Daily Archives: 2017/11/21

GE Faces Suit Over Fukushima Nuclear Plant Design via Law360

Law360, Washington (November 20, 2017, 6:24 PM EST) — Residents and companies of Fukushima, Japan, on Friday filed a putative class action lawsuit against General Electric Co. in Massachusetts federal court, accusing the company of negligence that led to a catastrophic … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 2 Comments

次期通常国会までに原発ゼロ法案提出 立憲表明 via エキサイトニュース

立憲民主党の枝野幸男代表は20日の衆院本会議の代表質問で次期通常国会までに「原発ゼロ法案」を提出すると表明。一方、安倍晋三総理は「原発ゼロは責任あるエネルギー政策とは言えない」と原発は必要な存在とした。   この日、立憲民主党の枝野代表は国が避難計画に責任を持つ、原子力災害特別措置法改正案と1日も早い原発ゼロ社会に向けた工程表を示す「原発ゼロ基本法案」を次期通常国会までに提出する、と表明。   また自民党が原発を重要なベースロード電源と位置付けていることを取り上げ「ベースロード電源として活用すれば、原発依存度を低減させるといっても限界がある。いつになったら原発稼働をやめるつもりか。やめるつもりはないのか」と質した。   また「原発再稼働を進めるとしているが、国の責任ある避難計画が策定されていない中での再稼働は文字通り無責任」とも提起した。   そのうえで「原発ゼロは今やリアリズム。具体的なプロセスこそが問われる段階。こうした法整備に、総理は賛同いただけるか」と質した。 […]   全文

Posted in *English | Tagged , , | 2 Comments

東海第2の運転延長申請を表明 原電社長、福島第1同型で初めて via 上毛新聞

日本原子力発電の村松衛社長は21日、茨城県庁を訪れ大井川和彦知事と面会し、東海第2原発(茨城県東海村)の運転延長を24日に申請する方針を正式表明した。東京電力福島第1原発と同じ「沸騰水型」原子炉では初めてとなる。 同原発は来年11月で運転開始から40年が経過する。原発の運転期間は原則40年だが、原子力規制委員会が認めれば1回に限り最長20年延長できる。 […]   全文

Posted in *English | Tagged , | 2 Comments

「復興加速に取り組む」 福島市長選に当選の木幡氏 via 日本経済新聞

19日投開票の福島市長選で初当選した元復興庁福島復興局長の木幡浩氏(57)は20日、記者団に「スピードと実行で待機児童解消や(東京電力福島第1原子力発電所事故からの)復興加速に取り組む」と抱負を述べた。総務省出身で復興局長も経験して培った人脈などを生かし、国や福島県との連携を強化し、選挙戦で掲げた施策の実行に取り組む。 […] 木幡氏は選挙戦で訴えた対応の遅れが目立つ待機児童問題や、中心市街地の再生、温泉や果物などを生かした地域活性化などに取り組む方針だ。さらに2018年春を予定する中核市移行や、野球・ソフトボールの開催などが計画される20年の東京五輪・パラリンピック関連などの重要事業も控えており、その手腕が問われる。 […] 全文

Posted in *English | Tagged , , | 2 Comments

ロシア測定局で高濃度放射性物質検出、9月末に「極めて高い」数値 via AFP News

【11月21日 AFP】ロシアの気象機関は20日、9月末に同国の一部地域で「極めて高い」濃度の放射性同位元素ルテニウム106が検出されたことを認めた。これに先立ち欧州では今月、この汚染に関する報告書が発表されていた。 ロシア水文気象環境監視局(Rosgidromet)によると、9月25日~10月1日の期間に「同国アルガヤシュ(Argayash)とノボゴルニ(Novogorny)の監視測定局で収集された放射性エアロゾルの調査データに放射性同位体ルテニウム106が含まれていることが判明した」という。 同局によると、最高濃度はアルガヤシュの監視測定局で記録された。ロシア・ウラル(Ural)地方南部チェリャビンスク(Chelyabinsk)州にあるこの村は、自然界のバックグラウンド放射線量を986倍上回るルテニウム106の「極めて高い汚染」状態にあったという。 汚染物質の明確な発生源については特定されていないが、アルガヤシュの測定局はマヤク(Mayak)の核施設から約30キロの距離にある。同施設では1957年に史上最悪の原子力事故の一つが発生した。マヤクは現在、使用済み核燃料の再処理施設となっている。 フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は今月9日、同国内で9月27日~10月13日にルテニウム106が検出されたとする報告書を発表。汚染の発生源はボルガ川(Volga River)とウラル山脈(Ural Mountains)の間のどこかで発生した事故の可能性が高いとした。一方で、欧州で測定された濃度は公衆衛生への脅威にはならないとしている。 ルテニウム106は、原子炉内で生じる核分裂生成物で、自然界では発生しない。 続きはロシア測定局で高濃度放射性物質検出、9月末に「極めて高い」数値 当サイト既出関連記事: 微量放射性物質 欧州で検出 ロシアかカザフで事故か via 毎日新聞

