Skip to content


原子力規制委が検査見直しへ IAEAの指摘受け via NHK News Web

原子力規制委員会は、IAEA=国際原子力機関から「検査制度の改善が必要」と指摘されたことを受けて、原発の検査の際の事前の通告を止めたり、検査の重点項目をみずから決めたりする形で見直しを進めることを決めました。

原発の検査は、四半期に1回、主に保守管理や点検方法の確認を行う「保安検査」と、原則13か月に1回、主に設備面の確認を行う「定期検査」などがありますが、いずれも時期や項目が細かく法律で定められています。
こ れについて原子力規制委員会は、ことし1月にIAEAの調査を受けた際、「原発の検査の実効性を高めることが必要だ」と指摘されました。このため規制委員 会は、25日の会合で検査制度の見直しを進めることを決め、このうち「保安検査」については、電力会社に事前に通告して法律で決められた検査項目を確認し ている現在の方式を改め、事前の通告なしにいつでも検査でき、重点項目も検査官が決める形に改める方針です。

続きは原子力規制委が検査見直しへ IAEAの指摘受け

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


志賀原発1号機「活断層と解釈が合理的」規制委に報告書 via 朝日新聞

原子力規制委員会は27日、北陸電力志賀(しか)原発1号機(石川県)の原子炉建屋直下の断層について、「活断層と解釈するのが合理的」とした有識者会合の報告を受理した。規制委は「重要な知見」として扱う。新規制基準は活断層の上に重要施設の設置を認めていない。北陸電は活断層でないと主張しているが、結論を覆せなければ1号機は廃炉を迫られる。

有識者会合は規制委の石渡明委員と活断層に詳しい外部専門家4人からなる。別の専門家の検証も踏まえて、「活断層の可能性は否定できない」とした昨夏の報告書案の表現を修正して結論をまとめた。活断層かどうかは、規制委が新基準に基づく審査の場で最終的に判断する。原子炉建屋直下の活断層の可能性を認める報告が受理されたのは、日本原子力発電敦賀2号機(福井県)に次いで2例目。

(略)

北陸電は「事実誤認がある」などとして否定しており、すでに再稼働に向けた審査を申請している2号機の審査の場で争う考え。1号機も申請をめざすという。規制委は、敷地内のボーリング調査や周辺の断層の調査など追加データの提出を求め、最終的に判断する。(北林晃治)

敦賀原発2号機、活断層と結論

一方、日本原子力発電の敦賀2号機について有識者会合は、2013年5月に原子炉建屋直下の断層を活断層と結論づけた。日本原電は追加調査を行い、再評価を求めたが、15年3月、「活断層の可能性がある」と改めて認定した有識者会合の報告書を、規制委が受理した。日本原電は同年11月に活断層ではないとして2号機の再稼働を目指して規制委に審査を申請。審査が続いている。

全文は志賀原発1号機「活断層と解釈が合理的」規制委に報告書

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


Nuclear regulator accepts that fault below Ishikawa reactor is active via The Mainichi

TOKYO (Kyodo) — The nuclear safety body said Wednesday that it accepted the conclusion by geological experts that a fault below a reactor at Hokuriku Electric Power Co.’s Shika nuclear plant in central Japan may be active, a decision that could lead to scrapping of the unit.

The experts on a panel under the Nuclear Regulation Authority concluded in March that the possibility cannot be ruled out that a fault right below the No. 1 reactor at the Shika plant in Ishikawa Prefecture on the Sea of Japan coast is active.

Continue reading at Nuclear regulator accepts that fault below Ishikawa reactor is active

Posted in *English.

Tagged with , , , .


At Chernobyl and Fukushima, radioactivity has seriously harmed wildlife via Conversation

The largest nuclear disaster in history occurred 30 years ago at the Chernobyl Nuclear Power Plant in what was then the Soviet Union. The meltdown, explosions and nuclear fire that burned for 10 days injected enormous quantities of radioactivity into the atmosphere and contaminated vast areas of Europe and Eurasia. The International Atomic Energy Agency estimates that Chernobyl released 400 times more radioactivity into the atmosphere than the bomb dropped on Hiroshima in 1945.

Radioactive cesium from Chernobyl can still be detected in some food products today. And in parts of central, eastern and northern Europe many animals, plants and mushrooms still contain so much radioactivity that they are unsafe for human consumption.

