Daily Archives: 2017/06/29

原発事故の真相はvia NHK

原発事故 東電旧経営陣3人 初公判で無罪主張 福島第一原子力発電所の事故で業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された東京電力の旧経営陣3人の初公判が東京地方裁判所で開かれ、3人はそれぞれ謝罪の言葉を述べたうえで、「事故を予測することは不可能だった」などとして、いずれも無罪を主張しました。 […] 最大の争点は「津波の予測」 裁判では、原発事故を引き起こすような巨大な津波を事前に予測することが可能だったかどうかが最大の争点になります。 […] (福島第一原発に押し寄せる13メートルの津波 2011年3月11日) 争点1 巨大津波を予測できたか(予見可能性) 東京電力は、福島第一原発の事故の3年前の平成20年、政府の地震調査研究推進本部の評価をもとに福島第一原発の敷地に最大で15.7メートルの津波が押し寄せる可能性があるという試算をまとめていたことが明らかになっています。元会長ら3人は、福島第一原発が津波で浸水する可能性について予測できたはずなのに適切な措置をとらなかったとして、業務上過失致死傷の罪に問われています。一方、事故の翌年に開かれた国会の事故調査委員会の意見聴取で、勝俣元会長は試算の報告を受けていないと説明し、元副社長の2人は報告を受けたことは認めましたが、根拠が不十分だったため巨大な津波は予測できなかったと主張しています。業務上過失致死傷の罪は、被害を予測できたのに対策を怠った場合でなければ有罪にならないため、元会長への報告の有無や、試算に十分な根拠があったといえるかどうかなど、津波の予測が可能だったかが最大の争点になります。 争点2 有効な対策は可能だったか(結果回避可能性) また、予測が可能だったとしても報告から事故までの間に有効な対策をとることが不可能だったと考えられる場合は罪に問われないため、事故を避けることができたかどうかも争われる見通しです。3人は、国会の事故調査委員会のほか、政府の事故調査・検証委員会の聞き取りにも答えていますが、その内容は今も非公開のままで、事故が起きるまでのいきさつについて法廷でどのように説明するかが注目されます。 […] 旧経営陣3人の立場と関与は 検察審査会の議決によって強制的に起訴された東京電力の旧経営陣3人は、いずれも津波対策を判断する上で極めて重要な立場にいました。 […] 検察が不起訴にした理由は 検察は平成25年9月、告訴・告発されていた旧経営陣全員を不起訴にしました。どのような理由だったのでしょうか。 […] 検察審査会の判断のポイントは 検察審査会は、平成27年7月、原発事故が起きる前の東京電力が経営のコストを優先する反面、原発事業者としての責任を果たしていなかったと結論づけました。 […] 民事裁判では「予測可能」の判断も 原発事故をめぐる民事裁判では、裁判所が「東京電力は津波を予測できた」と判断したケースもあります。 […] 強制起訴 きっかけは1万人の告訴・告発 東京電力の元会長ら3人が強制的に起訴されたきっかけは、福島県の住民などによる告訴や告発でした。 […] 年表 […] ビデオと全文

Posted in *日本語 | Tagged , | Leave a comment

子ども用設問「原発ゼロ電気足りる?」 関電の答えは… via 朝日新聞

 関西電力が自社のホームページに掲載する子ども向けの「テスト」に、「今すぐに原子力発電をやめても、これまで通りに電気を使うことができる?」という設問があり、「○」を選ぶと不正解になることがわかった。関電管内では原発が稼働しなくても、電気の供給力に余裕がある。28日の株主総会では株主の一人から疑問の声があがった。  テストは「おとなもこどもも学べる! 教えて! かんでん」と題したページの中にあり、10問ある原発についての質問のひとつ。昨年末から掲載している(http://www.kepco.co.jp/brand/for_kids/teach/2017_01/check.html)。 株主総会では、テストの意図を問う株主からの質問に対し、幹部が「原子力の必要性について回答する」と述べ、テストの内容に対して直接的な回答をしなかった。関電広報室によると、事前に書面でも同様の質問があったという。 関電広報室は取材に対し、出題の意図は「安全確保を前提に、エネルギーの安定供給や経済性、環境保全などの面で原発の必要性を問うものだ」と回答。今後も内容を修正する予定はないという。 関電管内では2014~16年、原発が1基も動かない「原発ゼロ」の夏を乗り切っている。昨夏はピーク時でも8・7%の供給余力があった。(伊藤弘毅)   原文

Posted in *日本語 | Tagged , , | 3 Comments

Shareholders urge utilities to end nuclear power generation via Japan Today

TOKYO Antinuclear shareholders in major Japanese utilities called for an end to nuclear power generation at general shareholders’ meetings on Wednesday, citing safety concerns and a lack of support in local communities. Among the proposals at the meetings of eight … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | Leave a comment

Center’s alarming findings on safety issues at nuclear labs drawing wide attention via The Center for Public Integrity

‘Nuclear Negligence’ series highlighted by media outlets nationwide In the summer of 2011, Los Alamos National Laboratory presented a happy self-portrait to the public. The lab’s news releases bragged of promotions, awards, pacts with neighboring Native American tribes and great … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , | 1 Comment

Governor states firm opposition to Hamaoka plant restart via The Asahi Shimbun

SHIZUOKA–The re-elected governor here has given an emphatic “No” to the question of whether the Hamaoka nuclear power plant, often described as the most dangerous facility of its kind in Japan, should be restarted. Heita Kawakatsu declared his opposition to … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

東日本大震災 福島第1原発事故 対応で追加支援を申請 東電、1兆2405億円 via 毎日新聞

東京電力ホールディングスは28日、福島第1原発事故に伴う被害者への賠償や除染作業のため、原子力損害賠償・廃炉等支援機構に対し、1兆2405億円の追加支援を申請したと発表した。認められれば、支援額は累計9兆5157億円となる。支援申請は前回5月に続き12回目で、1回分の額としては過去最大。  内訳は、除染費用の見積額の増加が大半で1兆2096億円。 (略) 除染に充てる費用の枠としては、約2兆8000億円に広がることになる。残りは、農水産物などの出荷制限や風評被害の見積額を算定する期間の延長による増加で308億円。東電は機構と連名で近く国に申請し、認定を受ける見通し。 全文は東日本大震災  福島第1原発事故 対応で追加支援を申請 東電、1兆2405億円 

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment

福島原発事故 東電元幹部あす初公判 via NHK News Web

福島第一原子力発電所の事故で業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された東京電力の旧経営陣3人の初公判が30日東京地方裁判所で開かれ、3人は無罪を主張する方針です。原発事故の刑事責任を争う裁判は初めてで、新たな事実が明らかになるか注目されます。 東京電力の勝俣恒久元会長(77)、武黒一郎元副社長(71)、武藤栄元副社長(67)の3人は、原発事故をめぐって検察審査会に「起訴すべき」と議決され、去年2月、検察官役の指定弁護士に強制的に起訴されました。 3人は津波を予測できたのに適切な措置をとらず、原発事故で長時間の避難を余儀なくされた病院の入院患者など44人を死亡させたなどとして、業務上過失致死傷の罪に問われています。 (略) 東京電力は事故の3年前に原発の敷地を超える高さの津波が来るおそれがあるという試算をまとめていましたが、対策はとられませんでした。3人が対策の必要性をどの程度認識していたのかが焦点になるものと見られます。 初公判は、30日午前10時から東京地方裁判所で開かれます 全文は福島原発事故 東電元幹部あす初公判 当サイト既出関連記事: 福島原発事故 東電元会長ら30日初公判 刑事責任判断へ via 毎日新聞 Ex-Tepco execs to go on trial over Fukushima disaster via the Japan Times

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment