Skip to content


高浜原発運転停止への異議申し立て 来月10日以降判断 via NHK News Web

(抜粋)

福井県にある高浜原発3号機と4号機について、大津地方裁判所の山本善彦裁判長はことし3月、運転の停止を命じる仮処分の決定を出しました。

関西電力は、再稼働していた原子炉の運転を止める一方、決定の取り消しを求めて異議を申し立て、10日、同じ裁判長の下で住民側と関西電力の双方から非公開で意見を聞く手続きが行われました。

住 民側の弁護団によりますと、このなかで関西電力が「仮処分の決定は、原発の安全性そのものの議論から離れ、原子力規制委員会の規制基準が妥当かどうかの立 証まで事業者に求めていて、合理性を欠く」と主張して10日で法廷での手続きを終えるよう求めたのに対し、住民側は「規制基準が妥当かどうか立証を求める のはほかの裁判でも取られてきた考え方だ」と主張したということです。

裁判所は、法廷での手続きを10日の1回で終え、来月10日まで書面で追加の主張を受け付けたうえで判断を示す方針を明らかにしたということです。

関西電力は「安全性が確保されていることを理解してもらい、早期に仮処分を取り消してほしい」としています。一方、住民側の弁護団長の井戸謙一弁護士は「関西電力は早い段階で高等裁判所での判断を求めたいのではないか」と話しています。

全文は高浜原発運転停止への異議申し立て 来月10日以降判断

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.