「被災地医療」理解深める 福島医大と慶大医学生、相双で体験研修 via 福島民友

地域医療に関心を持つ医学生を対象にした相双地域医療体験研修は22~24日の3日間、相馬市など相双地域の各市町村で行われ、医学生たちが被災地医療の現状に理解を深めた。

福島医大、慶応義塾大の学生13人が参加し、相馬市の公立相馬総合病院や富岡町のとみおか診療所、川内村の保健福祉医療複合施設「ゆふね」など相双地方各地を訪れた。

続きは「被災地医療」理解深める 福島医大と慶大医学生、相双で体験研修

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.