Skip to content


不発弾か 福島第一原発近くで見つかる via NHK News Web

廃炉作業が行われている東京電力福島第一原子力発電所の構内から300メートルほど離れた駐車場の工事現場で、10日朝、不発弾と見られるものが見つかり、警察が、爆発するおそれがないか確認作業などを進めています。東京電力によりますと、原発構内での作業はふだんどおり行っているということです。

10日午前7時半ごろ、福島第一原発の構内から西に300メートルほど離れた発電所施設の管理区域外の駐車場で、駐車場を広げるため掘削工事をしていた業者が、掘り出した土砂の山から不発弾と見られるものを見つけました。

東京電力から通報を受けて現場を確認した警察によりますと、見つかったものは、長さ85センチ、直径15センチほどの大きさ

(略)

東京電力によりますと、この場所には太平洋戦争中に旧日本軍の飛行場があり、終戦間際に空襲を受けたことがあったということです。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.