Skip to content


次期通常国会までに原発ゼロ法案提出 立憲表明 via エキサイトニュース

立憲民主党の枝野幸男代表は20日の衆院本会議の代表質問で次期通常国会までに「原発ゼロ法案」を提出すると表明。一方、安倍晋三総理は「原発ゼロは責任あるエネルギー政策とは言えない」と原発は必要な存在とした。

 

この日、立憲民主党の枝野代表は国が避難計画に責任を持つ、原子力災害特別措置法改正案と1日も早い原発ゼロ社会に向けた工程表を示す「原発ゼロ基本法案」を次期通常国会までに提出する、と表明。

 

また自民党が原発を重要なベースロード電源と位置付けていることを取り上げ「ベースロード電源として活用すれば、原発依存度を低減させるといっても限界がある。いつになったら原発稼働をやめるつもりか。やめるつもりはないのか」と質した。

 

また「原発再稼働を進めるとしているが、国の責任ある避難計画が策定されていない中での再稼働は文字通り無責任」とも提起した。

 

そのうえで「原発ゼロは今やリアリズム。具体的なプロセスこそが問われる段階。こうした法整備に、総理は賛同いただけるか」と質した。

[…]

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.