Skip to content


小樽市長 原発防災「30キロ圏」の拡大要求 via Yomiuri Online

「距離だけで計れぬ」

内閣府原子力安全委員会が原子力防災対策の「緊急時防護措置準備区域(UPZ)」を原発から半径30キロに拡大する素案をまとめたことに関し、小樽市の中松義治市長は24日の定例記者会見で、「市民の安全安心を守るため、範囲に入れてもらわなくてはならない。後志町村会と連携をはかり、道や国に拡大を求めたい」と述べ、後志全体で一体となり、国や道に見直しを求める考えを示した。

小樽市は泊原発から、近い地域で32キロ、市中心部だと約40キロ離れている。

続きは 小樽市長 原発防災「30キロ圏」の拡大要求

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.