Skip to content


福島原発廃炉に30年以上 原子力委の報告書原案 via 中日新聞

(抜粋)

ただ、核燃料は圧力容器の底部を溶かし、格納容器にまで落ちている。圧力容器の底をくり抜き、少なくとも三十数メートル下の水中から燃料を回収する作業が必要になる。これは世界でも前例がなく、技術開発から始めることになる。

建屋などの解体はその後になるため、廃炉が完了するまでには30年以上かかると推定した。

目標の実現には「オールジャパン体制」の構築が必須と指摘。経済産業省や文部科学省、東電、原子炉メーカーなどで「研究開発推進本部」をつくり、そのトップは国側が選ぶとした。国が主体的にかかわり、研究開発全体を取りまとめていく方針だ。

廃炉完了の見通しを示したのは初めて。専門部会長の山名元(はじむ)京都大教授は「事故を起こしていない原発を廃炉するのにも15年かかる。福島原発では燃料の取り出し準備に10年、回収に5年かかれば合わせて30年になる」と説明した。

全文は福島原発廃炉に30年以上 原子力委の報告書原案

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.