The first atomic bomb exploded at Alamogordo, New Mexico more than 70 years ago. Since then, more than 2,000 atomic bombs have been tested, injecting radioactive materials into the atmosphere. And over 200 small and large accidents have occurred at nuclear facilities. But experts and advocacy groups are still fiercely debating the health and environmental consequences of radioactivity.

However, in the past decade population biologists have made considerable progress in documenting how radioactivity affects plants, animals and microbes. My colleagues and I have analyzed these impacts at Chernobyl, Fukushima and naturally radioactive regions of the planet.

[…]

Broad impacts at Chernobyl

Radiation exposure has caused genetic damage and increased mutation rates in many organisms in the Chernobyl region. So far, we have found little convincing evidence that many organisms there are evolving to become more resistant to radiation.

Organisms’ evolutionary history may play a large role in determining how vulnerable they are to radiation. In our studies, species that have historically shown high mutation rates, such as the barn swallow (Hirundo rustica), the icterine warbler (Hippolais icterina) and the Eurasian blackcap (Sylvia atricapilla), are among the most likely to show population declines in Chernobyl. Our hypothesis is that species differ in their ability to repair DNA, and this affects both DNA substitution rates and susceptibility to radiation from Chernobyl.

Much like human survivors of the Hiroshima and Nagasaki atomic bombs, birds and mammals at Chernobyl have cataracts in their eyes and smaller brains. These are direct consequences of exposure to ionizing radiation in air, water and food. Like some cancer patients undergoing radiation therapy, many of the birds have malformed sperm. In the most radioactive areas, up to 40 percent of male birds are completely sterile, with no sperm or just a few dead sperm in their reproductive tracts during the breeding season.

Tumors, presumably cancerous, are obvious on some birds in high-radiation areas. So are developmental abnormalities in some plants and insects.

[…]

Parallels at Fukushima

Recently we have tested the validity of our Chernobyl studies by repeating them in Fukushima, Japan. The 2011 power loss and core meltdown at three nuclear reactors there released about one-tenth as much radioactive material as the Chernobyl disaster.

Overall, we have found similar patterns of declines in abundance and diversity of birds, although some species are more sensitive to radiation than others. We have also found declines in some insects, such as butterflies, which may reflect the accumulation of harmful mutations over multiple generations.

Our most recent studies at Fukushima have benefited from more sophisticated analyses of radiation doses received by animals. In our most recent paper, we teamed up with radioecologists to reconstruct the doses received by about 7,000 birds. The parallels we have found between Chernobyl and Fukushima provide strong evidence that radiation is the underlying cause of the effects we have observed in both locations.

[…]

There are currently more than 400 nuclear reactors in operation around the world, with 65 new ones under construction and another 165 on order or planned. All operating nuclear power plants are generating large quantities of nuclear waste that will need to be stored for thousands of years to come. Given this, and the probability of future accidents or nuclear terrorism, it is important that scientists learn as much as possible about the effects of these contaminants in the environment, both for remediation of the effects of future incidents and for evidenced-based risk assessment and energy policy development.

Posted in *English.

Tagged with , , , , , .


Exiled scientist: ‘Chernobyl is not finished, it has only just begun’ via USA Today

Yury Bandazhevsky, 59, was the first scientist in Belarus to establish an institute to study Chernobyl’s impact on people’s health, particularly children, near the city of Gomel, about 120 miles over the border from Ukraine. He was arrested in Belarus in 1999 and sentenced to eight years in prison for allegedly taking bribes from parents trying to get their children admitted to his Gomel State Medical Institute. He denied the charges.

The National Academy of Sciences and Amnesty International say he was detained for his outspoken criticism of Belarus’ public health policies following the nuclear disaster. He was released in 2005 and given French citizenship, after rights groups took up his case along with the European Union, Britain, France and Germany. He now runs a medical and rehabilitation center outside Kiev dedicated to studying and caring for Chernobyl’s victims.
When I arrived in Ukraine in 2009, I did not find any serious objective source of information about the state of health of the children and people in the Ivankiv and Polesskiy regions (two areas that neighbor Chernobyl). There was no interest. We have now examined about 4,000 second-generation children and most of them have serious problems with their cardiovascular systems. I was starting to see the same thing in Belarus before I left. I am especially disturbed by irregularities I see in teenagers, in particular boys ages 12-17.

