Skip to content


福島の避難住民が講演 原発の危険性 生活窮状訴え via 佐賀新聞

福島第1原発事故で首都圏に避難している住民を招いた講演会が17日夜、佐賀市のアバンセで開かれた。国や東京電力を相手に損害賠償を求める東京訴訟原告団長の鴨下祐也さん(47)が原発の危険性や避難生活の窮状などを訴えた。

避難者の生活改善を目指して活動している鴨下さんは、以前から福島県内の小中学校で安全神話教育が行われていたことを挙げ、「原発の危険性を訴える声が出にくい背景になっているのでは」と指摘した。

(略)

講演会は「原発なくそう! 九州玄海訴訟」原告団・弁護団が企画、市民ら約30人が聴講した。

全文は福島の避難住民が講演 原発の危険性 生活窮状訴え

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.