伊達市が「子どもの積算線量」通知 ガラスバッジ計測 via 福島民友

伊達市は、市内の子どもらを対象に小型線量計(ガラスバッジ)で計測した被ばく放射線量の結果を通知し始め、4日までに対象者約8400人に届けた。8月 1日から31日までの計測で、年間で試算すると5ミリシーベルトを超える値から、計測されない対象者もいるなど幅広いが、市は「健康に影響を与える積算線 量ではなかった」としている。除染が進めば、さらに数値は下がるとみている。

続きは伊達市が「子どもの積算線量」通知 ガラスバッジ計測

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.