長崎大、ロシア医大と単位互換 被ばく医療の専門家育成へ via 北海道新聞

長崎大は12日、チェルノブイリ原発事故の放射線被害を経験したロシアやベラルーシの医科大学と、2017年度から単位互換交流を始めると発表した。原爆の放射線が人体に及ぼす影響を研究し続けた強みを生かし、世界で活躍する被ばく医療の専門家を増やすのが目的。東京電力福島第1原発事故で被災した福島県川内村での実習を検討しており、福島県立医大とも連携を深める。

[…]

 

 

This entry was posted in *English and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.