電源開発が函館駐在事務所開設 大間原発の情報提供 via 北海道新聞

 【函館】青森県大間町で大間原発を建設中の電源開発(東京)は3日、函館市内に同社原子力業務部の「函館駐在事務所」を開設したと明らかにした。同原発の30キロ圏内にある同市に対し、原発建設についての情報提供や説明を機動的に行うのが狙い。ただ同市は同原発の建設差し止めを求め同社と国を相手に係争中で、取材に対し「事務所を置いたことは知っているが、目的などは聞いたことがない」と距離を置いている。

[…]

全文

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.