Skip to content


再処理工場で基準違反=浜岡、福島第2の計7基も-原発ケーブル問題 via 時事ドットコム

原発で安全設備関連のケーブルが新規制基準に反して分離されていないケースが相次いで発覚している問題で、日本原燃は30日、原発から出る使用済み核燃料の再処理工場(青森県六ケ所村)でも同様の違反が見つかったと明らかにした。詳細な調査結果は31日にも公表する。

また、中部電力浜岡原発3~5号機(静岡県御前崎市)と東京電力福島第2原発1~4号機の計7基でも安全設備関連のケーブルで違反があることが30日判明した。

日本原燃によると、2月23日に再処理工場の運転を行う制御建屋と呼ばれる施設内で、安全設備関連のケーブルとそれ以外のケーブルが混在しているのが確認された。再処理工場は稼働の前提となる原子力規制委員会の審査が行われている。

続きは再処理工場で基準違反=浜岡、福島第2の計7基も-原発ケーブル問題

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.