Skip to content


IAEAが柏崎刈羽原発を現地調査 安全対策改善と評価 via NHK News Web

新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所の現地調査にあたっていたIAEA=国際原子力機関の調査団は、前回、2年前の調査で問題があると指摘した緊急時の安全対策などについて改善が見られるという認識を示しました。

[…]

前回は、緊急時の対応について各部署の手順を網羅した文書がないなど15の問題点を指摘しましたが、タレン氏は東京電力に対し「進捗(しんちょく)が不十分と判断される課題が1つもないことは喜ばしいことだ」と述べ、課題が改善されているという認識を示しました。

[…]

タレン氏は「前回指摘した15点の問題点のうち、8点は解決した。残る7点は満足できる進捗が見られたが、完全な解決にはさらに時間をかけて確認する必要がある」と話しています。

 

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.