Skip to content


「毎日が地獄」「どう補償」=放射性物質過剰投与で説明会―山梨 via asahi.com 

甲府市立甲府病院の検査で、子どもに放射性物質が過剰投与されていた問題で、同病院は1日、初の合同説明会を市内で開いた。患者家族ら約150人が出席し、小沢克良院長は「心配や不安を与え、心からおわび申し上げる」と謝罪した。

病院側は、健康診断を続けるほか、今後は心のケアも行うと説明。一方で「補償については発病時点で判断する」と強調した。

続きは「毎日が地獄」「どう補償」=放射性物質過剰投与で説明会―山梨

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.