Daily Archives: 2017/11/06

Sons fighting for father’s death benefit want ‘justice for everybody’ via Buffalo News

[…] A government program pays compensation to the survivors of former nuclear workers who died of cancer. If Young had died from any of 22 kinds of cancer on a federal government list, the $150,000 in compensation to his survivors … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 7 Comments

福島廃炉見えぬ道筋(上)溶融燃料、実態つかめず 格納容器内、調査すら難航 via 日本経済新聞

[…] 内部の画像や放射線量のデータが得られたが、溶融燃料の分布や量、成分といった取り出しに不可欠な情報はつかめていない。最大の誤算はロボットによる原子炉格納容器内の調査が思うように進まないことだ。 1~3月に実施した1、2号機の調査では、溶融燃料が出す極めて強い放射線と落下した構造物などの障害物が妨げになった。これに対し3号機はロボットが水中を自由に動けたため、多くの場所を調査できた。水が放射線を遮蔽し、ロボットやカメラが故障しにくい利点があった。 廃炉は溶融燃料を取り出し、原子炉などを解体する流れだ。発生した溶融燃料は1~3号機で約880トンと推測されるが、いまだに確認できていない。日本原子力学会の宮野広・廃炉検討委員長は「ロボット調査で得られたのは表面的な画像情報だ」と指摘する。 宇宙から降り注ぐ素粒子「ミュー粒子」を使う調査は格納容器内部を透視できると期待された。しかし解像度が粗く、詳細な情報を得るのに向いていない。画像から放射線量の推計を試みたが、精度は低かった。担当者は「満足のいく結果ではなかった」と認める。 米スリーマイル島原発事故では、炉心のある原子炉圧力容器は破損せず、溶融燃料はその中にとどまり、大がかりな調査は不要だった。一方、福島第1原発の事故は深刻で、必要な技術を開発しながら手探りで進めなければならない。 […]       全文

Posted in *English | Tagged , , , | 2 Comments

高齢化、貧困…被災地の課題にどう対応 福島大でシンポ via 朝日新聞

[…] 南相馬市の人口は約5万4千人で、震災前と比べて約1万7千人減った。ただ、65歳以上人口はほとんど変わらず、高齢化率は震災直前の26%から33%まで増えた。楢葉町でも高齢化率は38%に上るが、相双地域では医療施設の8割、福祉施設の4割が休止中で、お年寄りに医療や介護のサービスを提供することが課題となっている。 楢葉町からは、介護保険のサービスには含まれていない「地域での運動教室」を通じて介護予防を図っていることが報告された。 住民同士でお互いに助け合い、住民の意識も改革するのが狙いとされたが、町住民福祉課主幹の玉根幸恵さんは「地域でできる所と、行政が入らないとできない所は分けて考えている」と述べ、行政の関与も必要との認識を示した。 原発事故の被災地では、東京電力からの賠償金などで、原発事故以降、生活保護世帯が減少していた。しかし、賠償金を使い切った世帯を中心に再申請が増えているという。また、全国から集まった除染作業員が仕事を失い、被災地で生活保護を申請するケースが増えていることも報告された。南相馬市では昨年度の生活保護申請80件のうち、15件が除染作業員だった。 自治体側からの報告に対し、厚生労働省生活困窮者自立支援室長の本後健さんは、2015年4月から「生活困窮者自立支援制度」を立ち上げ、暮らしに困っている人の自立を助け、生活保護が必要となる前の段階での支援を進めていることを説明。そのうえで、「近所づきあいの中で困っている人に気づけることが重要。制度だけでは解決できない」と地域コミュニティーの重要性を強調した。   全文

Posted in *English | Tagged , , , | 2 Comments

Wylfa Newydd nuclear waste permit consultation starts via BBC

How the £10bn Wylfa Newydd power station will manage and dispose of nuclear waste is the subject of a consultation. It will look at how the station on Anglesey will discharge, transfer and dispose of radioactive material. Natural Resources Wales … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , | 2 Comments

北の核武装解除には米軍の地上侵攻必要 爆撃で済ませるための情報なく via Newsweek

<米政府は、北朝鮮の核兵器はおろか生物化学兵器がどこにどれだけあるかも把握していない> 北朝鮮の核武装を完全に解除するには、米軍が地上侵攻するしか選択肢がない──米軍の最高機関である米統合参謀本部の見解だ。 民主党の上院議員で元軍人のテッド・リューとルーベン・ガレゴは9月下旬、ジェームズ・マティス米国防長官に宛てた書簡で、米朝戦争になった場合の詳しい被害予測を発表するよう要求。北朝鮮に対する米軍の軍事力行使に対し、深刻な懸念を示した。 「北朝鮮との戦争でどれほどの被害が出るのか、アメリカ人に説明する義務がトランプ政権にはある」とリューは言った。「今後北朝鮮で軍事衝突が起きれば、アメリカは核保有国との戦争に突入するということを、アメリカ人は理解する必要がある」 マティスは10月27日、米統合参謀本部議長室を通じてリューに文書で回答し、本誌もその回答を入手した。「北朝鮮が開発した核兵器や関連施設をすべて発見し、完全に破壊するためには、地上侵攻しか方法がない」と、米海軍のマイク・ドゥモント少将はその中で書いていた。 地上侵攻しかないと米軍が断言したのは初めてだと、リューは言う。リューが懸念するのは、シリアのバシャル・アサド政権の化学兵器庫を標的にトランプがミサイル攻撃を指示した4月のように、北朝鮮の核兵器も遠隔地からのミサイル攻撃で簡単に無力化できるという誤解が蔓延していることだ。 (略) 米統合参謀本部議長室からの返事に対し、全員が退役軍人での人は連名で声明を発表した。 「我々は退役軍人として、戦争でアメリカを守り、今もアメリカの安全保障のために何でもする」「北朝鮮と地上戦に突入すれば、米軍部隊やアメリカの同盟国が破滅的な被害を受けることも分かっている。米統合参謀本部も我々と同じ見方だ。米軍の分析は、北朝鮮に対する望ましい軍事的選択肢など1つもない、という我々の見方が正しいことを裏付けている」 日韓の一般市民も危険 声明はそのうえで、もしアメリカが北朝鮮を地上侵攻すれば、米軍部隊だけでなく、韓国、日本、米領グアムの一般市民を含む数百万人が生命の危険にさらされると指摘する。 全文は北の核武装解除には米軍の地上侵攻必要 爆撃で済ませるための情報なく 当サイト既出関連記事: Pentagon: only ground invasion can destroy North Korean nuclear program via The Guardian

Posted in *日本語 | Tagged , | 1 Comment

アベノミクス再始動「日本の生活のゆくえQ&A」(3)原発再稼働の行方 via Asagei +

【Q5 原発再稼働をゴリ押しで進めるのか?】 福島であれだけの致命的な原発事故が起きても、自民党は「重要なベースロード電源」と位置づけ、原発再稼働を進める立場だ。先の衆院選では、原発政策慎重派だった前新潟知事の泉田裕彦氏(55)が自民党公認で出馬。選挙戦では野党統一候補を応援する自由党の森裕子参院議員(61)から、 「再稼働ストップのために戦ってきたのに。ダークサイドに落ちたな」 と猛批判される一幕も。 こうした原発周辺では変化が起きている。原発立地自治体に限定して支払われてきた国の補助金が、17年度から原発の半径30キロ圏内の自治体に広がっていた。 補助事業の「エネルギー構造高度化・転換理解促進事業」は16年度から始まり、老朽化などで廃炉が決まった原発の自治体に対し、新たな再生可能エネルギーの普及を支援するものだったはずだが‥‥。 「17年度の交付条件から『廃炉』の文字がなくなり、その変更は報道発表もされなかったため、補助金の拡大は再稼働容認を同意させる狙いがあると勘ぐられたのです」(社会部記者) 続きはアベノミクス再始動「日本の生活のゆくえQ&A」(3)原発再稼働の行方

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , | 2 Comments

福島県郡山市の除染土壌、18年4月までに5万m3輸送 via Logistics Today

環境省は6日、福島県郡山市の仮置場から大熊町の中間貯蔵施設予定地の保管場までの除染土壌の輸送計画を公表した。 計画では、河内埋立処分場積込場、東山霊園運動場積込場、富久山クリーンセンター内一時保管場、富久山クリーンセンター積込場、県中浄化センター積込場、カルチャーパーク駐車場積込場、あさか開成高校、安積高校、郡山東高校、安積黎明高校、郡山商業高校――に保管している汚染土壌を4月1日から1年にわたり、5万7000立方メートル程度搬出する。 (略) 輸送車両は荷台の積荷にシートを設置し、「除染土壌等運搬車」の表示を車両の前後左右に明示する。 全文は福島県郡山市の除染土壌、18年4月までに5万m3輸送

Posted in *日本語 | Tagged , , , | 2 Comments

Japan should be capable of building nuclear weapon: LDP’s Ishiba via The Mainichi

TOKYO (Kyodo) — Shigeru Ishiba, former secretary general of the ruling Liberal Democratic Party, said Sunday that Japan should possess the capability of building a nuclear weapon. “Japan should have the technology to build a nuclear weapon if it wants … Continue reading

Posted in *English | Tagged , | Leave a comment