世田谷の放射性物質、あすから掘削…まだ原因不明 via yomiuri online

東京都世田谷区八幡山のスーパー敷地に隣接する歩道で毎時170マイクロ・シーベルトの高い放射線量が検出された問題で、文部科学省と世田谷区などが協議した結果、地中にあるとみられる放射性物質を1日から掘り出すことを決めた。

(中略)
区によると、これまでの調査から、放射線量が特に高いのは歩道と、毎時110マイクロ・シーベルトを測定したスーパー敷地内の2か所だけだった。埋まっている物質の特定には至らなかったという。

(2011年10月31日11時40分  読売新聞)
This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.