Posted in *日本語 | Tagged , , | 10 Comments

Report of ‘extremely high’ radioactive pollution suggests nuclear cloud came from Russia via The Telegraph

Russia’s meteorological service has reported “extremely high pollution” of a radioactive isotope in the Urals near a facility that previously suffered the third worst nuclear catastrophe in history. The news bolsters international reports that a ruthenium-106 leak originating in the … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 2 Comments

福島第1原発、3号機建屋上部を公開=プール燃料搬出へ準備 via Jiji.com

経済産業省は21日、東京電力福島第1原発3号機の原子炉建屋上部を公開した。東電は使用済み燃料プールに保管されている核燃料の取り出しに向け、燃料取扱機やクレーンを設置。建屋上部を覆うかまぼこ型カバーも来年3月までに完成させ、来年秋の燃料取り出し開始を目指す。 (略) 「作業床からは落下防止用のネット越しに、燃料プールの水面が見えた。 全文は福島第1原発、3号機建屋上部を公開=プール燃料搬出へ準備

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | 2 Comments

Vehicles to run on nuclear, radioactive fuels – NNRA via Vanguard

THE Nigerian Nuclear Radiation Agency, has predicted that in the near future, companies would start producing cars that run on fuels from nuclear and other radioactive materials. […] Dim, who was represented by Mr. Timothy Akpa, General Manager, Department of … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 2 Comments

福島原発事故の被害者団体がGEに対して“500ミリオンドルの集団訴訟” ボストンの連邦裁に提訴 via Yahoo! News

11月17日、福島第一原発事故の被害を受けた住民や医師、企業などからなる被害者団体が、福島第一の原子炉を設計したジェネラル・エレクトリック社(GE)に対して、500ミリオンドル(約560億円)の集団訴訟を、ボストンの連邦裁判所に提訴した。被害者団体は、原発事故は、GEが行った原子炉の設計や建設場所、不十分な安全対策などに起因し、事故により莫大な被害を受けたとして、同社に賠償を求めている。 原発事故の原因は原子炉の設計にあると主張  ボストンの地元紙によると、15万人以上の日本の市民や企業を代表しているという原告側は、訴状で、主に、以下のことを主張している。  GEは、1960年代、原子力産業で優位に立つため、安全の専門家が懸念するような、“標準よりも非常に小さく、安全性の低い格納容器を搭載した品質の悪い原子炉”を提供したこと、  GEは、原子炉が地震や津波などの自然災害のリスクに耐えられない可能性がある設計であると知りながら、その原子炉を福島第一に設置したこと、  GEは、当初、原発を海抜115フィート地点に建設する予定にしていたが、コスト削減のため、海抜が低い位置に変更、太平洋により至近に建設したため、津波などで起きる洪水のリスクが大きく高まったこと、  GEが設計した原子炉は、放射性物質を拡散させるメルトダウンを引き起こしたが、それは原子炉の設計と建設場所を考えれば、完全に予測できるはずだったこと、また、事故に際して起こりうる放射性物質の拡散を防ぐための安全対策を十分にしていなかったこと、  GEは、現在まで、その行動と失敗が引き起こした莫大な経済的破壊に対して、全然弁償していないこと、 などだ。 (略) 原発事故の致命傷となったものは、“メイド・イン・アメリカ”  “フェアウィンズ・アソシエイツ”のチーフエンジニアを務める原子炉専門家アーニー・ガンダーセン氏は、この提訴について、 「フェアウィンズは、事故直後から、1965年~1970年にGEが設計した原子炉が原発事故の原因だと主張してきました。サンノゼにあるGEとマンハッタンにあるGEのエンジニアリング・パートナーEBASCOが福島第一の1号機の設計を手掛けたのです。その設計は、2号機~4号機にも適用されました。格納容器の設計、津波の高さの想定、原発の海抜の高さなど、福島第一原発事故の致命傷となったものは、“メイド・イン・アメリカ”なのです。ゆえに、GEはアメリカで訴えられるべきです。日本の損害賠償法は弱く、“アメリカの設計”の被害者となった日本の人々は、日本の裁判では、あまり多くの賠償金が得られないでしょうから」 と被害者たちがアメリカで訴訟する正当性を主張。 全文は福島原発事故の被害者団体がGEに対して“500ミリオンドルの集団訴訟” ボストンの連邦裁に提訴 当サイト既出関連記事: General Electric sued over Fukushima via Seeking Alpha

Posted in *日本語 | Tagged , , | 2 Comments