Skip to content


甲状腺がん関連認めず 放射線の健康影響研究成果を報告 国際シンポ最終日 via 福島民報

「こどもと震災復興 国際シンポジウム2016」は最終日の8日、相馬市民会館で放射線の健康影響に関する研究報告などを行った。東京電力福島第一原発事 故と甲状腺がんの関係について、福島医大の医師や海外の研究者らはいずれも「被ばく線量などを考慮すると、現時点で甲状腺がんへの影響は認められない」と の認識を示した。

志村浩己福島医大臨床検査医学講座主任教授は県民健康調査「甲状腺検査」の実施状況を報告した。悪性・悪性疑いの発見 率が地域間で大差がない点、放射線による発がんリスクは被ばく時年齢が低いほど高いが、検査で症例が見つかった震災時の平均年齢は約15歳で、0~5歳児 に認められていない点などを影響がないとする要因に挙げた。
一巡目の検査でがんの確定が100人、疑いが15人だったが、「東日本大震災から5年で結論を出すのは早いが、被ばく線量の低さを考えると発生は考えにくい」とした。
甲状腺病理学を専門とする英国のインペリアル・カレッジ・ロンドン分子病理学のジェリー・トーマス教授も「原発事故後の放射線ヨウ素の被ばく量から考える と甲状腺がんの増加は識別できない」との考えを示した。発症が確認されている点については「子どもたちを網羅的に、高精度の超音波でスクリーニング検査し ているため(見つかる)頻度が上がる」とした。

続きは甲状腺がん関連認めず 放射線の健康影響研究成果を報告 国際シンポ最終日

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    3.11甲状腺癌家族の会では、ご家族の方が、子どもにすでに大きな状態で癌が見つかったことからスクリーニング効果ではないのではないか、ということを疑っておられた。でも、福島県立医大が全てを統括しているため、家族の方が声をあげることも、セカンド・オピニオンを受けることも出来ない状態。また、ジェリー・トーマスは今年のBBCの番組で放射能の影響を(基本的な計算ミスで)過小評価していた人物。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.