Skip to content


170万人どう避難 古里原発20キロ圏内 釜山市など関係自治体 防災対策で議論本格化 via 西日本新聞

[…]

「170万人を20キロより外に避難させる想定だと、最低でも22時間かかる。その間、多くの住民が被ばくする恐れがある」。市民団体「釜山環境運動連合」などは3月、独自の試算結果を公表した。日本では主に立地自治体が避難時間の試算を担ってきたが、韓国では初の例という。

試算に加わった社団法人、韓国原子力安全防災研究組合の韓柄燮(ハンビョンソプ)理事(原子力工学)は取材に「交通事故の発生や高速道路が使えないことを条件に加えると、50時間はかかる。地震に伴う交通網の混乱など複合災害の検証は今後の課題だ」と明らかにした。佐賀県などは2014年、玄海原発(佐賀県玄海町)の半径30キロ圏にいる約27万人が避難するのに、最短で約17時間、最長42時間超かかると発表した。170万人がいかに大きな数字かが分かる。

[…]

また、古里原発を運営する「韓国水力原子力」も今回の試算に「東京電力福島原発事故では、放射性物質の放出まで約24時間あった。その間に避難は可能で、原発の格納容器も格段に厚く設計されている」と安全性を強調している。

ただ、釜山環境運動連合の崔水栄(チェスヨン)事務局長は「福島の事例からみても、少なくとも30キロ圏の避難計画が必要。今のままでは建設中の新古里5、6号機は計画を中断すべきだ」と憤る。韓国大統領選(5月9日投開票)でも新設を続けるかどうかが争点となっている。

[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.