Skip to content


福島産水産物の禁輸、韓国敗訴か=WTOが当事国に判定通知 via Chosun Online

2011年に発生した福島第一原子力発電所の事故以降、韓国政府が福島県とその周辺計8県の水産物の輸入を禁止したのは不当だとして、日本が世界貿易機関(WTO)に提訴した問題で、判定結果が16日(現地時間)、当事国に伝えられた。全加盟国に結果が回覧される前は非公開が原則だが、今回の判定報告書には韓国政府が敗訴したとの内容が盛り込まれているという。

韓国食品医薬品安全処の柳永珍(リュ・ヨンジン)処長は17日、国会で開かれた国政監査で判定結果が到着したことを明らかにし「秘密遵守のため申し上げることはできないが、肯定的ではない」と述べた。柳処長はまた「政府としては国民の健康が最優先の考慮事項であるため、WTOの最終判定結果がわが国民の健康保護の面で不当だと判断されれば上訴する」と述べた。

韓国政府は2011年、福島原発の事故を受けて福島とその周辺の農水産物の輸入禁止措置を取った。さらに13年には福島県を含む8県の水産物の輸入を禁じる特別措置を発表した。これに対し日本は15年、韓国の特別措置は日本の水産物に対する差別だとして「(セシウムなど以外に)ほかの放射性物質の検査を追加で要求するのは不当だ」とWTOに韓国を提訴した。

(略)

ただし一審に当たるWTOの紛争処理小委員会(パネル)の判定で敗訴したとしても、すぐさま日本の水産物が輸入されるわけではない。一審判定の後、当事国は60日以内に最終審に当たる上級機関に上訴することができる。

全文は福島産水産物の禁輸、韓国敗訴か=WTOが当事国に判定通知 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


<福島・南相馬>東日本大震災・被災地支援活動のいま~ボランティア体験を通して(上) 大村一朗 via アジアプレス・ネットワーク

東日本大震災から6年が経過したいまも、被災地では多くのボランティアたちが汗を流している。とりわけ、原発事故による避難指示が昨年、今年と解除された福島県の市区町村では、帰還者への支援など、行政だけではカバーしきれない問題がたくさんあり、非営利団体(NPO)やボランティアが果たす役割は大きい。10月初旬、南相馬市を訪ねた。(大村一朗)

◆ボランティアに参加するまで
インターネットで検索すると、福島第1原子力発電所のある福島県浜通り(沿岸部)には、各地区の社会福祉協議会やNPOなど、ボランティアの活動拠点が複数あるようだった。その中で、ボランティア参加者数と活動内容を毎日欠かさずブログで発信していた「南相馬市ボランティア活動センター」が目に留まった。

NPO法人である南相馬市ボランティア活動センターは、昨年7月に避難指示が解除されたばかりの同市小高区に位置している。プレハブの本部と平屋建てのボランティア宿舎、それに屋根付きの広い機材置き場を擁する敷地には、朝8時を過ぎるとその日のボランティア参加希望者が集まってくる。

初参加の私は、まず「活動受付」で氏名住所を書き込み、ボランティア保険の加入手続きを済ませると、センター名の書かれた蛍光色のベストを着こむ。他に若い女性が2人と、中高年男性が4人。私を入れて計7人。団体やグループ参加が多い週末は、土日合わせて100人ほどの参加があるが、平日の参加者数はこの程度だという。

(略)

持ち場となったその民家にも人の気配はなかった。おそらく震災から6年のあいだ、無人だったのだろう。納屋に置きっぱなしの小型ショベルカーは錆と埃にまみれ、裏手のお社は朽ち果てようとしている。そして広い敷地を覆いつくさんばかり藪と草。それらを刈り取ることが仕事だ。

草刈りを依頼されたからといって、この家の住人がまもなく帰還するとは限らない。生い茂った草木を定期的に伐採しなければ、家は荒れ果てる一方だからだ。

草刈りには、小型エンジンを搭載した刈払機や、さらに強力な「ハンマーナイフ」(自走式草刈機)が使われる。刈払機は初日から、ハンマーナイフも3日目には任されたが、マニュアル車の運転を知っていればそれほど難しいものではない。深い雑草に覆われていた敷地がみるみる切り開かれてゆくのを目の当たりにすると、自分も少しは役に立てているのだと思えて嬉しかった。その日は軽トラックを運転し、刈り取った草を山のように荷台に積んで、15キロほど離れたクリーンセンター(ゴミ収集所)まで運び込んだ。

(略)

