Skip to content


Bill to label nuclear energy as renewable stalls via New Mexico Political Report

A bill aimed at classifying nuclear power as a renewable energy source in New Mexico stalled Thursday afternoon in committee on a tie vote.

House Bill 406, sponsored by Rep. Cathrynn Brown, R-Carlsbad, would have amended the state’s Renewable Energy Act, which requires energy companies provide a certain amount of electricity from renewable sources.

Brown told the House Energy, Environment and Natural Resources Committee she didn’t know of any definite plans to bring nuclear power plants to the state, but that she wanted to broaden the options for a “baseload power” to replace coal or gas. Currently, Brown argued, wind and solar energy can only serve as “intermittent” power.

“Unless we can get the wind to blow 24 hours a day and the sun to shine day and night, we’re still going to have those intermittent sources,” Brown said.

[…]

Rep. Joanne Ferrary, D-Las Cruces, said she supports looking for new options for power, but is concerned about possibly abandoning energy currently identified as renewable.

“I think it is really dangerous because we lose that motivation to keep using more of solar and geothermal [energy],” Ferrary said, later mentioning wind energy.

Committee Chair Matthew McQueen, D-Galisteo, said he was concerned that  the bill might affect the state’s renewable portfolio standard, which requires a certain amount of energy come renewable resources and came up frequently during the meeting.

Brown argued that many consumers care less about renewable energy and more about cost and availability.

“All they care about is when they need light in their house it’s there when they need it,” Brown said. “They wouldn’t get much out of the discussion today.”

The party line, tie vote essentially ensured the bill will not move forward.

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .


「安全」と質問打ち切り 玄海町議会が再稼働同意 反原発団体「民主的でない」 [佐賀県] via 西日本新聞

九州電力玄海原発3、4号機の再稼働への「同意」を可決した24日の玄海町議会原子力対策特別委員会では「安全対策には何ら問題ない」「資源のない日本には原子力が必要」などと早期再稼働を求める声が相次いだ。一方、再稼働に反対する共産党議員の質問は途中で打ち切られ、反原発派は「民主的ではない」と非難の声を上げた。

特別委では、九電による安全対策の説明の後に質疑に入り、中山昭和議員は「原発停止による燃料費増加分が膨らんでおり、再稼働には賛成」と表明。友田国弘議員も「新規制基準への適合で、事故による被ばくの危険性がほとんどないと分かった」と述べた。

共産党の藤浦晧議員が使用済み核燃料の問題を取り上げ「最終処分場がどうなるか四十数年間、聞いてきたが、めどが立っていない。九電は討論会を開くべきではないか」と追及すると、岩下孝嗣委員長は「3、4号機の安全対策を議論している。答弁の必要はない」と質疑を打ち切った。

[…]

岩下委員長は質問打ち切りについて「今日は原発の運転で事故が起きないか議論する場だ」と釈明したが、傍聴した佐賀市の住民団体「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」の石丸初美代表は「新基準を信じ切るばかりで、福島原発事故以前のような考えに戻っている。委員会では質問も遮って、議会制民主主義さえ機能していない」と批判を強めた。

[…]

 

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


柏崎刈羽原発 免震棟、東電説明に不快感 市長「再稼働認めぬ可能性」via産経新聞

東京電力ホールディングス新潟本社の木村公一代表は23日、柏崎刈羽原発が立地する柏崎市の桜井雅浩市長と刈羽村の品田宏夫村長を訪ね、同原発の免震重要棟の耐震性が不足する問題について説明した。面談後、桜井市長は同原発の再稼働を認めない可能性を記者団に示唆し、不快感をあらわにした。

東電は再稼働を目指している柏崎刈羽原発6、7号機に関する原子力規制委員会の審査会合で、重大事故時の対応拠点としていた免震棟の耐震性が不足するとの社内データがありながら異なる説明を続けていた。

面談で、桜井市長は「非常に誤解を生み信頼を損ねる問題だ」と述べ、木村代表に真相解明と企業体質の改善を求めた上で「野球だとスリーアウトでチェンジだ」と“終わり”に近い事態だと厳しく指摘した。

一方、品田村長は「説明を尽くしてほしい」と述べ、情報開示の在り方に不満を指摘しながらも、安全性には大きな問題がないとの考えを示した。

[…]

 

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


<脱原発 東北の群像>悔恨 それでも訴える via 河北新報

 東北で反原発運動に人生をささげ、警告を発し続けてきた人々がいる。福島第1原発事故は、その「予言」を現実のものにする一方、運動が積み重ねてきた敗北の歴史も浮き彫りにした。事故から間もなく6年。国が原発再稼働を推し進める中、彼らは何を感じ、どう行動するのか。(報道部・村上浩康)

(略)

石丸小四郎さん(74)は避難先の福島県いわき市で、今も無力感と悔恨を抱える。東京電力福島第1原発1号機が稼働した翌年の1972年、旧社会党を中心に結成した双葉地方原発反対同盟の代表。自宅がある福島県富岡町は全町避難が続く。

(略)

1号機が東北で最初に稼働した後も少数派の苦闘は続き、計10基が立地する原発県となった。一坪地主運動などで粘り強く闘った東北電力浪江・小高原発が最終的に計画撤回となったことは、小さな救いだ。
石丸さんも年を重ねた。一時体調を崩した。が、バトンは渡せずにいる。「原発反対とは、苦労が多く喜びのないものだった。一緒にやろうと言えなかった。俺自身の駄目なところだ」
石丸さんは今、講演などで原子力の存在が持つ罪深さを訴える。過疎地と電力消費地。原発マネー。労働被ばく。事故はさらに、放射能汚染や賠償金、自主避難と帰還、低線量被ばくを巡る認識など、被害者同士にさえ分断を生んだ。
「原発をなくすため最後の人生を懸ける」。石丸さんの闘いは終わらない。

<困難さ実感>
福島原発告訴団団長の武藤類子さん(63)=福島県三春町=は、副団長の石丸さんらと共に東電旧経営陣の刑事責任を追及する。「事故の責任が問われ、償われることが、原発を止める一つの方法になる」と話す。
国は帰還政策を急ぐ。事故や被害者を消し去る行為に見える。心の中の不安、不満、反対を口に出し続けていくことが、難しくなってきていると感じる。
武藤さんは、86年のチェルノブイリ原発事故をきっかけに、友人と小さなグループを立ち上げた。当時、女性が主な担い手となり「反原発ニューウエーブ」と呼ばれた世代に当たる。
「政党や労組みたいな古い組織が嫌でやってきたけど…。私たちも自己犠牲で頑張ってしまう世代。古くなりつつあると思う」
事故後、県内外に無数に誕生した市民団体は、多くが自然消滅していった。運動の盛衰を知るだけに、仕方がないとは思う。

全文は<脱原発 東北の群像>悔恨 それでも訴える

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


<福島除染>バブル消えても残る作業員 via 河北新報

東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の主な除染事業が帰還困難区域を除き、本年度でほぼ終了する。2兆円を超える予算が投じられ、従事者は最大3万5000人に上った。「除染バブル」は消えてもなお、同区域などに残る高賃金の仕事を求める人がいる。作業員の男性を取材した。

<月収40万円超も>
大阪市出身の除染作業員工藤成人さん(62)は2月に入り、福島市のネットカフェで寝泊まりする生活を抜け出した。双葉町で働き口が見つかり、従業員寮で暮らせるようになった。
昨年11月に前の会社との契約が切れて退寮。アパートを探したが、全て断られた。「『除染やってます』言うたら貸してくれへん。ほんま難民やった」

(略)

<給料未払い経験>
特殊な技術や多額の設備投資が要らない除染事業は、受注企業にもうまみがあった。1次下請けだった北関東の企業幹部は「元請けから支払われる金の約4割が利益になった」と証言する。
多種多様な企業が県内外から参入し、賃金の未払いやずさんな安全管理などが横行した。
「ピンハネはまだましな方。給料未払いのまま社長に行方をくらまされたこともある」と工藤さん。手抜き除染をした業者の尻拭いをさせられた経験もある。

(略)

だが、除染バブルは急速にしぼんだ。工藤さんのネットカフェ暮らしは3カ月近くに上った。
それでも大阪に戻らなかったのは、別れた妻に高校生の子どもの養育費として月15万円を支払うため。新たに除染作業員として働く双葉町は、帰還困難区域が町内の大半を占める。
「賃金の高い除染の仕事を経験したら元の仕事には戻りにくい。そういう人は多いんとちゃうんか」(福島総局・藤井宏匡)

全文は<福島除染>バブル消えても残る作業員

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


原発での被爆、2万人追跡 作業員に全国で無料検診 via 日本経済新聞

6年前の東京電力福島第1原子力発電所の事故後、緊急作業に従事した約2万人の健康状態について、広島の被爆者の疫学調査を続けてきた「放射線影響研究所(放影研)」が追跡調査にあたっている。作業員の所在を確認しながら状況を聞き取る地道な調査。関係者は「被曝(ひばく)の長期的な影響を解明することにつながる」と意義を強調する。

追跡調査の「基本台帳」となるのは厚生労働省が作成した作業員のデータベース(DB)。記載された住所に手紙を送付し調査への協力を呼びかけるが、担当者は「避難や転勤などで当時の居住地を離れている人が多く、連絡を取るのも一苦労」と明かす。DB上の住所が一時的に滞在したホテルだったケースもあるという。

調査の目的は作業員の被曝線量を推定し、甲状腺などのがんの罹患(りかん)状況との関係を長期的に研究すること。特異な環境下での心理的影響の解明も目指すという。大阪大、虎の門病院(東京)、日本原子力研究開発機構など全国10の大学や医療・研究機関が協力する。

放射線が人体に及ぼす影響を解き明かし、作業員の健康管理にも役立つ取り組みだが、調査は簡単には進まない。約8千人とは今も連絡が取れず、放影研は対応を検討中だ。

連絡先が判明しても緊急作業に携わった事実を家族に隠しており「東電」「原発」などの文字が記載された封書の送付を嫌がる人もいた。

さらに事故から時間が経過したことによる課題もある。放影研の大久保利晃顧問研究員は「混乱を極めた作業現場で残されたDBの被曝線量記録は慎重に精査しなければならない」と指摘する。事故直後は線量計が行き渡らず、同じ現場の作業員の被曝線量を記入したり、作業を続けるため線量計を鉛で覆ってごまかしたりした可能性も排除できないという。

(略)

47都道府県に散らばっている作業員を一人でも多く対象に加え、健康への影響を継続的に調べるため、放影研は各地の医療機関との連携体制を強化する。これまでに東京都の7施設、福島県の5施設をはじめ全国70カ所で無料の健康診断を実施できる体制を整えた。

健診は2015年1月に始まり、今年1月末までに2562人が受診。3年に1度を目安に受診してもらい、経年による健康状況の変化を確認していくという。受診率向上のため、最寄りの医療機関までの交通費を支給するほか、現在の勤務先の定期健診として代用できるよう企業にも働きかけている。

受診者から採取した血液は放影研の専用設備に入れ、マイナス80度の環境下で半永久的に保存。疫学研究に役立てる。

全文は原発での被爆、2万人追跡 作業員に全国で無料検診

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


Japan says Fukushima residents can return home, despite NGO report warning of high radiation level via Fox News World

Anzai and the rest of the some 6,000 people who once called the village – located about 24 miles northwest of the doomed nuclear power plant – home were told that the evacuation orders were to be lifted by the end of March as the government has completed its decontamination work and reduced the average radiation level in the air to 0.8 microsieverts (µSv/h) per hour – a level deemed by international organizations as safe for human life.

Alongside lifting the evacuation order, the Japanese government also noted that it will end compensation payments to the former residents of Iitate after a year from when an area is declared safe again to live in.

The government’s announcement, however, has been met with skepticism from Iitate’s former residents and widespread criticism from environmental activists and radiation experts around the world. They say that Japan has based its policies not on any interest in public health but on undoing the financial burden of compensation and creating a false reality that life in the Fukushima prefecture is back to normal.

[…]

he Japanese government has set a long-term decontamination target of 0.23 µSv/h, which would give a dose of 1 millisievert (mSv) per year, or the maximum limit recommended by the International Commission on Radiological Protection. The sievert is a derived unit that measures the health effect of low levels of ionizing radiation on the human body.

Greenpeace measurements outside on Anzai’s house, however, found that level to be 0.7µSv/h, which would equal 2.5 mSv per year. Inside his home the numbers were even higher, with values coming in at a range between 5.1 to 10.4 mSv per year.

[…]

The radiation levels, experts contend, are even more dangerous outside of the village and the area the government has allegedly decontaminated. Iitate is primarily an agricultural community and 75 percent of the 77-square-mile area is mountainous forest, where Greenpeace contends that radiation levels are comparable to the exclusion zone around Chernobyl.

That means that anyone taking a walk through the woods or even eating something grown in supposedly decontaminated land is at greater risk for a high level of radiation exposure.

[…]

Greenpeace is demanding that the Japanese government provide full compensation payments to residents of Fukushima prefecture and continue measuring the radiation levels so that people can decide on their own when they want to return.

Outside observers argue that the Japanese government doesn’t have many options if they really hope to protect their citizens from high levels of radiation.

Read more at Japan says Fukushima residents can return home, despite NGO report warning of high radiation level

Posted in *English.

Tagged with , , , .


Pics from Fukushima robots not enough to devise fuel-removal plan for reactor 2: Tepco via The Japan Times

 
While a recent investigation found what may be melted nuclear fuel rods in reactor No. 2 containment vessel at the Fukushima No. 1 plant, that information isn’t nearly enough to devise an effective method for removing it, the chief of the plant told reporters during a media tour Thursday.
 
[…]

Last month, the utility inserted a 10.5-meter rod with a camera on its tip into a hole in the No. 2 reactor’s primary containment vessel and discovered black lumps sticking to the grating directly underneath the suspended pressure vessel, which holds the core.

Tepco claims it is still unsure whether the lumps are really melted fuel that burned through the bottom of the pressure vessel. Although it is still years away from actually trying to remove the fuel, Tepco, the government and related parties are planning to decide on a basic strategy this summer and go into more detail next year.

[…]

Engineers are playing with the idea of refilling the primary containment vessel with water during debris cleanup operations to reduce the intensity of the radiation, but since the PCV was probably damaged during the meltdown crisis in March 2011, the water that’s being pumped in 24/7 to keep the fuel cool is just leaking back out.

According to past analyses, some of the melted fuel rods penetrated the pressure vessel and fell into the containment vessel surrounding it after the March 11 quake and tsunami caused a station blackout at the plant, crippling all cooling functions.

Posted in *English.

Tagged with , , , .


放射性物資の「ヨウ素131」、欧州全域で突然検出量が増加・発生源は不明 via NewsInWorld

半減期は8日の放射性物質のヨウ素131(Iodine-131)が先月から欧州全域で検出される状況となっていることが、フランス国営の放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)の発表で明らかとなった。

このヨウ素131の発生源については不明となっているが、北欧かロシアで運営されている原発から漏れ出てきたものではなないかといった観測も生じている。

現状、欧州各国で検出されているヨウ素131の放射線量は、健康に影響を及ぼすレベルには達してはいないが、先週になってから突然、米空軍が運用している放射線検出用の専用機「WC-135」がイギリスのRAF Mildenhall基地に飛来してきたことが、theaviationist.comの記事で明らかとなっており、WC-135の欧州配備は、先月以来、欧州各国で検出されているヨウ素131と何らかの関係があるとの見方を誘っている。

続きは放射性物資の「ヨウ素131」、欧州全域で突然検出量が増加・発生源は不明

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


A Preventable Nuclear Threat You Most Likely Don’t Know About via National Geographic

Vilnius, Lithuania–A tiny European country at the edge of the western world worries that it is in the path of what could be the next Chernobyl-level disaster. The government of Lithuania fears a Russian nuclear reactor under construction in its eastern neighbor, Belarus, poses a risk to security to the entire Baltic region. The controversial plant will operate near the town of Astravets, 100 miles from the capital and largest city in the Republic of Belarus, Minsk, but only 20 miles from Lithuania’s capital Vilnius.

I spent some time with Lithuanian diplomats and officials last fall to research this issue. They have called Belarus’s practices irresponsible, and have gone so far as to accuse Russia of blatant geopolitics in an attempt to gain more energy dominance within the EU. Pravda, a Russian state media outlet, has made no secret of this, and stated this plant will be managed by a joint venture between Belarus and Russia to provide energy to the EU.

What you need to know:

  • One fifth of Belarus was contaminated from the Chernobyl nuclear accident in 1986.
  • According to Lithuanian officials, there have been six reported accidents at the Astravets site that have leaked to the press, including two deaths, and the fall of the reactor case
  • According to Lithuania, Belarus authorities did not report these accidents until after the reports leaked.

Nuclear power is a sore subject in a region still contaminated by radioactive fallout.  “Many people will never forget that April weekend when the Chernobyl reactor exploded,” explained Auste Valinciute, a Ph.D candidate at the Vilnius University, whose research focuses on the dissemination of public health information.

“Due to the culture of secrecy that prevailed in the Soviet era, people were not informed about the disaster for several days,” Valinciute told me. “So instead of staying indoors to minimize their exposure to the radioactive Chernobyl cloud, they went about their daily lives as if nothing had happened:  They ran errands, went to the market to buy food. Children played in the streets.”

Since construction was announced in 2011, the Astravets reactor has been plagued by a series of accidents—including the deaths of contractors, and the fall of the 330-ton reactor casing from a height of four meters.

[…]

Contingency plans are being drawn up now in case the worst happens. If the nuclear plant reached core meltdown, a third of the Lithuanian population, including the most populated city of Vilnius with over 1 million, would face evacuation.

Multiple offices within the Belarusian government did not respond to requests for comment.  The first reactor is expected to be operational in 2019. The second could be operational in 2020.

 

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , .