Daily Archives: 2019/02/27

原発事故から8年“巨大煙突”倒壊の恐れも via 日テレNews24

何が変わり、何が変わらないのか…「廃炉」が進む福島第一原発を取材。事故直後に“ベント”した煙突は高レベルの放射線のため手つかずのまま、倒壊の恐れも。前例のない“解体プロジェクト”を担う作業員に密着した。 ビデオを観る。

Posted in *日本語 | Tagged , | 20 Comments

FUKUSHIMA UPDATE SPECIAL – Microparticles, Medical Data Manipulation  via Nuclear Hotseat

CLICK HERE for this week’s episode, #401This Week’s Featured Interview: Nancy Foust is Communications Manager & Research Team Member for Simply Info, a not for profit research collective that holds and manages the world’s largest public archive of data on the Fukushima disaster. Every year … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 7 Comments

甲状腺検査は「益」か「害」か〜同意書をめぐり平行線viaOurPlanet-Tv

原発事故当時18歳以下だった子どもを対象に行われている福島県の甲状腺検査をめぐり、検査結果を評価する「甲状腺評価部会」の第12回会合が、2月22日福島県で開かれた。会合では、検査の同意書などについて検討したが、検査のデメリットを主張する専門家と、住民に不安に応えるべきだとする専門家で意見が分かれ、議論は平行線のまま終了した。親会議である「検討委員会」に報告した上で、次回以降、部会長が、同意書の方向性を打ち出す。[…] 同意書の方針は固まらず〜今後の検査をめぐり平行線後半は、今後の検査のあり方について議論が行われた。住民の不安に応えるために開始された甲状腺検査。これまでは、検査の目的として、「子どもたちの健康を長期に見守る」「現時点での甲状腺の状態を把握する」の2つが掲げられてきたが、祖父江友孝大阪大学教授はこれに反発。「本検査は甲状腺にかかわる健康影響を最小限にすることと放射線と甲状腺がんとの関連を正しく評価することを目的としています。」とすべきだと主張した。 また、同意書の記載内容について、祖父江教授と高野徹大阪大学講師が、「早期発見早期治療にはメリットはない」「不安の解消になるというエビデンスはない」「検査をすることは推奨されないという国際がん研究機関(IARC)の提言を盛り込むべきだ」などと繰り返す一方、南谷幹史帝京大学ちば総合医療センター教授や吉田明神奈川県予防医学協会婦人検診部部長ら、甲状腺外科の専門医らが強く反発。「小児甲状腺がんは、甲状腺がん全体の1〜2%。手術した症例の死亡率が低いからといって、手術せずに経過観察できるかどうかは分からない。IARCはエビデンスレベルで低い。」と、小児甲状腺がんの知見が不足していることを強調した。 さらに、高野氏が「小児甲状腺がんがアグレッシブであり、予後が悪いというのは誤解。隈病院のデータでは、30代以降で腫瘍の成長は止まっている。大人の甲状腺がんと一緒に考えると、判断ミスを起こす」と力説すると、南谷氏は、「甲状腺がんは死亡率はもともと低い。小児にとって、死ぬか生きるかを論点にするのは、小児科医として許せない。どういった学校生活を送れるのかがポイント。」と反論した。 「議論が平行線のまま着地点がない。」と困り果てた鈴木部会長。福島医大に同意書のたたき台を作成するよう投げたものの、安村誠司同大副学長は、「部会長の話聞いて、理解しようとしたが、私たちがどういう方向でまとめていいのかわからない。」とこれを拒否。素案作りは部会長に一任されることとなった。 全文

Posted in *日本語 | Tagged , , | 2 Comments

原発事故から8年 ”巨大煙突”倒壊の恐れも via 日テレNEWS24

(抜粋) 「廃炉」が進む福島第一原発を取材。事故直後に”ベント”した煙突は高レベルの放射線のため手つかずのまま、倒壊の恐れも。前例のない”解体プロジェクト”を担う作業員に密着した。 全文、映像は原発事故から8年 ”巨大煙突”倒壊の恐れも

Posted in *English | Tagged , , | 2 Comments

Radiation in a crematorium traced back to a human body via The Verge

 Rachel Becker It wasn’t enough radiation to be alarming, but it could be a sign of an ongoing problem A crematorium in Arizona became contaminated with radiation when workers cremated a man who had received radiation treatments for cancer right … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 3 Comments

HERETICAL VIEW THAT RADIATION IS GOOD FOR YOU GAINS GROUND UNDER PRESIDENT TRUMP via The Center for Public Integrity

Patrick Malone The Nuclear Regulatory Commission is actively considering claims that low-dose radiation protections should be lifted because exposures make you healthier, a potential boon to radiation-related industries.  Since World War II, virtually every American business where radiation is present … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 2 Comments

Paul Flynn was a champion in the fight against nuclear power via The Guardian

David Lowry Paul Flynn (obituary, 21 February) had a huge range of causes, often championing minority issues where others feared to tread, such as legalising cannabis and supporting the troops returning from overseas wars in Afghanistan, Iraq and Syria, and the … Continue reading

Posted in *English | Tagged , | 4 Comments

福島の森、セシウムは地中へ シイタケ原木の生産再開は via 朝日新聞

小川裕介  東京電力福島第一原発事故で飛散した大量の放射性セシウム。事故から8年近くが経ち、福島県の約7割を占める森林では、ほとんどが土壌にとどまっていることが明らかになってきた。空気中に浮遊するセシウムを植物が取り込む仕組みも、徐々に解明されつつある。 (略) 日本原子力研究開発機構は、2013~16年にかけて川内村や川俣町の森林を調査した。針葉樹と落葉樹の森の斜面で、雨水などで流れ出るセシウムを調べた。その結果、セシウムの流出は川内村のスギ林で0・05~0・48%、川俣町の雑木林の緩やかな斜面で0・02~0・08%、急斜面でも0・15~0・73%にとどまっていた。年ごとの大きな増減もなかった。  原子力機構福島環境安全センターの飯島和毅グループリーダーは「森林土壌にはセシウムを吸着する鉱物があり、地表から深さ5センチ程度に長きにわたってとどまっている」とみる。林野庁の資料によると、葉や枝に付着していたセシウムは落葉や降雨によって地面に移り、土壌にとどまる割合が9割以上になっている。  1950~60年代に米国や旧ソ連などが相次いで行った大気圏核実験で日本にも飛来した放射性セシウムの動態から、地中に取り込まれる速度も推計できる。  森林総合研究所の三浦覚・震災復興・放射性物質研究拠点長らは福島の事故前の08年、全国316地点の森林土壌について、それぞれ深さ30センチまでの放射性セシウムの蓄積を調べた。分析の結果、核実験で降ったセシウムは約半世紀で平均8・8センチほど地中に浸透していた。  三浦さんは「50年前の核実験によるセシウムの動きから、福島事故によるセシウムの動きも予測できる」と話す。 カリウム有無で吸収に差  チェルノブイリ原発事故後の研究で、土壌中のセシウムの植物による吸収を抑えるには、カリウムが効果があることが確かめられている。東京大の研究チームによると、植物はカリウムが不足すると、同じアルカリ金属元素で性質が似たセシウムを取り込もうとする。カリウムが十分にあるときは、逆に吸収しにくくなると考えられている。 空中に舞うと、葉でも吸収か (略) 東京大の研究チームは昨年8月、小松菜が浮遊する放射性セシウムを取り込み、地表面に近いほどその濃度が高かったとする論文を発表した。  2017年の夏から冬にかけて、福島第一原発から約50キロ離れたいわき市、約35キロの飯舘村、約12キロの南相馬市、いずれも避難指示が解除されていない4・5キロと3・5キロ離れた2地点で、きれいな土と水を使って小松菜を栽培。地面から30センチ、60センチ、1・2メートルと高さを変えて育てた。  その結果、除染済みのいわき、飯舘、南相馬の3地点で栽培した小松菜からはほとんどセシウムが検出されなかった。4・5キロの帰還困難区域の除染済み地点では、乾燥させた状態でも1キログラムあたり100ベクレルを超えるものはなかった。  一方、いずれも帰還困難区域で未除染の4・5キロと3・5キロの地点では、除染済みの4・5キロ地点と比べて3倍以上高いものがあった。水洗いした方が濃度は低くなる傾向があった。 全文は福島の森、セシウムは地中へ シイタケ原木の生産再開は

Posted in *English | Tagged , , | 3 Comments