◆ボランティアには宿泊施設も
センター敷地内にはバストイレ付3DKの立派な宿舎があり、一泊500円を上限とする任意の寄付で泊まることができる。市民から無償で貸与されているものだという。
ところが、多くのボランティアたちは、ここから10キロほど離れた国道6号沿いの「道の駅・南相馬」に泊まる。彼らの多くは定年退職後、ライフワークとして足しげく被災地に通っている熟練ボランティアであり、私が今回出会った人たちは、自家用車に寝具一式積み込んで、関東近県から訪れていた。道の駅の近くには公衆浴場もコインランドリーも大型のスーパーも揃っている。宿泊所が混雑しているなら、気ままな車中泊も良いかもしれない。

全文は<福島・南相馬>東日本大震災・被災地支援活動のいま~ボランティア体験を通して(上) 大村一朗 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


EPA Says Higher Radiation Levels Pose ‘No Harmful Health Effect’ via Bloomberg Technology

In the event of a dirty bomb or a nuclear meltdown, emergency responders can safely tolerate radiation levels equivalent to thousands of chest X-rays, the Environmental Protection Agency said in new guidelines that ease off on established safety levels.

The EPA’s determination sets a level ten times the drinking water standard for radiation recommended under President Barack Obama. It could lead to the administration of President Donald Trump weakening radiation safety levels, watchdog groups critical of the move say.

“It’s really a huge amount of radiation they are saying is safe,” said Daniel Hirsch, the retired director of the University of California, Santa Cruz’s program on environmental and nuclear policy. “The position taken could readily unravel all radiation protection rules.”The change was included as part of EPA “guidance” on messaging and communications in the event of a nuclear power plant meltdown or dirty bomb attack. The FAQ document, dated September 2017, is part of a broader planning document for nuclear emergencies, and does not carry the weight of federal standards or law.

“According to radiation safety experts, radiation exposures of 5-10 rem (5,000-10,000 mrem or 50-100 mSv) usually result in no harmful health effects, because radiation below these levels is a minor contributor to our overall cancer risk,” EPA said in the document. That level is equivalent to as many as 5,000 chest X-rays or seven to 14 chest CT scans, according to a comparison with Food and Drug Administration data.

A 2007 version of the same document stated that no level of radiation is safe, concluding: “The current body of scientific knowledge tells us this.”

 

[…]

Even with those lower standards, the EPA had never before said that any level of radiation exposure is safe, according to Jeff Ruch, executive director of the Public Employees for Environmental Responsibility, a watchdog group of government workers and retirees. Ruch linked the EPA’s scientific views on radiation exposure to the skepticism of EPA Administrator Scott Pruitt that humans are the main contributor to climate change.

Scientific Consensus

“I knew that under Scott Pruitt EPA is in climate denial but now it appears to be in radiation denial, as well,” Ruch said. “This appears to be another case of the Pruitt EPA proclaiming conclusions exactly opposite the overwhelming weight of scientific research.”

The Obama administration finalized a document in its waning days increasing the amount of radiation exposure in drinking water during an nuclear emergency to 500 mrem before emergency officials were required to provide bottled water or other alternative drinking water sources.

The latest change for emergency personnel makes sense, given the state of scientific knowledge, according to the agency.

“Although current science suggests there is some cancer risk from any exposure to radiation, it is very hard to tell whether a particular cancer was caused by very low doses of radiation or by some other source,” the EPA said in an emailed statement.

Ruch said he was concerned the document signals that in the event of a “Fukushima-type” nuclear meltdown the EPA would allow public consumption of radiation-contaminated drinking water.

“Dr. Strangelove is alive and lurking somewhere in the corridors of EPA,” he said,

 

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with .


アウシュビッツ、チェルノブイリから福島の旧警戒区域まで……『ダークツーリズム入門』で巡る81カ所の「負の遺産」via 日刊サイゾー

“ダークツーリズム”とは、何か。

それは、戦争や災害をはじめとする悲劇が起きた現場を巡る旅のこと。代表的なものでいえば、アウシュビッツやチェルノブイリなどがある。『ダークツーリズム入門 日本と世界の「負の遺産」を巡礼する旅』(イースト・プレス)には、後世に残したいダークツーリズムスポットが、世界と日本で81カ所が網羅されている。入門書として、これまで“意識して”ダークツーリズムを体験したことがない人に向け、比較的アクセスしやすい場所が多く取り上げられている。

だが、このダークツーリズムは、まだまだ日本には浸透していない、新しい旅の形。本書に登場するダークツーリズムの第一人者である、観光学者の井出明氏は、東日本大震災から約8カ月後、「観光による被災地の復興」をテーマにした記事を発表した。その中で、「悲劇の記憶を見せることで復興に寄与する可能性がある」と伝えたものの、当時、ほとんど理解を得られなかった。「みんなで地域を盛り上げようとしているのに、なぜそんなことを言うんだ」「被災地の復興を阻む行為じゃないか」と。震災後には、被災した建物を残すべきか否かについても、大きな議論が巻き起こった。「つらい記憶がよみがえる」「後世の人々に恐ろしさを伝えたい」と、意見は真っ二つに割れた。

(略)

本書では、20名近くの執筆者に加え、旅好きで知られる作家の角田光代氏、バックパッカー界の重鎮である旅行作家の下川裕治氏も、自身の体験を語っている。一体、どんな場所へ行き、どんな衝撃を受けたのか。悲劇を繰り返さないように、後世に伝えるためにも訪れておきたいスポットや体験談が、この1冊に詰まっている。

全文はアウシュビッツ、チェルノブイリから福島の旧警戒区域まで……『ダークツーリズム入門』で巡る81カ所の「負の遺産」

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Japanese A-bomb survivor and activists press nations to ratify nuclear ban pact via The Japan Times

A survivor of the atomic bombing of Nagasaki joined activists and diplomats Monday to press Japan and other countries to quickly ratify a landmark treaty banning nuclear weapons.

“None of them having (nuclear) weapons will contribute toward having peace,” Tokuko Kimura, 82, told an audience at a New York event. She was 10 when the United States dropped an atomic bomb over her city on Aug. 9, 1945, three days after detonating another device over Hiroshima.

[..]

The push has been given a lift by the awarding of the peace prize but the nuclear ban treaty cannot go into force until 50 nations ratify it. So far, over 50 have signed.

Shion Urata, whose grandfather was exposed to radioactive fallout, expressed disappointment with the Japanese government for not having backed the bombing survivors — known as hibakusha — and their call to endorse the ban treaty.

The 23-year-old, who is affiliated with a hibakusha project, nevertheless expressed hope that grass roots action can lead to change.

“The peoples’ power — they are each very small on their own but when they come together, (it) is a very huge and powerful drive,” she said.

Many, such as Chizuru Azuma, an actress from Hiroshima, noted the importance of the new conversations that have been prompted by the awarding of the prize to ICAN.

[…]

Monday’s event was held at U.N. headquarters in New York under the sponsorship of Japanese nongovernmental organization Peace Boat and the U.N. missions of Austria and Costa Rica, both staunch advocates of nuclear disarmament.

Read more at Japanese A-bomb survivor and activists press nations to ratify nuclear ban pact 

Posted in *English.

Tagged with , , , .


Support the Restricting First Use of Nuclear Weapons Act via The Seattle Times

The framers of the Constitution clearly did not want the president or the military to wage war on their own, without consent of the people, through the Congress that represents them.

In January, U.S. Sen. Ed Markey of Massachusetts and U.S. Rep. Ted Lieu of California introduced legislation that would prohibit the president of the United States from conducting a “first-use nuclear strike,” unless such an attack had been authorized by a prior declaration of war by Congress. At last check, nine senators (all Democrats or Independents) and 58 representatives (including one Republican) had signed on as co-sponsors. The bill, known as the “Restricting First Use of Nuclear Weapons Act of 2017,” was referred to the Senate Committee on Foreign Relations and the House Foreign Affairs Committee. Neither body has taken any further action.

[…]

One of Congress’ most solemn and crucial duties is to declare war (or not) against a foreign power. The Constitution places that responsibility squarely in the hands of Congress, and no one else. But Congress has been hesitant to exercise this authority. The years of war our nation has undertaken in Iraq, Syria, Afghanistan and elsewhere in the Middle East have all been carried out without a declaration of war. Instead, our military continues to fight under Congressional consent from a long-outdated “Authorization for the Use of Military Force” passed shortly after the Sept. 11 attacks. Congress has not revisited that action since, nor actually declared war on any nation, despite spending more than a trillion dollars to support those military actions.

In fact, the last declared war our troops fought and died in was World War II.

The framers of the Constitution clearly did not want the president or the military to wage war on their own, without consent of the people, through the Congress that represents them.

[…]

An offensive nuclear first strike — killing millions of innocent civilians — would certainly be understood by the world as a horrific war crime. And any leader who ordered such an attack would immediately become the world’s most despised war criminal.

Formally committing the United States to a No First Use policy will be one small step toward a safer, saner planet.

Read more at Support the Restricting First Use of Nuclear Weapons Act 

Posted in *English.

Tagged with , , .


大飯原発1・2号機廃炉へ 関電、採算合わず via 日本経済新聞

関西電力は大飯原子力発電所1、2号機(福井県)を廃炉にする方針を固めた。東日本大震災後、小型の原発の廃炉が進み始めたが、大飯原発のような100万キロワット超の大型の廃炉が決まるのは東京電力福島第1原発を除くと初めて。安全対策の費用が膨らむなか、電力各社はすべての老朽原発の再稼働を前提とせず、大型炉でも採算重視で選別する時代に入る。

大飯1、2号機の出力は各118万キロワットで、廃炉は国内の原発で過去最大となる。関電は福井の地元自治体などと調整を進めており、今秋中にも最終決定する。

政府は震災後、原発の運転期間を原則40年と定めた。原子力規制委員会が認めれば最長60年まで延長が可能だが、安全対策で1000億円規模の投資が必要になる。

(略)

国内では震災前に電力の約3割が原発でまかなわれていたが、現在は数%。政府は現行のエネルギー基本計画で、30年の原子力比率を20~22%としているが、現状は大きく下回っている。

実現には関電や九州電力四国電力の計5基にとどまっている原発の再稼働を30基程度まで増やす必要がある。ただ運転開始から30年を超えている原発も多く、いずれも近い将来に廃炉か運転延長を申請するかの選択を迫られる。

全文は大飯原発1・2号機廃炉へ 関電、採算合わず

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Kansai Electric may scrap two aging nuclear reactors at Oi plant via The Japan Times

The operator of the Oi nuclear power plant in Fukui Prefecture is considering scrapping two aging reactors at the complex as it may be too costly to make upgrades required to meet new post-Fukushima safety standards, a source said Tuesday.

Kansai Electric Power Co. will make a final decision by the end of the year over the Nos. 1 and 2 reactors at the four-reactor plant located on the Sea of Japan coast, which in 2019 will have been in operation for 40 years, the source said.

[…]

For the two Oi nuclear reactors to meet the requirements, an additional investment to the scale of ¥100 billion ($891 million) is needed, the source said.

[…]

The firm said Tuesday it is “studying from the technical and safety perspectives preparations” to apply to the Nuclear Regulation Authority for safety reviews of reactors 1 and 2 to resume their operations.

Of the 11 nuclear reactors Kansai Electric owns, two are currently in operation, seven are offline and two — reactors 1 and 2 at the Mihama nuclear complex — ceased operations in April 2015 and are set to be scrapped.

Read more at Kansai Electric may scrap two aging nuclear reactors at Oi plant

Posted in *English.

Tagged with , .


福島原発事故の真実 「おしどり」コンビが講演会 via 東京新聞

福島第一原発事故が起きてから、東京電力の記者会見に出席を続けているお笑い芸人コンビ「おしどり」のマコさんとケンさんの講演会が二十二日、八王子市東町の市生涯学習センタークリエイトホールである。

 子どもたちを内部被ばくから守るため食品や土壌の測定活動をしているボランティア団体「八王子市民放射能測定室 ハカルワカル広場」の主催。「自分で調べて、自分で考える、自分で判断する」をモットーに活動する「おしどり」に共感し、事故について語ってもらう講演会を企画した。

 ハカルワカル広場は二〇一二年の発足から五周年。「放射能の危険性を客観的な事実を通して伝える」と、測定結果をホームページなどで公表している。

(略)

開演は午後二時で、同四時終了予定。予約が必要で入場料は千円、大学生以下は無料。問い合わせ、申し込みはハカルワカル広場=電042(686)0820=へ。 (萩原誠)

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


福島第一原発集団訴訟 原告弁護団が控訴へ via NHK News Web

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、福島県で暮らす住民などおよそ3800人が起こした集団訴訟で、原告の弁護団は国と東京電力の責任を認めた福島地方裁判所の判決について「一定の評価はできるが賠償額などの面で判決は不十分だ」などとして控訴する方針を決めました。

この裁判は、原発事故のあとも福島県内の自宅で暮らし続ける住民や、避難した住民などおよそ3800人が、生活の基盤が損なわれ精神的な苦痛を受けたとして、国と東京電力を相手取って慰謝料などを求めたもので、今月10日、福島地方裁判所は、国と東京電力の責任を認め、総額4億9000万円余りの賠償を原告のうちおよそ2900人に支払うよう命じました。

この判決について原告の弁護団は、「国と東京電力の責任を認め一定の評価はできるが、賠償額などが不十分だ」として、原告全員で仙台高等裁判所に控訴する方針を決めました。

福島県西部の会津地方などの原告に賠償が認められなかったことや、賠償が認められた原告でもその水準が低かったこと、さらに放射線量を事故前の状態に戻す訴えが認められなかったことなどを不服としているということです。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .