Daily Archives: 2017/08/22

State releases long-awaited radioactive oil waste disposal rules via KULR8.com

GLENDIVE, Mont. – The Montana Department of Environmental Quality (DEQ) last week published draft rules to oversee the disposal of radioactive oil waste in the State of Montana. Northern Plains Resource Council members, many of whom are farmers, ranchers, and landowners whose … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 2 Comments

Resolutions opposing LANL plans postponed until next month via the Santa Fe New Mexican

A pair of proposed city resolutions opposing planned expansion of plutonium pit production at Los Alamos National Laboratory and the nuclear weapons agenda of President Donald Trump’s administration ran into hurdles at Monday’s city Finance Committee. […] One proposal would … Continue reading

Posted in *English | Tagged , | 2 Comments

デブリに挑む 撮影成功も「取り出し」難題 「冠水なしで大丈夫か」の声も via 産経ニュース

 デブリは見えたが、取り出せるのか-。東京電力福島第1原発3号機で、溶け落ちた核燃料(デブリ)とみられる物体が初めて撮影されたのは7月下旬。原子力損害賠償・廃炉等支援機構は、デブリの取り出しについて原子炉格納容器を水で満たさない「気中工法」で行うことを提案、政府と東電は9月中に方針を決定する。しかし、前例のない作業に加えてデブリの情報は依然少なく、先は見通せないままだ。(社会部編集委員 鵜野光博) 「3号機の映像にショック」 「構造物が落ちているとはこういうことなのかと、実際に映像を見てショックを受けた」[…] 「冠水」は難度高く 東電は1、2号機でもロボット調査を行ったが、デブリの一部を映像で確認できたのは3号機だけ。宇宙線「ミュオン」を使った測定などで各号機のデブリの位置を推測している。[…] 支援機構は取り出し方針案として、格納容器を水で満たして放射線の影響を減らし、上からデブリを取り出す「冠水-上アクセス工法」▽水で満たさず上から取り出す「気中-上アクセス工法」▽水で満たさず横から取り出す「気中-横アクセス工法」-の3つを検討してきた。 7月下旬には、最後の気中-横アクセス工法で格納容器底部のデブリを優先して取り出すべきだと提案。格納容器を水で満たすには貫通部や損傷部を補修する必要があるが、遠隔補修は技術的に難しく、作業員の被曝(ひばく)量も多くなると判断した。ただし、「将来、冠水工法の実現性を改めて議論することも視野に入れる」としている。[…] 「国際的にも経験がない」 デブリ取り出し方針をめぐる動きに関し、廃炉工程の安全性などを監視する原子力規制委員会の田中俊一委員長は8月2日の会見で「私が知る限りにおいて、そう生産性のある方法が提案されたとは理解していない」とコメントし、もっと具体的な手順などが示された後で規制委として関わる考えを示した。 また、「個人的に申し上げると」と前置きした上で、「膨大な放射能を内蔵した使用済み燃料だから、対策は非常に大変なことになる。何か掻き出して済むというものではない」「それ(冠水)なしにやるのは国際的に見ても今まで経験がない。できるかどうか、私には分からない」と懸念の言葉を重ねた。[…] デブリ取り出し 1979年の米スリーマイルアイランド原発2号機での事故では、デブリが圧力容器の中にとどまっていたため、冠水工法で85年から取り出しを開始。89年にほぼ終えた。86年の旧ソ連チェルノブイリ原発4号炉の事故では、デブリ取り出しは行わず、4号炉をコンクリートで覆う「石棺」と呼ばれる手法が取られた。福島第1原発では平成29年9月に取り出し方針を決定し、33年度に1~3号機のいずれかで取り出しに着手する計画。 […] 全文

Posted in *English | Tagged , , | 2 Comments

(民進党代表選を問う:1)野党第一党、数の強み生かせ 細川護熙元首相 via 朝日新聞

[…] ――前原さん、枝野さんはどうですか。 前原さんは小池さんと同様、明確に言っていないところがある。例えば自民党との距離感。「自民党と何が違うんだ」と感じることもあるし、憲法もそう。安倍晋三首相と言っていることは違わないんじゃないかと心配になることもある。野党共闘については、枝野さんの方が現実的に進めるんじゃないか。憲法も、私は枝野さんに考え方が近い。しかし、どちらかに肩入れしているわけではない。 ■民主政権の総括を ――前原さんを応援する議員の中には、民進党を解党して、政界再編を唱える人もいます。 私は政治改革の時から、穏健な多党制がいいと言ってきた。連立政権ができると政治も変わる。細川内閣の時は8党派で連立を組んだのだから。共産党とも政策的に一致できるところは一緒にやったらいい。同じ小選挙区に民進、共産両党が候補者を立てて、共倒れになるのは愚の骨頂だ。 ――自民党との対立軸は打ち出せますか。 例えば脱原発や、地球環境、核の問題。3・11後も原発や火力、自然エネルギーといった電源構成が変わっていないことは国際的にみておかしい。連合との関係が一時疎遠になっても、脱原発は打ち出すべきだ。民進党には外国からも信頼される、まともな党になってほしい。 ――そのために何が必要ですか。 民進党は民主党政権の総括を事実上、何もしていない。教育無償化や子育て、女性政策を大切にしてきたが、ほとんど安倍さんに看板を取られた。失敗だけでなく、良かったことも総括すべきだ。 (聞き手・南彰) 全文

Posted in *English | Tagged , , | 2 Comments

「また国に振り回された」 原発事故で避難の開拓村 via 日本経済新聞

東京電力福島第1原発事故の避難指示区域の中にも多くの開拓村があった。 福島県葛尾村の手倉地区はその一つ。住民の岩間政金さん(91)は「国は何もしてくれず見捨てたんだよ」と嘆く。岩間さんは1950年ごろに入植、開拓して畜産業を営んできた。しかし、2011年3月、東日本大震災による原発事故の影響で約60年かけて「築いた城」を追われ、避難生活を余儀なくされた。 昨年6月に避難解除されて1年以上が経過した。 (略) ソ連軍の満州侵攻で、関東軍は在留邦人を置き去りにして撤退したとされる。岩間さんには当時の記憶がよみがえる。「また国に振り回された」 全文は「また国に振り回された」 原発事故で避難の開拓村

Posted in *日本語 | Tagged , , | 3 Comments

Stanford scholars make the case for continued nuclear investment in their new book via Stanford

Jeremy Carl and David Fedor, research scholars at the Hoover Institution, discuss the state of nuclear energy in the U.S. They analyze nuclear’s benefits as well as the economic and policy challenges it faces. Nuclear energy, seemingly, has attributes Americans … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 3 Comments

Solar panel capacity to overtake nuclear energy next year in historic landmark via Independent

Solar still generates less electricity than nuclear but it is growing rapidly Solar panel capacity is set to overtake nuclear worldwide for the first time within the next few months, according to expert predictions. The total capacity of nuclear power … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 2 Comments

アニメ映画 3・11福島第1原発事故 浪江町消防団の苦悩描く 久留米で27日上映 /福岡 via 毎日新聞

東日本大震災の福島第1原発事故で、救助活動を中断せざるをえなかった消防団の苦悩を描いたアニメ映画「無念 浪江町消防団物語」の上映会が27日午後1時半からと午後4時からの2回、久留米市篠山町の筑後弁護士会館で開かれる。  九州電力玄海原発の運転差し止めを九電と国に求める「原発なくそう!九州玄海訴訟」の原告団「ちっごの会」主催。映画は55分間で実話を基に製作された。まだ助けられる命があることを知りながら、救助に迎えなかった消防団員の無念の思いを描いている。 (略)  午後3時からは福島県農民運動連合会の根本敬会長が「福島の農民が訴える農業と生活の今」と題し講演する。資料代500円(20歳以下無料)。問い合わせは久留米第一法律事務所0942・38・8050。【高芝菜穂子】 全文はアニメ映画 3・11福島第1原発事故 浪江町消防団の苦悩描く 久留米で27日上映 /福岡 

Posted in *日本語 | Tagged , | 2 Comments

学生が放射線災害の経過と現状学ぶ 福島医大で医療セミナー via 福島民友

全国の医学部、看護学部の学生、大学院生らが本県で起きた放射線災害の経過と現状を学ぶ放射線災害医療サマーセミナーが21日、福島市の福島医大で始まった。26日まで開かれ、参加者は講義のほか東京電力福島第2原発見学や、川内村、富岡町、飯舘村でのフィールド学習に臨む。 笹川記念保健協力財団と福島医大、長崎大の主催。次世代の人々に放射線災害を理解する場を提供しようと2014(平成26)年に始めたセミナーで、今回で4回目。全国各地の大学から15人が参加した。 (略) 大戸斉福島医大総括副学長と山下俊一長崎大副学長・福島医大副学長も「震災を経て進化した部分を学んでほしい」「皆さんが知っている福島と、現実の福島とのギャップを知ってほしい。目からうろこのことが多いと思う」とそれぞれあいさつした。参加者は式の後、ワークショップや講義に臨んだ。 セミナーでは放射線の基礎や甲状腺検査、避難者のメンタルヘルス、リスクコミュニケーションなどをテーマに講義が行われる。 全文は学生が放射線災害の経過と現状学ぶ 福島医大で医療セミナー

Posted in *日本語 | Tagged , , | 2 Comments