Skip to content


「核のゴミ、この辺に捨てます」国が突如発表した恐ろしい意図 via MAG2NEWS

地殻のダイナミックな活動と今、この形で日本列島があることの奇跡に感動と愛しい思いに包まれていた同じ時期に、それに水を差す出来事がありました。7月28日、国が、原発から出る「核のゴミの最終処分場建設に適した地域を示したという科学的特性マップを発表しました。

活断層や火山、鉱物資源などの情報をもとに、判断したといい、建設に最も適しているとされた地域は、沿岸部などを中心に日本の面積の約3割にのぼっています。900以上の自治体が対象となるというのです。

日本国内の原発では、現在2万5,000本分(1本当り500kg)に相当する「高レベル放射性廃棄物」と言われる使用済み核燃料が行き場がなく放置されています。

[…]

改めて、10万年核のゴミを安全に保管できる場所なんて日本列島にはないのです。これって、誰が聞いても明らかじゃないですか。

生み出してしまった悪魔は消えてはくれません。無理やりでもどこかに核のゴミの最終処分場を造らなければ、この列島の地表面が危機的状況になってしまいます。なんとしても核のゴミの最終処分場をつくるために無理やりあのマップを公表したとしか私には思えません。

[…]

 

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.