Skip to content


チェ・ゲバラ 広島で感銘 妻宛てのハガキ見つかる via 毎日新聞

キューバ革命を指導したチェ・ゲバラ(1928~67)が59年7月に広島を訪問した際、現地から妻に宛てて送ったハガキがキューバで見つかった。「平和のために断固として闘うには、この地を訪れるのが良い」などと記され、自ら熱望して訪れた広島で感銘を受けた様子が伝わる。没後50年を記念し、16日から中区で開かれる企画展「広島・キューバ展」で、ゲバラが平和記念公園で撮影した2枚の写真などとともに展示される。

(略)

7月に日本に到着したゲバラは、広島行きを熱望し、急きょ予定を変更して25日に広島を訪問した。原爆慰霊碑に献花し、原爆資料館を見学。「米国にこんなひどい目に遭わされて、(日本人は)怒らないのか」と述べ、被爆者とも交流したという。

 ハガキの内容は遺族らの証言で明らかになっていたが、企画展の実行委事務局長で、中南米で20年暮らした元新聞記者の堀江剛史さん(42)=南区=が今年、キューバの首都ハバナにあるチェ・ゲバラ研究センターに現物が保管されていることを確認した。7月25日の広島の消印で妻アレイダに宛て、「私の愛する人。今日は広島、原爆の落とされた街から送ります。原爆慰霊碑には7万8000人の死者の名前があり、合計は18万人と推定されています。平和のために断固として闘うには、この地を訪れるのが良い。抱擁を。チェ」とつづっている。

 ゲバラの他の手紙も読んだという堀江さんは「ユーモアを交じえた文言が多い中、このハガキは真面目な文面で、ぜひ広島を見てほしいという気持ちが表れている」と指摘。「帰国報告書にも広島に関する記述は多く、核兵器の脅威を目の当たりにしたことが強く印象に残ったのだろう」と話している。

    ◇

 広島・キューバ展は、中区の旧日本銀行広島支店で24日まで。このハガキや本人が広島で撮影した写真をパネル展示するほか、広島から多くの人が移民としてキューバに渡った歴史などを伝える。

 期間中、広島市映像文化ライブラリー(中区)ではキューバ映画特集、ブルーライブ広島(南区)ではキューバ音楽やダンスのイベントも実施する。詳細はホームページ(https://www.facebook.com/1959guevara/)。【竹下理子】

全文はチェ・ゲバラ 広島で感銘 妻宛てのハガキ見つかる

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.