森林の放射性物質に新技術 低地に移さず、原料安価 via 中日新聞

 粘土質の素材や高分子化合物の溶液を利用し、森林の放射性セシウムが低地に移るのを抑制する新技術を茨城大の熊沢紀之准教授らの研究グループが開発、10日発表した。原料は価格が安く、降雨など自然の力を利用するため森林の生態系を壊さないという。

政府は東京電力福島第1原発事故による放射性物質で汚染された福島県の森林の除染範囲を広げ、里山を再生する方針を示している。

続きは森林の放射性物質に新技術 低地に移さず、原料安価 

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

1 Response to 森林の放射性物質に新技術 低地に移さず、原料安価 via 中日新聞

  1. yukimiyamotodepaul says:

    セシウム以外の放射性物質についてはどうなのでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published.