Skip to content


インドへ原発輸出の協定審議入り、民進は核問題を懸念 via 朝日新聞

 インドへの原発輸出を可能にする日印原子力協定の承認案が14日、衆院本会議で審議入りした。

同協定は、核不拡散条約(NPT)非加盟で、核兵器を開発・保有するインドへの原子力技術供与に道を開く内容。民進党の小熊慎司氏は北朝鮮の核・ミサイル問題が深刻化している状況に触れ、「NPTに入らないまま核武装したインドに原発や関連技術などを輸出すれば、北朝鮮やイラン問題で弱まったNPTの信頼性がさらに空洞化することは必至だ」と問題点を指摘した。

[…]

 

 

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.