NHKスペシャル 原爆死 ヒロシマ72年目の真実

 広島市が蓄積した被爆者55万人の「ビッグデータ」である「原爆被爆者動態調査」を解析し、原爆死の真相に迫る。死者の被爆場所などを市内の地図上にマークしたところ、国が放射線による直接の健康被害はほとんどないとする爆心地から2・5キロ圏外で、死者が偏在した地区があると判明。放射能を帯びたほこりを吸ったことによる内部被ばくの可能性などが指摘される。

 見過ごされてきた原爆死の実態やむごさが新手法で浮かび、目を見開かされる。(犬)

 

原文

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.