Skip to content


現新3氏の争いに=多選、原発再稼働争点-茨城知事選 via Jiji.com

 任期満了に伴う茨城県知事選が10日告示され、午後5時に立候補届け出を締め切った結果、現職知事最多の7選を目指す橋本昌氏(71)、新人で元IT企業役員の大井川和彦氏(53)=自民、公明推薦=、新人でNPO法人理事長の鶴田真子美氏(52)=共産推薦=の無所属3氏による争いが確定した。投開票は27日。
県医師連盟、県農政連などの推薦を得た橋本氏と大井川氏が対決する保守分裂選挙となった。

(略)

日本原子力発電東海第2原発(東海村)の再稼働を争点に激戦が繰り広げられる。

原発再稼働について橋本氏は「安全と避難体制の実効性が確保されなければ認められない」としていたが、10日の街頭演説などで「無条件で認めない」と述べ、反対姿勢を鮮明にした。大井川氏は「全くの白紙」とし、鶴田氏は廃炉を主張している。

全文は現新3氏の争いに=多選、原発再稼働争点-茨城知事選

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.