Skip to content


原発メーカー訴訟 控訴審 第1回期日/東京高裁101 via レイバーネット

1.原発メーカー訴訟 控訴審 第1回期日

・9月19日(火) 10時30分

・東京高裁101号法廷(地裁と同じ)
東京高裁アクセス・地図
http://www.courts.go.jp/tokyo-h/about/syozai/tokyomain/index.html

2.傍聴をお願いします。

・原告で傍聴登録されている方

・10時前に地裁前に来てください。傍聴券をお渡ししますので、10時〜10時10分の間に入
廷して、ご自分の番号の位置に座ってください。

・一般傍聴の方

・9時半過ぎに地裁前にお集まりください。高裁の方の指示に従って、抽選に並ん
でください。

3.報告会等

・衆議院第二議員会館1Fの多目的会議室

・10時より「ブッダの嘆き」上映 (抽選に外れた方はぜひこれをご覧ください)

(「ブッダ生誕の地」と言われるインド、ジャドゥゴダにウラン鉱山があるが、ウラン
の採掘・精錬の廃棄物が投棄されており、近隣でガン、白血病、流産等が多発している。
そのドキュメンタリー映画)
2000年3月に「地球環境映画祭」で大賞を受賞しました。

・13時より法廷報告会

・14時30分より「“世界最大の原発”建設へ インドのジレンマ」を上映

インドのジャイタプール原発建設地、政府の考え方と現地の漁民、農民の反応、闘いの映
画。

インドの原賠法の特徴(事故が起きた場合、一義的に電力会社が賠償に応じるが、電力会
社は原発メーカーに求償できる規定がある)の紹介と原発メーカーの反応が後半に記録さ
れている。

どうぞ、みなさま、福島事故で何ら賠償責任なしで、焼け太りする原発メーカーへの怒り
と海外輸出(特にインド)への反対を訴えましょう。

傍聴をお願いします。

 

 

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.