Skip to content


桜田文科副大臣「人住めない福島に」 廃棄物処理で 官房長官が口頭注意 via msn.産経ニュース

 桜田義孝文部科学副大臣が、東京電力福島第1原発事故で発生した放射性物質を含むごみ焼却灰などの指定廃棄物の処理について「原発事故で人の住め なくなった福島の東電の施設に置けばいい」と発言していたことが7日、分かった。菅義偉官房長官は同日、桜田氏に口頭で注意した。

菅氏は7日の記者会見で、桜田氏に「誤解を与える発言は副大臣として慎むべきだ」と注意したことを明らかにした。辞任を求める考えは否定した。

(略)

菅氏は桜田氏が「一般論として東電の敷地内で管理したらどうかとの意見もあるという趣旨だっ た」などと釈明したと説明した。指定廃棄物は焼却灰や汚泥など放射性セシウム濃度が1キロ当たり8千ベクレルを超えるもので、発生した都道府県が処理する ことが国の方針となっている。

全文は桜田文科副大臣「人住めない福島に」 廃棄物処理で 官房長官が口頭注意

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.