Around 80% of them have much too high a level of (an amino acid) called homocysteine, which is a recognized marker of heart disease. We have found very serious changes to the hormone levels of 45% of the children. Some Western scientists don’t agree with this because there is no specific marker to prove that this is an impact from Chernobyl. Yet these scientists come here only in small expeditions and they don’t have access to any sources.

[…]
Several million people in Ukraine live on land contaminated by radiation, so we need to evaluate a very large number of people. But there are no such projects. You have to live among the people here to truly understand what is happening, because the problem is very complicated. I have even tried to send interested people to the cemetery in Ivankiv so they can see for themselves how many graves are there — many who died at a very young age. None of this is in the official statistics.
[…]
I don’t have any objective information about what is happening now with the health of children in Belarus. Everything is closed. The government says, ‘Everything’s OK, everything’s OK.’ But I get telephone calls from people in Gomel and they tell me that many of the children we were observing before I left have died. They were of different ages: 6, 12, 14. I will never forget appearing on television in Belarus with the president (Alexander Lukashenko). I was saying we were seeing very serious problems in children because of radiation, while he was saying ‘Everything’s OK.’ But I can’t touch this, because I can’t go there, or work there.

For me, the problem of Chernobyl is not finished, it has only just begun.

I am very much afraid that in one or two generations from now, the (descendants) of the population of Belarus and Ukraine that were affected by Chernobyl will vanish. I am afraid of that very much. I don’t want my countrymen to perish. It’s possible that help from the international community to understand what is going on is needed now, just as much as it was immediately after the accident.

Read more.

Posted in *English.

Tagged with , , , , , , .


NHK籾井会長が地震報道で「原発は公式発表以外報道するな」と指示! 震度表示地図から川内原発のある鹿児島が… via LITERA

やっぱり地震報道は歪められていた。NHKで、籾井勝人会長が熊本大地震の原発への影響について、“政府の公式発表以外は報道しないように”と指示していたことが判明したのだ。

今月4月23日付の毎日新聞によれば、20日、NHK放送センターで開かれた震災対策本部会議で、籾井会長は「原発については、住民の不安をいたずらにかき立てないよう、公式発表をベースに伝えることを続けてほしい」と発言したという。

つまり、被災現場に近い原発の報道に関し、頻発する地震と原発の問題を懸念する地元住人や識者のコメントなど“独自に取材した情報”ではなく、あくまで政府や行政の“発表”や“方針”だけを報じろ、と指示したわけだ。

しかも、籾井会長の“指示”はそれだけではなかった。籾井会長はくわえて、「食料などは地元自治体に配分の力が伴わないなどの問題があったが、自 衛隊が入ってきて届くようになってきているので、そうした状況も含めて物資の供給などをきめ細かく報じてもらいたい」という指示まで行っているのだ。

熊本大地震で懸念される原発への不安や危険性を封じ込め、一方で救援物資は自衛隊によって十分届いていると安全、安心をアピールする。これは被災した人びとの窮状の実態は放り出し、政府にとって都合の良いことだけを報道すると宣言したに等しい。

このように大本営発表だけが流され、しかも政府に都合の良い報道だけが行われたら、一体どうなってしまうのか。2011年、福島第一原発で事故が 発生した際、原発広告漬けのメディアは根拠もない安全神話を垂れ流しつづけたが、実際は故・吉田昌郎所長の調書が示していたように「東日本壊滅を覚悟す る」ところまで深刻化していた。ひとたび原発で事故が起これば、多くの命が危険に晒されるのだ。

(略)

川内原発近辺の活断層や愛媛県の伊方原発付近で中央構造線が大きく動くことも十分ありうることで、先の専門家からは具体的にその可能性が心配されている。

ところが、籾井会長はこれらの問題に一切触れるな、「川内原発は地震の影響はない」という電力会社と政府の“PR”や“意向”を垂れ流しつづけろ、人びとの命よりも政権を守ることのほうが重要だ、というのである。

この籾井発言は、まさしく公共放送の責任放棄というほかに言いようがない。籾井氏といえば会長就任時の記者会見で「政府が右と言うのを左と言うわけにはいかない」と信じがたい見解をあきらかにし、その後、NHKの報道は政権批判を封印。そして今回、政権のPRチャンネルであることを裏づける指示を公言したというわけだ。

だが、こうした籾井会長の宣言以前から、すでにネット上ではNHKの震災報道に疑問の目が向けられていた。そのひとつが、地震発生後に出された震度速報の不自然な“地図のトリミング”だ。

