Skip to content


老朽原発の再稼働「県民は不安」 滋賀県担当者、関電との協議会で言及 via 産経ウエスト

滋賀県と県内の市町が原発などの情報を共有する原子力安全対策連絡協議会が17日、大津市内で原子力規制庁や関西電力も参加して開かれた。

老朽原発として初めて、4月に原子力規制委員会の新規制基準の審査に合格した関電高浜原発1、2号機(福井県高浜町)に関し、滋賀県の担当者は、相次ぐ熊本での地震にも触れながら「運転開始から40年を超えた原発に県民は不安を抱かざるを得ない」と懸念を示した。

関電は「(原発の)設備は随時、更新している。また、原子炉容器などの劣化状況を評価した結果、60年の運転を想定しても健全性は維持できる」と強調した。規制庁は審査の経緯を説明した。

続きは老朽原発の再稼働「県民は不安」 滋賀県担当者、関電との協議会で言及 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.