Skip to content


大間原発、年内に審査申請=本格稼働21年度計画-Jパワー via 時事ドットコム

電源開発(Jパワー)は13日、建設中の大間原発(青森県大間町、出力138万3000キロワット)について、運転開始の前提となる新規制基準への適合性 審査を年内に原子力規制委員会に申請する方針を表明した。申請すれば、建設中の原発としては初めて。北村雅良社長が青森県庁と大間町、隣接する佐井、風間 浦両村を訪れ、申請方針を伝えた。

Jパワーは、適合性審査の期間を1年程度と見込む。北村社長は、15年11月には安全強化対策に基づく工事に着手し、20年末に大間原発を完成させた上で、試運転を経て21年度中の本格稼働を目指す意向も伝えた。

(略)

安全強化策の費用は約1300億円の予定。地震や津波への備えを拡充し、航空機衝突などのテロ対策施設も設置する。大間原発の総建設費が当初見込んだ4690億円から膨らむのは確実だ。

全文は大間原発、年内に審査申請=本格稼働21年度計画-Jパワー

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.