志賀原発 警備員被ばくか 検査中に誤って立ち入り via 毎日新聞

北陸電力などは25日、志賀原発2号機(石川県志賀町)で、検査のため立ち入り禁止にしていた非常用ディーゼル発電機室に男性警備員(50)が誤って立ち入ったと明らかにした。微量の被ばくをした恐れがあるという。

(略)

装置の稼働中はロープや張り紙で立ち入り禁止にしていた。警備員は「張り紙をよく確認せずに入ってしまった」と話している。(共同)

全文は志賀原発 警備員被ばくか 検査中に誤って立ち入り

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.