Skip to content


(核の神話:13)従順な「原子力ムラ」なぜ生まれたかvia 朝日新聞

米メリーランド大教授、ケイト・ブラウンさん

 昨年11月、ワシントンで開かれた米政府主催の「マンハッタン計画国立歴史公園」の専門家フォーラムに招かれました。米国人専門家ら約20人のほか、広島・長崎両市の代表も参加し、新たな国立歴史公園の展示内容などについて、内務省国立公園局やエネルギー省に意見を述べるものでした。

 国立公園局は広島・長崎への原爆投下という「米国のタブー」にも踏み込もうとしているようですが、エネルギー省には軍や原子力産業の影がちらつきます。今回、国立公園に指定されたハンフォードなどマンハッタン計画の関連3施設を所有するエネルギー省としては「短期間で原爆を開発して第2次世界大戦を終わらせ、多くの米国人の命を救った」という栄光の歴史を後世に伝えたい。その後の放射能汚染という数十年にわたる「負の歴史」は省略したいというのが本音でしょう。

 歴史を振り返ると、1930年代から40年代前半、マンハッタン計画が始まるころの米国の工場労働者らはストや暴動、飲酒、けんかが絶えませんでした。ハンフォードのプルトニウム生産を請け負ったデュポン社は、労働者の管理に非常に神経を使いました。原爆開発は秘密の国家プロジェクトです。その材料となるプルトニウムの生産にあたる工場労働者は、精神的に不安定な独身男性ではなく、妻と子どもがいる白人の核家族の男性がふさわしい、という結論に至りました。彼らは会社の方針に従順で、家族の生活を会社の給料に依存する。ハンフォード施設の労働者が暮らすリッチランドでは、国費で子育て支援や学校、商店、交通機関を充実させました。
[…]
さらに、ハンフォードとマヤ-クの現場を見て、奇妙な共通点が数多くあることにも気づきました。プルトニウム生産を加速するために放射性ヨウ素を詰め込んだ「グリーン燃料」を米国が製造すれば、ソ連も同じことをする。米国が放射性廃棄物を土の中や川へ捨てているなら、ソ連もそうする。お互いににらみあい、まねしていたのです。

 旧ソ連と違って報道の自由がある米国では、1950年代に急転換がありました。戦後、マンハッタン計画を引き継いだ原子力委員会は放射線被曝(ひばく)そのものよりも、民衆のヒステリーにさらされることの方を恐れるようになったのです。米国が水爆実験をした太平洋ビキニ環礁での第五福竜丸などの被曝(ひばく)事件が大きなきっかけでした。米国内でもネバダ核実験場からの放射性降下物に対する拒否反応が広がり、公衆衛生の対応から世論対策に重心が移りました。核開発を進めたい米国主導で国際放射線防護委員会(ICRP)が設立され、被曝の「許容線量」の考え方が導入された。世界的かつ長期的な広報戦略が今日に至るまで続いています。

 当時、原子力発電の技術開発でソ連に後れをとっていた米国は、日本に原子炉を輸出することにしました。広報戦略の一環です。ソ連は、米国の原子炉を「マーシャルアトム」(軍事用の核)だと言ってばかにしていました。米政府はこれを恥じ、アイゼンハワー大統領が「アトムズ・フォー・ピース(平和のための原子力)」を唱え、原爆被爆地の広島にあえて原子炉を置こうとしたのです。ビキニ事件を受けた日本の反核運動の盛り上がりもあって「広島原発」は実現しませんでしたが、ともあれ、米国製の原子炉が日本に設置されました。それは、原子力潜水艦用に開発された軍事用の原子炉を転用し、民生用の原子炉としては安全性が十分確認されたものではありませんでした。しかし、改良に余分なコストや時間をかけたくなかった。米国は非常に危険でやっかいなものだと知りつつ、ソ連をにらむ西側陣営の日本に輸出した。日本にはエネルギー資源がなく、米国に支配された国だったからこそ実現したのでしょう。
[…]
90年代になると、ハンフォードの風下住民や農民らの健康被害があらわになり、放射線の影響が疑われましたが、工場労働者の多くは気に留めませんでした。70年代に原子力委員会を引き継いだエネルギー省や原子力産業によって「低線量の放射線は心配ない」という言説が米国社会に振りまかれていたからです。それは、たばこ産業が自前の研究結果を示して「喫煙は人体に無害だ」というのと同じような広報戦略です。

 それは4段階あります。まずは、自然化。「放射線は太陽のようなものです。元々自然界に存在するものですよ。だから、大丈夫なのです」と。さらに、ハンフォード施設沿いの川を自然保護区に指定して、野鳥が集まる美しい公園として売り出そうとしている。これは、「自然化」の広報戦略の一環です。実際には米国各地の核開発によって、人間の健康だけでなく、環境汚染や生態系への負の影響をもたらしてきたことを隠すものです。

 次に、対抗研究。「子どもの甲状腺に腫瘍(しゅよう)が出来るのは放射性物質が原因だろう」という研究が発表されると、別の学者を買収して「まだわからない、証拠がない」と言わせる。第3に、健康被害を訴える人々自身のせいにする。「放射線を恐れすぎです。食生活やアルコールの方があなたの健康にとっては問題ですよ」と。最後に、答えの出ない「先端研究」に投資して結論を引き伸ばす。米国のある大学には、多額の国家予算を投じて、刑務所の囚人男性に放射線を照射して精子への影響を調べる研究を12年間もやらせました。結果、放射線の人体への影響は「わからない」という。ハンフォード施設からの放射線で環境や牛は汚染されているけれども、人体との因果関係はわからないというのです。
[…]
米国は戦後設置した原爆傷害調査委員会(ABCC)を通じて広島・長崎の被爆者のデータを日本側から吸い上げました。なぜでしょうか。米機密文書には、こういう記載がありました。「我々はこの研究を(日本から)乗っ取る必要がある。さもなければ、ピンクや赤の連中に(被爆者の健康調査データを)握られて、ひどいことになる」。広島・長崎への原爆投下の正当性について米政府は敵対するソ連であれ、共産主義者であれ、攻撃材料を与えたくなかったのでしょう。

 一方、お膝元のハンフォードでも、風下住民らが30年近くも法廷闘争をしています。病気にかかった人たちが30年ですよ。米政府は弁護側、つまり請負企業の弁護にカネを払って、できるだけ裁判の引き延ばしにかかっています。これまでに企業の弁護のために多額の国税が費やされました。一方、原告の風下住民らは自分で弁護士を雇わなくてはならず、長期戦に持ちこたえられません。結果、企業側は、何ら罪を認めることなく、法廷の外で示談に持ち込むのです。

私は元々、旧ソ連の歴史研究者です。ソ連と日本は違うはずだ、日本の科学技術や組織管理は信頼できるはずだ、と思っていました。しかし、東京電力や日本政府の対応を見ていると、ある意味、ソ連よりひどいと思います。「アンダーコントロール」だとウソをついて、避難住民らの福島への帰還政策を進めている。広報戦略によって放射線の危険性を見えなくしている。住民らがそれに従わざるをえないように追い込まれているのが、まさに国策依存の「プルトピア症候群」です。
[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , .


福島第一原発 汚染防護服などの試験焼却処分を延期 via NHK News Web

東京電力福島第一原子力発電所では、この5年近くの廃炉作業で出た使い捨ての防護服などが大量にたまり、大きな課題となっています。東京電力はこうした廃棄物について10日から試験的に焼却処分する予定でしたが、装置に水漏れが見つかり、11日以降に延期されました。
福島第一原発では、1日当たりおよそ7000人の作業員が廃炉作業に携わっていて、使い捨ての防護服などの衣類やシート、木材といった廃棄物の量は、去年12月末の時点で6万6000立方メートルと、25メートルプールにして100杯分を超えています。
東京電力は、こうした廃棄物を焼いて灰にすることで体積を10分の1にするため、10日から新たな施設で実際に汚染した衣類を試験的に燃やす予定でした。
ところが、10日朝になって排気ガスを水で冷やす装置で僅かに水漏れが見つかり、その後も完全には止まらないことから、点検のため試験焼却を11日以降に延期しました。
この施設は1日最大でおよそ14トンの廃棄物を処分でき、排気筒には放射性物質を取り除くフィルターがつけられていて、焼いたあとの灰は放射性物質の濃度が上がるため密閉したドラム缶に詰め、放射線を遮る頑丈な建物で保管することにしています。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Tepco finishes installing Fukushima ice shield equipment via The Japan Times

[…]

Frozen soil would act as a barrier to prevent fresh groundwater from running beneath the buildings and picking up radioactive particles.

A total of 1,568 pipes have been dug into the ground. They will carry a refrigerant liquid chilled to minus 30 degrees Celsius. The government and Tepco hope to switch on the barriers by the end of March.

Currently, 450 tons of water are becoming tainted every day — a volume that must be pumped out, stored and filtered.

Tepco believes that the ice shield will reduce the flow significantly, bringing the daily total down to 150 tons. It began installation work in June 2014.

The success of the project is not assured. The Nuclear Regulation Authority is monitoring it closely as the shields may lower the level of groundwater around the reactor buildings, potentially triggering a release of contaminated water that is currently sitting in the buildings’ basements.

Read more at Tepco finishes installing Fukushima ice shield equipment

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


丸川環境相「何の根拠もなく」 原発事故、松本で講演 via 信毎web

 丸川珠代環境相は7日、松本市内で講演し、東京電力福島第1原発事故を受けて国が原発周辺などで行っている除染で、基準となる年間被ばく量を1ミリシー ベルトとしている点について、「『反放射能派』と言うと変ですが、どれだけ下げても心配だと言う人は世の中にいる。そういう人たちが騒いだ中で、何の科学 的根拠もなく時の環境大臣が決めた」などと述べた。

国際放射線防護委員会(ICRP)は、一般人の通常時の被ばく量を年間1ミリシーベルトと勧告している。

(略)

丸川氏は、国が行う除染の基準は厳し過ぎるとし「(除染が終わらないため)帰れるはずの所にいまだに帰れない人がいる」とも主張した。

全文は丸川環境相「何の根拠もなく」 原発事故、松本で講演

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


小泉氏「廃炉は国民の常識」 福島・いわき市の講演で訴え via 東京新聞

 東京電力福島第1原発事故で多くの避難者が生活する福島県いわき市で10日、小泉純一郎元首相が約1300人を前に講演し「福島の原発を全て廃炉にするのは国民の常識。福島をお手本に、やりがいがあり夢がある原発ゼロを目指して頑張ろう」と訴えた。

第1原発の6基は廃炉が決まっているが、福島第2原発の4基は、県が再三にわたって廃炉を求めているにもかかわらず、東電は方針を示していない。

小泉氏は、事故後、原発に頼らず生活できていることに触れ「原発ゼロは空想でも幻想でもない。事実が証明している」と強調。

続きは小泉氏「廃炉は国民の常識」 福島・いわき市の講演で訴え

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


Pierce County residents petition against federal project via WRAL.com

— Pierce County residents who fear a proposed federal project might be a step toward nuclear waste disposal in the area are circulating a petition aimed at showing their concern.

[…]

The Pierce County Commission last week placed a moratorium on deep bore hole drilling in the county and scheduled a Feb. 16 public meeting to further discuss the project. Project opponents in the meantime are collecting petition signatures, KXMC-TV reported (http://bit.ly/1SFL0or ).

“I keep (the petition) in my back pocket and as I travel around Pierce County and the Rugby area and the surrounding communities, we’re going to be out talking to the people and getting their support on the petition to stop the project,” farmer Dallas Hager said.

Chuck Volk, who farms less than 2 miles from the proposed drilling site, said he asked 117 people at a recent farm show to sign the petition, and 114 of them did.

Read more at Pierce County residents petition against federal project

Posted in *English.

Tagged with , , .


Half-Built Nuclear Fuel Plant in South Carolina Faces Test on Its Future via The New York Times

WASHINGTON — Time may finally be running out on the Mixed Oxide Fuel Fabrication Facility, a multibillion-dollar, over-budget federal project that has been hard to kill.

The Energy Department has already spent about $4.5 billion on the half-built plant near Aiken, S.C., designed to make commercial reactor fuel out of plutonium from nuclear bombs. New estimates place the ultimate cost of the facility at between $9.4 billion and $21 billion, and the outlay for the overall program, including related costs, could go as high as $30 billion.

Officials warn that the delays in the so-called MOX program are so bad that the plant may not be ready to turn the first warhead into fuel until 2040.

[…]

“The administration must complete construction of MOX — the only viable method at this time of disposing of the plutonium,” Mr. Wilson said in a statement.

Two companies involved with the plant’s construction are among Mr. Wilson’s biggest contributors, according to campaign records. Chicago Bridge and Iron, one of the two companies that own the main contractor for the facility, gave $10,000 to Mr. Wilson’s 2014 re-election campaign, and the other owner, Areva Group, donated $8,000, according to campaign records.

[…]

The Energy Department would like to move that nuclear waste to a facility near Carlsbad, N.M., where it would be stored deep underground in salt formations. The administration says it can get rid of the weapons material under the alternative approach for about $300 million to $400 million a year, compared with $800 million to $1 billion a year under MOX.

“There have been several independent analyses that have concluded that the MOX fuel approach for plutonium disposition will be significantly more expensive and take longer than anticipated,” said John J. MacWilliams, a top Energy Department official. “The analyses also all confirmed that there is an alternative option that would be less than half the cost of the MOX fuel approach.”

Still, the administration faces big obstacles before it can make the switch. It will have to persuade the Russian government to agree to modify the agreement to allow the United States to change its method for disposing of the plutonium.

Another hurdle is the New Mexico underground storage facility, which has been closed for two years because of a 2014 leak of radioactive material. Once it reopens, the Energy Department will have to obtain legal and regulatory approvals to store the plutonium waste there, and that will mean winning over New Mexico’s political leaders, who are not yet convinced.

Read more at Half-Built Nuclear Fuel Plant in South Carolina Faces Test on Its Future

Posted in *English.

Tagged with , , , , , , .


福島第1原発、遠い廃炉 震災5年も現場に深い爪痕 via 日本経済新聞

 日本経済新聞は9日、東日本大震災に伴う事故から間もなく5年を迎える東京電力福島第1原子力発電所を取材した。敷地内の放射線量は下がり、廃炉作業の環境は改善しているが、津波や水素爆発など惨事の爪痕はいまも残る。今世紀半ばを見込む廃炉の完了に向けた道は険しい。

続きは会員限定サイト福島第1原発、遠い廃炉 震災5年も現場に深い爪痕

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


Explore Chernobyl in Virtual Reality via Reality Streaming

April 26, 1986

Pripyat, Ukraine

Chernobyl remains one of only two level 7 events on the International Nuclear Event Scale. With the new Chornobyl360 virtual reality documentary about the event. This will be a living documentary, over time the team behind it is hoping to add additional material and with VR technology getting better every day, I’m betting there may also be some enhancement of existing scenes in the future. Some of the new content will be restricted to platforms like Oculus, Playstation VR, HTC Vive. Keep an eye out for their Kickstarter being launched on February 8th.

[…]

Crew Behind Chornobyl360

The team behind this documentary is more than 15 people including Producer Kirill Pokutnyy, Editor Alona Stulii, Sound Designer Evgeniy Vaschenko, to professionals from fields in cinematography and coding. Here is some of the behind the scenes in creating the documentary.

[…]

Historic Footage

If you haven”t had your fill of Chernobyl from that trailer, here is another video to keep you going until the new VR app is released.

Read more and watch the video clips at Explore Chernobyl in Virtual Reality

Posted in *English.

Tagged with , , , .


Indian Point reactors contaminate New York groundwater via The Ecologist

Highly radioactive tritium has leaked into groundwater at the Indian Point nuclear site 40 miles north of Manhattan, New York, write Sam Thielman & Alan Yuhas. Governor Cuomo has ordered a review of safety at the site, where two reactors are operating with no NRC license.

Radioactive material has leaked into the groundwater below a nuclear power plant north of New York City, prompting a state investigation on Saturday and condemnation from Governor Andrew Cuomo.

[…]

In one location radioactivity levels rose nearly 65,000%, from 12,300 picocuries per liter to over 8,000,000 picocuries per liter.

The Environmental Protection Agency’s maximum contaminant level for tritium in drinking water is 20,000 picocuries per liter, though Entergy, the company that owns the plant, emphasized that only groundwater, and not drinking water, were contaminated.

[…]

Both reactors operating without licences

An astonishing aspect of the matter is that Indian Point units 1 and 2 are both operating without licences from the Nuclear Regulatory Commission.

Unit 2’s licence expired in September 2013, and Unit 3’s licence expired on 12th December 2015. However in both cases the NRC his given permission for the plants to keep on running while Entergy’s renewal applications for 20-year extensions were under way.

Since their licence expiries both reactors have been involved in unauthorized radiation releases, of tritium in particular, and numerous unscheduled closures.

Tritium is a relatively short-lived radioactive hydrogen isotope that cannot penetrate the skin, however it can be consumed in food and water and be taken up in tissues. It is considered a health risk for illnesses, including cancer.

There have been many tritium leaks at the plant in recent years, though Saturday’s leak appears to be the most serious so far. Public Service Commission chair Audrey Zibelman faces a deadline for the results of the pre-existing investigation by President’s Day, 15th February.

Read more at Indian Point reactors contaminate New York groundwater

Related article:

 

Posted in *English.

Tagged with , , , , .