Skip to content


IAEA、ジカ熱対策指導へ…蚊の不妊化技術 via 読売新聞

国際原子力機関(IAEA)は中南米などで流行する感染症「ジカ熱」の対策として、原因のウイルスを運ぶ蚊の繁殖を放射線で抑える技術を、関係国に指導していく方針を明らかにした。
[…]
 そこでIAEAは、人間の血を吸わないオスの蚊を放射線で不妊化させる技術を各国に提供。この蚊を大量に野に放てば卵が孵化ふかできなくなり、蚊の数を減らす効果が期待できるという。IAEAは「放射線による不妊化は、人間に安全で環境に優しい技術だ」と説明している。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


核燃料再処理を担う新法人設置へ、改正法案を閣議決定 via朝日新聞

政府は5日、原発の使用済み核燃料を再利用する「核燃料サイクル」の中核である再処理事業について、事業主体をいまの日本原燃から新たに設ける認可法人「使用済燃料再処理機構」に変えるための改正法案を閣議決定した。今国会での成立をめざす。

[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


原発事故で全国連絡会結成へ=各地の訴訟原告団が連携 via 時事ドットコム

東京電力福島第1原発事故で福島県などから避難し、国や東電に損害賠償を求めて集団訴訟を起こしている各地の原告団が5日、東京都内で記者会見し、連携して被害救済などを訴えようと全国連絡会を結成すると発表した。

(略)

全国に30近くある集団訴訟のうち、福島の7原告団と関東から九州までの11団体が既に参加を表明。北海道や中部などの6団体も検討中で、原告総数は1万人を超える見通しという。

全文は原発事故で全国連絡会結成へ=各地の訴訟原告団が連携

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


Sakurajima Volcano Erupts Near Nuclear Plant via Sky News

Rocks and ash are catapulted into the sky as one of the country’s most active volcanoes bursts into life.

Japan’s Sakurajima volcano has erupted, sending lava flowing down its slope and spewing ash and stones into the night sky.

Dramatic pictures of the fiery spectacle also show flashes of volcanic lightning – thought to be caused by friction between ash particles and gases.

The volcano, in the southern Kagoshima prefecture, has been showing increased activity since August when locals were told to prepare for a large eruption and possible evacuation.

[…]

The Sendai nuclear plant is only 30 miles (50km) away but has not issued any warnings.

However, Greenpeace said the potential impact of ash deposits from a major eruption had been “underestimated”.

In a statement, the environmental group claimed the plant’s owner, Kyushu Electric, had carried out “flawed volcano risk analysis”.

An eruption at Sakurajima in 1914 was the most powerful in twentieth century Japan, with lava flows permanently connecting the former island volcano to the Kyushu mainland.

Japan has more than 100 active volcanoes and lies on the ‘Ring of Fire’ – a horseshoe-shaped band of fault lines and volcanoes around the edge of the Pacific.

Read more at Sakurajima Volcano Erupts Near Nuclear Plant

Related article:

Posted in *English.

Tagged with , , , .


国立環境研究所【資料】潮間帯生物の調査結果~福島第一原発近傍、特に南側の地点で種類数と棲息量が減少~ via #原子力発電_原爆の子

(抜粋)

東日本大震災及び福島原発事故後の岩手県から千葉県に至る潮間帯生物の調査結果

~福島第一原発近傍、特に南側の地点で種類数と棲息量が減少~

(Scientific Reports 掲載論文)

(筑波研究学園都市記者会、環境省記者クラブ、福島県政記者クラブ同時配付)

国立環境研究所は、放射線医学総合研究所と福島県の協力のもと、2011年12月14日に東京電力福島第一原子力発電所(1F)の半径20km圏内(警戒区域;当時)の16地点で潮間帯生物に関する予備調査を行い、それ以降も千葉県から岩手県に至る沿岸各地の潮間帯で調査を行ってきています。

2011年~2013年までの調査の結果、1Fに近づくにつれて潮間帯に棲息する無脊椎動物の種類数が統計学的に有意に減少し(P<0.001)、特に1F南側の地点(大熊町と富岡町)で無脊椎動物の種類数とともに棲息量も統計学的に有意に少ない(P<0.05ことが明らかとなりました。また、大熊町と富岡町における無脊椎動物の棲息量は1995年の同種の調査結果と比較しても少ないことがわかりました。すなわち、震災・原発事故の後、1F近傍、特に南側で潮間帯生物の棲息量が減少したとみられます。大津波を受けた他地点との比較から、1F近傍における潮間帯生物の減少が津波のみで引き起こされたとは考えにくく、原発事故による可能性がありますが、今後、詳細な原因究明が必要です。

(略)

概要

われわれは2011年東日本大震災と津波にともなった福島第一原子力発電所の過酷事故による生態学的影響の調査を2011年、2012年、2013年に東日本各地の潮間帯で実施した。潮間帯生息種の数が、原子力発電所からの距離が縮まるに連れて減少し、2012年には、原発に近い(約30 km)広野町から双葉町にかけての海岸でイボニシ(Thais clavigera)試料がまったく採取されなかった。他の多くの津波襲来地におけるカワニシ試料の採取数を考えると、2012年における原発近くのカワニシの不在の原因が2011年の核事故である可能性が示唆される。2013年の定量調査の結果、原発近く、または原発の南の数キロ以内の地点における潮間帯の生息種類数と個体数の密度は、とりわけ節足動物門の場合、他の地点および1995年時点より大幅に低かった。これらの知見をまだ明白に說明することはできないものの、核事故以来、原発周辺の間潮帯生物相に影響がおよんだことは明白である。

全文は国立環境研究所【資料】潮間帯生物の調査結果~福島第一原発近傍、特に南側の地点で種類数と棲息量が減少~

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


曲がったファンの軸交換せず=摩擦で発火か、浜岡原発火災-中部電 via 時事ドットコム

 中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)2号機タービン建屋で先月発生した火災について、同社は5日、県に対して原因と再発防止策を説明した。排気ファンの軸がわずかに曲がっていたことにより、軸受けに摩擦熱が発生したことが主な原因とみられるという。

同社の説明によると、2012~13年、本来使うべきものとは違う型番の軸受けを使用していたため、軸に曲がりが生じた。軸受けはその後正規品に取り換えたが、軸は交換しなかった。そのため、軸受けに摩擦熱が生じ、潤滑剤のグリースが発火温度に達したという。

続きは曲がったファンの軸交換せず=摩擦で発火か、浜岡原発火災-中部電

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


第7部 ADR・訴訟 地域事情(42) 先例準じた解決を 伊達富成 和解案示されず焦燥via 福島民報

 伊達市保原町富成地区(高成田、富沢地区)の324世帯・1171人は昨年3月、原子力損害賠償紛争解決センターに裁判外紛争解決手続き(ADR)を申し立てた。いずれも東京電力福島第一原発事故に伴う賠償対象となる特定避難勧奨地点に指定されなかった地域の住民だ。
 精神的損害に対し、平成23年3月11日から和解成立の日まで1人月10万円の支払いを東電に求めている。富成地区に隣接する同市霊山町小国地区の同じ非指定世帯の住民は精神的損害賠償を求めたADRで既に東電と和解し、23年6月末から25年3月末まで1人月7万円を受けた。
 富成地区の弁護団事務局長を務める倉持恵弁護士(34)=福島市=は「富成、小国両地区の放射線量に大差はなく、原発事故で受けた影響も似ている」と指摘し、小国地区の実績を参考に和解案が示されるとみる。しかし、和解案は申し立てから1年近くが経過しても提示されず、住民はいら立ちを募らせる。
[…]
両地区内では放射線に対する不安が若い世代を中心に広がり、勧奨地点に指定されていない世帯も次々と地元を離れた。富成地区にある富成幼稚園では、原発事故が起きるまで3歳から5歳までの園児19人の声が響き渡っていた。しかし、原発事故で園児が減少し、26年4月に休園に追い込まれた。
 勧奨地点はいずれも24年12月に解除された。ただ、指定世帯の住民に対しては、精神的苦痛を与えたとして25年3月まで東電から1人月10万円の賠償金が支払われた。「苦痛は勧奨地点の住民と同じなのに…」。賠償金を受けられない近隣住民からは同様の対応を求める声が広がった。

 富成地区のADRの呼び掛け人の一人で、地区内で農業を営む菅野益芳さん(64)は「われわれには苦痛を理解されないという別の苦しみもある」と訴える。
「。。。」

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Japanese government to ease radioactive waste rules via The Chicago Tribune

TOKYO – Japan’s Environment Ministry has formulated draft rules allowing local governments to store designated waste contaminated with radioactive substances from the nuclear crisis at the Fukushima No. 1 nuclear power plant at separate locations under certain criteria.

Debate on how to dispose of such waste was at a standstill, but the draft rules are expected to move the issue a step forward. The rules also allow local governments to lift designations on radioactive waste at their own discretion, if radioactive levels drop below government standards.
[…]
Under the draft rules, local governments can consult with the Environment Ministry to decide whether designated waste could be stored at separate locations or whether the designation on waste that contains radioactive levels below the standard should be lifted.

After a designation is lifted, waste can be disposed of in an ordinary manner, with the central government shouldering the cost.
[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


Senate bill to shift oversight of nuclear waste in landfill via The Washington Times

ST. LOUIS (AP) – The U.S. Senate has passed a bill that could transfer oversight of a St. Louis County landfill containing nuclear waste to the U.S. Army Corps of Engineers and away from the jurisdiction of the Environmental Protection Agency.

The measure passed Tuesday still needs approval from the House, where two members from the St. Louis area, Republican Ann Wagner and Democrat William Lacy Clay, have introduced companion legislation.

Nuclear waste dating to the Manhattan Project was dumped at West Lake Landfill in Bridgeton in 1973. An underground fire has been smoldering about 1,200 feet away in the adjacent Bridgeton Landfill for about five years, raising concerns about what might happen if the two meet.

The owner of both landfills, Republic Services, opposes the move, saying it could further delay cleanup. The EPA has promised a remediation plan by the end of the year.

[…]

The cause of the underground fire is unknown. The persistent smelly fumes from the fire prompted Missouri Attorney General Chris Koster to sue Republic Services in 2013. The case is scheduled for trial next month.

West Lake was declared a Superfund site in 1990. In 2008, the EPA announced a remediation plan to cap the nuclear waste with rock, clay and soil. The plan drew enough opposition that the EPA decided to reconsider.

Read more at Senate bill to shift oversight of nuclear waste in landfill

Posted in *English.

Tagged with , , , .


Decline in intertidal biota after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami and the Fukushima nuclear disaster: field observations via Nature

Abstract

In 2011, 2012, and 2013, in the intertidal zones of eastern Japan, we investigated the ecological effects of the severe accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant that accompanied the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami. The number of intertidal species decreased significantly with decreasing distance from the power plant, and no rock shell (Thais clavigera) specimens were collected near the plant, from Hirono to Futaba Beach (a distance of approximately 30 km) in 2012. The collection of rock shell specimens at many other sites hit by the tsunami suggests that the absence of rock shells around the plant in 2012 might have been caused by the nuclear accident in 2011. Quantitative surveys in 2013 showed that the number of species and population densities in the intertidal zones were much lower at sites near, or within several kilometers south of, the plant than at other sites and lower than in 1995, especially in the case of Arthropoda. There is no clear explanation for these findings, but it is evident that the intertidal biota around the power plant has been affected since the nuclear accident.

Read the article at Decline in intertidal biota after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami and the Fukushima nuclear disaster: field observations

Posted in *English.

Tagged with , , , , .