Skip to content


さようなら原発 宇都宮で2000人パレード via 東京新聞

 脱原発を呼び掛ける「さようなら原発! 栃木アクション11・16」が十六日、宇都宮市中心部で行われ、親子連れら約二千人(主催者発表)が参加した。人々は秋空の下、「原発を未来に残すな」「再稼働反対」などと声を上げながら、市街地を力強く行進した。

 住民団体による実行委員会が主催し、今年で三回目。

(略)

 「はだしのゲン」や、チェルノブイリ原発事故を題材に語ることもあるという神田[香織さん、福島県出身で講談師]は「一国の首相が『福島第一原発の汚染水はコントロールされている』とうそをつき、うその話をするはずの講談師が本当のことを言っている」と皮肉り、会場の笑いを誘った。

 いわむら[かずおさん、「14ひきのねずみ」シリーズで知られる益子町在住の絵本作家]は、自然の尊さを訴える自身の作風に引きつけ、「14ひきの一家も原発に反対している」と穏やかな口調で語った。

 その後、参加者たちは、仮装したり、楽器を鳴らしたりしながら、JR宇都宮駅に向かってパレード。高濃度の放射性物質を含む「指定廃棄物」の最終処分場候補地に選ばれた塩谷町からも、多数の住民が参加した。 (大野暢子)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.