伊方原発再稼働差し止め仮処分申請…松山地裁へ住民ら12人 via 産経WEST

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の再稼働差し止めを求め、愛媛県内の住民らが31日、松山地裁に仮処分を申し立てた。支援する松山市の市民団体「伊方原発をとめる会」によると、申し立てたのは県内の男女12人で、伊方町のほか、隣接する八幡浜市の住民も含まれる。

申立人の1人で同会事務局長の草薙順一弁護士(76)(愛媛弁護士会)は松山市で会見し「仮処分のきっかけは熊本地震が大きい。近くに中央構造線断層帯がある伊方原発も危険だ」と訴えた。

続きは伊方原発再稼働差し止め仮処分申請…松山地裁へ住民ら12人

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.