslight Era, one of the biggest advances in illuminating Chicago and other cities was the development of a lantern wick that could withstand intense heat while burning brighter than ordinary lamps.

The wicks, known as Welsbach gas mantles, were made of gauze soaked in a radioactive element called thorium. To meet demand, several long-forgotten lantern factories north of the Chicago River ground tons of thorium-laced ore during the early 1900s, then gave away the sandy leftovers to shore up soggy areas around Streeterville, at the time a heavily industrialized neighborhood.

Nobody kept track of where the radioactive sand from Lindsay Light Co. ended up. But today, developers and street crews confront the company’s toxic legacy every time they dig foundations for hotels and high-rise condominiums that have made Streeterville a magnet for upscale living and tourism.

Experts say the radiation doesn’t pose dangers as long as contaminated soil remains below newer layers of concrete, asphalt and dirt that cover most of the neighborhood. Environmental regulators start to worry only when old buildings, parking lots and parks are dug up for new development — work that is on the increase again after the economic downturn.

Inhaling thorium-contaminated dust increases the risk of developing lung and pancreatic cancer, according to the U.S. Environmental Protection Agency. Even small amounts can deposit in bones and stay in the body for years.

[...]

The two Chicago-area sites are among dozens nationwide where toxic waste was dumped by companies associated with Kerr-McGee Corp., which took over the former Lindsay Light factories in the 1960s. Most of the settlement money will pay for cleaning up radioactive waste from uranium mining in the Navajo Nation, rocket fuel spilled into Lake Mead near Las Vegas and cancer-causing creosote from wood treatment factories in the Midwest, East and South.

Read more at Gaslight era left radioactive legacy in Chicago

Posted in *English.

Tagged with , , .


ドイツは失敗したか<5> 染みだした核のごみ via 東京新聞

北西部ニーダーザクセン州のアッセという町を訪れた。丘の中腹に「A」という大きな文字が描かれていた。「Aufpassen(注意しろ)のAですよ」。核廃棄物処分場建設に反対する住民運動のリーダー、ペーター・ディッケルさんが言う。

 そこは、岩塩の廃坑跡だ。

 地下七百五十メートルの空洞に一九六七年から十一年間、中低レベルの核廃棄物を詰めた約十三万個のドラム缶が研究名目で投入された。

 問題が明らかになったのは八八年のことだった。一日一万二千リットルの地下水が浸出し、崩壊の恐れがあるという。二〇〇八年には浸出水からセシウムなどの放射性物質が検出された。

 ドイツでも、使用済み核燃料の処分は悩みの種だ。

 高レベル放射性廃棄物の最終処分場は、同じニーダーザクセン州にあるゴアレーベンの岩塩層が有力だった。だが、アッセのような地下水の浸出などを心配する住民の反対運動が強くなり、連邦政府は三年前、白紙撤回を決めた。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


「再稼働支持しない」 NRC元委員長、新潟知事と対談 via 朝日新聞

東京電力柏崎刈羽原発のある新潟県泉田裕彦知事が、東日本大震災発生時に米原子力規制委員会(NRC)の委員長だったグレゴリー・ヤツコ氏と対談し、原発事故や地震の複合災害が起きた際の住民避難について「国の制度全般を見直さない限り、自治体が有効な避難計画を作るのは不可能だ」と明言した。柏崎刈羽原発を再稼働させるには有効な避難計画を前提とするとも受け取れる発言で、ヤツコも「問題点の対応をしないと再稼働を支持できない」と述べた。ヤツコ氏は、東日本大震災が発生して3年がたつのにあわせて東京大学で開かれたシンポジウムに出席するため、原発事故に関する「民間事故調」の母体となった財団法人日本再建イニシアティブの招きで来日。対談は3月12日夜、東京都内で行われた。主なやりとりは以下の通り。

■ヤツコ「80キロの避難勧告はよい判断だった」
 泉田 福島第一原発の事故の際、日本政府が半径20キロ圏に避難指示、20~30キロ圏に屋内退避指示を出したときに、米国は80キロ圏に避難勧告を出した。過剰だったか、適切だったか、今はどう考えるか。
 ヤツコ あとから考えてみると、とても良い判断だったと思う。おおかた、私たちが当時予測していた通りに事故は進展した。いま思えば、若干小さくしたほうがより正確だったかもしれないが、事故で我々が見えていたことに基づけば、私としては正しい声明を出せたと思う。
(略)

■泉田「機能しない避難計画は作れる」

泉田 新潟県に、福島県から約5千人が避難してきている。

ヤツコ 新潟県には原発は何基あるのか?

泉田 柏崎刈羽原発に7基ある。

――世界最大級だ。

ヤツコ そう、最大級だ。柏崎刈羽の地元の避難計画はできているのか?

泉田 作ろうと思えば、機能しない計画は作れる。指針はできている。が、実効性が伴わない。半径5キロ圏内に2万2千人、30キロ圏内に46万7千人が住む。米国基準では立地不適格に該当するエリアだ。

2007年の中越沖地震では、変圧器から漏れた油で原発敷地内で火災が起きた。当時、東京電力はこの消火に失敗した。地震で地面が1メートル50センチくらい沈没し、消火栓に水を運ぶ水道管が破壊され、消火活動ができなくなった。消防隊が避難してしまった。

新潟県庁と柏崎刈羽原発の ホットラインが地震のときに機能しなかった。原発側でホットラインのある部屋のドアが地震でゆがんで開かず、職員が入れないのが原因だった。地震でも対応 できるホットラインのある部屋をつくるよう東電に要求し、できたのが免震重要棟だ。同じ東電の施設なのに新潟にだけあるのはおかしいよねということで、福島第一原発に免震重要棟をつくったのが東日本大震災の8カ月前だった。新潟が「免震重要棟をつくってくれ」と言わなければ、福島第一に免震重要棟はなかった。今、東京に人が住めていたかどうか疑わしいと思っている。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


Fukushima towns seek to protect historic sites ahead of hosting waste facilities via The Asahi Shimbun

OKUMA, Fukushima Prefecture–A sixth-century stone tower and a Shinto shrine are among local cultural assets the town of Okuma wants to protect ahead of a central government plan to construct temporary facilities to store radioactive waste in the vicinity.

A project got under way April 17 to evaluate the town’s heritage that will enable its officials to urge the central government to protect historical sites when considering areas for the temporary storage sites.

The central government is proposing the construction of interim facilities to store radioactive waste from cleanup work at a site straddling Okuma and Futaba, which co-host the embattled Fukushima No. 1 nuclear power plant.

Education officials and local historians plan to examine each historical site to determine a priority of preservation.

“Having shared cultural heritage contributes to the strengthening of ties between local residents,” said Ryuhei Saeki, a member of the Okuma board of education. “We want to carry out an exhaustive investigation so we can preserve sites of great value.”

An official handling the proposed storage project with the Environment Ministry said that officials in Tokyo will give due consideration to sites of historical interest.

Continue reading at  Fukushima towns seek to protect historic sites ahead of hosting waste facilities

Posted in *English.

Tagged with , , , .


福島第1原発事故:行き場失う障害者 13通所施設休廃止 via 毎日新聞

福島第1原発事故に よって、30キロ圏内にある福島県相双地区の10市町村で障害者・障害児の就労や活動の場を提供していた通所施設28カ所のうち、半数近くの13カ所が休 廃止されていることが毎日新聞の取材でわかった。避難先で再開した施設も、人材が不足している。居場所を失った障害者や保護者は避難生活の中で疲弊してお り、専門家からは行政による積極的なかかわりを求める声が上がっている。

 ◇避難で症状悪化

福島県浪江町の就労支援事業所「コーヒータイム」(橋本由利子所長)に同町の自宅から通っていた精神障 害のある女性(56)は震災後1カ月間、避難先の体育館で幻聴に襲われた。声をかけて救ってくれたのは、慣れ親しんだ事業所スタッフ。事業所は同県二本松 市で2011年10月に再開。女性も7回の転居の末、同市のアパートに住み、事業所が運営するカフェで働く。橋本所長は「避難生活で症状が悪化するケース も多く、居場所づくりのニーズは高まっている」と話す。

 ◇人材が不足

10市町村で就労支援や自立訓練をする障害者向け通所施設19カ所と放課後デイサービスなどの障害児向け通所施設9カ所に聞くと、障害者の施設は▽継続7▽別の場所で継続5▽休廃止7。障害児の施設は▽継続2▽別の場所で継続1▽休廃止6−−だった。

(略)

◇家族で抱え込み

「障害児を見守ってきた仕組みが崩れ、家族だけで抱え込むケースが増えている」。いわき市で活動する相 談支援専門員の古市貴之さん(37)は話す。放課後デイサービスが使えず仮設住宅で孤立し両親とも精神科に通ったり、発達障害のある子供の進学の相談先に 苦労したりする。古市さんによると、同市への避難者約2万4000人中、障害者手帳所持者は約1000人いるとみられるが、住まいが分散しフォローしきれ ていないという。

全文は福島第1原発事故:行き場失う障害者 13通所施設休廃止

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Estimated radiation doses of Fukushima returnees withheld for half a year via The Asahi Shimbun

The government withheld findings on estimated radiation exposure for Fukushima returnees for six months, even though levels exceeded the long-term target of 1 millisievert a year at more than half of surveyed locations.

[...]
In mid-October, the two agencies compiled a midterm report and submitted it to the government. But the Cabinet Office’s working team did not disclose the report until the evacuation order for the Miyakoji district was lifted. According to a member of the team, this was because the finding “has no direct relationship with lifting the evacuation orders.”

Although the government held numerous meetings with Miyakoji residents to discuss lifting the evacuation order, it never presented the survey results, nor did it even refer to the existence of the data.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


福島県双葉町で300年続く「冨沢酒造店」、伝統の地酒復活を賭け 米・シアトル移住を決断 名酒「白冨士」復活プロジェクト via 産経新聞

株式会社JGマーケティング(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐藤大吾)は、クラウドファンディング プラットフォーム「ShootingStar(シューティングスター)」にて、福島県双葉町で300年続く伝統の地酒「白富士」(しらふじ)を復活させるため、アメリカ・シアトルに昔ながらの手作業の酒蔵を建てる資金の募集を2014年4月12日(土)より開始致しました。

 「白冨士」は、福島県双葉町で300年以上続く酒蔵である冨沢酒造店が代々作り続けてきた伝統の地酒です。阿武隈山地の伏流水を仕込み水として使い、代々の杜氏が全工程を手作業で仕込んだ「白冨士」は、米の甘みが感じられる酒として長年人々に愛されてきました。しかし、2011年3月12日、数キロ先の福島第一原発で水素爆発が起きて以来、酒蔵からの避難を余儀なくされています。

全文を読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Le réveil anti-nucléaire à Taïwan via RFI

Direction l’île des Orchidées au large de Taïwan. Une île où vivent 4000 habitants, dont plus de la moitié appartiennent à la tribu aborigène Tao, qui y vit depuis des générations. Depuis trente ans, ils luttent contre un site de stockage de déchets nucléaires construit en 1982 sans leur accord.

Video and photos at Le réveil anti-nucléaire à Taïwan

Posted in Français.

Tagged with , , , .


Uranium workers dying after time at Namibia mine, report warns via The Guardian

Miners who dug ore to supply the military found to be dying of cancers and other illnesses at Rio Tinto’s Rössing mine

Miners who dug uranium ore that supplied the British and US military in the 1970s with the raw material for bombs and civil nuclear power are reported to be dying of cancers and unexplained illnesses after working in one of Africa‘s largest mines.

A study based on questionnaires of current and former workers at the giant Rio Tinto-owned Rössing uranium mine in Namibia says that everyone questioned was aware of people who are now suffering lung infections and unknown illnesses thought to be linked to their work.

The mine, in the Namib desert, produces around 7% of the world’s uranium but was operated with rudimentary safety when it opened in 1976. “People get sick. We are seeing it in people that have worked for Rössing for a long time. They just go back and die after working at Rössing,” one man told researchers working with Earthlife Namibia and the Labour Resource and Research Institute.

[...]

“The company keeps detailed records of the health status of its workforce from the day of employment to the day they leave the company. It therefore does not need to speculate on health issues of its employees.”

One former worker said: “Yes, I have cancer now. In the beginning they [Rio Tinto] did not want to give money for the treatment but later when they referred me to a doctor for an operation they gave me money for treatment.”

“Doctors were told not to inform us with our results or tell our illness. They only supply you with medications when you are totally finished up or about to die,” said another.

During the first years of operation, Rössing operated with a migrant labour system which the International Commission of Jurists declared illegal and said was similar to slavery. Black workers lived on the mine premises and were exposed to dust and radiation 24 hours a day and the mine became the focus for protests by anti-apartheid and anti-nuclear groups.

Shares in the mine are owned 69% by UK-based Rio Tinto, and 15% by the government of Iran. The Namibian government has denied supplying Iran with Namibian uranium which could be used for nuclear weapons.

Continue reading at Uranium workers dying after time at Namibia mine, report warns

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .