東電・中電火力統合 配当議決権制限で原発事故の負担遮断 via 日本経済新聞

東京電力ホールディングスと中部電力が進める火力発電事業の統合を巡り、東電の福島第1原子力発電所事故のコストが膨らんでも統合会社に影響を及ぼさない仕組みの大枠が固まった。配当に関する東電の議決権に制限をかけるのが柱。東電は火力以外でも業界他社との再編をめざす。今回の合意は原発費用リスクを遮断するための先行モデルになりそうだ。

[…]

 

全文

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

1 Response to 東電・中電火力統合 配当議決権制限で原発事故の負担遮断 via 日本経済新聞

  1. nfield says:

    驚くべきではないが、なんと汚い仕組みだろう。配慮されるリスクは投資家のそれであり、福島を受けて、住民のリスクを阻止しよう、とはならないのだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.