Skip to content


やらせメール:九電社長会見 「私どもの行為が問題」via 毎日j

九州電力が原発を巡るやらせ問題の結論として選んだのは、自ら設置した第三者委員会の調査結果を踏みつぶしてまでも、佐賀県の古川康知事を守ることだった。九電が14日に提出した最終報告書。第三者委が指摘した知事のやらせへの関与や不透明な関係など、知事に都合の悪いことは盛り込まない「つまみ食い」の内容となり、かえって知事との蜜月関係を印象付ける形となった。【斎藤良太】

 「無実の可能性が高い方に『あなたが要請しましたよ』と言えないでしょ」

 報告書提出後、福岡市の九電本店で会見した眞部利應(まなべ・としお)社長は、古川知事のことを何度も「無実」と繰り返した。

続きは やらせメール:九電社長会見 「私どもの行為が問題」

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    九電社長の記者会見には唖然としました。その横柄の態度ときたら、政治家の比ではありません。時の権力は大臣でも一般企業でもなく、電力会社なのだ、と実感させられました。でも、これも結果としてよかったのかもしれません。九電が「素直に」責任を認めていたら、これで国民の信頼が回復できる云々という運びになったでしょうから。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.