Daily Archives: 2019/02/06

Smithsonian Accepts Three-Mile Island Plant Mutation Collection via Nuclear Hotseat

Libbe HaLevy CLICK HERE for this week’s episode, #398   This Week’s Featured Interviews:  Smithsonian accepts Mary Osborn’s Three Mile Island radiation/plant mutation collection.  Mary Osborn, a long time member of Three Mile Island Alert, has been gathering flowers, leaves and plants … Continue reading

Posted in *English | Tagged | 2 Comments

森永卓郎の「経済“千夜一夜”物語」 ★原発に経済合理性はない via ニコニコニュース

[…] なぜ、こんなことが起きたのか。実は福島第一原発の事故を受けて、原発の安全基準が世界中で厳しくなった。そのため日立が建設を進めてきた英国原発の事業費が、2兆円から3兆円に膨れ上がったのだ。また、日立が期待した国内他企業からの出資も、予定通り集まる見通しがつかない。 日立の東原敏昭社長は、会見で「開発をこれからも続けるとさらにコストがかかり、民間企業の日立がすべてを負担するのは限界がある」と話した。つまり、原発の採算が取れないと判断したということだ。 実は、この判断の背景には、日立が原発で生み出した電力を英国側に売電するときの価格の問題がある。英国が高い値段で電力を買ってくれるのであれば、採算は取れるはず。しかし、英国政府は後ろ向き。英国が進める洋上風力発電のコストが急激に下がっていて、原発のコスト優位性がなくなってきているからだ。 これまで、原発の最大のメリットとして喧伝されてきたのが、低コストだった。ところが、安全対策の強化で、そのコストが急増する。一方で、再生可能エネルギーのコストは急減している。 […] 現に、東芝の米国子会社で進めていた原発建設は、すでに一昨年に経営が行き詰って清算され、三菱重工がトルコで進める原発建設も暗礁に乗り上げている。日本の原発輸出は、完全崩壊の状況だ。 そうした中、日立の会長でもある経団連の中西宏明会長は、原発技術を守るため、国内原発の再稼働推進を訴えている。しかし、それは時代錯誤の提案だ。もはや世界が見放した“高コスト”の原発を国内で守る必要はどこにもない。 私は、日立は原子力事業を、廃炉事業に特化すべきだと思う。幸か不幸か、日本には廃炉にできる原発が50基も残っている。それを次々に廃炉にしていくだけでも、数十年は飯が食えるはずだし、今後、世界で廃炉が進んでいくだろうから、廃炉の技術こそ、世界に売れる技術になっていくはず。ただ、日本政府は、いまだに原発を推進しようとしている。それは、国民を原発事故のリスクにさらすだけでなく、国内の電力料金の高騰を通じて、日本の国際競争力を脅かす愚策だ。 全文

Posted in *日本語 | Tagged , , , | 2 Comments

問われる「反省」 事故から8年の福島第一原発ルポ via 東京新聞

[…] 2、3号機間で毎時250マイクロシーベルト  2、3号機間の通りは除染や地面の舗装が進み、防護服なしで歩けるようになった。それでも放射線量は毎時250−マイクロシーベルト。4時間その場にいれば1ミリシーベルトとなり、一般人の年間被ばく限度に達する。「ここでの取材は5分ほどに」と、広報担当者から早くバスに引き揚げるように促された。 「反省と教訓」の言葉は被災者に届くのか  東電は福島第一への視察を積極的に受け入れ、昨年11月には原発から8キロの福島県富岡町にある福島第二原発のPR館を改装し、廃炉資料館を開設した。事故当時を再現した映像を見ることができ、既に5000人以上が訪れている。  「反省と教訓」と名付けられた展示スペースでは、男性がゆっくりと話す声が流れている。「私たちが思い込んでいた安全とは、東京電力のおごりと過信にすぎなかった」  だが、音声と現実には大きな溝を感じる。原発事故の刑事裁判では、旧経営陣3人が無罪を主張。住民に賠償金を支払うよう裁判外紛争解決手続きで促されても、東電は拒否を続ける例が目立つ。賠償と廃炉費用の捻出を名目に、柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働まで目指している。廃炉完了よりも、「反省と教訓」の言葉が被災者に届く日の方が遠いかもしれない。   全文

Posted in *日本語 | Tagged , , | 3 Comments

川内原発の放射性廃棄物を輸送へ 再稼働後初 via 福井新聞

九州電力は6日、川内原発(鹿児島県薩摩川内市)で発生した低レベル放射性廃棄物を、青森県六ケ所村にある日本原燃の埋設施設へ8日から輸送すると発表した。 (略) 九電によると、今回輸送する廃棄物は200リットルドラム缶320本で、放射能レベルの低い金属片や廃液などを収納。7日からドラム缶を格納したコンテナを船に積み込み、船は8日に川内原発の敷地内にある専用港を出発して、むつ小川原港へ向かう。陸路も使い、12日までに埋設施設へ運び入れる予定。 全文は川内原発の放射性廃棄物を輸送へ 再稼働後初 

Posted in *日本語 | Tagged , , | 2 Comments

懸命の除染、なお高線量 福島第1原発事故8年 東電が公開 via 神戸新聞

(抜粋) 敷地内はかつて防護服と顔全面を覆うマスクの着用が必須だったが、除染や放射性物質の飛散防止措置などを続け、作業員はエリア内の96%で一般の作業服で入れるようになった。1~4号機から約100メートル離れた高台も、一般人が防護服なしで短時間滞在できる。 しかし、2、3号機の間にある通路の放射線量は毎時約350マイクロシーベルトを計測。一般人の被ばく限度量が年間1千マイクロシーベルトのため、滞在時間は5分程度に限られた。東電は原子炉内で溶け落ちた燃料棒(デブリ)の実態調査などに取り組むが、1~3号機内の放射線量は非常に高いままで難航しており廃炉の目標を2040~50年ごろとしている。 汚染水は約950個の貯蔵タンクに約110万トンを保管。放射性物質を完全に除去する有効策は現時点ではなく、当面タンクの増設が続く。(金 旻革) 全文は懸命の除染、なお高線量 福島第1原発事故8年 東電が公開 関連記事: 福島第1原発2号機 線量6分の1に 12年調査と比較 via nifty news

Posted in *日本語 | Tagged , , , | 2 Comments

After 3 Decades Opposing Pligrim Nuclear, Mary Lampert WIll See It Close via WCAI

When Pilgrim Nuclear Power Station closes in May of this year, it will mark a turning point for the town of Plymouth, for nuclear power in the region, and for one woman, who’s been working to shut down Pilgrim for three decades. … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 2 Comments

The Cost to Clean Up America’s Cold War Nuclear Waste Jumps to $377 Billion via Popular Mechanics

By Kyle Mizokami The bill for a half century of nuclear weapons production is growing fast. The United States developed and built tens of thousands of nuclear weapons during the Cold War. A new report by the General Accounting Office … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , | 2 Comments

[本の紹介] 脱原発党宣言 カンカンガクガク対談 菅 直人、岳 真也著 via Aera.dot

(抜粋) この対談では、福島第一原発事故当時の首相だった菅氏と作家の岳氏が3・11から現在まで続く問題点を浮き彫りにしていく。 菅氏は、事故当時の経験を振り返りながら、首相として行った対応に対するさまざまな批判にこたえるとともに、東電の隠蔽体質や、原発の製造・稼働を許可してきた自民党の“製造者責任”を指摘。その上で、安倍政権の原発政策への批判を展開する。 その一方、「日本版緑の党」や「脱原発党」の構想や、千葉県匝瑳市にある太陽光発電所「匝瑳メガソーラーシェアリング」の現状を報告。原発ゼロ実現のための方策を岳氏と語り合う。 全文は[本の紹介] 脱原発党宣言 カンカンガクガク対談 菅 直人、岳 真也著

Posted in *日本語 | Tagged , , | 2 Comments