Skip to content


タンク切り替え、達成困難=溶接型「16年度早期」-汚染水保管・福島第1via 時事ドットコム

東京電力福島第1原発で放射能汚染水を保管するタンクについて、「2016年度早期」に漏れにくい溶接型に全て切り替えるとした政府と東電の目標が達成困難になっている。事故から5年が過ぎても、汚染水対策が順調に進まない実態が改めて浮かび上がった。

汚染水の保管タンクには、鋼板をボルトで留めた簡易型と溶接型がある。早く造れる簡易型は事故直後から使われてきたが、13年に汚染水漏れが発覚。東電は溶接型への切り替えを進めているが、作業は遅れている。

第1原発でタンクに保管されている汚染水は大きく分けて2種類。トリチウム以外の放射性物質の濃度を下げる装置「ALPS」(アルプス)で処理した水と、 ALPS未処理の水だ。処理済みは5月26日時点で約64万4000トンに上り、多くは溶接型に保管されるが、簡易型も使われている。未処理は約18万 1000トンで、処理済みに比べ、簡易型が占める割合が多い。

東電は4月25日に開かれた原子力規制委員会の検討会で、汚染水の増加抑制を目指す「凍土遮水壁」が期待通り効果を発揮した場合でも、未処理分は17年2月ごろまで簡易型で保管するとの見通しを示した。

続きはタンク切り替え、達成困難=溶接型「16年度早期」-汚染水保管・福島第1

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


若い男がチェルノブイリ原発から250キロの放射性金属を持ち出そうとする。 なぜ? via Sputnik

ウクライナで、チェルノブイリ原子力発電所から250キロの放射性金属を違法に持ち出そうとした20歳の男が拘束された。

警察によると、男の自動車と放射性金属は押収された。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


Obama has ‘failed to deliver on nuclear disarmament promises’ via The Guardian

Data shows US president has made fewer reductions to stockpile than any incumbent since the end of the cold war

When Barack Obama told his audience in Hiroshima that consistent effort would be needed to roll back from the brink of catastrophe and rid the world of nuclear weapons, the words evoked promises made at the start of his presidency.

The speech Obama was echoing was his first major foreign policy address, made in April 2009, in Prague, where he promised his presidency would ensure “America’s commitment to seek the peace and security of a world without nuclear weapons”.

However, newly declassified data, released by the Pentagon, awkwardly on the eve of the historic Hiroshima visit, showed that Obama had made fewer reductions to the US nuclear weapons stockpile than any president since the end of the cold war.

According to the data, analysed by the Federation of American Scientists (FAS), the US arsenal as of last September was 4,571 warheads. That was 702 warheads (or 13%) less than the final tally of the Bush administration. Much of that reduction was carried out under the New Start arms control deal agreed with Russia, a year after the Prague speech. But after New Start, and the return of Vladimir Putin to the Russian presidency, bilateral disarmament ground to a halt, as did unilateral US efforts.

“Although 702 warheads is no small number (other than Russia, no other nuclear-armed state has more than 300 warheads), the reduction constitutes the smallest reduction of the stockpile achieved by any previous post-cold war administration,” FAS nuclear arms analyst Hans Kristensen wrote in a blog.

The historical data shows that the biggest nuclear disarmers since the cold war were the two presidents Bush. For all the sweeping rhetoric in Prague, Obama has not been as effective. The Pentagon figures show that 109 retired warheads were dismantled in 2015, the lowest number of weapons taken apart in the US in a single year since at least 1970.

Continue reading at Obama has ‘failed to deliver on nuclear disarmament promises’

Related article:

  • Obama must scale back his nuclear weapons expansion plan via Boston Globe

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


福島第1「凍土壁」複数箇所凍らず“抜け道” 東電、追加工事を検討「凍結目的せず」と強調 via 産経新聞

 東京電力福島第1原発の汚染水対策で、建屋周囲の土壌を凍らせる「凍土遮水壁」が、運用開始から2カ月近くたっても凍らない箇所が複数あることが28日、分かった。東電は凍結の範囲を広げる計画を延期し、特殊な薬液を注入する追加工事の検討を始めた。原子力規制委員会は6月2日に検討会を開き、実効性について東電を追及する。

 凍土壁は3月末、全長約1500メートルのうち、海側約690メートル全体と、山側の一部から運用開始。東電は当初、凍結の効果は1カ月半程度で表れるとしていた。しかし今月24日時点で、凍結管の周辺に設置した温度計約5800カ所のうち、0度以下になったのは約9割で、10度前後ある地点も点在している。1号機の北側や4号機の南側など、複数箇所で温度が下がらず、水の「抜け道」ができていることが判明した。
[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


French unions deliver new blow to Hinkley Point nuclear power scheme via The Daily Mail

The Hinkley Point nuclear power station project suffered a fresh setback as it emerged trade unions are “unlikely” to back the scheme, which is being developed by French energy giant EDF.
The £18 billion project to build the new plant in Somerset would not be given the French unions’ blessing in its “current state”, the secretary of EDF’s central works committee said.
EDF’s chief executive Vincent de Rivaz told MPs on Tuesday that he was confident the plan would go ahead but the company had decided to consult French trade unions after some of them called for a delay of two to three years because of concerns over the impact of the project on the firm’s finances.French economy minister Emmanuel Macron told MPs that owing to the importance of the project, EDF had decided to promote “exemplary labour/management dialogue” by consulting the Central Works Committee on the project.
Now Jean-Luc Magnaval, secretary of that committee, has revealed unions are demanding further information from EDF and could not back the current plans.
He told BBC2’s Newsnight: “We have reservations about several aspects of the project – organisation, supply chain, installation, and procurement.
“The trade unions are unlikely to give their blessing to the project in its current state. We are not reassured by the documents we have received. We have been given a marketing folder not the full information we require.”

[…]

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


【住宅提供打ち切り】「私だって声をあげたい。でも仕事や子どもが…」~迫る切り捨て、募る母親の葛藤 via 民の声新聞

「避難指示が出ていない」と冷遇され続ける「自主避難者」たち。国や福島県による住宅の無 償提供打ち切りを10カ月後に控え、怒りと不安を抱えながらも、日々の子育てや仕事のために抗議活動に参加できない葛藤に苦しんでいる。25日夜には住宅 の無償提供継続を求めるアピール行動がJR新宿駅西口で展開されたが、参加した避難者の向こう側には、声をあげられない多くの避難者がいる事に思いを馳せ たい。「私だって声をあげたい。でも…」。国の切り捨てと世間の無理解に抗い続ける母親たちの苦悩に迫った。

【仲間と共に闘えない心苦しさ】

 JR新宿駅前で避難者によるアピール行動が行われていた頃、福島県いわき市から母子避難中の河井かおりさんは、埼玉県内の自宅で複雑な想いを抱えていた。

 「新宿は…ちょっと遠いですね。子どもたちもいるし。でも本当は行きたい」

(略)

同僚に頭を下げ、勤務先でパートのシフトを交換してもらった。娘は前夜、熱を出した。正しい事を語るとはいえ、発熱 した娘を置き去りにするわけにはいかない。頼れる人はいなかった。しかし、避難の正当性を語れるチャンスは逃したくない。迷いに迷った末、微熱の娘を抱え て永田町に向かう事にした。結果として娘の体調は悪化しなかったが、今でも当時の自分の判断が正しかったか分からないという。
「私たち母親にとって、仕事や子育ての合間を縫ってデモや集会に参加したり仲間の裁判を傍聴したりするのは、とても難しくて悩ましいです」
訴えたい。意思表示したい。仲間たちと同じ痛みを共有したい。一緒に闘いたい…。しかし、現実にはわが子の体調に左右される。会場が遠方だと往復の交通費が重い負担となる。

 「黙っていては駄目なんだ、原発事故による被害を無かった事にされたくないんだといつも思っています。だから、参 加できなかった集会などの話題を耳にするとつらいですよね。闘っていない。他力本願だなと」。東京や神奈川など仲間の裁判期日は、きまってパートの出勤日 と重なってしまう。その度に同僚に代わってもらうわけにもいかない。「心苦しいばかりです」。

(略)

別の母親は、こう言う。「私たち当事者の声を広く届けたいですよ。当たり前じゃないですか。どこにでも行きます。話します。その代わり、子どもの食事を用意してくれますか?」

 やはり福島県中通りから避難して都内に暮らしているこの母親には、4人の子どもがいる。一番下の子どもはまだ、お むつが取れない。「特に母子避難の母親が自ら声をあげるのは難しいんです。それでも私は比較的、そういう場に参加出来ています。周囲の協力を得られたか ら。本当にありがたいです」。
避難者たちはこれまで、住宅の無償提供継続を求めて国の役人や福島県職員らと何度も直接交渉を行ってきた。だが、当事者たちは交渉のテーブルにつくのが 精一杯。その時点で既に、対等ではなくなっている。だから国や福島県は強気を貫ける。多面的な支援をしないと、避難者切り捨ては加速する一方だ。

(略)

【顔や名前晒せない〝しがらみ〟も】

 JR新宿駅西口での抗議行動でマイクを握った熊本美彌子さん(福島県田村市から東京都内に避難中)は、仕事や子育てに忙しい母親らの良き理解者だ。

 「こういう事って、自分を晒して話さないと世間に理解していただけないでしょ。でもね、避難した人の中には、親類 に内緒で福島を離れた人もいます。仕事や子育てだけでなく、そういうしがらみもあるんですよ。人前に出るって大変なのよ。何も悪い事をしていないのにね。 70代の私は子育てに忙殺されることは無いですからね。こういう場に来たくても来られない人たちの話を良く聴いて、代弁出来れば良いなと思っています」
避難者たちは何も悪い事はしていない。自分の身体、わが子の命を守ろうとしているだけ。住宅の無償提供継続も、ぜいたくな要求ではない。原発事故さえ無 ければ、こうして福島を離れる必要は無かった。会社員やカップルであふれる駅頭で冷笑を浴びる事も無かった。「私だって好きで人前で話しているわけでは無 いんですよ」。通り過ぎる人々に「とりあえず立ち止まって私の話を聴いてください」と呼びかけた母親は苦笑した。先の河井さんもこう語る。

 「悪い事はしていないと自分に言い聞かせるためにも、堂々としていたい」

全文は【住宅提供打ち切り】「私だって声をあげたい。でも仕事や子どもが…」~迫る切り捨て、募る母親の葛藤 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


‘I Do Not Want Any Children to Develop Cancer Like Me’, a Fukushima Resident Says via Global Voices

Independent filmmaker Ian Thomas Ash has uploaded to YouTube a four-part interview with a young woman from Fukushima Prefecture who has been diagnosed with thyroid cancer. Now 20, the interviewee was 15 years old when, following the March 2011 earthquake and tsunami, the Fukushima Daiichi nuclear power complex lost power and the ability to cool fuel in the reactors. The lack of cooling caused a series of hydrogen explosions that severely damaged four of the six reactors at the Daiichi complex.

As a result of the explosions and subsequent fires, nuclear contamination was spread over a large part of Japan’s northeast. The young woman interviewed in the documentary, who wishes to remain unidentified, is one of 166 Fukushima residents who were 18 or younger at the time of the nuclear disaster who have been diagnosed with or suspected of having thyroid cancer (as of February 2016).

While some attribute the rise in cases of thyroid cancer to more rigorous screening, Ash notes that 74.5% of young people aged 18-21 as of April 1, 2014 who were living in Fukushima at the time of the nuclear accident have not yet taken part in the official thyroid ultrasound examination.

[…]

The interview has been uploaded to YouTube in four parts: part 1, part 2, part 3, part 4.

Read more at ‘I Do Not Want Any Children to Develop Cancer Like Me’, a Fukushima Resident Says

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


Nuclear America: Special Report via RT

From the Hanford Site in Washington state to Indian Point in New York, the disastrous conditions at America’s nuclear facilities has been raising concerns over the last year. RT America takes a close look at the state of US’s nukes.

Watch the video at  Nuclear America: Special Report

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


「漁業が死んでしまう」=トリチウム放出に反対-福島県漁連 via 時事ドットコム

 トリチウム水の海洋放出について、福島県漁業協同組合連合会(県漁連)の鈴木哲二専務理事は27日、「まさに汚染水。万一海に流すことになったら福島県の漁業が死んでしまう」と述べ、強く反対する考えを示した。

福島県内の漁業者は、東京電力福島第1原発事故の発生を受けて操業を自粛。1年余りたった2012年6月、試験操業の形で再開した。県漁連は現在、第1原発から20キロ圏内としてきた漁業自粛海域を10キロまで縮小することを検討している。

続きは「漁業が死んでしまう」=トリチウム放出に反対-福島県漁連

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


新潟県 福島の原発避難者に支援策 転居費や家賃補助など via 日本経済新聞

 新潟県は26日、東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う県内への自主避難者の支援策を発表した。公営住宅への転居費用などを補助する。福島県は県内外への自主避難者を対象にした借り上げ住宅の無償提供を原則2017年3月で打ち切る方針。無償提供終了後も新潟県で生活ができるよう避難者を支援する。

 県営や市営住宅に移転する世帯に対して5万円を上限に転居費を補助する。子どもの学区変更を伴うため公営住宅への移転ができない世帯については、民間住宅の家賃を一律1万円補助する。福島県は無償となる住宅支援策の代わりに17年1月から18年3月にかけて、月額3万円を上限に家賃を補助する予定。新潟県の補助と合わせて計4万円の支援が受けられることになる。
[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , .