Skip to content


震災・原発 県内避難者を調査 矢ヶ崎琉大名誉教授ら via 琉球新報

2011年の東日本大震災と、福島第1原発事故のために県内に避難した人々への支援を継続・拡充しようと、琉球大学名誉教授の矢ヶ崎克馬さん(71)と支 援者らは、1月から避難者の要望を把握するアンケートを実施している。矢ヶ崎さんらは多くの避難者にアンケートへの協力を呼び掛けており、アンケートを踏 まえ、ことし夏ごろにも県などに現在の支援継続や拡充を要請する考えだ。
ことし3月で震災から4年となるが、矢ヶ崎さんは「避難生活の困難は時間がたてば和らぐものではない。長引くほどに増してくる」と指摘。支援者らと共にことし1月に避難者支援・アンケート委員会を立ち上げ、避難者が集まるイベントでアンケートを配布している。
矢ヶ崎さんらは、県や市町村に対し住宅支援やニライカナイカードなど現在実施している支援の継続、災害救助法が適用されない地域から原発事故をきっかけ に移り住んだ人々への支援も求める考え。「アンケートを活用し避難者の生の声を伝えたい」とアンケートを基により避難者の実態に即した支援策も要望すると している。

(略)

アンケートには返送用封筒が付いており、回答者に料金負担はない。締め切りは5月31日。問い合わせはメールyagasaki888@gmail.com

全文は震災・原発 県内避難者を調査 矢ヶ崎琉大名誉教授ら

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.