最初の地震が発生したのは14日の21時26分頃だが、その瞬間、NHKでは『ニュースウオッチ9』が放送中だった。番組では、まず緊急地震速報 が画面に表示され、つづけて「熊本地方が震度7」ということが判明、それを伝えたのだが、なぜか画面に映し出された地図は鹿児島県の上部から下がカットさ れた不自然なものだった。そのため、宮崎県南部あたりに表示されていた震度3という数字も半分が切れており、鹿児島県は震度さえ表示されなかった。

ちなみに、同時間帯に地震報道に切り替えた日本テレビの場合、鹿児島県薩摩が震度4、宮崎県南部平野部が震度3だと地図上に表示して伝えている。

NHKはその後、紀伊半島までの震度が表示された広域地図を出し、詳細な震度を伝えたが、しばらくするとまた再び最初と同じ地図に変更。4月16日未明の“本震”発生直後も同じ不自然な地図を使用し、またしても鹿児島県の震度は地図上に表示されなかった。

なぜ、NHKは鹿児島県の震度を地図で伝えなかったのか。いや、なぜ鹿児島県上部までしか入っていない地図だったのか。──ひとつわかることは、 地図がトリミングで切られたそのすぐ下に、薩摩川内市が位置するということ。言うまでもなく、その場所には日本で唯一再稼働中の川内原発が建っている。

全文はNHK籾井会長が地震報道で「原発は公式発表以外報道するな」と指示! 震度表示地図から川内原発のある鹿児島が…

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


原発事故の“不都合な”因果関係…国の“強制帰還策”で福島の甲状腺がんは激増する!? via 週プレNEWS

福島県で多発する甲状腺がん。福島原発事故後に県が始めた検査で、現在までに甲状腺がんかその疑いがあると診断された人は166人に上る。通常(100万人に年2~3人程度)の146倍~200倍という高い発症率だ。

県は現在も放射線被曝(ひばく)との因果関係を認めていないが、果たして…? 前編記事(「福島で多発する甲状腺がんと原発事故の“不都合な”因果関係」)に続き、福島の甲状腺がんが原発事故由来なのかどうかを徹底検証するーー。

県民の甲状腺検査を行なう、福島県「県民健康調査」検討委員会(以下、検討委)は、甲状腺がんの発症と放射線被曝の因果関係を認めない理由のひとつに、「チェルノブイリと比べて(原発事故)当時5歳以下からの甲状腺がんの発見がない」ことを挙げる。

だが、この点についてロシア研究家の尾松亮(おまつりょう)氏は「チェルノブイリの状況は今の福島と似ている」と指摘する。

「ロシアで事故時0~5歳の層に甲状腺がんが目立って増えたのは、事故の約10年後からでした。事故直後から増加が見られたのは事故時に15~19 歳の子供で、この年代は5年後あたりから甲状腺がんが目立って増えています。ウクライナ政府の報告書でも、事故から5年くらいの間は0歳から14歳の層に 顕著な増加は見られず、15歳から18歳の層に増えました。つまり、ここだけを見れば、むしろ福島の今の状況との類似性が目立つのです」

尾松氏の指摘の根拠は、2011年にロシア政府が発行した「ロシアにおける事故被害克服の総括と展望」と呼ばれる報告書に基づいている。

検討委が開いた2月の会見でも、このロシア政府報告書についての質問が出た。だが委員から出た答えは「読んでいない」だった。(甲状腺がんの発症と放射線被ばくの因果関係は考えにくいとする理由として検討委が挙げている)「チェルノブイリ事故に比べて被曝線量が少ない」という点に関しても、福島の事故当時に県民の甲状腺への被曝量をきちんと測定できたのか疑問が残る。

弘前大学の床次眞司(とこなみしんじ)教授は、2011年の4月11日から16日まで浪江町や福島市で62人の甲状腺被曝調査を行なった。しかし県の職員から「それ以上の検査は不安をあおる」として止められ、被曝量のデータが集まらなかった。放射性ヨウ素131は半減期が8日と短く、今となっては、測定することは不可能だ。

(略)

安定ヨウ素剤の服用基準は日本では年齢に関係なく、「被曝量」100mSv(ミリシーベルト)だった。しかし、アメリカやフランスなどでは18歳以 下は50mSv。国際原子力機関も2011年6月に服用基準を100mSvから50mSvに下げた。チェルノブイリ原発事故で約50mSvの被曝でも甲状 腺がんが増えたためだ。

そのため日本も50mSvに下げることを決めている。床次氏が調べた65人の分析結果では、5人の被曝量がこの50mSvを超えていた。検査を止め られなければ、被曝の実態がより明らかになったことは間違いない。福島では甲状腺がんが多発している上に、このようなデータも明らかになってきているた め、被曝との影響は考えにくいとする検討委の中でも、ここにきて委員間の認識の相違が目立ち始めている。

前出の床次教授は、原発事故直後の福島で測定できた数少ない甲状腺被曝の測定結果をもとに、福島はチェルノブイリよりも被曝量が低かったとした。だ が、甲状腺がんと診断された人たちの被爆量をきちんと測っていないのに、この測定結果から甲状腺がん多発は放射線の影響とは考えにくいとする検討委の方向 性に、最近の報道番組のインタビューの中で疑問を投げかける見解を示した。

(略)

それでも検討委や甲状腺検査を行なう福島県立医大は、一向に放射線との関連を認める気配を見せない。そのため、本当のことを知りたい患者同士が情報交換や政治などへの働きかけを目的として「311甲状腺がん家族の会」を3月に発足させた。

(略)

「放射線の影響ではないと言いながら、福島県立医大はなぜ何度も検査をするのか。被曝の影響が考えにくいというなら、他の原因をきちんと探ってほしい。再発や転移が不安で仕方ない」

会の代表世話人のひとり、河合弘之弁護士は、

「原発事故の訴訟が全国で起きているが、損害の核心は甲状腺がんや白血病などを引き起こす放射能被害。放射能の健康被害が心配だからみな避難をし、結果的に家や財物を失っているのです。だからこそ因果関係を社会的、政治的に立証していく」

という。患者の会とは別に、被曝で不安を抱えている人たちに情報提供をする「甲状腺110番」も間もなく発足する予定だ。

日本の原発事故被災者への手当が不十分なのは、チェルノブイリ事故が起きたウクライナと比較することでわかる。ウクライナでは「チェルノブイリ法」 をつくり、被災児童への手当を徹底している。年間の被曝線量が0.5mSv以上ある場所に3年以上住んでいれば被災児童と認定される上、甲状腺がん患者で あれば、被曝量の数値を問わずに法律で保護される。

(略)

一方、福島県では被災者が受けられる健康診断の対象範囲も狭く、なおかつ甲状腺検査になると成人を過ぎれば5年に1度の頻度でしかない。その上、住民に原発作業員と同じ年間20mSvまでの被曝を許容し、除染も終わらないうちに避難指示を次々に解除しようとしているのが現状だ。

甲状腺がんの原因は、すでに消えてしまった放射性ヨウ素だけに限らない。がん治療のためにエックス線やガンマ線などを頭や首などへ照射した経験も発 症因子になるといわれている。つまり、いまだに土壌にたくさん含まれているセシウムを含めた放射線に被曝すること自体が発症リスクにつながりかねないの だ。

この先、国と自治体の福島帰還政策が変わることはないだろう。となると、住民が甲状腺がんの発症リスクを避けるには自衛するしかない。大切なのは、すでに多くの住民は実行しているが、大きな被曝リスクのある場所に子供は帰さないと徹底することだ。

全文は原発事故の“不都合な”因果関係…国の“強制帰還策”で福島の甲状腺がんは激増する!?

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


Remembering the Time America Nuked Spain by Accident via Vice

[…]

So here’s what happened: on January 17, 1966, a US B52 bomber collided with a refueling aircraft in Spanish airspace. The crash meant that four hydrogen bombs were dropped. Two hit the ground at speed, imploding and releasing plutonium into the soil of the Andalusian town of Palomares. Meanwhile, parachutes were deployed on the other two bombs. One hit the ground without detonating and the other landed in the Mediterranean Sea still intact. It wasn’t until late last year that America agreed to clean up the resulting contamination and ship the soil back to the US, where it will probably end up in Nevada.

Professor John Howard is an American academic, author, and photographer. He has spent the last five or so years traveling to Palomares in order to document the remains of the nuclear disaster with his camera. While he can’t photograph the remains of the plutonium—despite the fact it still sits within the soil—he instead captures the ramifications of this incident on the people, economy, and landscape of Palomares.

