原発防災地域30キロに拡大へ via NHK Online

原子力事故に備えて防災対策を重点的に整備する地域について、国の原子力安全委員会の作業部会は、20日、原発から最大で10キロ圏内としてきた目安を、おおむね30キロまで広げる案を示しました。
30キロまで広がった場合、対象となる市町村は、これまでより、およそ3倍に増えることになり、実効性のある防災対策をいかに整備するかも、今後の大きな課題となります。

続きは 原発防災地域30キロに拡大へ

This entry was posted in *English and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.