ホットスポット:24日に電話連絡窓口 via 毎日新聞

政府は21日、東京電力福島第1原発事故で生じた放射線量が局所的に高い「ホットスポット」について、測定のガイドラインと発見時の電話連絡窓口を決めた。24日から文部科学省が通報を受け付け、調査する。本格的な除染が必要な場合は、環境省や内閣府から専門家を派遣し助言する。

 連絡の目安は、地表から1メートル地点の空間で、1時間当たりの放射線量が周辺より平均1マイクロシーベルト以上高い場合。放射性物質がたまりやすい雨どいの下や側溝、花壇の上や建物の壁の近くは、放射線量が高く平均値が得られないため、避けて測定するとしている。

続きは ホットスポット:24日に電話連絡窓口

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.