Howard’s project, entitled White Sepulchres, was released as a full body of work earlier this year. It tells the story of the coverup and impact of the bombs through its eerie, desolate imagery, which stands in contrast to the visceral and violent images we might have seen of Chernobyl or Fukushima. Recently, I spoke to John about one of the forgotten stories of warfare in the 20th century.

[…]

Didn’t people notice a huge explosion at the time?
Well, one thing is crucial to understanding the US response to the incident. The bomb that landed in the Med, it took them 80 days to get it out. They brought in 32 ships, closed the seashore. People couldn’t fish—some people starved. This bomb became the object of international press attention, and very cunningly, the Air Force told Navy photographers to give the press images. The thinking was to give journalists something of interest so as to shift the attention away from the land to the sea. That bomb became the lost bomb—singular—and it worked brilliantly. Then President Lyndon B Jonhson’s Spanish ambassador even went swimming in the Mediterranean to prove its safety—it was the front page of the New York Times.

Why do people in Andalusia not speak about it more today?
People with financial interests in the area—wealthy people, landholders who still have agriculture there—they don’t want their migrant farmworkers to know they are harvesting soil that contains plutonium. Nowadays, there’s also a tourism industry, and the proprietors of those venues don’t want visitors to know that thousands of barrels of hot soil were filled and then shipped away for burial. Actually, not all of it was shipped away—some of it was left there and buried; a literal coverup.

What is that hazard exactly? What are the health risks from an accident like this?
We don’t know how much plutonium lives on. Some have estimated that ten kilos of plutonium were spilled. To put that into perspective, one milligram of plutonium in your lung will give you lung cancer. So that’s the level of severity. If a kilo or two is still on the ground, then anyone could inhale it on the wind. We know plutonium is in the food chain, but ingestion isn’t as severe as inhalation, which they say is a guarantee of lung cancer. I’m not only worried about the people who have lived in Palomares a long time, but the people who pass through, who will never be told.

Read more at Remembering the Time America Nuked Spain by Accident

Posted in *English.

Tagged with , , , , .


Costing Earth: After Chernobyl via BBC4

When radioactive particles from the Chernobyl disaster landed in Germany’s Black Forest one woman decided to change her country’s relationship with nuclear energy forever.

Julian Rush meets Ursula Sladek, founder of EWS Energy and prime mover in Germany’s abandonment of nuclear energy.

Following the story from the first detection of radioactive particles, through the persistent impact of radioactive caesium in the soil to the rapid development of renewable energy after the Fukushima disaster of 2011, Julian tells the story of the transformation that’s known in Germany as the Energiewende. With Ursula’s son, Sebastian he discusses the future for renewable energy in a nuclear-free nation and considers the influence Germany may have on the rest of Europe.

Listen to the program at Costing Earth: After Chernobyl

Posted in *English.

Tagged with , , , .


チェルノブイリ事故から30年 記憶は風化も「石棺」は残る via 日刊アメーバニュース

1986年に旧ソ連で発生した「チェルノブイリ原子力発電所事故」から4月26日で30年になる。

事故後、発電所があったエリアを中心に複数の村が廃村になり、住民は他の地域への疎開を余儀なくされた。その後のソ連崩壊を受け、このエリアはウクライナとベラルーシの2国に分断されている。
事故直後は、疎開した住民らの間で元の村に戻りたいという機運が盛り上がりを見せていたこともあるが、30年という時間の経過で亡くなった人も多い現在はどうなっているのだろうか。話を耳にしなくなってしまった。
いわゆる「記憶の風化」がいえるのかもしれない。現在、ベラルーシ側の一帯は「ポレーシェ国立放射線生態学保護区」とされ、立ち入りには許可が必要なエリアになっているようだ。
ウクライナ側の都市「プリピャチ」は、住民が避難したまま廃虚と化した。事故後の様子はたびたび、ジャーナリストの取材によって明らかになっているので、写真や映像を目にしたことがある人もいるだろう。

(略)

いったんは汚染の封じ込めに成功した「石棺」も、耐用年数は30年。現在は、この「石棺」をさらにかまぼこ状のシェルターで覆う「石棺の石棺化」工事が進められているようである。
一方、主な汚染源とされた放射性物質「セシウム137」の半減期(半数の物質が他の安定した物質へ姿を変える期間)は30年。
当時を知る人々の声が届かなくなり、「石棺」が寿命を迎えても、セシウムだけは世代交代に至らず、まだまだ現役ということになる。

全文は チェルノブイリ事故から30年 記憶は風化も「石棺」は残る

関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .